Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

Another 1~3話

2012年冬期アニメで選んだ一本。
P.A.Worksが制作で、いとうのいぢがキャラクターデザインとなれば、観ないわけにはいかないよね!

--- 1話 Rough sketch <素描> ---

  3年3組のミサキって知ってるか?26年前のことなんだけどさ
  頭も顔も性格も良くて、クラスの人気者だったんだ
  けどな、3年に上がってすぐ、事故で死んじゃったんだ
  みんなものすごいショックを受けて
  だから、ミサキがそこにいるフリを卒業まで続けて、校長も卒業式の席まで用意してさ
  ここまでなら、良い話で終わるんだけど、この続きってのが……

物語の導入回、見崎鳴との出会い。
主人公の榊原恒一は、夜見山という田舎町に引っ越してきた中学3年生。
引っ越し早々気胸で入院していたが、その病院で見崎鳴という眼帯の少女と出会う。
彼女は恒一と同じ3年3組の生徒のようだけれど、HRで見かけただけで、クラスの誰かと話しているのも見ないし、副委員長の女の子も鳴のことを知らないという。

屋上に鳴を見かけた恒一は、彼女に話しかける。すると彼女は言う、
「クラスのみんなから何も言われない?あなたの名前は死を連想させる」
「しかもただの死じゃない、学校が舞台の、残酷で、理不尽な、死」
「この学校はね、なかでも3年3組は、死に近いところにあるの。他のどのクラスよりも、ずっと」
「何も知らないんだね。何も聞いていないんだ。でも、そのうちわかるよ」
「私には近寄らない方が良い。話すのも、もうやめたほうがいい」


---

なにも事前情報ナシで観始めたのだけれど、怪談モノな雰囲気。
P.A.Worksの作画力は、絵の綺麗さではなくリアルさに反映されているようだ。
私は絵を描いたことがないのでよくわからないのだけれど、建物を綺麗に描くよりも、古ぼけて汚く描く方がきっと難しいのだと思うのだよね。
エロゲーなんかの背景絵でも、学校とか建物はだいたいどれも新品みたいに綺麗だし。

キャラデザインはさすがだね。
ひょっとしてクラスメイト全員分デザインしてあるんじゃないのか?

BGMを多用せず、無音な部分を印象的に使ってくるせいで、とても不気味な雰囲気に仕上がっている。
日常シーンですら、何かただならぬ気配を感じるからね。
ついつい先が気になってしまうアニメだ。

--- 2話 Blueprint <思惑> ---

  「どうして」
  「大丈夫なの?これ」
  「気をつけたほうが、良いよ。もう、始まってるかもしれない」


なにやら不穏な気配を感じる恒一と何かを隠そうとしているクラスメイト、人形屋での鳴との邂逅。

3年3組はやはり呪われていて、それに対しての対策委員が存在する。
そしてその対策委員の赤沢泉美は、そのことを気付かせてしまいかねない言動をしたクラスメイトに対して、苛立ちを隠さない。
泉美は、恒一の母親が早くに亡くなっていることを聞いてもそのことに何も反応しないくらい、恒一の出生をとても気に懸けているようだが、榊原という名字の誰かが夜見山で何かをした、ということなのだろうか。

恒一は、見崎鳴が実は幽霊なんじゃないかと疑っているのかもしれない。
病院で看護婦さん(美人)に、鳴と初めて会ったのと同じ日に眼帯をした女の子が亡くなっていないか聞いていた。
その答えは、「ミサキだかマサキだか、そんな名前の女の子が亡くなっていた」という情報。
そんなことするより、クラスメイトに「あの子見える?」って聞いたほうが早いと思うのだけども。

鳴をなぜか尾行して見失った先で偶然見付けた人形屋に、ふと立ち寄った恒一。
鳴によく似た人形を見付けて、そして鳴と会う。
「見せてあげようか」
「見せてあげようか。この眼帯の、した」


引きがすごい。
とっても見たいです。
作り物のガラスの目がはまっていると予想。

--- 3話 Born work <骨組> ---

  「私の左眼は、人形の目なの」
  「見えなくていいものが見えたりするから、普段は隠してる」


人形屋で鳴から26年前の話を聞かされる恒一、ミサキが卒業式の記念写真に写ったという「はじまりの年」以降の話をしてくれないクラスメイト、そして桜木ゆかりの死。

鳴に対して疑問を重ねていく恒一。
具体的にどんなことを考えているのかは本人の気持ちが語られないのでわからないが、初めて会った日に病院で亡くなった女の子の幽霊じゃないかと、半ば本気で考えているようだ。
「はじまりの年」以降の話は、クラスメイトに聞いても答えてくれないし、一緒に暮らしている叔母に聞いても答えてくれない。
ただ、恒一を生んですぐ死んだ恒一の母親も、同じ3年3組だったらしい。

ある日屋上で鳴を見かけた恒一は、風見を置いて屋上へ向かう。
そこに掛かってくる、勅使河原からの電話。
「大丈夫かおまえ」
「いいかサカキ、いないものの相手をするのは止せ!やばいんだよ、それ」


中間試験当日、早めに終わらせた恒一が廊下に出ると、そこに鳴がいた。
恒一(と鳴)を見た桜木ゆかりは、なぜか焦って階段を走って下りようとする。
足を滑らせる、傘が舞う、仰向けに倒れる、見開かれる瞳、迫る傘の尖端、血、痙攣、そして死。

「いないもの、だから」
「みんなには私のこと、見えてないの」
「見えてるのは榊原くん、あなただけ」
「だとしたら?」


---

怪談モノというか、真面目なサイコホラーなのかも。
期待以上に面白い展開だ。
もし死ぬなら赤沢泉美からかなぁと思っていたけれど、桜木ゆかりだったとは。
てゆーかもう死ぬんだ…もっと後かと思っていた。

ゆかりの死の描写はとてもリアルだった。
地上波でこれってアリなんだね!
ついついそのシーンだけ3回も見直してしまった。
どんどんできる血溜まりと、何かを求めてもがく左手のカットがスゴイ。
これがあるだけで、このアニメを観る価値がある。

鳴の存在はとても不安定。
皆からいないものだと無視されて、でも自分には見えて。
人間は他人から認められないと存在できないからね。
とにかく、最初の年以降の怪談が気になるよ!

オープニングとエンディングが微妙なのが惜しいね。
オープニングアニメーションは良いのだけれど、曲が残念。
曲調の雰囲気が一定じゃないので、それをオープニングアニメーションの雰囲気、そしてアニメそのものの雰囲気にミスマッチな気がする。
その一定じゃないところがアリプロジェクトの魅力だと理解できれば、オープニングも好きになれるのかもしれないけれど、私はまだその域には達していないようだ。
スポンサーサイト
category
アニメ [★★★☆☆]
Another

Another 4、5話

--- 4話 Put flesh <輪郭> ---

  「いい?昨日話してくれた鳴ちゃん、見崎鳴っていう女の子ね」
  「本当に、いるの?その子」
  「近くにいる?確かにいる?いまは?」


委員長の桜木ゆかりの死んだ3年3組は、「始まってしまったのか」「ただの偶然か」で騒然としていた。
恒一は、看護婦の水野早苗に見崎鳴のことを相談する。
水野さんの弟は恒一のクラスメイトで、弟にクラスのことや見崎鳴のことを聞いてくれた。

鳴が本当に自分にしか見えていないのか、またその疑惑が湧いてきた。
人形屋の婆は、客は恒一だけだと言ったのに、やっぱり中に鳴はいた。
水野さんの弟は、見崎鳴なんていう子はクラスにいないと言った。

そして、水野早苗の死。
エレベータのワイヤーが切れ、落下した衝撃で頭を床に強く打ち付けて。
その描写がまたリアルで、とっても良かった。
ガラスが割れるのも良かったね。
P.A.WORKSの丁寧さをこういうところに発揮すると、こうなっちゃうんだね!

「始まって」しまうと、毎月ひとり以上のクラスの関係者が死ぬらしい。
5月には桜木ゆかりとその母、6月には水野早苗が。
桜木ゆかりの死は事故だけれど、その他が他殺とか、そういう展開があったりするのだろうか。

--- 5話 Build limbs <拡散> ---

  「先に謝っとく。ごめんなさい」
  「みんなのためなの。許して」


死んだ桜木ゆかりの代わりにクラス委員長になった赤沢希美が新たに決めた「クラスの決め事」。
新たに「いないもの」になった恒一、鳴に語られる3年3組の話。
これで物語の前半が終わった感じかな。

25年前、ミサキが死んだ次の年の3年3組では、年度の初めに記憶も資料も全て改竄された状態で、誰かひとりが増えるようになった。
それは、教室の机と椅子が足りなくなることだけでわかる。
3月に名簿通りの数の机と椅子を揃えておいても、4月になると何故か一組足りなくなる。
そして、その「現象」が起こってしまうと、毎月ひとり以上が死ぬ。
それを回避するために有効なおまじないが、クラスの誰かひとりを「いないもの」にすることで、認識上クラスの人数を合わせること。
鳴は、その「いないもの」にされたひとりだった。

――どうして、誰かが増えると人が死ぬわけ?
「理由はわからない、ただそうなるの。そしてね、もうひとりっていうのはね」
「死者なの」


死者は普通の幽霊とは違い、実体も心も記憶もちゃんとあって、普通の人間とは全く見分けがつかない存在らしい。
自分が死者だっていうことに気付いてない、これまでの現象で死んだひと。
これを探す話になるのだろうか。

今回は、恒一を「いないもの」にすると決めた日の放課後、それを良く思っていないクラスメイトが死んだ。
そういえば、鳴のいとこが死んだのも、その呪いの一環だったと考えられるね。
でも、鳴がちゃんと存在することがわかって、私も安心したよ!
死んだ恒一の母親はどう物語に絡んでくるのかな?
category
アニメ [★★★☆☆]
Another

Another 6~8話

--- 6話 Face to face <二人> ---

  「死はね、優しくなんかない」
  「暗くて、どこまでも暗くて、どこまでもひとりっきりなの」
  「でもそれって、生きていても同じよね」
  「いくら繋がっているように見えても、本当はひとりきり」

  「明日から、同類だよね。よろしくね、榊原くん」


少しずつ親交を深めていく「いないもの」になったふたり、死者の記録の改竄について。

死者が死者だと認識できるようになるのは、その年度の卒業式を迎えた後。
それまでは、全ての記録も記憶も改竄され、調べることは不可能らしい。
「これはね、呪いじゃない。何者かの悪意なんてどこにもないんだ」

--- 7話 Sphere joint <変調> ---

  「ダメだったみたいね、"いないもの"をふたりに増やしても」

終わらない「現象」、新たな対策を模索する話。

今回の死は担任の久保寺。
彼は朝のHR時にクラス全員の目の前で自殺する。
そして彼の家には、彼の母親の他殺死体が残されていた。
常軌を逸した死こそが、災厄が終わっていないことを暗に示していた。

相変わらず人が死ぬところと飛び散る血の描写はリアルだった。
今回はさすがに地上波用に修正が入ってしまっていたけれど。

一度始まってしまった現象は止められない。
おまじないも意味がなくなったいま、ふたりは「いないもの」ではなくなった。
かといって、何もせずに指をくわえてみているわけにもいかない。
そのため、新たな対策が必要だった。

叔母の怜子が3年3組だった15年前、25年間で唯一、現象が途中で止まったことがあったらしい。
その年はクラスで合宿を行い、それをきっかけに死者が出なくなった。
神社にお参りしたことが具体的なきっかけなのか、その他のことなのかはよくわからないけれど、その話を聞いた三神先生は、今年の3年3組でも合宿を行うことにした。
その15年前の災厄を止めたのは、松永という男らしい。
彼も当時のことはほとんど覚えておらず、同級生だった怜子も同じく。
しかし、松永がしたことを突き止めるのが、現象を止めるのに有効な手立てであると考えた恒一と赤沢希美、勅使河原と望月は、松永を探すことにする。

ようやく叔母の怜子と母の理津子が話の核心になりそうな展開になってきたね。
逆に見崎鳴の存在感が薄くなってきてしまっているような気はする。

--- 8話 Hair stand <紺碧> ---

  「俺が…俺が守ったのに…俺が残したのに…教室に…」

平和な海水浴の一幕、そして拡大する災厄。
このおどろおどろしい雰囲気のアニメに水着回は必要だったのか。

怜子のツテで松永が市外のリゾートホテルで働いていることを知った恒一たちは、みんなで松永に会いに行く。
しかし松永は留守にしていたため、偶然居合わせた鳴も合わせて一緒に海で遊ぶことに。
夜見山市から出てしまえば災厄も及ばないため、みんな心置きなく羽を伸ばしていた。

釣りをしていたときの赤沢さんはとても可愛い。
特にナマコに対してのリアクション。

恒一たちは、出先から帰ってきた松永に話を聞くも、やはり断片的にしか思い出せないという。
しかし、彼が何かを伝えようとして残したものが、学校にあるらしい。

そして、なぜか襲い来る災厄。
沖に流されたボールを拾いに行こうとした中尾が、ボートのスクリューに巻き込まれて死ぬ。
市外なら安全なはずだったのに。
「どうして…」
category
アニメ [★★★☆☆]
Another

Another 9、10話

--- 9話 Body paint <連鎖> ---

  「できれば自分たちの手で、3組の災厄を止めたいんだ」

卒業生の松永が残したもの、連鎖する災厄。

8話で死んだ中尾の死因は、夜見山市内の自宅の階段から落ちて、頭を打ったことだったようだ。
つまり、市外でも現象が起こるのではなく、市内で起きた現象を市外に出たことで確定させた、という話らしい。

その事件のときに松永がうわごとのように呟いていた「教室に残したもの」を、恒一と勅使河原と望月と鳴は探しに行く。
見つかったものは、カセットテープ。
それには「15年前に起こったこと」と「災厄を止めるためのアドバイス」が吹き込んであった。
けれど、教師の見回りに焦った勅使河原が、テープを千切ってしまう。

その頃、校門で恒一と勅使河原に会ったクラスメイトの綾野は、家族で市外で脱出しようとした際に車ごと転落死、小椋の自宅にはサイドブレーキを掛け忘れた無人のトラックが突っ込んで彼女の兄が轢死していた。
ふたりは死を覚悟しているようなお別れをしていたね。
――さよなら。

鳴ちゃんの「私は大丈夫」っていう根拠の良く分からない自信は何なんだろう。
でも、冗談を言ったり、花飾りを頭に付けてみたりする鳴ちゃんは可愛いね!

恒一の、対策委員の赤沢さんにまで黙っていようとするのとか、死亡フラグじゃないのかな。
現象の結果の死に責任を感じているみたいだけど。
あと、テープを壊すとか、勅使河原はまじでやってくれるわ。

--- 10話 Class eye <漆黒> ---

  「仮に、誰が『もうひとり』なのかわかったとしてさ」
  「それで、どうするの?そいつを、殺す?」
  「同級生を、殺せる?」


合宿へ行く3年3組、明かされる15年前の真実、忍び寄る災厄の魔の手、見崎鳴の告白。

合宿場で望月の修理したテープを聞く4人。
松永の告白は、同級生を喧嘩で殺してしまったのに、彼が死んだあとに彼のことを憶えているのは自分だけで、その後災厄は止まった、というもの。
テープでもその「もうひとり」だった同級生の名前は改竄されていた。
「いいか、死者を死に帰せ。それが、災厄を止める方法だ」

合宿の夕食の席で、赤沢は鳴を「いないもの」としての責務を全うしなかったと責める。
その最中、和久井に喘息の発作が起きたのに薬が切れていて、倒れてしまう。

その夜の鳴の告白。
鳴と死んだミサキは従姉妹ではなく、実は双子の姉妹だった。
だから一度親族に死が訪れた彼女は自分は大丈夫だと言い、初対面の恒一に「もう始まっているかもしれない」と告げていた。
――どうしてあの時、教えてくれなかったの?
「私はね、信じたくなかった」
「そんな、訳の分からない呪いみたいなもので、ミサキが死んでしまったなんて」
「だから、従姉妹としか言えなかった、言いたくなかった」


さらに、鳴の人形の左眼は、死を見ることができた。
彼女には既に「もうひとり」が分かっていて、それは今回の合宿にも参加していると言う。
――見えなくていいものが見えたりするから、普段は隠してる

赤沢さんがアバンで見ていた夢はなんだったんだろう。
赤沢さんにとってはあの夢のシーンが恒一との初対面ってことかな。
恒一にとっては病院が初対面だったようだけれど。
号泣している赤沢さんにはちょっと萌えてしまった。

しかし話のおどろおどろしさはさらに増してきたな。面白い。
次回予告もなかなか凄惨だったし。
同級生を殺さないと終わらない、殺せないと誰かが死ぬ。
「もうひとり」は誰なんだろう。
最近の登場頻度からいうと、勅使河原か望月あたりが怪しそうだけど。
category
アニメ [★★★☆☆]
Another

Another 11、12話+まとめ

--- 11話 Makeup <惨劇> ---

  「死者がいなくなれば、こんな悲しいことも止まるはずよね」

「死者を死に帰せ!」「死者は見崎鳴だ!」
疑心暗鬼で連鎖する災厄。

勅使河原は風見が死者じゃないかと疑い、口論の末にベランダから突き落としてしまう。
しかし風見は忘れられていなかった。風見が死者じゃなかったのか、あるいは死んでいなかったのか。
それと同時に食堂で火災が発生、中で管理人が死んでいて、食堂の前ではクラスメイトが刺されていた。

杉浦は小学校の同級生だったミサキを鳴だと思い込み、鳴を死者だと断定。
テープを館内放送で流し、鳴を殺すように煽る。

死者がわかっているのは鳴だけ。
彼女はこの惨劇を止めるべく、自分が死者を殺すことを決断する。

やたらめったら人が死にまくる回だった。最低でも4人か。
管理人夫妻がトチ狂ってるのはどうしたことだろう。
26年前のミサキの両親だとかいうオチだろうか。

今回は小椋が輝いていたね!
腹パンされてるとこは5回くらいリピートしてしまったよ。
もう少し可愛く喘いでほしかったけど、それを言うのは贅沢かな。
なんだか死に方も斬新だった。可愛かった。

テレビ版は全体的に画面が暗すぎた。BD版はもっと鮮やかなことになりそうだな。期待

--- 12話 Stand by oneself <死者> ---

  「これで、終わったんだよね」

止まらない災厄と、自分の手で死者を死に帰そうとする鳴。

死者は叔母であり副担任である怜子さんだったのか。
今まで影が薄すぎたせいか、全くの想定外だった。11話で死んだかと思ったし。
というか、叔母が副担任なのを忘れていた。

1年半前に怜子さんは現象により死んでいて、その葬式に参加するために恒一は夜見山に帰ってきていた。
そして、その時に赤沢に空き缶をぶつけられる。
赤沢はそこからずっと恒一のことが気になっていたらしいな。
しかし、恒一は死者である怜子さんに関する記憶を改竄されていたので、覚えていなかった。
ちょっと切ない話だ。

--- まとめ ---

サイコホラーとしてのシナリオはぼちぼち。
P.A.Worksの作画力でリアルに人を殺していく画面はとても素晴らしい。
こういうのって一体何を参考資料にして描いているんだろうね? 少し気になる。

起こるイベントは面白いし、登場人物も魅力的なのだけれど、ややメッセージ性に欠けている気がした。
恒一は鳴に代わって自らの手で叔母を手に掛けて災厄を止めたけれど、そのことが恒一を、そして鳴をどう変えたのだろう。
その記憶は消えてしまうから、何も変わらないということなのだろうか。

私のお気に入りは、兄を失って気付く小椋由美の兄妹愛のエピソードかな。
赤沢泉美の恋心も悪くはなかったけど、もう少し印象的に伏線を張って欲しかった。
後は恒一の母親と叔母に対する想いなんかもそうか。

もう少し尺が長ければ、そのあたりもきちんとカバーできていたのだろう。
少し惜しい作品だった。★3評価です。
category
アニメ [★★★☆☆]
Another
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。