Entry Navigation  [月別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

恋人(おやこ)でできること まとめ

最近、娘萌え属性に目覚めている気がする!

「dies irae」の玲愛と神父さまを見ていて、ふと思い至ってしまったのです。
振り返れば、「last of us」のためだけに購入されたPS4。
思ってみれば、映画「ペーパー・ムーン」も大好きだし、成年コミックでは「少女とギャングと青い夜」も殿堂入りだし、さらに考えれば、私の書いてるエロゲシナリオのメインヒロインなミコトちゃんも、娘属性持ちな気さえする。

---

ということで、実娘といちゃいちゃしちゃうゲーム「恋人(おやこ)でできること」。
ジャンルはロープライスな抜きゲー。

主人公は小学校高学年の娘、妻、ゼロ歳児の息子の四人家族。
妻が生まれたばかりの息子ばかり構っていたせいで、愛に飢えていた娘。
そんな彼女に迫られる形で、主人公は肉体関係を結んでしまう――
というのが、ゲーム開始時の設定。

娘ちゃんは「身体を求められる=必要とされている=愛されている」というアヤウイ思考を端々に覗かせはするものの、エッチそのものにも近親相姦にも嫌悪感は薄く、お父さん好き好き大好き! と、かなりあっけらかんとエッチに応じてくれる。
対照的に、主人公は娘に対する気持ちが家族としての愛なのか、男女としての愛なのか、あるいは単なる肉欲なのかわからず、さらに近親相姦への葛藤もありき、かなり悩みまくっている――
といった主人公の気持ちに応じて、エンディングも3種類。

一つは、娘に対する気持ちが「肉欲」だというもの。
実娘をセフレ扱いとか、なかなか新しい。
どうもお尻でエッチしちゃうと頭のネジが飛んでしまうらしいね?
禁断の関係を誰かに見られることにハマってしまった娘ちゃんが、主に露出方面でディープなセックスにハマっていくエンディング。

もう一つが、娘に対する気持ちが「家族としての愛情」だというもの。
自分たちが行っている性行為が、一般家庭で言うところの父娘のコミュニケーションであり、単なるストレス解消なんだと言う。マジか。
娘がクラスメイトとの淡い恋模様を描いているのを微笑ましく見守るお父さん――なエンディングなんですが、ここから先がちょっと気になるところ。
ほら、エッチなマンガとかだとね? よくありますよね。エッチしながら恋愛相談聞いちゃうー的な、ね?

ラストが、娘に対する気持ちが「男女としての愛情」だというもの。
このエンディングがトゥルーに相当するはずなのだが、いささか以上に衝撃的。
たしかにウケが悪いのは認めるけれど、一応フォローのつもりで考察してみました。

実の父娘であることさえ除けば(あとは年の差も)、二人は相思相愛の理想のカップルだと言っても過言ではない。
実は妻が不倫していたーとか、妻が溺愛していた長男が間男との子供だったーとかキツめのシリアス展開もあるのだが、離婚して二人暮らしとなった父娘の生活は、まるで新婚夫婦のようで順風満帆にすら見えた。
だというのに、どうしてあんなエンディングなのだろうか?

---

娘ちゃんは、ずっと自分が被害者だと思っていた。
母からの愛を奪われた被害者で、だから父にはたくさん愛されて当然なんだと。
それが娘ちゃんのインセスト・タブーに対する意識の低さを招いていた。

しかし、娘ちゃんがあれほど嫌っていたお母さんも、最初は心からお父さんを愛していたのだ。
けれど娘ちゃんが生まれたことで、お母さんは100%の愛を受け取ることができなくなってしまう。
お父さんを誰よりも愛していたからこそ、お母さんはその現実を受け入れることができず、娘ちゃんをまっとうに愛することができないまま、お父さんへの愛を捨て、100%愛してくれる(気がした)他の男に走ってしまったのだ。
娘ちゃんはそれを理解して――そして、同時にもう一つ致命的なことに気が付いてしまった。
私がお母さんからお父さんの愛を――そして、お父さんからお母さんの愛を奪った加害者でもあったんだと。

幸せになればなるほど、落ちる絶望の淵は深くなる。
お父さんとの愛の結晶を授かり、人生の絶頂を迎えた娘ちゃんは、だからこれ以上生きていくことができなかった。
夫婦になるということは、すなわちお母さんと同じ道を歩むことを意味するのだから。
いつか必ず自分の気持ちを、二人の愛の結晶を、そして大好きなお父さんを裏切ってしまう。
そうだ、奪った私は、奪われるのだ――

娘ちゃんにとって、それは血に刻まれた呪いのようなもの。
なぜなら、お母さんよりも強く、生まれてくるはずの子供よりも深くお父さんを愛していたから。
ゆえに、今この瞬間の幸せを永遠にしたかった娘ちゃんが、お父さんと「恋人でできること」はそれしかなかったのだ。

「お父さんの恋人になれて、嬉しいよ、私。お父さんの娘で良かったって思ってる」


---

もし、父娘じゃなかったなら。もし、これほど深く愛さなかったなら。
二人の想いが強くなればなるほど破綻せざるを得ない関係は、近親相姦に対するアンチテーゼのようにすら思える。
それでも惹かれてしまう私たちは、飛んで火に入る虫ケラくらいの価値しかない愚かな存在なのです。
評価は★3、良作とします。
いちおう、ただの抜きゲーで星3つはかなり高評価だからね!
普通は記事にもしないし評価もしないからね!

ちなみに、「シスター・プリンセス」を皮切りに2000年前後から巻き起こったイモート・センセーショナルですが、そこで妹萌え属性を付与されたかつての若人たちがオトナになる頃(たぶん2020年くらい?)からは、それが娘萌え属性にすり代わって燃え上がっていくらしいですよ!? 娘萌えは次代の最先端なんです!
つまり、こんなマイナーゲームに長々と記事を書いてる私が結局なにを言いたいのかと言うと、エロゲー批評空間で「実娘」タグのついてるゲームが15本しかないという現状はどうにかしなくちゃいけないんじゃないですか? ということです!
スポンサーサイト
category
ゲーム [★★★☆☆]
恋人でできること

Dies irae ~Acta est Fabula~ 香純ルート

なぜか突然ディエス・イレをやることになってしまった。
完全版が手に入ってしまったのだもの、仕方がないじゃない!
2014年以降、正しい意味での完全版はコンシューマ移植版である「Amantes Amentes」になるらしいけれど、Hシーンがないので却下。私はルサルカといちゃいちゃしたいのです!
ということで、「Acta est Fabula」。
今年か来年あたり、アニメ化されるらしいね!?

---

聖槍十三騎士団の目的は、8つのスワスチカを開き、ゾーネンキントを経てハイドリヒ卿を呼び戻し、彼の「城」を現世に流出させること。
それにより、強制収容所(ゲットー)のフリガナを当てられた「既知感」「法則」を抜け出すことができる。
つまり、現在の世界を破壊し、新しい世界を創造することである。

しかし、首領代行としてのヴァレリア・トリファは、ハイドリヒ卿の再来を望んでいなかった。
復活の折に与えられる祝福では、彼の望むものは手に入れられないことがわかっていたから。
だから神父は己が望みの実現の邪魔になるだろう三人の大隊長の復活を阻み(実際にどういう理屈なのかは不明)、ゾーネンキントとして不完全な香純を生贄とし、不完全な術で召喚を行うことで、黄金錬成を己がものにしようとしていた。

ちなみに。
たぶん神父の望みは、過去にハイドリヒ卿に屈し、愛していたはずの10人の子供を生贄として捧げた罪を償うこと。
しかし、子供たちは城の礎となっている。そして、祝福も城からしか与えられない。
つまり、彼の望みは端から叶うはずがなかった。だから――
――という事情を口実に、ハイドリヒ卿の黄金錬成を真似て、それと同等の行為を成すこと。
それができたとき、子供たちは救われ、自分は神になることができる。今までと違う新しい自分になることができる――
これこそが、ヴァレリア・トリファの本当の望みだったのだと思う。

---

さて、香純ルートでは、既知こそを是とする主人公らしく、帰るべき日常の象徴(太陽、あるいは陽だまり)として、香純を選択する。
香純を攫おうとしたシュピーネを公園で倒し、ルサルカを学校で倒し(実際に止めを刺したのは螢だったけど)、螢の連れていたカインをタワー展望台で倒し、螢を教会で倒し、ヴァレリアを教会地下で倒し、香純を救い出す。
ちなみに、スワスチカの開放その1は博物館(???)、その2は公園(シュピーネ)、その3は遊園地(たぶんバビロン?)、その4はクラブ(一般人)、その5は学校(ルサルカ)、その6はタワー(カイン)、その7が教会(ベイ)、その8が病院(レオンハルト)でした。

体育会系な香純の言っていた「ケジメをつける」ということが、文化系の私にはいまいちピンと来ないのだけれど、己の罪を償うこととは違うのかな?
ヴァレリアは、子供を生贄にした自らの罪は、子供を生き返らせることではケジメがつけられないと悟ったらしい。
たぶん、悪いことしたらごめんなさいしなきゃダメってことだよね?
でも、父親代わりの神父さまにあんなことを言われたのに、最後まで一緒にいようとする玲愛にはきゅんきゅんしました!
最近娘萌え属性に目覚めてる気がする。これ、ヤバイビョーキでしょうかね?

そして、自らの命で第八のスワスチカをこじ開け、黄金錬成を不完全なまま終わらせた螢の心意気もステキ。
これが黄金の光に目がくらんだ己の罪に対する、彼女のケジメのつけかたなワケだね。
さて、香純はどうやってケジメをつけるのでしょうか。
二柱の悪魔も、三人の大隊長も未だ健在。
陽だまりの暖かさは泡沫。二人の戦いはまだまだ続くのでした!!
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
Dies irae

刀語 1~3話

バッドエンドが好きだという理由を一時間語ったらオススメされたアニメ「刀語」を見ることにした。1話1時間の特番モノ。
クレジットまで見て初めて気がついたけど、原作西尾維新なんだね。
なるほど、どおりで登場人物がやたらテンポよく喋りまくるわけだ。

第一話 絶刀・鉋

刀を使わない剣術・虚刀流の七代目当主・鑢七花が、奇策士・とがめの依頼から、刀鍛冶・四季崎記紀の打った1000本の刀のうちの完成形変体刀である12本を収拾しようとするお話。
第一話では、うちの1本・カンナを真庭忍軍・冥土の蝙蝠から奪い返す。

メインキャラクターの背景が一話にしてほとんど語られ、すでにハッピーエンド調で展開していくのが非常に興味深い。
尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督奇策士であるところのとがめは、次代将軍の御側御用人となり、幕府を裏側から支配(あるいは転覆?)しようという野心の持ち主であるらしい。
そのための実績作り、または力の収拾としての変体刀集めである。

それは、かつてのとがめの生家である・奥州飛騨家が、戦国時代において朝敵として滅ぼされたことに端を発する復讐劇。
しかし、それを成し遂げるには、飛騨家の直接の仇敵である鑢六枝の息子であるところの七花と組まなければならないのだ。
七花は、そんなとがめの境遇を知り、その上で尽くすことを誓うのだった。

第二話 斬刀・鈍

鳥取砂丘に飲み込まれた因幡国・下酷城城主の宇練銀閣から、ナマクラを奪取する話。
とがめと七花の絶妙な掛け合いにまったりできる。
ただし、その頃にはあんたは八つ裂きになっているだろうけどな!

人は守るべきものがあるとき強くなれると言う。
逆に言えば、守るものがなければ戦えない人間もいるのだ。
たとえ砂上の楼閣のようなものでも、その大義さえあれば。
気持ちがわかるだけに、ちょっと切ないお話でした。

第三話 千刀・鎩

出雲国三途神社の長・敦賀迷彩から、完成形変体刀の一本・ツルギを奪取する話。

話のテーマは、第二話と少し似ている。
敦賀迷彩は、心に深い傷を負った少女たちに変体刀を持たせることで、「刀の毒」を薬として使おうとしていた。
それはつまり、マイナス×マイナスでプラスに転じさせようとするもの。
一見、少女たちは救われているように見えた。

しかし、マイナスは所詮マイナス。結果としてプラスになっている面もあったものの、更に深くマイナスの影響を及ぼしている面もあった。
例えば、刀を所持していなければ平静さすら保てなくなるという中毒性のようなものがそれ。
敦賀迷彩も、このやり方は間違っているとわかっていた。
そして、おそらく迷彩自身も刀に毒されていたのだろう、変体刀を手放すことはできなかった。
だから迷彩はとがめに勝負を挑んだのだ。

わざと負けることは、武人としての矜持が許さない。
そして、戦わずして刀を手放すことは、変体刀の毒が許さない。
だから、迷彩は正々堂々と負けることを望んでいた。
間違っている自分を正し、少女たちを本当に更生させてくれる存在を。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
刀語

うみねこのなく頃に EP8 - Twilight of the golden witch

ゆるゆると第八のゲームも終わらせて、うみねこ全クリ!
EP8は、12年前から6歳のままだった縁寿ちゃんが、大人になるお話。

とりあえず、最終試験は「魔法」を選んだほうがハッピーエンドなんですよね?
しかし、ちょっと私の理解の斜め上のお話だったような気がします。
っていうか、ベアトリーチェって一体なんだったの?

---

ちょっと使い古された題材な気はするけど、シュレディンガーの猫箱を使って「真実とはなんなのか?」という命題にスポットライトを当ててくるのには興味深い。
余所には真実はいつも一つだと力説している人もいるけれど、たしかに観測者(朗読者)の数だけ世界は存在して、その数だけの真実が存在する。
そう思えば、観劇の魔女が最上位の存在として君臨しているのも納得できる話だ。
一切の主観の入らない視点でのみ真実は真実として存在できるのだからね。

つまり、価値があるのは「私にとって都合のいい真実」であり、例えば絵羽の日記などという期待外れの真実には価値がなくなってしまうのだ。
とは言っても、さすがの縁寿ちゃんもあの手のひら返しは正直どうかと思ったよ?

とにかく、信じなければ奇跡は起こらないし、信じる心が真実になる、といった内容のシナリオだったと思う。
こんな感想文しか書けない私は、最後の問いで迷いなく手品を押してしまう人間です。

以下、ちょろっとまとめ。



総評

噂に違わない、前半めっちゃ面白いけど後半ビミョーなゲームでした。
「心」とか「信じるチカラ」とか、そういう少年マンガにありそうな展開が好きな人には全編楽しめそう!。
けれど、盛り上がってるところで、えっ? あれ、どういうこと? ちょっともう一回言ってみて? とか言っちゃう私みたいな人間には、あまり向いてないのかも。
思ってみれば、竜騎士シナリオでは毎回同じ感想を抱いてる気がするな……Rewriteとか……。
いや、ひぐらしは最後まで疾走感に溢れていたっけかな!

前半のファンタジーvsミステリーのバトル要素は、純粋に燃える展開だったことは間違いない。
その種明かしとか、あるいは六軒島の真実なんかがなにも語られなかったあたりが、不完全燃焼を感じちゃう原因っぽい。
まぁそれもシナリオライターの言うところの「猫箱の中身」なんだろうけど。

評価は★3つ、良作認定です。
ちょっと長かったかなぁ。6話くらいにまとめてほしかったかも。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
うみねこのなく頃に
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。