Entry Navigation  [月別アーカイブ]

ARIA The NATURAL 7~9話

7話 その 猫たちの王国へ…

「いつも通っている道に、ふと知らない入口があったとしたら――どうする?」


猫の集会へ参加していると思しきアリア社長を追いかけ、迷宮に迷い込む灯里と藍華の話。
2期1話の延長線上なストーリー。

ずっと一本道なはずなのに、なぜか同じところに戻ってきてしまう。
それは、灯里と藍華が猫たちに拒絶されているのか――それとも?

アイちゃんは、猫たちは灯里たちのことを知りたかったんじゃないか、なんて言っていた。
同じところをぐるぐると回っている間にこっそり観察していたのかな。
それとも、お茶目な妖精のかわいいイタズラなのか。

いつも同じ毎日を過ごしている私たちも、ふと脇道に逸れることができたなら、不思議な世界が広がっているのかもしれない。

藍華「恥ずかしいセリフ禁止。」
灯里「ぇー」

8話 その ボッコロの日に…

アクア・アルタのネオ・ヴェネツィアは、男性が愛する女性に一輪のバラを贈る、ボッコロの日でもある。
そんなちょっと浮かれ気分な街で、暁がアリシアにたくさんのバラを贈ろうとする話。

本当の気持ちを伝えるのって、とっても大変。
でも、それが伝えられたのなら、どんな小さかろうと――どんなに古かろうと嬉しいもの。
それをちゃんとわかっている灯里は、やっぱりすてきな女の子だった。

しかしまぁ、今回は灯里の恥ずかしいセリフを止める役がいないせいで、えらいことになっていた。
ぺらぺら喋りまくってないで、暁のぶちまけたバラを拾ってあげたらいいのに!

灯里・アリス「恥ずかしがるの禁止!」
藍華「ええーっっ!?」

9話 その 素顔の星たちは…

灯里の隠れたステキ探検回。
お仕事してる灯里が、久々に見られる回でもある。

知らないことがあるということは、これから知ることができるということ。
怖かった真っ暗闇にも、隠れたステキがあったように、灯里はこれからもいろんなステキを見つけていくのだろう。
心に灯した炎を消しさえしなければ――なんて。

このまったりさ加減が、ARIAの醍醐味な気がする。
まったりしすぎて書くことが足らないのはちょっと困るけど。
関連記事
category
[視聴中] アニメ
ARIA

ARIA The NATURAL 4~6話

4話 その ネオ・ヴェネツィア色の心は…

一日郵便屋さんな灯里ちゃんのお話。
内容は、1期4話の延長線上。手紙の持つレトロな温かさがテーマ。

これだけ船が日常的な交通手段になっているのなら、レンタルボート的なものはないのか?
……なんていう無粋なツッコミはおいといて。

わざわざ紙とペンで思いをしたためるなんて、そんな面倒なことをする機会は滅多になくなってしまった。
けれど、そんな手間をかけようとすることこそが、その人の思いの強さのあらわれ。
そうして書かれた手紙は、手で触れることのできる心そのものなのだ。

「ネオ・ヴェネツィアも手紙と似てますよね」
「この街を作った人の心には、いつでも手で触れることができますから」


5-1話 その 雨の日の素敵は…
5-2話 その 春にみつけたものは…


春の日のお休み、灯里とアリシアさんの春探し、狐の嫁入りと、一人ぼっちの桜のお話。

ふとした寄り道、回り道の先で、すてきなものに出会う灯里。
なんということもないエピソードなのに、なんだかほっこりしてしまうのが、このアニメの不思議な魅力なのかも。

でも、お狐さまがなにしたかったのかよくわからないのは困る。
本当にあぶらげ食べたかっただけなの?
……というか、最近灯里がマトモにお仕事しているところあんまり見ない。大丈夫なのかな?

6話 その 鏡にうつる笑顔は…

天才少女の憂鬱。アリス回。
ちなみに私は、寝間着のときの三つ編みアリスちゃんがお気に入り。

なんだか上手く周りに馴染めず、みんなが自分を嫌っている――そう感じてしまう。
コミュ障な私には、とてもありがちなことです。
そうして周囲に壁を作るアリスに、アテナ先輩は言う。

「鏡が自分の姿を映すように、人もまた、自分の心を映すのよ。笑ってごらん?」
「そしたら、アリスちゃんの前にいる人も、きっと笑い返してくれるわ」


いつも灯里や藍華に引っぱられて笑顔になっているアリスには、それはよくわかる話。
なら、今度は自分から一歩を踏み出してもいいじゃない。
こうして、アリスはまた一歩オトナに近づていくのだった。
関連記事
category
[視聴中] アニメ
ARIA

ARIA The NATURAL 1~3話

引き続き、ARIAの2期を視聴。
2期は2クール26話もののよう。がんばる!

---

1話 その カーニバルの出逢いは…

ネオ・ヴェネツィアで最も大きなイベント・カーニバルで、猫の王様に出会う話。
アイちゃん正ヒロイン昇格! かと思いきや、今話だけらしい。ざんねん

猫が集会を開くことは知っていたけれど、その集会を猫の王様が取り仕切っているのは知らなかった。
その正体は、アイルランドの昔話に出てくる妖精猫、ケット・シーというらしい。

誰かと誰かが出会うのも、小さな奇跡。
けれど、こんな奇跡だって、この世界がここにあることに比べたら、ほんのちっぽけなもの。
なら、こんなことだって本当にあるのかも。
そんな風に思えてくるのが、この作品のあったかいところなのかもしれない。

藍華「恥ずかしいセリフ禁止っ!!」
灯里「ええ~~っ」

2話 その 宝物をさがして…

灯里たち三人が宝探しをする話。
オチはベタだけど、最初は斜に構えていたのにだんだんとハマっていく藍華ちゃんがかわゆい。

今だったら、ささっとツイッターに写真をアップしておしまい――なものを、こうやって共有させるなんて、とってもすてき。
色んな人の想いでできあがっている世界は、とっても優しい。

藍華「恥ずかしいせりふ、禁止ぃ……」

3話 その 流星群の夜に…

灯里・藍華・アルの三人で流星群の観測会を開く話。
おねむのアリスはお休み。なんでだ
スポットが当たるのは、藍華のほのかな恋心。

「なんかちょっぴりわかるかも、隕石の気持ち」
「アクアに見入ったら最後、勝手に引き寄せられて、勝手に燃え尽きちゃう。なんかバッカみたいよね」
「……アル君のせい。ぜんぶアル君のせいよ」


そうしたいわけじゃないのに、アルが気になってしまう自分の心と、ふと振り返ったときの自分の空回り具合を流れ星に喩える藍華ちゃんは、なかなかに恥ずかしくてよかったと思います!

「そうだ藍華さん、言い忘れてたんですけど――」
「稀にですが、流れ星になった隕石は、燃え尽きることなく、アクアまでたどり着くこともあるんですよ」


藍華「あ――はっ恥ずかしいセリフ禁止いっっ!!」
関連記事
category
[視聴中] アニメ
ARIA

ARIA The ANIMATION 12、13話+まとめ

12話 その やわらかな願いは…

灯里の不思議体験、アクアで一番古い橋の向こうは過去に繋がっていました、回。
4話の続きでもある。

人がマトモに住めるような星ではなくなった地球から、新天地を求めた人々がたどり着いた星、火星。
赤い岩石だらけの星に「アクア」と名付けるのが、火星を開拓していった人々の願いの強さそのもの。
灯里が見た、初めて水路に水が流れるあの瞬間は、願いが奇跡を起こした瞬間でもあった。
奇跡を目の当たりにしたとき――ついでに「シンフォニー」と合わせられると――なぜか私まで涙ぐみそうだった。

奇跡が起こっているのは、決してアニメの中だけではない。
ツイッターの教えて真姫ちゃんBOT曰く、生命が生まれる確率は、バラバラにした時計を50mプールにブチ込み、プールの水をぐるぐるとかき回したとき、水の流れだけで時計が組み上がる確率と等しいらしい。
私がこうしてここにいて、ARIAを観て感想文を書き、それをどこかにいる誰かが読むことも、また同じなのだ。
そう思うと、家に帰って思わずアリシアさんに抱きついてしまう灯里の気持ちもわかるようだった。

灯里「あの……恥ずかしいセリフ禁止――って誰かにツッコまれたこと、ありませんか?」

13話 その まっしろな朝を…

1期最終話、大晦日・24月31日。
1話以来、声の出演だったアイちゃんの登場回でもある。

ヴェネツィアだけあって、新年の祝いかたはイタリア流。
みんなで集まって、お祭り騒ぎ。
だから今までの登場人物たちが総出でやってくる。

初日の出は、新しいすてきなことのはじまり。
これ以上なくすてきだった一年が終わり、また新しいすてきなことを描き込むための、真っ白なキャンバスなのだ。

内容は比較的無難なものだったけれど、最終話にふさわしい爽やかさだった。
アイちゃんはやっぱりかわゆすなぁ

---

総評

ちょっとだけ未来で、ちょっとだけ古い世界に暮らす女の子たちの、日常系アニメ。

「いま、私たちがここにいること」
そのすばらしさを説くような、しんみりと切なく、でもほっと温かいエピソードがたくさんあった。

何度か書いたけれど、言葉だけでは伝えきれないようなものを私たちに共有させられるそのセンスは特筆に値する。
これは誰にでもできることじゃない。
ARIAが名作だと言われる由縁は、このあたりにあるのだろう。

私のお気に入りは、11話での、シンフォニーをバックに「また明日ね!」を全力で伝える灯里のエピソード。
私もあのくらい明日を大切に生きられたなら、もっと毎日がすてきになっていくのかもしれない。
そんなことを考えさせられてしまうようだった。

次いで、3話の、灯里たちと仲良くなり、笑顔を見つけるアリスのエピソード。
あとは、5話の、なくしたリボンと、なくした子供心を重ね合わせる灯里のエピソードかな。
挙げればキリがないけれど、このあたりはどんな作品と比べても勝るとも劣らない、すばらしい出来だった。

そういえば、灯里を主とした登場人物たちの「恥ずかしいセリフ」も特筆に値するね。
よくもまぁあそこまですらすらと……と、逆に感心してしまうほど。
隣の女の子がいきなりあんなことを言い出したら、私まで禁止したくなってしまうかも。
これもこの作品の味なんだろうけれど。

これからは、地球の現状や灯里の出自などといった設定を絡めたエピソードが増えてくるのかな。
なかなかにしんみりしてしまいそうで、今から期待しています。

1期を見終えた現段階での私の評価は★4つ、秀作認定。
ふと毎日に疲れたあなたにぜひ。

素敵なひとときをご一緒しましょう?

関連記事
category
[視聴中] アニメ
ARIA

ARIA The ANIMATION 10、11話

10話 その ほかほかな休日は…

お風呂回その2。
初冬の休日、温泉に行くお話。
でもバスタオルは取ってくれないから、基本的に色気はないよ!

楽しかった夏が終わり、秋が過ぎゆくと、冬はすぐそこ。
なぜか灯里に懐いてしまった雪虫は、灯里が嫌いだと思っていた冬を告げる、季節そのもの。
けれど、ニガテだった寒さのなかにだって、色々なステキがあった。
それを知った灯里の目に、世界はますますステキに映っていくのだろう。

にしても、灯里はよくもまぁあそこまで淀みなく恥ずかしいセリフが出てくるものだよなぁ。
藍華ちゃんじゃなくったって禁止しちゃいそうだよ!

11話 その オレンジの日々を…

冬のある日、アリシア・晃・アテナの思い出話を聞く回。
在りし日の三人は、まるで今の灯里たちのように毎日三人で練習を重ねていて、けれど独り立ちした今となっては、三人揃って話をする時間すら慈しむようなものとなってしまっていた。

「いつか……いつの日にか、私たちにもそういう日が来るんですね」
「一人前のウンディーネになったら、今のように灯里先輩や藍華先輩と毎日練習で顔を合わせることもできなくなるんですね」


今、なんということもなく過ごしている今日が、いつかは明日にならない日がやって来る。
それは否応なしにやってくる現実ではない。自分たちが選び取って進もうとしている未来の、ひとつの真実なのだ。

それに気がついた灯里は、だんだんと小さくなっていく藍華とアリスの背中を不安げに見つめて――
そして、いつか堪えきれず、思わず背中を追いかけていく。

きらきら輝いて まぶしいのは 君がいるから――


神回。というか、挿入歌のチョイスと入れ方が神がかっている。
ただの回想回かと思っていたら、灯里の代わりに思わず泣きそうになった。どういうことなの

今という時間のかけがえのなさ。
それに気づいたのが、あんまり友達の多そうじゃないアリスだってのが、またいい。

「今楽しいと思うことは、今が一番楽しめるのよ」


藍華「恥ずかしいセリフ禁止ぃいいっっ!!!」
関連記事
category
[視聴中] アニメ
ARIA