Entry Navigation  [月別アーカイブ]

古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~ 一葉編

三月ウサギこと姫野美月の目的は、美星の自殺を避けられるほど昔に戻ること。
帽子屋こと主人公の目的は、タイムパラドックスに呑まれて消えてしまったサキを見つけること。

美月のほうが経験が多い分、いろいろな情報を持っているようだ。
彼女は、サキへのカギになるのは相羽和奏だと言う。
しかし、和奏は狂った運命によって死を避けられない。
そのために、一葉の運命を手に入れ、和奏の身代わりに使おうという。
だからまず攻略するのは、桐原一葉ちゃん。
なかなかキチクな話だけど、こういうの結構スキだよ!

運命を手に入れるには、好意を持ってもらうのが一番。
すなわち、影としての美月が一葉を襲い、それを主人公が助けるという茶番をする。
つり橋効果ってやつだね!
一葉の運命量を回復させるためだけに和奏を殺してしまうのには、なかなかドキドキしました。

一葉を落とす展開はわかりやすく進んだけれど、新キャラに驚き。
名波咲とかいって、サキっぽい感じなのに主人公の妹におさまっている。
いったいここはどこの世界だ。これも狂った運命の成せる業なのか。

「運命を変えるって……それって、先輩がいなくなるのと同じ意味ですよ」
「私にとって……先輩は先輩、たった一人ですから」
「だから、もし……私でも先輩の力になれるなら、私の運命を使ってもらっても平気です」
「ただ……私と一緒にいた時間を忘れないでいてくれれば、それだけで……私は幸せですから」


一葉を落とし、運命を献げさせる約束をして、一葉ルートは終了。
たった2日間の仕組まれた恋で、彼女の運命はすべて変わってしまったのだね。
嘘でもいいから、もっと一緒にいたかった。そう言って。

一途で純情な一葉ちゃんはなかなかかわいい。
主人公にここまで惚れてしまう裏付けはやや薄い気がしたけど、仕方ないのかな。
例えば一葉の家庭環境とか、だれかに必要とされたいとか、そういうもともとの素質と絡めて一葉エンドを作ったほうが、染み入るお話になったような気がするよ。
せっかく進んでパシリになる女の子なんだからさ。

――一葉、約束の時間だ、お前の運命が必要だ。
「…………!」
――一葉……和奏の身代わりになってくれ。
「はい、お任せ下さいっ!」
「――先輩、今はさようならです」

関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
古色迷宮輪舞曲

古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~ 開始

ループものの名作であり、かつ変わったプレイシステムを搭載した超難易度だというゲーム、「古色迷宮輪舞曲」をはじめてみる。
ちなみにずっと「こしきめいきゅうろんど」だと思っていたけど、正しくは「ふるいろめいきゅうろんど」らしい。
紅茶の淹れかたをミスると死ぬゲームとはこれのこと。

主人公が喫茶店でバイトをはじめると、宅配便で箱詰めの少女が送られてきて、そのメルヘン的生物に「一週間後にお前は死ぬ。死にたくなければ狂った運命の輪を元に戻せ」というようなことを言われる。
主人公は様々な事象を手がかりに、運命を変えようと奮闘する。
といったようなお話。

選択肢は存在せず、文章から入手できるTipsをキーワードとして登場人物に投げかけることができる。
そのキーワードによってキャラの反応や先の展開が変わってくる。
しかしそのキーワードは300個近くもある。超難易度。

しかも、まずルートBで特定のキーワードを入手しないと、ルートAが詰んだりする。
そうだね、「起こす」のことだね。
さらにルートBも、ルートAをクリアしてからじゃないと詰む。
2回も詰んだときには、割と本気でクソゲーかと思ったよ。

けれど、いきなり鏡の中に引きずり込まれたり、リアルに影に襲われたり、ドキドキな展開が多くて、進めているうちに楽しくなってきた。
一番燃(萌)えたのは、7日目に日付が変わった瞬間に和奏が瀕死で電話を掛けてくるデッドエンド。
影と対峙するものだと構えていた矢先のこれは、意表を突かれまくってヤバかった。

---

現在は、はじめて7月6日までたどり着き、記憶を持って6月30日まで戻ったところまで進んだ。
プレイ時間は10時間程度で、フロー完成率49%。

どの影の正体も美月で間違いないのかな。神出鬼没なのが謎だけど。
彼女は美星が自殺する運命を変えるために、この1週間の狂った運命を壊そうとしている。
美星が自殺を決意するのは、少なくとも3年、すなわち150週以上前のこと。
だから美月は150回以上のループから、狂った輪の中の運命量を吸い続け、美星の運命を変えようとしていた。
けれど、それでは出来なさそうだったから、白いサキと赤いサキを出会わせ、タイムパラドックスを起こしてしまおうとした。

現状の理解はこんなところなんだけれど、合っているのかな。
ちなみに三月ウサギの「三月」が「みつき」なのは、割と早い段階で気付いてしまっていました。

サキが二人に分かれるところの説明は、いまいちピンとこなかった。
男爵の首がもげる(サキを起こしに行く)イベントが発生したときのサキは赤いサキになるってことなのかな。
このイベント、起こるパターンと起こらないパターンが存在するのに、いつでももげているパターンで話が進むのは、このせいなのか。おかしいなと思ってはいたんだよね。

さて、サキはリアルに消えてしまった様子なんだけれど、これからどうなるんだろうか。
「絶対にお前を見つける!」とか主人公は息巻いていたけれど、果たして。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
古色迷宮輪舞曲

リトルバスターズ! 2話

2話 君が幸せになると、私も幸せ

俺得な小毬回。
理樹が屋上で会った小毬ちゃんを勧誘し、入団試験を経てリトルバスターズのメンバーになる。
理樹のナルコレプシーと「世界の秘密」の伏線も。

レノンのミッションで掃除するのって物置だったっけ?
風呂場を持ち回りで掃除しようみたいな話だったような気がしたんだけど。
けど、ちょいちょい小毬ちゃんのほんわかエピソードが補強されていたのは、とてもよかった。
クモの巣とか、鈴のスカートのほつれを縫ってあげるとか。
鈴の人見知りな演出も、アニメのほうがわかりやすいね。

まきいづみの声はキンキンしてて頭痛くなりそうだけど、こまりんはこれじゃないとね。
「ガッツとぉ~、勇気とぉ~、そして友情っ!!」のポーズは素晴らしい。
これこそアニメならでは、だね!

次回は姉御回の模様。
姉御、ハルカ、クド、美魚の順だったっけかね?
関連記事
category
[視聴中] アニメ
リトルバスターズ!(アニメ)

妹びらいざー 泉美ルート+まとめ

なんとなく惰性でラストの七瀬泉美ちゃんも攻略。
公式では「残念系」と分類されているけれど、このレベルで残念とは片腹痛い。
「春季限定ポコ・ア・ポコ!」の実妹、野々宮藍ちゃんくらいの残念度を達成してから宣言してほしい。

泉美の声を当てているのは御苑生メイ。
最近この人にはよくお世話になっているような気がする。
ユーフォリアの菜月先生とか、プリーズ・レイプ・ミー!の人妻のアノ人とか、そして美少女万華鏡の沢渡雫ちゃんとか。
まったり大人しいジャンルの萌え声だと思います。

泉美ルートは、やたらとアプローチをしかけてくる泉美姉ちゃんに誘われ、エッチしたり付き合ったりするお話。
そう、初めてマトモにヒロインと恋人になったような気がするよ。
エッチシーンはやたらと軟体とレオタード推しだった。
レオタードにはあまり興味はないけど、アクロバティックな体位はなかなかいいよ!
ブリッジしてる女の子にあれこれしちゃうとかね!

以下まとめ。

--- シナリオ ---

なし。奇跡の短さ。
個別に入ってからはエッチシーンの詰め合わせ。
大した中身もないくせにぐだぐだと続くモノローグはちょっとだるかった。

--- キャラクター・CG ---

咲姫 > その他

このゲームにおいては、シナリオがキャラ萌えとかそういう段階にすら達していないので、絵がすべてと言ってもよいくらい。
あとはエッチのシチュ萌えくらいか。
私は妹属性があるので、ここは妹の咲姫ちゃんを推しておきます。
絵的な可愛さでは、どの子もなかなかだったと思います。

CGの使い方はかなり贅沢。
というか、もったいないと思うレベル。
これで一枚使っちゃうのかよ!とか、これは差分作ってもう一回Hシーンにできるだろ!とか、そういう感想を抱いてしまいました。

あと、主人公がマジメ系クズ。

--- Hシーン ---

女の子のトロ顔がかわいい。
淫語もちょこちょこ。「おちんぽみるく」くらいはどの子も言ってくれたような気がする。
けど、語彙が少なかったのはちょっと残念。

ときどき鬼のように短いシーンがあったりする。
あれで抜くのは不可能なレベル。

私は、咲姫や唯ルートのときみたいな「ラブラブなセフレ」っていうレアな位置付けに割と萌える人なので、そういう意味ではなかなかよかったです。

--- その他 ---

声優
湖役、御子神猫だけはビミョー。
それ以外は特に気になりませんでした。

音楽
オープニングも単調なスライドショー、と同じ素材の使い回し。
見ただけで手抜き具合がわかるって、なかなかのクオリティの低さだよ。
BGMはほとんど印象に残っていない。
あと、なぜかエンドロールが流れずに唐突に終わる。

システム
次のページに行くと台詞がとまる。なんでだよ。
それ以外は、まぁこんなもんか、っていう感じかな。

--- 評価 ---

このゲームは未完成です。
ゲームとしてのクオリティはかなりの低さ。
オープニングと公式HPを見ただけでわかる。
最低限のHシーンだけはあるから、抜きゲーとしてはギリギリ及第点かなって感じ。

ただ、どうせフルプライスで売り出すんだから、もっとちゃんとしたものにしてほしかった。
なんだよ主人公が阿修羅って。

まぁでもボリュームはものすごく少ないから、私の精神的被害も少ない。
おまけで★1コつけておきましょう。
関連記事
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
妹びらいざー

妹びらいざー 唯ルート

いもびらいざー、3キャラ目にスポーツ少女の真嶋唯ちゃんを攻略。
これがツンデレと言えるのかどうかはかなりびみょーなところだと思うよ。
でも、内容は期待以上のものがあった。

声優は湖月紅れ葉という人。初めて知った。
声質は、可もなく不可もなくといった感じかな。

唯ルートは、咲姫大好きっ子な唯ちゃんが「咲姫を守る」という建前で主人公の性欲処理をしていく話。
毎回こんなお話な気がするな。とてもいいよ。
唯の対咲姫レズ疑惑は、勘違いだったようです。

唯の輝いていたのは「本番は絶対ダメだけど、挿れられるのっておまんこだけじゃないでしょ……」とか言って、アナルを使わせてくれるところ。
なにこれすごい。とても中学二年生の発想じゃないよ!
あと、割と淫語の多いテキストだったように思う。語彙は少なかったけど。

やっぱり最後まで明確なデレはなく、付き合うとか付き合わないとかそういう話もなし。
なんというか、ヒロインがみんなセフレになってエンディングって、かなり珍しいゲームだよね。
関連記事
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
妹びらいざー

リトルバスターズ! 1話

べすと的ギャルゲーランキング、堂々の第二位「リトルバスターズ!」がアニメになった。
待ちわびていたよ!
ひょっとしたら、久々に毎週観てしまうかもしれない。

Key作品なのに、制作が京都アニメーションではなくJ.C.STAFFだということで、あまり前評判はよくない様子。
PVを見た感じ、キャラがだいぶロリロリしていたようではあった。

中身は、全キャラエンディングをなぞってからリフレインへ行くという、壮大な話を小耳にはさんだ。
本当だろうか? 4クールくらい使う気なのか?

1話 チーム名は…リトルバスターズだ

原作をほぼ忠実にトレース。
「恭介が帰ってきたぞー!」から始まり、野球チーム「リトルバスターズ!」を結成し、凛に女子寮潜入ミッションをさせる。
最後は、屋上でお菓子を食べている小毬と出会ってエンディング。

作画が全体的にちょっとアヤシイ気がしたけど、こんなものなんだろうか?
ゲームでのきちんと描き込まれた立ち絵のイメージが強すぎるのかな。
佐々美の声は民安じゃないんだね。さすがにアニメで一人二役はやらない様子。

オープニングは「Little Busters!」、エンディングは「Alicemagic」だった。すばらしい。
とりあえず、こまりんを観察してニヤニヤするアニメになりそうです。
関連記事
category
[視聴中] アニメ
リトルバスターズ!(アニメ)

妹びらいざー 咲姫ルート

いもびらいざー、2キャラ目は本命の実妹、平木咲姫ちゃん。
顔良し、成績良し、運動神経良し、貧乳という、パーフェクトな妹。

咲姫の声を当てているは、柊菜緒というひと。ほとんど無名な声優のようだ。
ちょっとクール入ったロリ声で、なかなかイイカンジだったと思う。
でもちょっとイントネーションが気になること数回。

咲姫ルートは、主人公が咲姫を看病しているうちに眠ってしまい、気付いたら咲姫が主人公の手でヘンナコトをしてるところから。
そのまま、互いのフェティシズムを「治療する」という名目で、エッチをしていく。
思えば、湖ルートでもロリコンを治すにはロリに慣れる、即ちセックスするべしとかいうトンデモ理論が展開されていたっけな。

シーンは7回15CGくらい。
今回は結構すんなり本番をしてくれたのでよかった。
けど、その分だけ近親相姦っていう背徳感は薄かった。
まぁ思い返せば、湖ルートでも単に主人公がうじうじしていただけで、小学生とセックス!という背徳感はまったくなかったよね。

咲姫のスタンスはなかなか私好みだった。
自分の指フェチは置いておいて、兄を治療するという名目で身体を提供する。
本当は兄と、兄とするエッチが好きになってしまって、抱いてもらわずにはいられないだけなのに。
このタテマエで最後まで押し通して、付き合うとかそういうのはナシでエンディングを迎えたのは、評価できる。

「ほんとは身の毛がよだつほどいやなんだからね? でも、しょうがないよ。私って、世界で一番不幸な妹だね」


---

さて、残る唯と泉美ですが、正直に言って、まったく興味がわかない。
唯とか、あれはツンデレって言わないと思うんだよね。
万が一気が向けば、消化するかもしれないです。
関連記事
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
妹びらいざー

妹びらいざー 湖ルート

どこかに話題が上がっていたから始めてみたゲーム「妹びらいざー」。
最近こんな抜きゲーばっかりで、シナリオ重視のゲームを全然やっていない気がするなぁ……。
体験版の発表が発売1週間前、発売日まで公式HPでキャラクターサンプルボイスが聞けなくて、発売から一月経った今でも、公式HPには「準備中」が目立つという、手抜き感抜群のゲームでもある。

あらすじは、兄の「足フェチ(対妹オンリー)」を直すため、妹を含めた女の子4人と同棲するお話。
珍しいのは、兄妹仲は良くも悪くもない「普通」で、妹の兄に対する好感度も「普通」だという点。
ちなみに妹の咲姫の「指フェチ(対兄オンリー)」は、咲姫ルートになるまで明かされない模様。

---

まず攻略したのは、ロリ巨乳な小学生、七瀬湖ちゃん。
まったく小学生は最高だぜ!

シナリオは、オマセなJSの湖が、その類い稀なるおっぱい兵器で主人公をひたすら誘惑するお話。
おっぱいのデカさには賛否両論あるようだけれど、私としては、ここまでくるともはやすがすがしい何かを感じ、なぜか納得してしまいました。

湖の声を当てているのは、御子神猫こと水島理音。
「闇色のスノードロップス」で無口キャラな橘歩美ちゃんの声を当てていた人だ。
声自体は、私は好きでも嫌いでもない感じかなぁ。

しかしまぁ、主人公が殺したいほどイライラした。
小学生とセックスがマズい、っていう倫理観はわかる。ただ、そのせいで頑なに本番を拒み続けるのは何。
手コキされてパイズリされて素股されて精液出しまくっておきながら、小学生に「おちんぽハメてください」って3回言われても本番だけはしないって、この業界なら賛成多数で死刑にできると思うよ。
あと、一人言が多いってキャラ付けもムカつきました。

個別に入ってからは、エッチシーンのつなぎ合わせという感じで、シナリオ性はほぼゼロ。
全部で6シーン15CGくらいだったかなぁ。
そのうちの1回には、話題になった主人公が阿修羅になっているアレも含まれる。
そうだね、手が四本生えているアレだね。なんで作ってて気付かねーんだよ

同じようなアラは他でも目立つ。
一緒にお風呂に入っておっぱい揉んだ、その次の日のエッチシーン。
主人公「これがおっぱい……! 初めての感触……感動だ……!!」
昨日の記憶はどこいった。てめぇは痴呆か。

エッチシーンそのものは、まぁぼちぼち。トロ顔はなかなかよかった。
最初のシーン(お風呂)で「子供の身体を洗っているだけで、エッチなことなんかじゃないんです」的なスタンスもよかった。
どうせなら最後までそれでいってほしかったなぁ。
「これは私の子供おまんこが変じゃないかおちんちんで調べてるだけで、セックスじゃないから大丈夫です」みたいな……あれ、大丈夫じゃないのは私の頭かな?
関連記事
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
妹びらいざー

プリーズ・レイプ・ミー!(OVA) ~九条さくら ピーを…ピーに…ピーして下さい編~

忘れていたけれど、さくらルートがOVAになっていたんだった。
映像化されていたのは、初体験レイプと、大学の教室でのレイプ。
コンサートについては、あのカッコでステージに上がってエンディング。
公式ではやたらと「闇のアダルトライブコンサート!」とかいって推してくるけど、あれは詐欺だ。
「想像を絶する衝撃のラスト!」って、たしかに衝撃だよ。
このフカシはユーフォリアのOVAでもやられたよね。

作画は相変わらず適当すぎる。
これで抜けるくらい純真な人は、レイプになんか興味を持たないと思うよ。

そして内容は1/3くらいが日常シーン。
個人的には、主人公とサリーの絡みが気に入ってるから日常シーンも嬉しいのだけれど、本当にレイプシーン目当ての人からしたらイライラしてしょうがないんじゃないのかな。
しかしサリーはかわゆすなぁ!

さて、どうやらプリーズ・レイプ・ミー!のOAV化は、これでおしまいのようだ。
DVDに収録されていた次回予告は、他の作品についてばかりで、PRMについては一言もなし。
あーあ、玲花とサリーはナシか。
悠真とさくらだけとか、誰得だよ。

限定版特典の「びっち、ビッチ、Bitch、アヘ声CD」は、コンサートのお話。
これをドラマCDにするのかよ。まぁいいけど。
サリーのフェラチオと、ライブ後にレイプされるさくら。
サリーの声優の春日アンが好みな私は、だいぶテンションがあがってしまいました。
さくらのレイプはどうでもいいや。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!

BackStage まとめ

このゲームは、ウィルスバスターなどが有効な場合、エラーを吐いてインストールに失敗することがあります。

--- シナリオ ---

演劇がテーマなゲーム。
このゲームのシナリオライターは「はね」と「おるごぅる」の二人。
「はね」が水鏡姉妹担当、「おるごぅる」が安美とアリスとゆとり担当。

まずは「はね」担当のシナリオから。
私は小学校の学芸会でしか演劇をやったことがない本当の素人。
その視点から見ると、芸能をモノにしようとする人の生き方が少しだけ見えて、少しだけ面白かったかな。

ただ、それもそこまで深く掘り下げたものではなく、雰囲気が伝わってくる程度。
芸能界を志したことがある人になら深い共感を得られる話だったのかもしれないけれど、そうでない私には「へー?」という疑問符付きの感想しか抱けなかった。

作中で使われたのは「星の王子様」と「天守物語」。
後者はともかく、私は星の王子様も真面目に読んだことのない教養のない人間だったので、そういう意味では興味深かった。
天守物語は、ノイタミナ枠のアニメ「怪」でも使われている様子。
機会があったら見てみようかな、と思いました。

対する「おるごぅる」担当のシナリオは、演劇である必然性のない、いわば汎用性のあるテーマでの話なので、演劇のことを知らなくても素直に楽しめた。
まぁおるごぅるに期待しているのは、頭のネジの外れたエロテキストです。
そういう意味では満足できました!

シナリオ別評価
アリス ≧ ゆとり > 京香 ≧ 安美 > 沙織

--- キャラクター・CG ---

キャラの立ち具合は十分。
キャラ同士の掛け合いもなかなか。
ただ、ライターが二人いるせいか、ときどき話がうまくかみ合ってないことがあったりする。
特に、アリスのゆとりについての反応。
あるルートでは本気で嫌っているぽくて、あるルートではそれなりに好意を抱いていそうだったりする。
私はそういう整合性が気になってしまう人なので、いくらか減点ポイントかもしれない。

まぁやっぱりツンデレは正義かな。アリスが一番かわいい。
次いで、元気系アホの子、沙織ちゃん。個別シナリオはちょっと残念だったけど。

絵は、正直あまり上手くない。
使い方もあまり上手くない。
元からあまり期待していなかったので、そこまで減点ではないけれども。
ただ、ときどきパースが狂った絵があったのは気になった。

オススメ攻略順は特になし。
誰からやっても、他ルートに絡むようなネタバレがあったりはしないです。

--- その他 ---

声優
マイナー声優ばかり使ってきていた。
びみょーな声だったのは安美だけかな。それ以外は普通でした。

Hシーン
おるごぅるテキストは満足。
はねテキストはびみょー。
絵もびみょーだけど、使おうと思えば使えるかな、たぶん。

音楽
オープニングはまったく印象に残らないスライドショー。
BGMは下の中。HシーンのBGMがウザく感じたのは初めてかもしれない。

システム
俺がログに戻ってるときも台詞はなまけるなっていつも言ってるだろ!
えっと、それ以外は文句無いかな。
あそうだ、セーブデータ50コは少ないよ。100コはほしいです。

--- 評価 ---

埋もれた名作と言われているけれど、やれば埋もれている理由がわかる。
というか、全体的にお金がかかっていないゲームな気がする。
この内容でフルプライスは、ちょっと割高かもしれない。
演劇のシーンは、一枚絵を用意しても良かったんじゃないのかなぁ。
読むだけでも伝わってはくるけど、せっかくの紙芝居なんだからさ。

それと、水鏡の読みは「みかがみ」なのか「すいきょう」なのか。
キャラクターによって読みが違うのは戸惑う。
そのあたりからも、作り込みの甘さがうかがえる。

退屈はしないけれど、そこまで人にオススメするようなゲームでもなかった。
演劇に興味がある人なら、やる価値はあるかも。
あとはおるごぅるのエロテキストが好きな人も。

私の評価は、ギリギリ★2つです。
おるごぅるの引退は残念だなぁ。
関連記事
category
ゲーム [★★☆☆☆]
BackStage