Entry Navigation  [月別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

聖地巡礼その1.22 和歌山・伊太祁曾神社、竃山神社、日前神宮、國縣神宮

11年10月25日、和歌山線に2時間弱揺られて(なぜかベンチシートの列車でした)和歌山に着いたのは14:36。
神社は暗くなってしまうと参拝できなくなってしまうので、17時までが勝負。

和歌山から出ている、わかやま電鉄貴志川線の沿線上に3つほど行きたい神社がある。
貴志川線は30分に1本なので、行く順番に非常に迷ったのだけれど、まずは一番遠いところから行くことに。
関連記事
スポンサーサイト
category
Extra
聖地巡礼

聖地巡礼その1.21 奈良・春日大社、石上神宮、橿原神宮

11年10月25日、まずは奈良の神社を回ります。

まずは旧官弊大社、春日大社から。
奈良の平城京を守護する神様をお祀りするために建てられたそうです。

7:30、奈良公園近くのホテルを出発。
そのまま奈良公園内の春日大社の表参道を行きます。

日頃の運動不足が祟り、正直下半身が全体的に筋肉痛です。
前日の諏訪神社四社巡りを徒歩で敢行したのは、少し無茶だったのかも…。
関連記事
category
Extra
聖地巡礼

聖地巡礼その1.12 長野・諏訪大社下社

11年10月24日、12:25に下諏訪の駅に到着。
諏訪大社の上社は、諏訪湖の北側にあります。

上社春宮までは駅から徒歩15分、秋宮までは徒歩10分程度。
電動アシスト付きの貸し自転車があったようです。
借りてもよかったのですが、なんとなく歩いてみる。

まずは春宮から。
関連記事
category
Extra
聖地巡礼

聖地巡礼その1.11 長野・諏訪大社上社

11年10月24日からの、聖地巡礼の旅行記です。
私の住んでいる東京から、JRの在来線を利用して九州まで行きました。
各駅停車での旅行は2度目です。

一つ目の目的地は、信濃国一宮、旧官弊大社、諏訪大社。
諏訪大社は諏訪湖を挟んだ対角線上に、上社、下社に別れています。
そして、それがさらに上社は前宮と本宮に、下社は春宮と秋宮に別れています。
計4箇所に参拝しないといけないようです。
関連記事
category
Extra
聖地巡礼

たまゆら~hitotose~ 1~3話

1、2話は2周目です。

1話 わたしのはじまりの町、なので
はじまりの回。
楓の写真に対する気持ち、汐入から竹原へ行く過程が描かれる。

写真は撮ったものだけじゃなく、それを撮った人の気持ちも反映されるもの。
お父さんが写真を撮ったときの気持ちを考えて涙する楓を見ると、ついついうるっと来てしまうね。
楽しかった思い出は変わらない、忘れようとしても写真はちゃんと憶えていてくれる。

私は写真はあまり好きではないけど(ついつい撮ることが目的になってしまうので)、そういう写真はとても良いと思う。
変わらないものって魅力的だものね。
良い意味でも悪い意味でも。

ただ、2周目にして気付いたけど、このアニメは全く影をつけないんだな。
どうもキャラクターが背景から浮いている気がしてしまうよ。

2話 やさしい香りに包まれた日、なので
楓が竹原に馴染んでゆく回。
周りの登場人物の紹介回でもある。
2周目を見ても少し退屈な回だな。

3話 出現!たたかう女の子、なので
香の同級生こまちと、のりえのスイーツ勝負の回。
のりえのツインテールで快活キャラ(NOTツンデレ)はちょっと珍しいかもしれない。
…書いててそうでもない気がしてきた。
麻音の口笛キャラは斬新。うっとうしいけど

気持ちを込めてできることの話。
お菓子作りも、写真も、食べて、見て喜んでくれる人を思って作ると上手に出来ますよ、っていう。
ありがちな話なんだけど、楓のナレーションとレトロなフィルム写真を合わせると、なんだかとても良い雰囲気。
このアニメは雰囲気が良いですね。

さて、いつも一人で自分のためだけにご飯を作っている私はどうしたらいいのでしょうか。
関連記事
category
アニメ [★★☆☆☆]
たまゆら

かみちゅ! 15、16話+まとめ

15話 小さな一歩で
TV版最終回。
バレンタイン、ゆりえが二宮クンに告白する話。

ラストの飛ぶのはよくわからないけど、それ以外はとてもきゅんきゅんする。
神様だけど女子中学生だもんね。
ゆりえがみんなから愛されてるのがよく伝わってきて、とても良い回だと思います。

二宮クンの告白の受け方はイケメンだと思う。
字が上手かったからね!

16話 ほらね、春が来た
TV未放送、最終回。
来福神社の大掃除をして、ゆりえと二宮クンの関係がちょっとだけ進展する話。

ゆりえもちょっとだけ勇気が出せるように成長したよね。
対して、章吉はまだまだ。
とにかく、最終回らしくまったりゆるゆるとまとめてきました。

--- まとめ ---

とにかく題材が良いね。
ある日神様になった女の子と、それを普通に受け入れる人々。
それで色々事件が起こりそうなのに、アニメの世界ではそれを日常にしてしまう。
そして、見ているほうにとってはそれは非日常になる。
普通なら逆だよね、私たちは日常に生きていて、アニメの世界では非日常なことが起こる。
そんないわば倒錯感が、きっと刺激的で見ていて飽きない要素にもなっていると思う。

私が神社が好きなのも、このアニメがお気に入りな理由にもなっている。
神社に祀られている神様ってどんな方なのか気になるしね。

日常系アニメ枠、★4評価です。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
かみちゅ!

かみちゅ! 12~14話

12話 ふしぎなぼうけん
神無月、ゆりえが出雲へ神様の集会へ行く話。
そういえば今月は神様がお留守な月なんだったね。

神様が身近な存在であるさま、神様の実際、そしてゆりえの神様であることのプレッシャーなど、制作側の世界観が詰まっている回。

13話 やりたい放題
TV未放送回。
祀がクリスマスに対抗すべく神社的イベントをする話。
神様、神社と西洋文化との折り合いは確かに難しいかもしれないね。
みこくらいの柔軟さが良い気がします。

今回の「かみちゅ!」は雪を降らせたのかな?

14話 夢色のメッセージ
1月4日、家で寝正月を楽しむゆりえの話。
三が日は神様としていっぱい働いていたらしい。
そっちのほうが興味あるんだけどな!

二宮クンから年賀状が来るだの来ないだので一喜一憂するゆりえは可愛いです。
章吉がみこからもらったおみくじが大凶だったのはどういうメッセージなのだろうか。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
かみちゅ!

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~ 初音ルート

初音ルートクリア。
ようやくエンディングが流れるエンドが見れました。
ハッピーとは言えないけど、グッドエンドではあると思う。

物語の深部には立ち入らず、終わってしまった。
けど、こういうのも私は嫌いじゃない。
人は正しいことばかりして生きていけるわけじゃないからね。

七七ルートとは違い、礼拝堂には冬史が助けに来てくれた。
まじイケメン。
ナナちゃんは相変わらずぶっとんでた。
凛のこと知ってたのかよ!っていうね。

薫の声は結構好きかも。
気に入らない声の人いないし、CGいっぱいだし、よく出来ている。
ただし誤字脱字がやたらある。
ちゃんとデバッグしているのでしょうか。

次は芹・小雪ルート。
最初に見かけたっきり行方不明になっているようです。
千里教とかいうところに行っているに違いないので、ようやく教団内部まで話が進みそう。
薫を裏で操っていたのは教団に違いないのだ。
もしかしたら由良の消息についても少し何かわかるのかも。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
カルタグラ

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~ 七七ルート

出来る系妹キャラのはずだった高城七七ちゃん。
またバッドエンドでした。くそ
というか、薫ルートよりもさらに凛が可愛そうなことになってしまったよ!

薫ルートと比しても物語は全く進まず終わりを迎えた。
七七の気持ちは正直よくわからない。
兄に対する強烈な独占欲、愛なのか。
きっと助けに来てくれるとは思っていたけど、もっと早く来てくれよー…。

カニバリズムはそこまでの禁忌なのだろうか。
人肉は食べたことがないので、いまいちピンとこない。
まぁ人を食べちゃう状況に陥った時点で、もはや元の世界に戻って来れなさそうな気配はすごくするから、そういう意味ではタブーなのかもしれないな。

次は初音ルート。
いままであまり絡まなかっただけに、どういう展開を見せるのかよく想像できない。
そろそろメインヒロインぽいから、まともな終わり方をしてくれることを期待する。
あと、凛の生還はそろそろ諦めつつあります。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
カルタグラ

かみちゅ! 8~11話

8話 野生時代
TV未放送回。
猫又がネコの王国を作ろうとする話。
ケモナーなら観よう。
ゆりえがネコになります。

9話 時の河を越えて
戦艦大和の魂を呉に還す話。
女子中学生と戦艦大和という取り合わせが面白い。
こういうのを見ると、神道と右翼は親和性が高いのかなぁと思ってしまう。
TV放送回だしね。
大和の造型はぼちぼち手が込んでいる。

10話 君に決定
ゆりえが生徒会長に立候補する話。
対立候補がゆりえの所に「生徒会長になりたい」と神頼みに来たときの、祀の台詞。
「努力とおさい銭なしのお願いなんて、叶うわけないのよ!」

ゆりえの魅力は神様なだけじゃなくて、その人柄にあるってことに周りが気付く回でもある。
たしかに祀の神様推しはちょっとやりすぎだったもんね。

しかしオチはもう少しなんとかならなかったのか。
いや嫌いじゃないよ?
だれてる祀と光恵はすごく面白いんだけどね!

11話 恋は行方不明
TV未放送回。
みこと章吉が駆け落ちする話。
ちょこちょこブサイクなみこちゃんに萌える回です。

みこは八島様が好き、だけど八島様は祀が好き(だとみこは思っている)。
お姉ちゃんに八島様を取られた気がして、今まで通りにお姉ちゃんを好きでいられる自信がなくなって、みこは家出することにした。
章吉が一緒に行ったのは、みこのことが気になるからだね。
うーん、全て一方通行。

中学二年生の世界と、淡い恋模様。
神様はあまり関係ないけど、とても良い回だと思う。
ちなみに、二人が降りた街は福山らしいね。
関連記事
category
アニメ [★★★★☆]
かみちゅ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。