Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

螺旋回廊 1周目(香乃ルート)

前々から気になっていた、伝説の鬼畜ゲームと名高い「螺旋回廊」を始めてみた。
螺旋回廊は、2000年1月の発売から既に丸12年経過しているという、レトロゲームの枠に入る作品。
私が手に入れたのは復刻版なので、1と2どっちもセットになっているお得なモノ。

絵は確かに古めなものの、White Albumほどではない。
システムも使い勝手は悪いが、機能的にはギリギリ必要十分という感じか。

まずは草薙香乃ルート「放置」エンドと「黙認」エンドを回収。
マルチアングルでの「放置」エンドと「恋人と御主人様」エンドもね。
内容は、正直に言って、風邪気味で調子のでない肉体と精神に更に追い打ちを掛けるようなものだった。

インターネット上のいわゆるアングラサイトで行われている常軌を逸した行為、そしてそれが主人公の周りで実際に起きているリアル、なぜか主人公とその周囲の女性がターゲットになっていく恐怖。
ネット万能時代と言える昨今では、少し古めのネタかなと思わないでもないけれど、それでも十分なサスペンスは味わえる。

そして、男前な姐さんぽかった香乃の過去。
おそらくテーマは人間の表と裏、ってことなんだろう。

香乃には「誰かに服従したい、命令されたい」という強い被支配願望を持つ一面と、普通の大学講師という自立した大人の女性としての一面があった。
どちらが表でどちらが裏なのかは、本人にもわかっていなかった。
けれど、表を「正」裏を「誤」だとして、彼女が選んだ選択が正しかったという前提でいくなら、被支配願望いわゆるドMの彼女が表だったのだろう。
結局どのエンドでも目覚めたドMの本性を捨てることはできなかったわけだし。

エンド的には、主人公視点では「黙認」エンドのほうがハッピーに見えるけれど、実際はそんなことないっていうね。
しかし正直、乳首ピアスとかクリピアスとか痛そうすぎて見ていられない私としては、「放置」エンドのオチは勘弁していただきたい。
展開としては「黙認」エンドの肉便器にさせられた葵ちゃんとか、主人公がいるのに御主人様に呼び出され続けてる香乃とか、そういうほうが私好み。
気分は全く晴れないけどね。
こういうので抜くと、終わった後のダウナー感がスゴいんだよなぁ…。

まぁ結構面白いから、どんどん進めよう。
スポンサーサイト
category
ゲーム [★★★☆☆]
螺旋回廊

螺旋回廊 1周目(葵ルート)

螺旋回廊、次に攻略したのは、主人公にベタ惚れなお嬢様の水代葵ちゃん。
回収したのは、葵「クリスマスプレゼント」エンドと、主人公「喪失」エンド。
あと、葵のマルチアングル「隷属」エンドもね。

今回の葵ルートの見所は、マルチアングルでの無言電話なんかのストーカー行為の恐怖と、葵の心が壊されていく様の描写。
テーマとは言えないかもしれないけれど、妙にリアルでとても怖かった。

嫌がらせに怯える葵と優しく抱きしめる弟の紫苑。
パッと見美しい姉弟愛に見えるけれど、どう考えても紫苑がアヤシすぎるよね。
電話番号知ってるのは葉子と先生だけって言ってたけど、紫苑も知ってるだろうし。
主人公視点のときも、愛する姉の葵が失踪したというのに、紫苑から主人公に全く連絡なかったし。
たぶん、行きすぎた姉弟愛の歪んだ発露、みたいなことなんじゃないかな。

葵の陵辱シーンでの、葵の心理描写もスゴかった。
嫌だけど、どんなに抵抗しても止めてもらえないし、抵抗すればするほど酷い目に遭わされる。
それなら諦めて受け入れたフリをしてしまう。
それでも、最低限の自分の心を守る本能から、その行為は自分からするのではなく、誰かに命令されて行いたい。
――だから…私を屈服させる人間が必要なの

そして、その行為を自分からおねだりさせられるようになると、心もそろそろ限界。
「生き延びるため」という目的と「快楽を求める」という手段がだんだん逆になって、葵は壊れる。

「私…もう…どこにも戻れません…こんな私を可愛がってくれますか…?」

---

ゴミバケツに入れられたクリスマスプレゼントの葵を、主人公が拾えばまだ救いはある。
というか、香乃ルートも合わせて今のところ一番マトモなエンディングになる。
葵の歪に砕かれた心は、確かにもう元には戻らないかもしれない。
しかし、彼女には愛する主人公がいて、彼女の求めるものを主人公は用意しようとしてくれる。
歪んでいるとは言え、ある種のハッピーエンドだとさえ言える。

本当に酷いのは、主人公が葵を拾わなかったとき。
変わり果てた葵を見て、「こんなのは葵くんじゃない…」と言って彼女を捨てる。
しかも「これはいらない!持って帰ってくれ!」だからね。
一度は気持ちを確かめ合って、キスまでした女の子にこの仕打ち。
私が過去プレイしたエロゲーのなかでも、最高に鬼畜なシーンだったかもしれない。
いやぁ酷すぎてわろてしまったよ。

私なら迷わず葵ちゃんを拾って持って帰るけれども、そういう風に考える人間って、やっぱり自分が弱い人間だから、無条件に隷属してくるような自分よりさらに弱い人間を無意識のうちに求めている、ということなのだろうか。
category
ゲーム [★★★☆☆]
螺旋回廊

螺旋回廊 2周目

螺旋回廊、2周目終了。
今回回収したのは、照子「EDEN」エンド、葵「偽りの記憶」エンド、主人公「愛を貫いたがために」エンド、照子「アオイ」エンド、そして葵マルチアングル「アクアマリンの指輪」エンド。
ようやく肉食系ビッチな日比野照子ちゃんが絡んできたね。

---

照子絡みの二つのエンドは、割とどちらも救いがない。
というか、照子自身が始まる前から終わっているので、救われないのは主人公ということになるね。
照子のマルチアングルがないのが残念。

「EDEN」エンドは、照子が所属してる乱交サークル「EDEN」に主人公もハマるオチ。
今まで明確に描写されたことはなかったけれど、もしかしたら主人公も割と暗い欲望を秘めているのかもしれないね。
兄の死のくだりがそれに関係しているのだろうか。
とにかく、このエンディングは主人公が理性を捨てて欲望に忠実になる。

「アオイ」エンドは、主人公が欲望に忠実になるという面では似ているけれども、その欲望の向かう方向性が異常。
いくら葵ちゃんが好きで、薬でブッ飛んでるからって、照子にアオイの代わりをさせようという発想は尋常ではない。
自分が手を離したせいで…という自責の念の方向性が、手を離さなかったことにしよう、になったのか。
まぁカッターで削った顔の包帯が取れるシーンがなかったのは、良かったような残念だったような。
今のところ女の子が廃人になるエンディングはこれだけか。

---

葵絡みの二つのエンドは、まぁ無難な感じか。
飲み会の後、1周目だと葵をそのまま帰してしまって後悔するのだけれど、連れて帰っても結局同じことになるのがよくわかるのが、2周目。

「偽りの記憶」及び「アクアマリンの指輪」エンドは、NTR要素がかなり強いシナリオ。
知らない男たちにレイプされている葵に、主人公が肉欲をぶつけることで、葵は愛する人に裏切られたと感じて壊れてしまう。
でも今回の壊れ方は、自分の信じたくないものを忘れて、自分に都合の良いように記憶を改竄する、というもの。
入院している葵に主人公がつきっきりなのも、彼女への贖罪だろう。
主人公は、葵が本来の「正しい記憶」を持つ自分を取り戻すまで彼女に尽くし、取り戻したら彼女の元から潔く去ろう、とか考えているようだけれど、葵の性格からして、ここまで献身的に看護してくれた事実があれば、過去のことは許してくれそうな気がするんだよね。

「葵を貫いたがために」エンドは、「喪失」エンドと良く似ている。
いずれの形にせよ全ての女の子を失う、ゲーム上でのバッドエンド。
事実上ならどれもこれもバッドエンドみたいなものだからね。
category
ゲーム [★★★☆☆]
螺旋回廊

螺旋回廊 3周目

螺旋回廊、3周目終了。
今回は桧上葉子絡みのエンディングを回収。
葉子「第一研究室」エンド、葉子「支配者交代」エンド、主人公「諦め」エンド、葉子マルチアングル「不遇」「幸福」エンド。

もとから存在感の薄い葉子ちゃんだったけれど、そんな彼女の抱える闇は人一倍暗かったようだ。
その闇についてはほとんど言及されないので、今回は触れないでおく。

葉子の場合は、香乃の中学生時代のような虐待を、現在進行形でされていた。天野に。
身体は天野に支配されている。
けれど、心は主人公を求めている。

葉子が主人公に求めるのは、過去の傷と、今も増え続けている傷を癒してくれること。
そんな彼女にとっては救世主たり得る主人公に、葵も色目を使って近づいてゆく。
そのとき、葉子が思ったこと。
「私の方が先に好きになったのに!」

けれど、そんな想いとは裏腹に、葉子の身体は天野によって蹂躙されてゆく。
傷つけば傷つくほど彼女は主人公を求めていく。
それと同時に、主人公に近づく葵を恨むようになっていく。

彼女の転機は、葵がEDENによる「遊び」のターゲットになったこと。
そして、天野が主人公に自分を選ぶチャンスを与えたこと。

---

主人公が葵を選んだとき、天野も香乃という新しい道具を手に入れ、葉子は捨てられる。
CGのインパクトはスゴかったけれども、彼女にとってはある意味解放のようにも見える。
まぁちょっと廃人化してたっぽかったから、もう元の世界には帰ってこられないかもしれないけど。

しかし、自由になることが彼女にとっての解放ではないのがわかるのが、主人公が葉子を選んだとき。
月並みな言い方だけれど、心がどうであれ身体が求めてしまう、というアレだね。
この展開は香乃ルートと良く似ている。
ただ、葉子の場合は快感を求めているというのとは少し違う。
奴隷は自由になっても奴隷であり続けることを望むとか、奴隷は繋がれている鎖の太さを自慢するとか、そういうニュアンスが近いような気がする。
つまり、隷属して虐げられることに慣れきってしまっていたのだね。
ここで主人公が、自分の本性に目を向けて自分が天野の代わりに葉子を飼育する意思を持てれば「支配者交代」エンド、自分の殻を破れないと「諦め」エンドになる。

主人公について。
主人公は兄に酷くコンプレックスを抱いていて、兄とは違う生き方をすることで自分自身を保てていたのだろう。
それが普段の理性的で常識的な主人公。
しかし、そんな自分が兄の呪いに縛られ続けていることにも気付いていた。
まぁ呪いを解いた結果がアレだからなぁ、別に縛られ続けてても良かったんじゃね?とは思うけれども。

天野について。
彼の欲望については私も理解するところではあるけれども、自分に過大な自信を持っているというのはかく恐ろしかりしことよなぁ、と思わざるを得ない。
正直、私も真っ当な欲望を持つ人間ではないと認識しているけれども、同じように欲望を発露させた場合、私の方がまだマシな結果になることは間違いない。
何が言いたいかというと、つまりナルシストこえぇーってことです。
category
ゲーム [★★★☆☆]
螺旋回廊

螺旋回廊 Extra1(紫苑ルート)

一応隠しエンド扱いの、葵ちゃんの弟水代紫苑のマルチアングルシナリオを攻略。
物語の黒幕「ユカリ」である紫苑について語られる。
紫のことをゆかりと読むのは知らなかった。

エンディングは3種類。
うちふたつは葵奴隷化をEDENに依頼しなかった場合。
ひとつが依頼した場合。

なんとなく気付いてはいたけれど、やはり紫苑の根っこにあったのは、姉弟愛だったのだね。
大好きな姉さんが主人公に取られる。
それなら自分のもの=物=奴隷にしてしまおう。
理解出来ない思考ではないけれど、実際に実行するのはさすがに…という感じだね。

まぁ女顔である彼が先輩に掘られていたという異常な境遇も多分に関係しているのだろう。
しかし、いくら先輩が紫苑を通して葵を見ていたからといって、紫苑が葵になろうとする思考は良くわからなかった。
別に先輩の為でもないようだし、それで本当に紫苑自身は満たされるのだろうか。
確かに観念上では自分の物にするよりも素晴らしいことなのかもしれないけれどさ。

---

今までのエンディングと絡めて考えてみると、葵絡みのエンドで、実際に紫苑の思惑通りになったのって意外と少ないよね。
「こんな姉さんは姉さんじゃない、もういらない」と言って葵を捨てるときの紫苑は、一体どんな気分だったのだろう。
自分の取り返しの付かない選択を後悔したりしたのだろうか。
それとも「遊び」にハマって、他の奴隷を見付ければいいや、と思ったりしたのだろうか。

とは言え、葵が出てこないエンディングのほとんどは、葵は紫苑のものになっているようだ。
ふたりの姉弟愛はその形を変えて、ふたりを幸せにしていくのだろうか。

このあたりはとても気になるところだ。
category
ゲーム [★★★☆☆]
螺旋回廊

螺旋回廊 Extra2

隠しエンド扱いの、各キャラのExtra Endingを回収。
トゥルーエンドというよりも、EDENに関わらなかったらという「if」の世界だと思った方が良さそう。

桧山葉子
天野の虐待によって閉ざされていた葉子の心を主人公が開き、香乃の兄の「ホットライン」を使って天野を処分する。
彼女が求めていた過去の傷と現在の傷を、主人公がその愛をもって癒していく。
葉子ルートであった「心が隷属を求めている」展開はなし。

草薙香乃
「先生は私に見せない笑顔を、草薙先生には見せる」と葵に言われて、主人公は自分の心と向き合ってみる。
彼女のことを愛しているか確信を持てなかったけれど、それは彼女も同じこと。
ふたりは身体を重ねてみることで、その愛を確信するに至る。

水代葵
メインヒロインらしく、そのままラブラブエンド。

水代紫苑
紫苑マルチアングルシナリオであった通り、葵になりきった紫苑がユカリとして主人公に近づく。
主人公はユカリのことを葵だと信じようとし、口での奉仕を重ねられるにつれ、身体も欲しくなる。
いざ身体を重ねる段階になって、ユカリが紫苑であること知って驚くけれど、紫苑を受け入れてそのまま抱く。
紫苑は自分に葵を見ずに紫苑として抱いてくれることに喜びを感じていたし、主人公はユカリに抱いていた欲望を葵と紫苑のふたりにぶつけることが出来て、葵にとっては愛しの主人公に抱かれるという喜びを感じていた。
とても歪んでいるようだけれど、ある種のハッピーエンドらしい。

---

書いてみて思ったけれど、紫苑エンド意外はかなり平凡なシナリオだったね。
ただ、今まで散々悲惨な目にばかり遭っていた女の子たちの幸せそうな一面がみられた、という点では安心できる。
そしてやっぱり葵は可愛い。

紫苑エンドについては、理解はできるけれど納得はしない、状態。
10年以上前から男の娘プレイがあったという点では驚き。

次回記事でまとめ。
category
ゲーム [★★★☆☆]
螺旋回廊

螺旋回廊 まとめ

--- シナリオ ---

聞いていたとおり、かなりエグい内容だった。
ネットのアングラ掲示板を発端に主人公の周囲で起こる事件という内容は、ネット万能時代と言える昨今では少し古めのネタかなと思わないでもないけれど、それでも十分なサスペンスは味わえた。

シナリオのテーマは、おそらく「人間の欲望」というものか。
人間が心の奥底で持っている、好きなモノを自分のモノにしたい、弱いモノを隷属させたい、そういった欲望の象徴として楽園「EDEN」は描かれている。
EDENのメンバーは最後まで顔も出ないし声も出ない、正体も明らかにならない。
だから、私たちはそこに自分を置くことができる。
誰かが書いていた言葉を引用するのなら、私たちにとっても「楽園はそこにあるし、どこにでもある」。

それは登場人物にとっても同じこと。
葵については少し違うけれど、他のヒロインたちと主人公は、結局は自分の欲望に忠実になっていく。
表と裏、心と身体、実と虚。
普通は、どちらも見ないわけにはいかないし、ひとつばかりを見続けるわけにもいかない。
しかし人間は弱いものであり、いざきっかけがあれば、そんな均衡は崩れ去る。
エッチシーンの凄惨さにばかり目が行きがちであるけれども、こういったシナリオのテーマがしっかりと練られているからこそ、凄惨な表現が真実味を持って浮かび上がってくるのだろう。

確かにエッチシーンもなかなか酷いのばかりだった。
しかし個人的な好みかもしれないけれど、どうにも暗い興奮が抑えられなくて困った。
これはプレイの内容というよりも、この世界観に毒されていた気が、終わってみると、ややする。
そういう世界観の構築という意味でも、なかなか完成度は高かったのではないか、と思う。

--- キャラクター・CG ---

葵ちゃんの可愛さが群を抜いていた。
というか、他に可愛い子がいなかった、というせいでもあるけれど。
照子も個人的にはアリだったのだけれど、如何せん出番が少なかったので。
葉子の眼鏡はなんなのだろうか。
あの形の眼鏡は、二次元じゃよくみるけど三次元だと全く見ないぞ。

個々のキャラクター自体もそれなりに考えられていた。
特にマルチアングルシナリオでは、かなり惹き込まれてしまった。
逆に主人公については、もう少し再考の余地があったのではないかなぁ。
兄のくだりはなんとか解釈できたけれども、もうちょっと何かあっても良かったと思った。

CGについては、それなりの枚数はあった。
けれど、まぁ時代かな、やっぱりそのクオリティには満足できなかった。
シナリオは良いのに、絵が足を引っ張るのは残念だよね。
逆のゲームなんていっぱいあるのにさ。

--- その他 ---

Hシーン
鬼畜、陵辱、NTRのオンパレード。
ただし今時のゲームみたく抜きどころが明確に作られていないので、それ目的で使うのはどうだろう…という感じ。
ただ、このテンションで盛り上がってしまった気持ちを代用できるモノがなかなかないのは問題だ。

和姦シーンもあるにはあるけれど、それは逆に退屈。

声優
水代葵役の北都南の熱演は、素直に評価に値する。
草薙香乃役は海原エレナらしいけれど、これでまじこいの椎名京と同じ声だと言われても、にわかには納得しがたい。
まぁ時間が経てば声も変わる、ということなのだろうか。

音楽
可も不可もなく。

システム
古いゲームにしては充実していたと思う。
私のプレイした復刻版ではなかったけれど、通常版だといろいろ不具合があるらしい。

--- 評価 ---

奇作と呼ばれるだけのことはある作品だった。
面白いは面白いのだけれど、風邪で良くない体調がさらに悪くなるようなゲームであったことは間違いない。
ただし一度ハマると終わるまでやめられなくなる何かが、このゲームにはある。

あまり人にはオススメできない種類のゲームかもしれないけれど、鬼畜なものに興味があるのならプレイしてみて損はないはず。
惜しむらくは、女の子がもっと可愛かったらなぁ…という点か。
あとは主人公のキャラクター付けね。

評価は★3です。
category
ゲーム [★★★☆☆]
螺旋回廊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。