Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

プリーズ・レイプ・ミー! 悠真ルート

「euphoria」と同じブランドCLOCKUPが出していた「プリーズ・レイプ・ミー!」。
もうタイトルからしてインモラルな雰囲気がスゴイ。
よくこのご時世にこのタイトルで出そうと決意したものだと、感心してしまうね。

ストーリーは、レイプ願望がある主人公のもとに「レイプされたがっている女の子を見分ける能力」がある謎の少女が現われ、その子の助言をもとに色んな女の子をレイプしまくる。
おどろおどろしい雰囲気になりがちな陵辱系の作品を、萌えタッチの絵とアホな展開で、明るい雰囲気に仕上げてきているところが特徴かな!
一言で言えば、バカな抜きゲー。

まずは無難なところで、幼馴染み属性のある千鳥悠真ちゃんから攻略。

---

悠真ルートでは、主人公が自分の正体を隠してとりあえず悠真をレイプしまくる。
そして、「悠真が本当に望んでいるレイプ」を探していく。

「女の望みを知り、実行し、満足させる…それがおまえの理想のレイプではないのか?」
「今日のおまえのこの行動は、本当にあの女を満足させているのか?」
「本当にあの女を幸せにしてやりたいと願うのなら…あの女の体だけではなく、心をレイプしろ」

「あの女の望むレイプはできているのかと訊いているのだ、バカ者」
――いや、正直、できているとは言えねーな
――表向きは満足だっていうけど、でもおれにはどうも本心で言ってるようには思えないんだ
――ただ、考えてはいるんだ。どうすれば千鳥が本当に満足するレイプができるのかって
「ふん…よかろう、合格だ」
「相手の望むレイプを常に考えるその姿勢。理想のレイプを求めるその精神。そしてそれを現実に実行する行動力。どうやらおまえは、レイプする者として、1つレベルを上げたようだな」

---

うん、とんでもなくアホな展開だ。
だけど、それがいい。たぶん

結局は快楽堕ち…というか、自分のレイプ願望を認めた悠真が、自分の性的嗜好を受け入れて喜んでレイプされていく。
望んで犯されるのをレイプというのかはよく分からない。
けれど、とりあえず抜きゲーとしてはとてもいいね!

セリフ的な興奮度はとても高いのだけれど、CGの表情差分が少ないような気がするのが不満。
というか、アヘ顔が欲しかった。
原画師さんもきっと描きたかったと思うのだけれど、なんだか遠慮しているみたい。
ユーフォリアみたく、フィルターでONOFFできるようにしておけばよかったのに。
萌えタッチの絵だから、アヘ顔を馴染ませるのは難しかったのかな?
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!

プリーズ・レイプ・ミー! 玲花ルート

2キャラ目は、本命の強気系ツンデレお嬢様、雲雀野玲花ちゃん。
ロリ体型な貧乳なのもたまらないよね。

玲花ルートでは、最初は反抗的な玲花を、従順なメス犬に調教していく。
玲花にドMで性欲が強いっていう属性がついているのもあって、とても良かった。
まぁ相変わらずこれをレイプというのか、判断が付かないのだけれど。

展開はやっぱりアホな感じ。
今回はプレイにサリーがちょっと絡んできたのが良かったね。
サリーは調教するのとかに向いてそうだから、もっと出してくれても良かったかも!

玲花ルートはセリフの興奮度はもちろん、完全に調教されるとアヘ顔がちゃんとあるのが高評価。
声も結構可愛かったと思うよ!
んー抜きゲーだとあまりコメントすることがないな
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!

プリーズ・レイプ・ミー! 美空ルート

3キャラ目は、箸休めでナースの藤野美空ちゃん。
というか、ヒロインが6人もいて貧乳属性が玲花しかいないってどういうことなの

美空ルートは、担当の患者のショタをプレイに巻き込んでいく話。
最終的には3Pまで持ち込んだね。
私はショタにはあまり興味がないので、どうでもよかったけど。

プレイ的な内容は、特筆すべき点はなかったと思う。
ナース好きな人には良かったのかな。
アヘ顔はぼちぼちあったけれど、かなりソフトな表現だったなぁ。
個人的には、レイプ目っていうのかな、目の輝きがなくなっちゃってるやつ、あれを入れてほしかったなぁ。
せっかくのレイプモノなんだからね。
あれ、でも結局は喜んで犯されてるんだから、レイプとは言わないのか。
なんだかレイプの定義がわかんなくなってきたよ

いちおう5キャラ全部やってから最後にサリーを攻略しようかと思ったのだけれど、人妻とか全く興味ないんだよなぁ…どうしよう
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!

プリーズ・レイプ・ミー! さくらルート

折り返し地点の4キャラ目は、アイドル九条さくらこと河野さくらちゃん。

ここまで来て気付いたのは、このゲームの原画師さんのイメージしているアヘ顔と、私のイメージしているアヘ顔には大きな隔たりがあるということ。
原画師のむなしむじょうの言うアヘ顔は、「舌とよだれを垂らしている、笑顔のような恍惚とした表情」のようだ。
しかし、私の求めているアヘ顔は、これに「白目を剥いている」を加えたもの。
私の求めるアヘ顔の最重要ポイントは、「舌」ではなく「白目」なのである。
むしろ舌に重点を置きすぎるとデフォルメが効き過ぎるというか、ギャグっぽくなり過ぎてしまう気がする。
(もはやアヘ顔自体がギャグだろ!とかいうツッコミは要らないよ?)
ちなみにアヘ顔を三次元にも求めたいひとは、大沢佑香こと晶エリーのAVを観ると幸せになれると思います。

---

さくらルートのテーマは露出だった。
アイドルをやっているのが、人に見られるのが好きだったから、という理由のさくらは、エッチなことをしている自分を人に見られるのも大好きだった、という展開。
レイプは性的嗜好に目覚めるきっかけになっただけで、内容は全然レイプじゃない。
露出モノが好きな人には大満足だったのではないのでしょうか。

途中のエッチシーンで、マジックミラー越しにモブ男数人に「レイプされるの大好き!」と告白させられるプレイがあったのだけれど、このままそのモブキャラにレイプされる展開にならなかったのが謎だった。
完全にフラグだったと思うのだけれどね。
そこまで言わせたなら、主人公とのプレイ後に帰り道にモブキャラに襲われ、それなのにイキまくっちゃう的なのが欲しかったなあ。
経験人数ひとりでビッチとは片腹痛いわ

とにかく、このゲームはタイトルとテーマはぶっ飛んでいるのに、その他のものに遠慮しすぎている気がする。
最初に書いたソフトなアヘ顔もそうだし、人妻以外のキャラが全員処女なのもそうだし、レイプされるのが大好きなのに主人公以外とセックスしないし(悠真だけは違ったけど)。
そういう純愛系エロゲに求められる暗黙の了解を、律儀に守る必要があるゲームなのか、非常に疑問だよ。
もっとぶっ飛んだプレイを色々入れられたのではないでしょーか!
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!

プリーズ・レイプ・ミー! 紗代ルート

5キャラ目は、爆乳人妻の天海紗代さん。
正直属性には何一つとして興味が湧かないのだけれど、とりあえず消化してみた。

内容は、輪姦というか4Pがメイン。
輪姦というとガチレイプなイメージがあるけれど、このゲームだとやはりガチにはならないね。
ただ、前回記事に書いた、主人公以外の男が出てこないという不満点は取り下げなければならない。
ちゃんと知らない男たちが出てきて、紗代の色んな穴を犯していた。

あと、人妻だけあって寝取り要素もあったかな。
人妻とか巨乳とか寝取りとかに興味がある人は満足できる内容だったのかもしれない。

ただ、最後のオチはどうなんだ。
まぁもはやこういうゲームにリアリティを求めるほうが間違っているか。
最後は期待のサリーちゃん。
どんなプレイがあるのか期待
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!

プリーズ・レイプ・ミー! サリールート

満を持して、ラストの謎の美少女サリーを攻略。
何度かあるサリーの「今日はレイプはやめておけ」の選択肢を全て「今日はやめておく」にすると、ルートに入ることができる。

サリールートは、今までの一方的な主人公→女の子のレイプではなく、逆パターンが出てくる。
つまり、サリー→主人公なレイプ。
女の子にレイプされたい願望がある人は満足できる内容だと思う。
だけれど、レイプしたい願望とレイプされたい願望は共存できないのではないかと思うわけで、レイプされたい願望を持っている人がこのゲームをプレイしているのかはとても疑問である。
まぁこのゲームでそっち方面に目覚めるなら、それはそれで良いのだけれどね。

とは言え、普通にサリーをレイプするシーンももちろんあるので、男の子をレイプしちゃうような女の子を逆に(?)レイプしちゃう!という意味での興奮度はかなり高め。
ガチ堕ちではないけれど、サリーの快楽堕ちっぽい展開もあるし。
サリーのアヘ顔はなかなか良いものでした。

ちなみにサリーの正体については、結局最後までわからず。
たぶんサキュバスとかそういう系の人外な存在だとは思うのだけれど、それが展開やシーンに絡んでくることはない。
まぁこのゲームにシナリオ性は求めていないので、正体が判明しようがしなかろうがどっちでもよかったです。

まとめは次の記事で。
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!

プリーズ・レイプ・ミー! まとめ

--- シナリオ ---

タイトルからして抜きゲーなので、シナリオ性は求めていないし、評価できるところもなかった。
ギャグっぽいのはちょこちょこあったかな。
そこまで面白いとは思わなかったけど、微笑ましくはあった。
主人公とサリーの「ちょ、おまっ…おまっ…!」「なんだ?おまんこか?」の天丼はウケた。

陰惨なムードになりがちな陵辱系のゲームを、割と頭のネジが外れたようなアホな展開と萌えタッチな絵で明るく仕上げてきた。
そういう意味では、今までにあまりないタイプのゲームだったのかもしれない。
私が知らないだけでいっぱいあったりするのかもしれないけれども。
世界は広いからね、ことエロについては特に。

オススメ攻略順
さくら→悠真、美空→紗代、玲花→サリー

この順でなくても良いけれど、共通部分のさくらのフラグを★4にしてから悠真を攻略しないと出ないシーンがあったりするので、一度見逃すと回収が面倒だと思います。
当然、さくら→美空→悠真…のような順でもOK。
共通で全員を★4にするとバッドエンドになるので注意。

--- キャラクター ---

貧乳ロリ系が玲花しかいない。
というか、巨乳ばっかり。
これは大いに不満。

美空・さくら・悠真あたりのキャラがかぶってるんだよなぁ。
プレイの方向性は違うからいいんだけど、それなら女の子の方向性も変えて欲しかった。
悠真は省いて、貧乳ロリ系をもうひとり入れてほしかったなー。
妹とかいてもよかったんじゃないの?

人妻の紗代については、私は全く興味がなかったのだけれど、人妻というのも固定層からの根強い人気がありそうだからなぁ。
こういうものとして、特にコメントはしないでおこう。

--- 絵・Hシーン ---

基本的にはぼちぼち可愛く描けていると思う。

ただ、Hシーンの表情にはやや不満がある。
Hシーンで一番大切なのは、やっぱり表情だからね。
イク前のアヘっちゃうと、イク前後で表情が変わらなかったりしたので。
あと、原画師さんがアヘ顔の良さを理解していなかったのはとても残念だった。

あと、CGの差分をもう少し頑張って多く作って欲しかった。
例えばフェラとかで、なめる→よだれ垂らしながらしゃぶる→なめる の展開になるとき、しゃぶったあとのなめるのCGによだれ垂らした差分が欲しかったなー!という。
そう言えば、しゃぶるのCGを省いたシーンなんかもあったような気が。
ちょっと手抜き感があったね。

Hシーンでのセリフ的な興奮度はとても高かった。
ただ、その内容はややワンパターン化してしまっていたかも。
まぁ基本的な方向性が「レイプされたい願望がある女をレイプする」だから、みんな喜んでレイプされていく展開は同じになってもしょうがないのだけれど。

その分、Hシーンの数はとても多かった。
各キャラ10回以上かな。
量的にはとても満足。

--- その他 ---

声優
悠真のあえぎ声だけ少し気に入らなかった。
サリーの声は好きだった。
それ以外は特にコメントないです。

音楽
可も不可もなく。
オープニング曲はアレだった。ほんとに

システム
ユーフォリアと同じく、システムは至れり尽くせりだった。
クリア後のスタッフコメントも付いていて、CGギャラリーに各エッチシーンのBGVまで選んで流せる装備まで。

--- 評価 ---

抜きゲーとしてなら、割と正解なゲームだったと思う。
人は選ぶとは思うけどね。
公式HPかオープニング見て興味あったら、迷わずプレイ。

私はだいぶ満足できました。
★3評価
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!

プリーズ・レイプ・ミー!(OVA) 〜千鳥悠真 ピーが!ピーを?ピーされちゃった!?編〜

euphoriaに続き、プリーズ・レイプ・ミー!までOVAになっていた。
第一巻はサリーと千鳥悠真、九条さくらが登場、悠真を公園でレイプするところまで。
ゲームだとヒロインが全員出揃ってからレイプする女の子を選ぶ展開だったけれど、アニメだと迷いなく悠真をレイプしていた。

きちんと映像化されたシーンは、悠真の公園での破瓜レイプと、サリーの手コキかな。
エッチシーンのクオリティはかなり残念かもしれない。全くふっくらしなかった。

ただしサリーは可愛い。とても可愛い。
あと、主人公がギャグキャラとしてはまぁアリかもしれない。基本滑ってるけど。
でもね、エロアニメに微笑ましさとかギャグとか必要なのかな?
そういうのが欲しい人はゲームをやればいいんじゃないのかな?

全何巻なのか、調べたけどわからなかった。
二巻は8/31発売の九条さくら編らしいけど、雲雀野玲花が登場せずに終わったら相当がっかりする。
玲花とサリーが可愛いゲームだったからね。
あと、もう一度言うけど、サリーのおっぱいが大きい必要性は全くない。全くないよ。どうしたの?

限定版特典の「びっち、ビッチ、Bitch、アヘ声CD」は、公園で主人公にレイプされた後、服がボロボロになっているのに目を付けられて再びレイプされる悠真のお話。
悠真の声優サトウユキの喘ぎ声が好きなら、結構萌えられるんじゃないかな。
私はあまり好きではなかったので、ドーナツ食べて紅茶を飲みながらのんびり聞いていました。
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!

プリーズ・レイプ・ミー!(OVA) ~九条さくら ピーを…ピーに…ピーして下さい編~

忘れていたけれど、さくらルートがOVAになっていたんだった。
映像化されていたのは、初体験レイプと、大学の教室でのレイプ。
コンサートについては、あのカッコでステージに上がってエンディング。
公式ではやたらと「闇のアダルトライブコンサート!」とかいって推してくるけど、あれは詐欺だ。
「想像を絶する衝撃のラスト!」って、たしかに衝撃だよ。
このフカシはユーフォリアのOVAでもやられたよね。

作画は相変わらず適当すぎる。
これで抜けるくらい純真な人は、レイプになんか興味を持たないと思うよ。

そして内容は1/3くらいが日常シーン。
個人的には、主人公とサリーの絡みが気に入ってるから日常シーンも嬉しいのだけれど、本当にレイプシーン目当ての人からしたらイライラしてしょうがないんじゃないのかな。
しかしサリーはかわゆすなぁ!

さて、どうやらプリーズ・レイプ・ミー!のOAV化は、これでおしまいのようだ。
DVDに収録されていた次回予告は、他の作品についてばかりで、PRMについては一言もなし。
あーあ、玲花とサリーはナシか。
悠真とさくらだけとか、誰得だよ。

限定版特典の「びっち、ビッチ、Bitch、アヘ声CD」は、コンサートのお話。
これをドラマCDにするのかよ。まぁいいけど。
サリーのフェラチオと、ライブ後にレイプされるさくら。
サリーの声優の春日アンが好みな私は、だいぶテンションがあがってしまいました。
さくらのレイプはどうでもいいや。
category
ゲーム [★★★☆☆]
プリーズ・レ○プ・ミー!