Entry Navigation  [月別アーカイブ]

マリア様がみてる 1~3話

百合って本当に良いものですよね!と勧められた一作、マリア様がみてる。
とりあえず百合に興味なくても観て損はしないから、との言葉添えもあり、観てみることに。

1~3話は、主人公の祐巳が祥子さまの妹になるところまで。
どうにもカタカナ語が多くて困るな。
ちょっとまとめてみる。

---

まず、山百合会という生徒会があって、そこには3人の役員がいる。
それがロサ・キネンシス、ロサ・ギガンティア、ロサ・フェティダの3人の薔薇さま。

ロサ・キネンシス(紅薔薇)は、水野蓉子さま。
黒髪ショートカットのお姉さまだね。
蓉子さまの妹、ロサ・キネンシス・アン・ブゥトンが、小笠原祥子さま。
そして祥子さまの妹になったのが、主人公の福沢祐巳。
これが、ロサ・キネンシス・アン・ブゥトンのプティ・スールなわけだ。

ロサ・ギガンティア(白薔薇)は、佐藤聖さま。
祐巳の最初のダンスの練習相手になってくれたり、祥子さまに嫉妬させようと祐巳にちょっかいだしたりしてたお姉さま。
聖さまの妹、ロサ・ギガンティア・アン・ブゥトンが、祐巳のクラスメイトの藤堂志摩子ちゃん。
志摩子ちゃん可愛いですね!

ロサ・フェティダ(黄薔薇)は、鳥居江利子さま。
赤いカチューシャをしているお姉さまだね。
江利子さまの妹、ロサ・フェティダ・アン・ブゥトンが、支倉令さま。
祥子さまがシンデレラの王子様役だと勘違いしていた、短髪でボーイッシュなひとだ。
その妹、ロサ・フェティダ・アン・ブゥトンのプティ・スールが、島津由乃ちゃん。
三つ編みな女の子だね。

---

どうも3人の薔薇さまの色によっての上下関係はないらしい。
とりあえずはここまで理解しておけば、カタカナ語に困ることはないはず!
関連記事
category
アニメ [★★★★★]
マリア様がみてる

euphoria 合歓ルート

ユーフォリア、真中合歓ルートクリア。
ウンコルートでもあった。
スカトロなエッチシーンが多くて、結構辛かったなー。
食わせるのはさすがにスキップしたわ…。

合歓が黒幕なのは梨香ルートで既に判明していたけど、その詳細が徐々に明らかに。
最初の脱出編はキューブ的な話だったけど、その後の学園編はバトルロワイヤル的な話みたい。
合歓は殺人ポイントを100貯めたから、支配者になれたんだね。

合歓が主人公にしつこいのは、おなじ嗜虐嗜好を持つ者としてわかり合えると思ったから。
たぶん、ある意味本気で惚れてるんだと思うな。
とても歪んだ形でしかそれが現われないだけで。
合歓が主人公に服従する展開とかはないのかなー?

とうとう叶のシーンが解放されたね。
今まであれだけ主人公に大事にされていただけに、妙に興奮した。
まぁイジメるなら梨香が一番楽しめそうなんだけど。

次は叶ルート。
メインヒロインな叶ちゃんを、どうやってイジメてくれるのかな。
楽しみだー!
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
euphoria

輪るピングドラム 19、20話

--- 19話 私の運命の人 ---

陽毬回。
退院した陽毬は、だんだん家から自分の居場所がなくなっていくように感じていた。
そこに訪ねてくる真砂子。
真砂子は、冠葉の愛を帰せ、私の真実を返せと迫る。
どうやら、冠葉と晶馬は陽毬と血が繋がっていないのかも。

多蕗と同じように、陽毬も「子どもブロイラー」にいた描写があった。
多蕗にとってのモモカのように、陽毬に生きる意味を与えてくれたのは晶馬だった。

晶馬は陽毬に、家族になろうと言う。
そして運命の果実を差し出し、僕らには魔法がある、という。
ここでたぶん運命の乗り換えが行われたんだなぁ。

真砂子はなぜそのことを知っていたのか。
というか、真砂子と冠葉の繋がりもまだよくわかってない。
謎が多い女だ。

そういえば、冠葉が妙に金回りが良い事情もわかった。
どうやら両親やその仲間とちょくちょく会って、そこからお金を貰っていたようだね。

--- 20話 選んでくれてありがとう ---

陽毬回の続き、晶馬が陽毬を選んだ過去の話。

誰にも選ばれず、何者にもなれないと透明にされてしまう世界。
そこで晶馬は陽毬を選んだ。
言葉以外の魔法が何かあったのだろうか、あったならなぜ晶馬はそれを使えたのか。
やっぱり「君が必要だ」っていうその言葉以上の魔法なんてないのかな。

ついでに、真砂子の親と高倉の親は同じ集団に属していて、そこで真砂子と冠葉は知り合ったみたいだね。
真砂子にとっては、陽毬がいないときには冠葉のことを独占できていたのに、陽毬が来てその愛が失われてしまったってことか。

なんだか最近切ない話が続くなぁ。
晶馬は事件を起こした両親を許せず、冠葉は両親と同じくこの間違った世界が許せない。
陽毬は過去を思い出した割に、もう吹っ切れたのかわからないけど、妙に元気だった。
関連記事
category
アニメ [★★★★★]
輪るピングドラム

Fate/Zero 9話

--- 9話 王と従者 ---

負傷したアーチボルトのその後と、ウェイバーとライダーがキャスターの根城へ行く回。

アーチボルトは一命は取り留めたようだけど、魔術は使えない体になってしまった。
なので、その妻が無理矢理ランサーのマスターを引き継ぐ。
小指を折りながらマスターの移譲を求める目が怖かったー。

桐嗣はどうやらランサーと決着を付けずにアーチボルトを助けに行くことを許したセイバーを、怒っているようだね。
もしランサーが裏切って私が襲われたらどうするつもりだ、と。
この溝はなかなか深いのかもしれない。
マジこいで言う、クリスと大和の対立みたいなことか。

頼りない感じのウェイバーだけど、ようやく魔術師らしく錬金術を使ってキャスターの根城を突き止める。
キャスターは留守だったけれど、キャスターと龍之介が遊んだ死体がごろごろしているのを見てしまった。
血と靴の描写しかなかったのは残念。
もっとグロいのが見たいよー!
ウェイバーに比べてライダーの頼りがいは異常。さすが征服王だね!

次回、凛の冒険。
まじかー幼女凛期待しちゃうよー!
ついでに間桐とバーサーカー回な予感。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
Fate/Zero

真剣で私に恋しなさい! リュウゼツランルート(トゥルー)

マジこい、期待のトゥルールート終了。
予想通り、共通でちょこちょこ出てきた板垣三姉妹とかチャイルドパレスとか、その周辺でのバトルなお話。

シナリオ的には普通かなぁ、バトルというか戦略的な話は面白かったね。
百代がいれば余裕で終わるかと思ってたら、相手も戦略的に百代を封じ込めてきた展開はとても引き込まれた。
黒幕がアイツだったとはなー、ちょっと予想外。
これで一気に榊原小雪が好きになってしまいました。
小雪と京のバトルにはうるうる。

特定ヒロインルートではないので、Hシーンはあまりなし。
まきいづみの声が聞けたので満足かな!

トゥルーだけあって、登場人物豪華勢揃いという感じ。
楽しさ的にいったらやっぱり一番かもしれないね。

次からはサブヒロインルートを回収してゆきます。
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
真剣で私に恋しなさい!

たまゆら(OVA) 1~4話

TV版(hitotose)に先駆けて発売されたOVA版を視聴。
TV版1話と2話の間の話。

楓が写真を撮り始めたきっかけになった父親との思い出や、写真についての話がメイン。
楓が切符をもらった写真家の人も登場、TV版のオープニングに出てくるお姉さんは誰?っていう疑問がようやくとけました。

私はあまり日常系のアニメは観ないのだけれど、この雰囲気はとても良い。
言葉にするのは難しいのだけれどね。
変わるもの、変わらないもの、変わらなきゃいけないこと、変われないこと。
思春期の将来への漠然とした希望や不安を、写真という一瞬を切り取るものに写しこんでいる。

まったりしたくなったり、すこしセンチメンタルな気分になったときにオススメなアニメだね!
関連記事
category
アニメ [★★☆☆☆]
たまゆら

十二国記 40~45話+まとめ

三ヶ月近くかかった十二国記も、ようやく見終わったよ。
最後の第四章は、延王尚隆と延麒六太の過去の話。
尚隆が延王になった顛末は一章でも語られていたけど、実際に国を治めてからの話。
三章であった慶の内乱と被らせて、延王が景王に昔語りをする構図。

中身は、国を治める上での正義とは何か、罪を恐れて民が死ぬのを待つことか、大罪を犯してでも民を救うことか、そんな話。
三章の冒険具合が楽しすぎたせいで、やや退屈してしまった。

以下まとめ。

---

萌えアニメとは一線を画す、本格派アニメ。
原作がライトノベルなどではなくちゃんとした小説だから、内容もしっかりしている。
ただ、原作未完でアニメも途中までしか作られていないのは残念。
といっても、どこに落としどころをつけるのかはとても難しいね。
未完だから最後まで見てもスッキリしない、というようなことはない。
泰麒がどうなったのかは気になるけど。

ファンタジーな内容なので、そういうのが好きな人はとても面白いと思う。
世界観がしっかり練られていて、アニメを1回視聴するだけで全てを理解するのは困難かもしれない。
作中での用語の解説は本当にさらっとしか行われず、しかもおさらいがないので。
Wikipediaの十二国記の項目が異常に詳しいので、それを活用するのも手。

全体的なクオリティは高い。
放送から10年近く経った今見ても、見劣りしない。
萌えアニメとは違った重たいモノが観たくなったらこれを手に取ろう。
★3評価です。
関連記事
category
アニメ [★★★☆☆]
十二国記

euphoria 凛音ルート

電波系少女、白夜凛音ちゃんを攻略。
結構救いようのないラストだったなぁ。

合歓と対立する組織の長だけど、その組織がカルトっぽくてこわい。
主人公は凛音を救いだそうとするけど、バッドエンドじゃなくても上手くいかなかったのかな。
記憶の消失についてはまだ真相がわからないけど、まさか夢オチじゃないだろうあれは。
ハッピーエンドのCGがなかったのも気になるね。

Hシーンはだいぶ濃ゆかった。
全体的に言えることだけどね。
陵辱というかやや拷問チックなのが多かったな。
アヘ顔は多めだったけど、快楽堕ちがなかったのは残念。
脱出時の5回にあるかと思ったのに。

次は期待の合歓ルート。
強気で人を食ったようなキャラの合歓ちゃんが、どう陵辱されるのか期待。
脱出後の話もだいぶ進みそうだな!
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
euphoria

真剣で私に恋しなさい! 京ルート+アフター

マジこい!メインヒロインシナリオのラストは根暗な大和大好き娘、椎名京ちゃん。
いままでずっと他の女の子と大和がくっつくのを見せ続けてしまって、正直忍びなかった。
5周目にしてようやく幸せにしてあげられました!

京ルートは、大和と風間ファミリーに依存しがちな京が、社交的になるため自分を変えようと努力する話。
人間関係を仲間内なんかの狭いところで完結させたい気持ちは、私にもわかる。
というか、私がまさにその通り。
学校や仕事などの相手とはある程度の関係を築くけれど、卒業や退職などで必要性がなくなれば、せいせいしたとばかりに切ってきた。
人付き合いは最初の構築も面倒だけど、維持するほうがさらに大変だものね。
でも、京は大和に言われては嫌々ながらも関係を再構築し、だんだんとその重要性や楽しみに気付いていく。

あと、一つのものに依存しすぎると、いざそれが無くなったときどうしたらいいかわからなくなってしまう危険もあるね。
オープニング直前の占い師は、京が大和にフラれて自殺すると占っていたらしい。
結局はクリスがいて、甘えるなと叱ってくれたから大丈夫だったみたいだけど。

---

シナリオは普通。
今まで辛い思いをしてきた京ちゃんをまったり見守るルート。
Hシーンはあまあますぎてお腹いっぱいでした。

そういえば、アフターが本当にアフターで、Hシーンがなかったのには驚いた。
あるかとおもったけどなー?

次はトゥルールート。
その後サブキャラルートを回収します。
トゥルーは釈迦堂の弟子とのバトル、あとは新しくできるらしいラウンドワン的な施設を巡っての話かな。

---

そういえば、11月23日にゲームを起動すると、いつもと違ったセリフが流れます。
もしかして他の祝日のパターンもあるのかな?
PC内の時計をいじれば聞けるはずだよ!
関連記事
category
ゲーム [★★★☆☆]
真剣で私に恋しなさい!

未来日記 1~7話

11年秋期、オススメされたアニメの一作。
C3が微妙だったので、こっちを先に見てみる。
2chでも評判良いみたいだし!

--- 1話 サインアップ ---

毎日の出来事を事細かにケータイに日記として記している、根暗な中学生が主人公。
脳内妄想で神とか作って会話してたら、その神からある日突然未来の分の日記がメールで送られてくるようになる。
脳内の神いわく、その未来日記を受信しているのは全部で12人。
その12人から1人を選ぶためバトルする、という大筋らしい。
日記を破壊されるとゲームオーバー、つまり死。

とりあえず興味あるのは、もうひとりの未来日記所有者がクラスメイトで、さらに主人公のストーカーだった、っていう設定。
見た目可愛いし、主人公に尽くしてくれそう。
ストーカーだけどね。

神が若本ボイスなのも良いね!
Cパートのギャグアニメも面白かった。

まずは3rdがデッドエンド。

--- 2話 契約条件 ---

1stたる主人公が、9thの雨流みねねに襲われる話。
みねねの爆弾テロから生き残るため、主人公は2ndの由乃に助けを求める。
由乃の未来日記は自分のストーカー日記だから、それを利用すれば生き残れるという打算から。
途中で自分のクズさに反省してたけど。

4thの警官の助けもあり、いちおうみねねは撃退。
なかなか良いクオリティだった。
一般人めっちゃ死んだなー100人くらいかな。

1話はオープニング無しだったので、今回が初。
曲は微妙だけどその他は良いね!
メインヒロインの由乃のアブナイ感じが良く出てる。

--- 3話 初期不良 ---

1stの雪輝、2ndの由乃、4thの警官の3人で共同戦線を張ることになった。
4thの警官は最後に裏切りそうだけどな。

雪輝と由乃は囮として遊園地にデートに行く。
観覧車のシーンの演出はかなり良かった。

でも、そのあと由乃の家に行き死体を発見してしまう。
これで大きく未来が変わってしまう。
由乃可愛いけどストーカーだもんね…可愛いけどね…
いやストーカーでも人殺しは違う気がするけど…
由乃はどのくらいヤンデレ化してくれるのかなー?
ヤンデレな女の子って結構好きです!

9thのみねねも他の日記所有者に捕まって日記を奪われる。
俄然面白くなってきたね!

--- 4話 手書き入力 ---

6thの春日野椿に会い、12thに襲われる話。
6thの日記には信者全ての報告が記される。
12thのはよくわからん、音が聞こえるのかな?

6thはデッドエンドフラグが立ったため、運命を変える奇跡を起こせる1stに協力を依頼。
でも2ndの由乃は、椿が雪輝に言い寄っているように見え、椿を殺そうと考える。
そこで12thの襲撃があり、雪輝にもデッドエンドフラグが立つ。

由乃可愛いよ由乃。
なまじっか行動力があるからさらにたちが悪いよね。
「死体を殺すのよ!」とか言いながら、ためらわずに斧を振るって人を殺してゆく。
このままでいくと、由乃がヒロインランキングに入ってしまいそうだ。
Cパートのギャグアニメの椿も可愛い。
ずっと座敷牢にいたわりには結構普通の女の子なのだね。

てゆかまた人がいっぱい死んだな。
そういうところにためらいのない描写は好きだよ!
血も結構出るしね。

--- 5話 ボイスメモ ---

12th平坂黄泉の襲撃を受け、雪輝は椿も連れて3人で逃げ出す。
雪輝が椿を見捨てなかったことで、平坂にデッドエンドフラグが立つ。

フラグが立った平坂は、椿を道連れにしようと直接攻撃してくる。
が、由乃の機転で攻撃は失敗、返り討ちに合う。
てゆーか由乃これで人殺し何人目だよ…
まじカッコ良かったけどさ!

12th平坂が死んだことで、自身のデッドエンドフラグを回避したと思った椿は本性を現し、1stを殺そうとする。
しかし、雪輝を椿に取られると思った由乃は、火事場の馬鹿力的な威力で椿に襲いかかる。
椿は日記を庇い、右手首を失う。
ヤンデレ補正すごすぎだろ由乃っち!

由乃に雪輝日記を託された雪輝は一人で逃げるが、輪姦されそうな由乃を見捨てられずに助けにゆく。
パラノイアなストーカーの由乃だけど、雪輝が本当に好きで守りたい気持ちだけは本物だと信じられたから。
デッドエンドフラグを回避できていなかった椿は、そのまま雪輝に殺される。

椿も壮絶な過去を背負っていたんだなぁ。
日常的に信者に輪姦され続けていたのかな。
最後、手鞠を見て消えてゆくシーンはだいぶ切なかったよ。
平坂もいいキャラしてた。ああいうの好きだな!
もう少し残ってほしかったなー

--- 6話 マナーモード ---

息抜き?病んだラブコメ回。
雪輝の母親が帰ってくるのを見計らって、由乃が押しかけてくる。
母親に認められなかったら排除するつもりだったみたいだね。

由乃の家の死体は、やっぱり両親なのかな?
でも由乃がヤンデレ化するのは雪輝絡みのときだけじゃないのかなぁ。
前にストーキングしてた男の子が他にもいて、みたいな展開だったらやだなぁ。

そういえば1話から思ってたんだけど、結局日記所有者はひとりしか生き残れないんだよね。
そうすると、雪輝と由乃ふたりが結ばれてハッピーエンド(由乃的に)ってあり得ないんじゃない?
最後はそこで落としてくるんじゃないかなぁ。
由乃の日記の表現は「結ばれる」だけで、セックスとか結婚とか具体的に書いてあるわけじゃないしね。
ちなみにこのバトルロイヤルは時間制限とかあるんだろうか。

最後に日記所有者なガキが登場。
大丈夫かな、展開が失速しないか不安になってきたぞ。

--- 7話 留守応答 ---

大丈夫、失速しなかった。
5th豊穣礼佑とのバトル回。

5thも日記に仕込んだトラップを発動させるまではよかったんだけどね。
本気でやってれば雪輝も由乃も死んでたぽいけど、エリート的に楽しみたかったんだな、きっと。
神になることが目標じゃなかったからかな。

由乃の溢れる愛はスゴイね。
5thを手っ取り早く殺そうとするところとか。
雪輝も、いまは恋愛感情とは違ったとしても、自分に尽くしてくれる女の子にはやっぱり惹かれてしまうものだよね。
てか由乃絶対凡人じゃないだろ…プチトマトの重さわかるとか、宅配便に気付くとか。
愛は世界を救う?

9thみねねは、雪輝に「由乃が最大の敵」って言ってたけど、由乃は雪輝を殺そうとしたりしないと思うけどなぁ。
確かにその気になれば、対雪輝では最強の日記だけど。
由乃が自分の中で雪輝を生かすか、雪輝の中で自分が生きるか、どちらを選ぶかがポイント。
あそこまで献身的なら後者な気がするけど。

グロシーンにはモザイクが入ってるのが残念。
ブルーレイになったら取れるのかな、楽しみ。

---

想像以上に面白いアニメだ。
ラストエグザイルより面白いね!
フェイトには敵わないけども。
展開によっては★5もあり得るレベル。
これからも毎週楽しみにしちゃうよー
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
未来日記