Entry Navigation  [月別アーカイブ]

ゴア・スクリーミング・ショウ あかねルート

「初めましテ! 初めましてだネ! やぁやあやぁやア!!?」
「ボクの名前を聞いたネ! 私の名前を聞くんだネ! じゃあ答えよウ答えるとモ答えるべきサ!!」
「ボクの名前はゴア! オレの名前はゴア! キミの名前もゴア! ワタシの名前もゴア!! ゴアごアゴあゴア――」
「ゴア・スクリーミング・ショウ!!」


突然気が乗ったので、積みゲーの一本「ゴア・スクリーミング・ショウ」を崩してみることにした。
2006年1月発売と、すでに7年以上前のゲームではあるけれど、一部では名作と呼ばれているとかいないとか?

企画・原案・原画は、上田メタヲ。
屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様の原画担当の人です。なぜか期待が高まる

---

手近に攻略できそうなクラスメイト三人のうち、まずは幼馴染な一柳あかねちゃんから攻略。
信号機三人組の赤色担当です。

声優は、木村あやか。
ルサルカ・シュヴェーゲリン(Dies irae)、依媛奈緒(ヨスガノソラ)、遠近深咲(七つのふしぎの終わるとき)、黛沙也佳(真剣で私に恋しなさい!)あたりでお世話になっている声優さん。
芯の通ったロリ声は、けっこう私の好み。

回収したエンディングは三つ。
あかねちゃんがビッチ化する、「黒い幸福」。
あかねちゃん解体エンドの、「誤った判断」。
そして、ハッピーエンドの、「春は来る」。

ハッピーエンドに行くには、共通ルート終盤で、アルバムとノートの選択肢でノートを選び、朝顔についての記憶を掘り起こす作業が必要。

---

怪異ホラーものとしてのドキドキ感はなかなか。
あかねと井戸に閉じ込められたときや、洋館への潜入あたりは惹き込まれたね。
そして、井戸の底でのゴアの自己紹介シーンはカッコよすぎたな!

シリアスシーンのテンポもなかなか、演出も手が込んでいて、作り込んであるゲームなのがわかる。
こういうやる気の感じられる作品だと、プレイヤーのやる気も増そうってもんです。

ユカとゴアの正体、由規の出自と石の効力についてのネタバレはなし。
ユカはどうしてあんなに恭司に執着しているのだろう?
ただ、ヤンデレヒロインとして見たときのユカのポテンシャルにはかなり期待できそう。

しかしそれよりも、ビッチあかねのかわいさったら!
立ち絵ヤバすぎわろたwww

元からビッチなヒロインならいるけど、途中から変化されると「おぉ!?」ってなるね。
元のしっかり者なあかねちゃんを知っているから、余計にドキドキしちゃいます!
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
ゴア・スクリーミング・ショウ