Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

瀬戸の花嫁 1~4話

これだけは観ておけ!アニメ枠で紹介された、瀬戸の花嫁。
そういえば、人魚が出てくる二次元作品に触れるのは初めてかもしれない。

--- 1話 極道の妻 ---

海で溺れた主人公を、人魚な女の子が助けてくれる。
しかし、人魚は他人にその正体を見られると生きていけない。
だから、他人じゃなくて身内になればいいじゃん?結婚しよ?っていう、物語のはじまり。
しかもその人魚が極道の一人娘というね。

男の人魚もいるのか!という驚きと、方言の女の子って可愛くない?という発見のあった回。
しかしその場しのぎで「娘さんを僕に下さい!」を言ってしまう主人公はどうなんだろう。
いやたぶん私なら普通に言ってしまうと思うけれど、主人公としては…?

--- 2話 指輪物語 ---

人魚の燦ちゃんと夏祭りデートする話。
1話でちょっと気になった永澄の軽さが、ガラス玉の指輪という形で表現される。
ヘタれ主人公じゃなくて良かったよ!

このアニメはテンポがすごく良いね!
観てて退屈しないし、ギャグも結構面白い。
濡れた尾ひれを乾かそうとしているシーンはやばかったー

作画のクオリティは普通だね。
曲はともかく、オープニングアニメーションは良いと思います。

--- 3話 天国に一番近い島 ---

新キャラ巻き貝の巻ちゃんと燦ちゃんと3人で無人島へ遊びに行く話。
巻ちゃんのキャラはベタだけど、それが面白い。
そして燦ちゃん意外とおっぱい大きい。

永澄がヘタれキャラじゃないのがいいね。
ちゃんと巻ちゃんに張り合ってるし。
あ!UFO!で巻ちゃんをぶん投げるところはウケた。

次回からは舞台は瀬戸内から埼玉に移る模様。
巻ちゃんの活躍に期待!

--- 4話 男はつらいよ ---

なんでだろう、燦ちゃんは俺をいつも少し大人にしてくれるんだ。
…そして、巻は俺をすごく子供のレベルに引き戻すんだ…

埼玉に来て、新キャラ銭形巡登場の回。
エンディングは新キャラが出るたびに描き足されていくんだね!
極道の娘の燦と、警視総監の娘の巡。
キャラが立っていてとても良いと思います!
あと毎回燦がカッコ良い。

コメディだけどラブコメじゃない。
永澄には頑張ってラブコメを目指し続けていて欲しい。
私はそれを見て笑っています。
スポンサーサイト
category
アニメ [★★★★☆]
瀬戸の花嫁

瀬戸の花嫁 5~10話

--- 5話 狙われた学園 ---

夏休みが明けて、燦ちゃんと一緒に始まる学園生活の話。
ようやく落ち着くかと永澄も私も思っていたら、瀬戸内組の面々が揃って学校に赴任してきていた。
やっぱりこのコメディ路線は変えられないんだね!

永澄のキャラは主人公のなかではかなり好きな部類だ。
巻ちゃんが4話で人形扱いされたことを意外と根に持っていたのはわろたね。

そういえば、アバンタイトルの「瀬戸に流れて夕浪小浪~」っていうあれ、活弁士の山崎バニラがナレーションをしているんだね。
あの声は結構好きだよ!

--- 6話 お嬢さんお手柔らかに ---

巡が燦ちゃんの正体を疑問に思って追い回す回。
永澄がイケメンな回でもあった。
巡が「こぼれる水の先に必ずいる人」をさりげなくかばってあげたシーンはとっても良かったね!
巡はちょっとキャラを立て過ぎていてしつこいキライもあるけれど、まぁいっか。

そういや、あのブラインドのある取調室みたいな部屋って、巡の私室なんだろうか。
だとしたらずいぶんアレな部屋に住んでいるんだなぁ巡は。

--- 7話 来訪者(ビジター) ---

オープニングにいたピンク髪の新キャラ、江戸前留奈の登場回。
また濃ゆいキャラが出てきたなぁ。
巻ちゃんとややカブっている気もするのだけれど。
永澄と留奈の出会いの、家のまえで留奈がビチビチしてるシーンはわろてしまった。

ラブコメを目指して頑張っているけれど、永澄に役得な展開がないのが面白いよね。
てゆーか、燦ちゃんって歌上手い設定あったんだね!

--- 8話 激突 ---

ルナとサンが決着を付けるべく、ライブをする回。
話自体はギャグばっかりだけど、ライブシーンはかなり手が掛かっていたように思う。
燦ちゃんが日本刀を持つシーンが見られるかと期待していたけど、これはこれで良かった。
そして留奈も永澄と一緒に住むことになったんだね。
だいぶラブコメっぽくなってきたような!

巡の「遅かったか…」はウケた。
てかサルはいつの間にあそこまで悟りを開いていたんだ?

--- 9話 バトルランナー ---

新キャラ三河海の登場、そして燦ちゃんをかけて運動会で勝負をする回。
久々に燦ちゃんの「仁侠と書いて人魚と読むきん!」が見れた気がする。

てゆか最近燦ちゃんの扱いが雑な気がするよ?
メインヒロインだったと思ったのに、いつのまにかギャグ要員になっている。
バレーボールを海に当てるあたりはわろてしまったけど。
突然の雨で尾ひれが出てしまってビチビチなっちゃってる燦と留奈は可愛い。

--- 10話 鋼鉄の男 ---

新キャラ留奈のお父さん登場の回。
まんまターミネーターだったね。
海がターミネーターに会うところは面白かった。

最近ちょっと新キャラ絡みのギャグを引っ張りすぎな気がする。
もっと初期キャラを大事にして欲しいよね。
つまり、巻ちゃんを出せってことなんだけども…トイレに流されてしまったか…
category
アニメ [★★★★☆]
瀬戸の花嫁

瀬戸の花嫁 11~14話

--- 11話 アルマゲドン ---

身体検査からダイエット、そして永澄が巨大化する話。
かなりギャグ色が強い回。

巨大化のくだりは私の中ではちょっとスベってた。
燦が槍投げるときに足グキってなってたのはウケたけどね!

人魚化してエアロビクスしたり滝登りしたりするところは良かった。
私も新しいフェチに目覚めてしまいそうです。

--- 12話 愛の奴隷 ---

永澄と留奈のラブコメ回。
留奈に勉強を教えている最中に足が濡れちゃって、それを拭いているところを留奈パパに見られて、責任を取らされることになる話。
なんでだろう、尾ひれが出ちゃうシーンがとてもエロく感じる。

ブリっ子しながら電気アンマしてるところは面白かった。
冷静になれば留奈も可愛いよね。
一人称が「わたくし様」なのは未だに納得いかないのだけれども。

久々に巻ちゃんの出番が多かった。
あと最近三河海の素顔を見た覚えがない

--- 13話 ある愛の詩 ---

1クール目最終話。
永澄と結婚しようとする留奈、それを止めようとする燦の話。
永澄はときどきイケメンだよね!ときどきおかしいけど。

そして、今回は燦がマジで輝いていた。
アイキャッチで燦が日本刀を持っているカットがあったから、いつかそういうシーンがあるのかなーと期待していた甲斐があったね!
「その杯、ちょっと待ったぁー!!」で登場するとこは鳥肌モノだよね!それは言い過ぎかな?

留奈ちゃんも可愛いけれど、やっぱり燦ちゃんが一番です!

--- 14話 子猫物語 ---

2クール目になって、アバンタイトルのセリフとエンディングが変わった。
オープニングは変わらないんだね。
結構気合い入れて作ってあったし、気に入っているのかな。

人魚→魚→猫怖い っていうギャグ回。
猫に押し倒されている巻ちゃんかわゆすなぁ。

そういえば、エラ呼吸三兄弟がオープニングにいたな…。
これからも出てくるのだろうか。
category
アニメ [★★★★☆]
瀬戸の花嫁

瀬戸の花嫁 15~19話

--- 15話 君の名は ---

委員長回。
永澄と燦と三河と巡でだぼぉでーとする話。
結局最後まで委員長は名前を聞いてもらえなかったね。

オープニングからエラ呼吸三兄弟が消えた。
てゆか踊っているカットは毎回二列目のキャラ違うんだね。
野球のシーン、逃げたのにボールが当たるところは吹いた。

--- 16話 マイノリティ・リポート ---

新キャラ、不知火明乃の登場回。
魚人族がちゃんと人間社会に溶け込んでいるか調べる、人魚試験が始まる話。
エンディングの「品切れ中」の皿に明乃が乗りました。

明乃が来たことで呆けている燦と、いつも通り黒い留奈。
「よーしいつも通り!」で水をかぶる燦ちゃんはやっぱり面白い。
そして刀を持った燦ちゃんはやっぱりカッコ良いね!

--- 17話 県警対組織暴力 ---

明乃の番長グループと、巡の風紀委員会が対立する話。
明乃が置いてけぼりなのに番長グループが結束していくのが面白いね。
巡の出番が多いのも嬉しい!

パンツ見えそうなシーンあったのに、そこについてのツッコミはないんだよね。
そういうギャグもあってよかったと思う。

そして巡はやっぱり可愛いと思う。
私も巡に社会のルールを教えてもらいたいです!

--- 18話 肉体の門 ---

京都に修学旅行に行く話。
久々に巻ちゃん登場、明乃を狙って暗躍する。

明乃が濡れて変身を我慢してるところは色々やばかったね。
今回はお風呂シーンもあったし、サービス満点だった。
留奈がいなかったのはちょっと残念だけれど、次は出てくるっぽいね。

今回も巡の出番があった。
燦と明乃がふたりで風呂に入っている現場を確保しようとする巡のくだりはめっちゃ面白かった!

--- 19話 ショウほど素敵な商売はない ---

修学旅行続き、映画村に行って時代劇っぽいことをする話。
明乃は瀬戸内組でも江戸前組でもない第三の立場から、永澄と燦を別れさせようとしていた。

ツッコミ役不足のこのアニメでは、明乃は貴重な戦力だ。
ウオ一発を飲まされたシーンとかね!

今回面白かったのは、お白州でテンション上がりまくりの巡も良かったけれど、一番はルナパパの登場シーンでの永澄のセリフ、「こ、このダダンダンダダンは!?」っていうところ。
この効果音お前らにも聞こえてたんかい!ってツッコミながら吹いてしまった。

てゆーか結局全然映画撮ってないよねー
category
アニメ [★★★★☆]
瀬戸の花嫁

瀬戸の花嫁 20~23話

--- 20話 男達の挽歌 ---

ルナパパとサンパパがギャルゲーを通して娘の気持ちを理解しようとする話。

この回は全話通して屈指の面白さを誇っている気がする。
オープニングからしていつもと気配が違ったしね。

ルナパパがセーラー服で学校に来た時点で既にヤバかったのに(特に巡の反応)、次の日燦が留奈に学校に引きずられていくところで腹筋が終わった。
巻ちゃんも今回はイイキャラしてたよ!
蓮さんもとてもカッコ良かった。
このアニメはギャグと決めのシーンのメリハリがすごいね。

そしてネコミミ燦ちゃんかわゆすなぁ
猫ニガテなのに

--- 21話 恋のからさわぎ ---

前半、永澄がラブレターをもらう話。
1通目はルナパパとサンパパの釣り、2通目は委員長からのマジモン。
ルナパパはギャルゲーのセーラー服ネタを引きずってきていた。わろた

後半、人魚の惚れ薬を永澄が飲む話。
女の子に惚れられるのより、男に憎まれるほうが面白かった。
サンパパが風呂場に登場したところは吹いてしまった。
確かにあの風呂は豪華になったなー!

ただし巡と明乃の惚れ方は別。
あれは良いモノでした。
イエス!ラストアマゾネス!詳しい説明いらないだろあれ!

--- 22話 傷だらけのアイドル ---

アイドルルナのドラマのセリフ暗記を燦ちゃんが、隠し芸大会での腹話術を巻ちゃんが手伝う話。
燦ちゃんが異常に男前になっていた…。
ヒゲは重要なものらしい。男はだまって生肉!

後半の巻ちゃんの腹話術、教室でお披露目するシーンは面白かったね。
左手と本気でケンカしてるところ。
最後は留奈ちゃんがとても可愛そうで、そして可愛かった。

--- 23話 過去のない男 ---

政さんと明乃の過去回。
政さんは実は記憶喪失で、実は明乃の実の兄だった、という話。
なんだけど、記憶喪失になった理由が下らなさすぎて笑わざるを得ない。

サンパパが永澄を前にして素で焦っているのが見られたのはちょっと新鮮だったかも。
記憶が戻らないようにするくだりは面白かった。

幼児退行してしまった明乃は可愛い。
兄妹そろって記憶喪失、そして親子揃って加害者…。
そういえば二話連続で入院オチだったね。最近過激だ
category
アニメ [★★★★☆]
瀬戸の花嫁

瀬戸の花嫁 24~26話+まとめ

--- 24話 さらば友よ ---

三河海がサルの勘違いから不治の病に冒された設定になる話。
涙の優しさがサル→永澄→みんなへと伝染していくところは面白かった。
政さんも号泣。

あれ?不治の病じゃなかったの?なオチはもっと面白くできた気もするのだけれども。
でもこれはこれで十分か。
永澄の回避能力はとうとうLv5になってしまったか。こわい

--- 25話 家族ゲーム ---

永澄が燦ちゃんと些細なことでケンカしてしまい、燦ちゃんが永澄に言わずに貴族のパーティに出席する話。
その貴族は、明乃に永澄と燦ちゃんを別れさせようとしていた黒幕だった。
燦ちゃんが狙われていることを知った永澄は、海と留奈と一緒に救出へ行く。

最終回直前なだけあって笑いは少なめ、シリアスめな雰囲気。
ケンカのきっかけはマジで下らないのだけれど、一緒に暮らしていればそういうこともあるよね。

--- 26話 きみの帰る場所 ---

最終話、貴族に囚われた燦ちゃんを、永澄たちが助けに行く話。
展開的には予定調和。
でも永澄が異常にカッコ良い。そしてもはや人間ではない
人魚と書いて、仁侠と読むきん!

個人的には永澄がカッコ良い2期最終話より、燦ちゃんがカッコ良い1期最終話のほうが好みかも。
これはこれで燃えてよかったけどね!
そして最後にケンシロウモード永続な永澄にはわろた…
燦ちゃんの趣味はどうかと思うよ!

--- まとめ ---

仁侠道に生きる人魚のギャグアニメ。
ジャンルはラブコメになっているけど、ラブ要素はそんなに強くない。
「瀬戸の花嫁」っていうタイトルのイメージから、純愛系な落ち着いた恋愛モノかと思っていたけれど、全く違ったよね。
ギャグがとても面白いコメディモノでした。

笑いのセンスも光っているけれど、キャラが立っているのも評価のポイント。
登場人物のキャラをしっかり確立させて、その設定を使い切っているよね。
こいついらなくね?なサブキャラがいないのは大きい。
個人的に好きなサブキャラは、シャーク藤代。

笑いのポイントを細かく設定してきているのも良かった。
「最近の笑いは、大きな笑いを一回取るよりも、細かい笑いを断続的に入れてきたほうが、大衆の評価は高くなる」と言われているらしいけれど、それを地でいった感じ。
オープニングのダンスシーンの面子から始まり、エンディングの「今日のオススメ」まで、笑えるポイントを散りばめてきている。
個人的には、教室の習字の文字が毎回違うのがお気に入り。

そしてやっぱり外せないのは、可愛いヒロイン。
燦と留奈に加え、巻、巡、明乃と魅力的な女の子が揃っている。
やっぱり濡れると尾ひれが出ちゃうっていう設定に、何か胸がときめくものがある。
尾ひれが出ちゃっているシーンがお色気シーンにしか見えないし。
また私に変な属性が着いてしまった気がする…。

私はやっぱり燦ちゃん派だね!
方言な女の子って良いじゃん!って気付かせてくれました。
お気に入りは巡。あのキャラは秀逸だと思います。次いで留奈かな。
ラブコメでありがちな、主人公うぜぇっていう負の要素がほとんど無い主人公だったのも良かったね!
パンツがどうとか、おっぱいがどうとか、そういう下ネタな笑いを入れてこなかったのが功を奏しているのかもしれない。

音楽も割と秀逸だったと思う。
燦や留奈のライブシーンに使われていたりする曲はまだあまり聞き込んでいないけれど、オープニングとエンディング曲は良いね!
特に2期エンディング。あの曲とあのアニメーションの組み合わせはなかなかキャッチーです。

作画自体のクオリティは普通。
だけれど、笑いのためなら全力!っていう意気込みが感じ取れる。
ラブコメ…もといコメディアニメで、これを超える作品はなかなかないと思う。
コメディ一辺倒じゃなく、感動シーンもちゃんと作ってきているしね。

気に入った回は何度も観直したくなる作品。
1周目の段階では、神作一歩手前な★4評価にしておきます。
category
アニメ [★★★★☆]
瀬戸の花嫁

瀬戸の花嫁OVA 仁+義+まとめ

--- 新章1話 暴力教室 ---

新年度、永澄だけバトルロワイヤル的なクラスに送り込まれ、1組の永澄の席にルナパパ(セーラー服着用)が来る話。
ギャルゲーネタめっちゃ引っ張ってくるね!
ルナパパの見た目と声のギャップ、あと留奈のリアクションがやばい。

永澄のケンシロウモードも引っ張っていた。
後遺症だったのかあれは…可愛そうに…

--- 新章2話 死なない男 ---

永澄と燦ちゃんが映画館にデートに行き、事故に巻き込まれる話。
オープニングにもいた新キャラのロリは、サルの妹だった。
巻ちゃんの登場シーンはこうじゃないとね!

てゆーかもう永澄って不死身なんじゃね?

--- 新章3話 きみのためにできること ---

明乃をきっかけに、女の子たちがメイド喫茶でバイトする話。
悟はちょっとキャラ作りすぎじゃないか?
面白かったけど!

--- 新章4話 貴方なしでは ---

燦ちゃんの友達サーたんが怪談話を巻き起こす話。
ビビりまくってる留奈ちゃんは可愛かった。
そして演出が結構マジの怪談モノっぽくて結構怖かった。

--- まとめ ---

15分×2話のOVAが2本出ていた。
TV版だと26話全て同じオープニングで通してきたのに、各巻ごとにオープニングエンディングを変えてくるという手の込みよう。
中身の作画的なクオリティはそこまで大差なかったかな。

OVAだからってイイカンジにまとめてこようとはせず、TV版の続きのような雰囲気。
TV版も良いテンポで話が進んでいったけれど、こちらも同じ。
このテンポの良さは観ていて飽きないねー

せっかくTV版を観たなら、OVAも観ておきたいね!
相変わらず面白かったです。
TV版と併せて、限りなく★5に近い★4評価にしておきます!
category
アニメ [★★★★☆]
瀬戸の花嫁
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。