Entry Navigation  [月別アーカイブ]

刃鳴散らす 2周目+まとめ

2周目をプレイすることで新しい選択肢が現れ、桂葉エンド・笙エンド・石馬戒厳復活エンドと、エンディングの数が増える。
ただ、マジメなのは笙エンドくらいのもの。

とりあえず、唐突なホモ展開はNG。
モニターに向けて「はっ?」「え、嘘でしょ?」「マジ?」連呼してた気がする。
前回の記事で赤音について色々考えてみたけれど、それが伊烏に向けられたものだったとか、ずいぶん的外れなことを書いていたような……。

どこかのレビューで見たけれど、赤音の姉だった武田笙は、記憶を失った鹿野三十鈴その人。
赤音にとっては、三十鈴に自分を慕わせることが三十鈴に対しての復讐であり、伊烏に三十鈴を殺させることが伊烏に大しての復讐だった。
それが果たされたとき、赤音と伊烏の間を遮るものはなにもなくなる。

……はずだったのだけれど、唐突にイシマが復活してくるのは謎展開。
でも、石馬戒厳はヘルシング最終話で女の子になっちゃったアーカードくらいかわいかった。
たぶん制作側のユーモアなんでしょう、あれがきっと。

以下、まとめ。



花散らす 風の宿りは 誰か知る 我に教へよ 行きてうらみむ


シナリオ・テキスト

ストーリーそのものは、そこまで特徴的なものではない。
アメリカンニューシネマ風・黒澤明といった感じ。
ニトロプラスで言うなら、例えば沙耶の唄のほうがシナリオそのものの特質性は高いし、評価も高くなりそう。

けれど、特に1周目のトゥルーエンドの雰囲気なんて、私はとても好き。
結局、立ち絵がある登場人物で生き残ったのって、一輪とソバ屋の女の子くらいだよね。
それでもまるっきりハッピーエンドな雰囲気がすごい。

弓エンドもお気に入り。
ちなみに私が一番好きな映画は「明日に向って撃て!」です。

そして、そのシナリオを彩るのが、センスしかないテキスト。
時には自分に酔っているような装飾過多の、時には剣術指南書のごとく重箱の隅をつつくようなこの文章は、とても私好み。
昼の月とか鍔眼返しとか、本当に出来そうな気がしてくるもの。
おかげで戦闘シーンの説得力がマシマシです。

グラフィック

クオリティはまぁまぁ?
流石に時代がかった絵柄ではあるけれど、使い方と演出がうまい。
おかげでバトルがはかどる。楽しい。

でも、HCGはちょっと手抜き気味。
エロゲーするなら、もうちょい差分を……。

声優

赤音の声優は男性にはできなかったのかなぁ。
それだけが不満。
デュラハン化したときの木村あやかはかわいい。

Hシーン

とりあえず、出てくる女の子には1回ずつHシーンを入れてみました! な雰囲気。
あれ、ソバ屋の女の子はどうしたの?
矛止の会討ち入りで、赤音が女の子をレイプしちゃうシーンはなかなかよかった。

音楽・ムービー

ボーカル曲がイイカンジ。
OPはシンプルながら、ゲームの雰囲気がよく出ていると思う。
ちょっと興味があるなら、OPだけでも一見してみては!

BGMは……どうだったかな、あんまり記憶にない……。

システム

ニトロプラスのゲームって、なんか普通のギャルゲーとショートカットキーの配置違うくない? まぁいいんだけど。
Win8.1でプレイしようとしたら、セーブ&ロード画面を表示させるとゲームが落ちるという不具合。
パッチ当てても直らないので、しょうがないので毎回ニューゲームからスキップして事なきを得ました。
描画OFFだとそれなりに早いので、なんとか……。

総評

え、このゲームって、批評空間で中央値73点・平均値71点なの?
信じられない。こんなに楽しいのに! ギャルゲー界の黒澤明ですよ!
それとも、最近の人は黒澤明なんて好きじゃないのかな。

私はもしかしたら奈良原一鉄のファンになってしまったのかもしれない。
装甲悪鬼村正もやってみようかしら。

剣戟アクション作品で、これを超えるゲームがあるのか? ★4・佳作評価です。
ただし、もう一度言う。唐突なホモ展開はNG。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
刃鳴散らす

刃鳴散らす 1周目

時は現代。
剣戟と血糊に染められた元帝都・東京を舞台として、その刀を復讐の焔で焦がす青年と、その刀こそを己の存在そのものとした青年が交差する、本格剣劇浪漫ADV「刃鳴散らす」。

和風時代劇なエロゲー枠候補に入れていた今作をたまたま掘り起こしてしまったので、プレイしてみた。
ニトロプラスから2005年に発売された、そろそろレトロ枠に入ってもおかしくないゲーム。
だが、いいものは色褪せない――とでも言うのだろうか、一周目をプレイし終えた現在、控えめに言って、今までプレイしていなかった自分の愚かさにヘソを噛んでしまいたいくらいには面白い。

ちなみに、戦国時代や三国志をモチーフとしていない時代劇エロゲー枠には、和風サイコミステリィADV「カルタグラ」、大正伝奇ADV「月陽炎」なんかがありますよ。

---

現在回収しているのは、弓エンド、一輪エンド、伊烏エンド。

とりあえず、伊烏ルートに入るまでは武田赤音とかいうサイコパスには早く死んでほしかったのに、三十鈴との過去が出た途端、すべての評価が180度変わってしまった。
めっちゃ応援したのに死んでしまって、でもそれも運命のように思えて、なんだかとてもやるせない。

そう思って見ると、弓エンドがものすごいハッピーエンドに思えて仕方がない。
僕っ娘はNGだけど、弓の一途さには惹かれるものがあるし、そしてなにより、伊烏と戦うためだけに生きてきたはずの赤音が、弓のために生きようと剣を取るのは、まるでかつて失ったなにかを取り戻したかのよう。

赤音が失ったのは、たぶん純粋さなのだ。
道場に入り、伊烏に憧れ、技を磨き、正々堂々と試合をしたい――
己を磨いて高みを目指したいという少年らしい純粋な思いは、しかし三十鈴の利己的な裏切りによって粉々に打ち砕かれる。
自分を殺された赤音に、残ったものは強さを秘めた剣のみ。
ならば、かつて失ったものを取り返す道は、もはや一つしかないのだ。

赤音に使い捨てられた瀧川の大隊長が言っていた、「利己的に生きているのに、己がない」「一つの想いだけを己に投影し、己とみなしている」というのは、まさにそれ。
そして、その想いが遂げられた時、もはや彼が生きている意味すらも残っていなかった。

一輪エンドでは、失ったものを彼女のなにかで埋めて、違う道を歩みはじめる。
詳しくは描写されなかったけれど、その「なにか」というのは、多分一輪の母性愛のようなものなんじゃないのかな。
最も人死が少ないエンドであり、最も優しい終わり方でもある。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
刃鳴散らす

ゴスデリ -GOTHIC DELUSION- まとめ

「私の名はロー。ファルシュ・ドロレス・ヴァレンタインだ。ゴシックハートは決して錆びぬ思い《ロー・ライト》。最上なる高貴、揺るぎなき誇りを掲ぐ星の揺藍《ルナ》の血と名を継ぎし者なり!!」


ロリペド界に一大センセーションを巻き起こしたギャルゲー「ものべの」を世に送り出したブランド・Loseの処女作、それがロリペド厨二バトルゲー「ゴスデリ」である。
全年齢同人ゲームを開発していたら、18禁商業ゲームとして出来上がってしまった作品らしい。
この辺りの経緯は、「闇色のスノードロップス」に似ているよう。

そして、元は同人ゲーだったことだけあって、力の入れ具合がハンパない。
厨二能力バトルものはあまり得意としていない私がこの作品を手に取ったのが、「立ち絵なし・全編イベントCGオンリー」というインパクト。
そして、その一枚一枚のクオリティもなかなかのもので、しかもアニメーションを効果的に織り込んでくるおかげで、これはもはやギャルゲーの枠にとどまらない作品に仕上がっている。
(ギャルゲーっぽくないのは、テキストが一人称ではなく三人称で書かれているせいもあるのかもしれない)

シナリオ的には、第一部・完! といった感じ。
立ち絵・背景があれば使い回しで色々できることも、この作品の場合、物語が長くなればなるほどCGの量が増えていってしまうせいか、比較的短いお話になっている。
能力バトル要素は、そこまでディープに掘り下げてこなかったので、私でもなんとかついていけました。よかった。
細かい設定についての解説はなく、想像で補完する感じ。私もそういう書き方をしていましたね。
ただ、登場人物の思惑も、割とそういう傾向があったかも。作品のテーマがあやふやになってしまっているのは少し残念。
……私の読解力が乏しいだけかも。うぅむ

Hシーンは本編中には存在せず、シナリオを進めていくうちにExtraの鑑賞画面から見られるようになる。
小学校低学年の女の子のシーンが、どんどん開放されていく。ふぅむ……。
このシステムは、一長一短といったところ。気分じゃない時にシーンが来られても困るけど、シーンが単体で存在すると、いったいコレはどこの時系列なんだ? とか考えてしまうあたり。
シーンはたぶんみんなパラレルワールドの出来事なのかな? たぶんね。
個人的なお気に入りは、真宵たち4人に悪戯されちゃうアレ。無邪気なビッチ具合がヤバイ

総評は、★4・佳作認定。
ALL一枚絵の美麗さと、バトルシーンの演出がすばらしい。
ボーカル曲も多いし、なかなか贅沢な気分になれました。
「ロリ」「厨二病」「能力バトル」属性を付与されている人には強くオススメ。
category
ゲーム [★★★★☆]
ゴスデリ

夏の色のノスタルジア 美羽ルート

少なくとも癒し系ではない。
甲高く、鼻にかかったようなトゲのあるザラザラした声。
耳元で一晩中ささやかれようもんなら、きっと朝には猿ぐつわを噛ませている。
でもご飯のときには猿ぐつわは外さなくちゃいけなくて、このキンキン声で「ありがと、おいしい」とか言われたら、あぁやっぱり今夜もささやいてもらおうかなあと思わざるをえない。
そんな蠱惑の声の持ち主、それが春日アンです。

あ、ちなみにロリ声限定です。
お姉さんの声になると、途端に魅力が失われます。

---

ということで、春日アンが妹ボイスを当てている「夏の色のノスタルジア」。
しかし、なぜか公式HPにはサンプルボイスがない。
体験版までやってから、春日アンにささやいてもらおうと決めた。

ゲームの雰囲気は、「夏空のペルセウス」に「Angel Beats!」をちょびっと足して、「キラ☆キラ」千絵ルートで割った感じ。
そして美羽ルートは、二卵性の双子の妹と中出しエッチしまくる、最高の実妹ルート。
あ、中出しだったのは、私がコンフィグでHシーンの選択肢を「すべて中出し」に設定してたからでした……。

---

だいたい妹のお話っていうのは、幼少期から自然に抱いていた家族としての好意が、異性としての好意にすり替わって結ばれる――というのが王道。
たが、この双子の妹の場合は違う。
17歳になってまで、異性としての好意がゼロ%な、純粋な兄妹としての好意だけで「私は結婚なんかしない。いつまでもお兄ちゃんと一緒にいる」と宣言してしまうのだ。
だから兄にハダカを見られてもなんとも思わないし、生理用品だって買ってきてもらう。

しかし、主人公である私たちは、もちろんそんな妹をエッチな目で見てしまう。
だって地味におっぱいおっきいし、かわいいし、スタイルいいし。
「二人で一人」でいられた子供時代とは、もう違うのだから。

一心同体だったはずの双子が、気がつけば「男」と「女」に別れつつある。
美羽はそれにひどく混乱し、兄が自分を女と見るようになるなんて絶対に嫌だ! 時間なんて止まってしまえばいいのに――そう願うのだ。

---

声萌えだけでシナリオは期待していなかったのに、予想以上に面白かった。
妹が兄を男として意識するようになる過程が、「自分が女であることを意識してしまって」という描かれかたをするのが最高。
部屋に引きこもって兄のパンツやらシャツやらをくんくんしてオナニーにふける美羽、具合が悪いのかと心配して部屋に入ろうとする主人公に「カゼ感染っちゃうから入ってこないで!」から「ど、どうかな……もう、どっちでもいい気がしてきた……」とか言いはじめちゃうあたりがヤバかった。
どうせなら、妹のこっそりオナニーシーンがほしかった。すごくほしかった。お兄ちゃんの前で我慢できずにやってほしかった。

それと、ヤンデレ化できそうな要素は持っていただけに、そっち方面でも一波瀾欲しかったかも。
不満はその2点くらい。いい妹でした。
自称妹フェチな私は、結構な数の妹君と仲良くしてきたと思うけれど、この妹は新ジャンルだった。
美羽ルートのシナリオは、☆4佳作も狙えるレベル。

CGは美麗。オマンコオチンポ言ってくれるし、Hシーンも実用的。8H10CGとか、なかなかのボリュームだし。
ただ、立ち絵2種類はちょっと少ない気がした。3種類にするか、ポーズ差分がほしい。
翔子ちゃんはかわいいし攻略してみたいけど、あと2人を攻略してからじゃないとルートが開放されないようなので、ここで積みます。
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
夏の色のノスタルジア

黄昏のシンセミア シンセミアエンド+まとめ

シンセミアエンドをクリアして、このゲームもおしまい。
さくやルート・エピローグの続きであり、伝奇物語の種明かし。

未解決でモヤモヤしていた翔子ルートの事件といった伏線がすべて収束していく様子は、なかなか見応えがあった。
赤と青の石のくだりはイマイチぴんとこなかったけど、豹変しちゃうさくやちゃんには、淫乱翔子みたいなテンションの高ぶりがあった。
やはり天女の血筋が、さくやと主人公の絆でもあったわけだね。
結局は、血縁の呪いで運命づけられていた二人の想いを、ココロのチカラで上書きして自分のものにする――みたいなお話。
というか、翔子ちゃんは完全に巻き込まれただけ? なのか?
こっちも血筋が関係していたのだろうか?

しかし、天女の羽衣をはじめとした色々な設定を話してくれる銀子さんの台詞に、どうにも横文字が多いのが気になった。
プログラムだとかオプションだとか……。いいんだけどさ……。
江戸時代なのに遺伝子情報とか言っちゃう天女様も気になるところ。

それでも、今まで広げっぱなしだった風呂敷をちゃんと畳んできたという点では、完成度は高め。
一息にクリアしてしまったので、それなりに面白かったのでしょう、きっと。

以下、総評。



シナリオ

現代的伝奇モノ、田舎風味。

設定は立派。
きちんと練られているし、(妥当性はともかく)きっちり整合性を取って、すべての伏線を回収してグランドエンドを迎える。
そういう意味では完成度は高い。
しかし、それが物語的面白さに直結していないのが残念。

あまりテンションが上がらなかったのは、全体的にテンポが悪いせいか?
化物が出たり、事件に巻き込まれたりといったイベントの後も、日常シーンを欠かさない。
それはキャラ同士の掛け合いや、ヒロインとの日常といったリアリティを大切にしているという点では長所にもなりうる。
けれど、物語がどこへ向かって進もうとしているのか方向性が見えない中でのそれらは、個人的には評価できない。

シリアスシーンの盛り上げ方はうまい。
プロローグの化物との邂逅とか、手に汗を握ったね!

テキスト

微妙。あまりセンスが感じられない。
ギャグもないではないけれど、記憶に残るほど面白いものはなかったような……。

グラフィック

割と美麗。
シリアスシーンの一枚絵で血糊成分多めなのは評価できる。
やはり、かなりリアリティを重視した作品なんだなぁ。

音楽・ムービー

OPは平凡なスライドショーもの。
第2OPがあったのはちょっとテンション上がる。

シリアス時のBGMにちょっと違和感。
でも日常シーンお散歩時によく使われていたBGMは良曲だったと思う。

システム

シナリオ分岐が可視化された「フローチャート」は使い勝手抜群。
ほとんどセーブを使わなかった気がする。
チャプターごとに簡単なあらすじが書いてあるのも、それまでのお話を思い出すのに役立つ。嬉しい。
それ以外は必要十分。

そういえば、選択肢を選んだ時、誰のルートに向かっているのかさっぱりわからなかった。
これもリアリティの演出なんですかね?

総評

2010年萌えゲーアワード金賞作品。
確かに力作ではあると思うし、すべてにおいて平均点以上の作品ではあると思う。
しかし、全体的に優等生なだけで「ここがピカイチ!」というようなウリがないのも事実。

興味深い題材だっただけに、もっとおいしく料理してほしかった。
★2凡作評価。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
黄昏のシンセミア

黄昏のシンセミア さくやルート

シンセミア、個別ルートのラストは、クーデレ系実妹の皆神さくやを攻略。
立ち絵からは想像できない隠れ巨乳キャラ。
妹は貧乳が正義だとは思う心は揺るがないが、「くっ、我が妹ながら無駄にエロいな」とセクハラできるのは楽しい。

CVは、平山紗弥こと成瀬未亜。
ウィッチズガーデンのSD原画を担当した人らしい。えっ?

さくやの話は、近親姦にスポットを当てた、正統派実妹ルート。

---

「好きって、それは兄として? それとも男として?」と問われたとき、「兄でなく赤の他人だったら、仲良くなることはおろか知り合ってもいないはず。だからその二つをわけて考えることはできない」と言い切ってしまう兄妹関係は、なかなか興味深い。

メインは、実妹との近親姦というタブーを犯してでも成就させたい想いについて。
初エッチ前後のドキドキ感はよかったし、その後のクール成分を損なわない妹のデレ具合もよかった。
しかし、シナリオ全体を見渡すと、どこにスポットを当てたいのかわかりづらいという、このゲーム特有のまわりくどさが発揮されていた。

妹と二人で化物とエンカウントしてしまうイベントは、素直に盛り上がれる。
けれど結局、その事件は、このルートにおいては「妹との距離感を縮める」という吊り橋効果にしかなっていない。
プロローグの翔子とのイベントもそうだったけど、この手法多すぎね。
その後、その化物の正体について調査しかけたり、幼少期の水難事故の記憶をちょっと取り戻しかけたりはするのだけれど、そのへんは全部ほっぽりだして妹とのエッチに邁進していくのだから、やはりシナリオの完成度については疑問符を付けざるを得ない。

しかし、インセストタブーに真摯に向きあい、乗り越えていく姿勢は、ナンパなギャルゲーにはあまり見られないもの。
周りの人間のリアクションがかなりリアルだったしね。
なんとなく、ヨスガノソラを思い出すような、そんなシナリオでした。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
黄昏のシンセミア