Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

リアル妹がいる大泉くんのばあい 美紀ルート ~親友の妹に迫られる大泉くんのばあい~

二周目プレイ:加筆修正 2012/07/11

ミドルプライスのゲームにしてはとても完成度が高いという話を聞いて、ヒマ潰しのスナック感覚で始めた「リアル妹がいる大泉くんのばあい」。
ゲームの世界で理想の妹を求めるお兄ちゃんが主人公の、妹ゲーである。
一番の目玉は、ゲーム内での理想の妹が現実に出てきちゃうところ。

---

まずはリアル妹でも二次元妹でもない、ビッチ予備軍な肉食系な親友の妹、妹尾美紀ちゃんから攻略。
オープニングには一瞬たりとも出てこない不憫な子。
声優は日向苺。とてもマイナーな人のようだけれど、小悪魔な声はなかなか良い感じです。

ちなみに純粋な「親友の妹」というポジションのエロゲヒロインは、割と珍しいかもしれない。
リトバスの棗鈴も親友の妹と言えなくもないけれど、兄である恭介には付き合うこと推奨されてるし、そもそも幼馴染みポジションだし、これはちょっと違う気がするよね。

さて、まず大事なことを確認すると、年上に責められるのは苦手な私も、年下に責められるのはアリでした。
そして、美紀は最初から主人公の童貞を奪おうと押し倒してきたり、快楽堕ちさせようとしたりしてくる、イイカンジにSな女の子。でもドSというほどじゃなく、誘い受けな感じ。
うん、とってもイイよね! 美紀ちゃんかわゆす

---

美紀ルートは、親友とその妹のツンデレな兄妹愛が描かれる。
そういえば、主人公以外のキャラに対するツンデレって、かなり珍しいパターンな気がするなぁ。
二次元妹な麻衣は空気。

「妹なんかいらない」と公言する親友の彰だけれど、実は妹の美紀が大好きな優しいお兄ちゃん。
美紀の身体検査を覗こうとしている男子にはキレちゃうし、美紀がバカにされたときもキレちゃうし、主人公と美紀がヤリまくりなのを知ってキレちゃうし。
……あれ、キレてばっかだね。

美紀はそんなお節介で妹モノのエロゲーばっかやってる兄貴を嫌っているようだけれど、それはカッコだけ。
幼少期は虚弱体質で引きこもりがちだった美紀が、今こうして明るい女の子になっているのは、彰がずっと妹に気をかけていたから。
そして美紀も、今も、昔も、兄が自分を大切に思ってくれていることにちゃんと気付いている。
ただ、ちょっと恥ずかしくて態度に出せないだけで。

この兄妹の関係は、一言で言えば「ツンデレ乙」なんだけど、それを浮き彫りにさせるやり方が上手い。
すれ違いばっかりの兄妹だったけれど、でもそれは結局互いが互いのことをかけがえのない兄妹だと思っていたからこそ、自分の気持ちを押し付けず、見返りも求めなかったため。
小さな世界を、小さな視点で、少ない言葉で語るこの雰囲気は、とても好きだよ。

彰の、妹に彼氏ができるっていう出来事に対する心理描写もとても良い。
妹が幸せになってくれるなら、結局お兄ちゃんはそれで幸せなのだなぁ。

「家でも、すげー楽しそうにお前の話をして……正直、最初は俺も複雑だった」
「でも俺がガキの頃にあいつへ望んだことって、そういうことなんだよな」
「普通の女の子みたいに外へ出て、オシャレをして、誰かを好きになって……」
「兄貴だったら、そういう妹の恋を応援してやらなきゃいけないんだよな」


とか言いながら、NTRゲーを嫌悪していた彰が、妹を寝取られてしまった展開にはわろてしまった。
テキスト的にもなかなか秀逸だよ! かなり笑わせてくれる。

二次元妹の麻衣は、お兄ちゃんとリアル妹の栞との溝が埋まったことで満足して消えてしまった。
お兄ちゃんが妹の幸せを願っているのと同じく、妹もお兄ちゃんの幸せを願っているんだ。

---

「やっぱり、妹は二次元に限るよなぁ」
――現実の妹なんかいらない?
「いらねえよ。リアルで妹に萌えることなんてねえしな」
「それに……妹に恋人ができて、こんな寂しい思いをするぐらいなら……俺は二次元の妹だけでいい」

スポンサーサイト
category
ゲーム [★★★★☆]
リアル妹がいる大泉くんのばあい

リアル妹がいる大泉くんのばあい 麻衣ルート ~バーチャル妹がいる大泉くんのばあい~

二周目プレイ:加筆修正 2012/07/12

お兄ちゃん大好きな理想の二次元妹、大泉麻衣ちゃんを攻略。

「麻衣ね、お兄ちゃんの力になりたいの」
「だからいいよ? 妹でどーてーを捨てちゃお?」

声優は氷川めぐみ。この名義では二作しか出演していない模様だけれど、誰かの別名義なのだろうか。
声質はベッタベタなアニメ声。演技自体はなかなか上手いと思います。

正直可愛い妹とイチャイチャするだけの消化ルートだと思っていた。
が、とんでもない! とても楽しい展開が待っている笑えるルートだった。

  麻衣、貧乳なのを気にしている
→ 麻衣、お兄ちゃんの部屋で『巨乳いもうと ~搾りたて背徳ミルク~』を発見
→ 麻衣「生まれてきてごめんなさい」
→ 主人公「妹とおっぱいは関係ないよ」
→ 麻衣、『巨乳妹カフェ』を発見
→ 麻衣「もう何も信じられないっ……」
→ 主人公「大事なのは胸の大きさじゃないからね」
→ 麻衣、『おっぱいの小さい妹は好きですか?』を発見、ただし未開封
→ 主人公「」
→ 麻衣「ひどいっ……お兄ちゃん、ひどいっ……! こんな生活、もう我慢できない!」

この流れには正直わろた。
「グリザイア」シリーズに匹敵する、エロゲならではの18禁な笑いだと思う。
汚い、さすがエロゲー制作者は汚い。

---

麻衣ルートは、麻衣についての伏線を張るのと、栞に萌えるお話。

前半は麻衣が「お兄ちゃんの力になりたい」と言って、主人公の童貞を奪おうとしたり、胸が小さいので悩んだりする、ベッタベタなエロゲー展開。
彰に「エロゲーのキャラには、エロゲーの思考で対抗するしかない」と言わしめるほどの。

ちなみにこのエロゲー展開を入れ知恵したのは、麻衣の友達の雫。
そうだね、「死神の接吻は別離の味」の雨宮雫ちゃんだね!
「普通、兄って妹で童貞を捨てるものじゃないの?」という名台詞を産んだツンデレ妹です。
この子の常識を植えられたらそりゃこうなるよ。

その後は唐突に麻衣と栞が入れ替わる展開。
そしてそのまま麻衣の身体の栞とエッチしちゃう。
この微NTR要素はものすごく良いよ!
麻衣の身体で栞を推す台詞はヤバかった。
その後吹っ切れたように主人公を責めてくる展開もね!

……え? 突然入れ替わるとか脈絡がないって?
まず女の子を二次元から出す方法を説明してからにしてください(迫真)

---

ラストは、大泉麻衣であることを辞め、本当の世界へ戻って「ありがとう」を伝えに行くオチ。

妹になりたかったけど、なれないことはずっとわかっていた。
それでも、主人公を幸せにできて、自分も幸せになれる世界に甘えていた。
けれど入れ替わりを経て、栞も自分と同じかそれ以上に主人公を大切に思っていることを知った。
義妹じゃ実妹を超えられない。だから大泉麻衣としての役割はもうお終い。

「麻衣は、お兄ちゃんと栞さんが仲良くしてくれればそれでいいの」


その後、恋人を失って、生きる気力をなくしてしまった主人公。
みんなが麻衣を忘れていき、自分もただ忘れてしまえるのを待つだけの、無力な日々。
それを励ます彰がめちゃめちゃカッコ良かった!

交わらなかったはずの存在が、奇跡のような出会いを果たしてエンディングを迎えた。
けれど、自分はまだ生きているし、あの子のこともちゃんと覚えている。
生きている限り、物語が終わることはない。
エピローグがないのなら、自分で作るしかないんだ。

――……おかしいだろ。俺……ゲームの女の子に恋してたんだ。
「それなら、お前のすべきことはひとつだろ」
「エロゲーしようぜっ! そして、俺と同じ妹萌えTシャツを買え!」
「俺たちにとっちゃ、本気で妹に惚れるのは勲章じゃねえか」
「お前は麻衣たんとエロゲーの中で出会った」
「だからお前は、エロゲーから逃げちゃダメなんだよ」

category
ゲーム [★★★★☆]
リアル妹がいる大泉くんのばあい

リアル妹がいる大泉くんのばあい 栞ルート ~リアル妹がいる大泉くんのばあい~

二周目プレイ:加筆修正 2012/07/12

ラストはメインヒロインなお兄ちゃんに冷たい現実妹、大泉栞ちゃんを攻略。
声優は遠野そよぎ。「School Days」の桂言葉、「穢翼のユースティア」のイレーヌ、「恋愛0キロメートル」の木ノ本咲耶あたりでお世話になっている。
クーデレらしい冷めた演技が光っていました。

栞ルートは、他2ルートを攻略しないと解放されない、トゥルー的位置付け。
描かれるのは、義妹の願いと、血の繋がった兄妹の絆。

---

大泉兄妹は、両親の離婚によって離ればなれになりそうになっていた。
主人公の未来の義妹になるかもしれない少女、月吉舞。
大泉麻衣は、難病で死期の迫った舞の願いを神様が聞き届け、現われた女の子だった。

そうだ、探しに行こう。自分なりに探してみよう。
みんなが幸せになれる未来。そして、私が今日まで生き続けてきた意味。

どうか、あのふたりがずっと兄妹でいられますように。


ふたりとも離婚の話は知っているのは自分だけだと思っていた。
主人公は、栞がショックを受けるだろう告白をする踏ん切りがつかずに、残された時間でせめて兄らしいことをしようとしていた。
栞は、近い将来妹でなくなる現実を肯定するように、兄に冷たく当たっていた。

不仲だった両親の間で、幼い兄妹は互いを守るように寄り添って生きてきた。
そのことが親の目に止まり、主人公は折檻される。
その後、兄妹は互いを守るために離れて生きるようになった。

やっぱりこの兄妹も、互いをかけがえのない存在だと思っていたからこそ、この距離感だった。
すれ違いとは違う、兄妹は結ばれちゃいけないという倫理の壁。
そのせいで栞は、好きな人を好きだと言えず、悲しいときに泣くこともできない女の子になってしまっていた。
そして主人公は気がつく。
壁を恐れちゃいけなかった。兄として、妹にちゃんと向き合わなきゃいけなかったんだと。

――誰にも祝福されなくたっていい。たとえ世間から冷たい目で見られても、俺は栞を守りたい。
――でも、まだ栞にはその覚悟を聞いてなかった。
「……そうだね。きっと兄妹でそういう関係になったら、普通の人たちは気持ち悪いって思うだろうね」
「でもね、お兄ちゃんと一緒に悩めるんだったら怖くない」
「お母さんたちにも叱られて、反対されて、悲しくて泣いちゃうかもしれないけど……」
「仕方ないよね。だって、こんなにお兄ちゃんが好きなんだもん」
「小さい頃からずっとずっと好きだったんだもん」
「……だからへーき。何があっても、お兄ちゃんと一緒なら怖くない」

「ねえ、お兄ちゃん。わたしのこと、愛してる?」


---

こうして血の繋がった兄妹は絆を取り戻し、義妹の願いは叶う。

「私は栞さんの代わりにはなれません」
「どうがんばっても、私は大泉涼さんの妹にはなれないんです」
「その資格があるのは、栞さんだけなんですよ?」
「私はいつか消えていく存在です」
「だから、今のうちに言わせてください」
「どうか、幸せになってください」
私は他人に何かを与えることができたのかな。
消える前に、何かを遺すことはできたのかな。
それはわからないけど、でも――
「ありがとう、麻衣」
栞さんは、そう言って私に微笑んでくれた。


そして、麻衣は舞として自分のできることをするため、ふたりの前から消える。
与えられてばかりの麻衣ではできないこと。
舞として与えることができること。
それをするために。

麻衣が自分の記憶を消してもらったのは、兄妹の絆があまりに完全すぎたから、それを損ないたくなかったんだろう。
あるいは、舞の生きてきた意味を残すのは、麻衣ではなく舞としてしなくちゃいけないと思ったからか。

これが正しい選択だったのかどうか、私にはわからない。
主人公と栞に言わせたら、きっと間違いになるだろう。
けれど、エピローグの月吉舞の快癒が、麻衣の高潔さを神様が祝福したものなのだとしたら、正しかったんだろうなぁ。
俗っぽく考えれば「その方がお涙頂戴な展開になるから」なのだろうけれど、でも私が麻衣の立場だったとしても、きっと同じ選択をするような気がするよ。

「あなたからもらった思い出だけで、私は生きていける」


---

兄妹の絆を取り戻せたのは、主人公が一歩踏み込んだから。
そして、そんな強い主人公に依存しかかっていた栞に、最後にはきちんと道を指し示す。
一緒にいて助け合うだけが兄妹じゃない。
離れていても決して切れない絆があるから、だから兄妹なんだ。

「俺に甘えるな」
「栞には栞の道がある。俺たちは兄妹だけど、妹は兄貴の後ろをついてくるだけじゃいけない」


---

麻衣の存在感はやっぱり薄い。
けど、それは麻衣がそう望んでいたのだから当然のことだったんだね。
それでも少し残念だったかも。

私には妹がいないので、主人公と栞の兄妹関係にリアリティがあるのかどうか、よくわからない。
けれど、やはり血の繋がりというのはとても強い絆なようだ。
世界の崩壊に一緒に向き合い、再構築したふたりならさらに。
そのあたりの描写がとても上手だったと思う。

私は家族の絆とかまったく実感が持てないけれど、それでもなんだかとても良いものに感じられた。
というか、ものすごく妹が欲しくなった。
そして妹キャラが大好きになってしまった。どうしよう

そしてなにより、プレイしていて楽しかったよね!
栞と麻衣が一緒にエロゲーをプレイしちゃうあたりとか。
あそこから派生する展開は素晴らしい。

「女の子とニャンニャンするゲームに金を払ってるのに、なぜ男と絡まなきゃいけないのか……」
「不意打ちでそういうのが入ってるとキツイね」
「ホモが悪いんじゃないんだよ。ユーザーとしては、そういうのはきちんと棲み分けしてほしいってだけでな」
なんて台詞の直後に唐突に入ったホモ展開には、まじでわろてしまったよ!

ちなみにエッチシーンはもう一歩だった。
あれはあれでよかったんだけど、栞の持つ潜在能力を生かし切れてなかったね。
「命令して……」のあたりで、主人公にもっとはっちゃけて欲しかったよ!
このシナリオライターなら、主人公のキャラを損なわずに鬼畜展開にもできたはずだよ?

---

人間は誰だって、いつかは死んでしまう。
それが早いか遅いかの違いだけで。
それなら私は、その瞬間。
こうやって笑顔で自分の家族に言いたい。
「ありがとう」

category
ゲーム [★★★★☆]
リアル妹がいる大泉くんのばあい

リアル妹がいる大泉くんのばあい まとめ

二周目プレイ:加筆修正 2012/07/12

--- シナリオ ---

全国のお兄ちゃんに捧げる、妹ゲーム。
兄妹について、色んな角度でスポットライトを当てている。
シナリオライターのおるごぅるは、本当に妹が好きで好きで堪らないに違いない。
あるべき兄妹愛というものが、ここにはある。ような気がする。

起こる非日常は麻衣が現われることのみで、それ以外はどこにでもあるベタな話。
それだけの題材でここまで完成度を高めてくるのはスゴイと思う。
両親の行動にはややリアリティが薄かった気がするけど、エロゲ的お約束ということにしておこう。

それと、麻衣の存在感が薄かったのも気になるところ。
別に減点対象ではないけれど、もっと使い道があったような気はする。
他所でも言われている通り、麻衣がゲームを手に取らせる目玉キャラなのに、シナリオ上ではサブキャラ扱いになってしまっているのは少し勿体ないかなぁ。

テキストは、シナリオライターのおるごぅるの個性が散見できるものになっていた。
登場人物がエロゲーについて語るところや、笑いを取りに来るポイントなど、秀逸なものが多いね。
純情な妹にこんなセリフを言わせたい!というリビドーなんかも、至る所で感じられる。
また、小難しい展開にせず、小さな世界を小さな視点で少ない言葉で語るこの姿勢は、とても私好み。

私のお気に入りは、やっぱり栞ルートのラストだね。
栞の手紙からエンディングに入り、エピローグがあってタイトルに戻るところのセンスがすごい。
戻ったタイトル画面でしばらく茫然としてしまったよ。
ゲームを終了させるのが惜しいレベルの読後感の良さ。

サブキャラの妹尾兄妹をちゃんと使い切っているのは高評価。
古賀については謎。

オススメ攻略順
美紀 → 麻衣 → 栞

シナリオ別評価
栞 > 美紀 > 麻衣

栞ルートの、実妹との絆の話はとても素敵。
美紀ルートの、ツンデレな兄妹関係もとても良いね。
麻衣ルートだけは、栞ルートへの伏線という意味合いが強く、これだけだとやや物足りないかもしれない。
けれど「義妹」という視点で見るからそうなるのであって、「二次元から出てきた女の子」という視点で見れば納得のできる内容になっている。

--- キャラクター・CG ---

立ち絵、CGは無難。
喋るセリフや性格、背景と合わせるとだいぶ魅力的になる感じ。
栞の髪は、ちょっと長すぎたような気がしたけれども。

CGの枚数はボリュームの割に多かったと思う。

--- Hシーン ---

とても良かった。
妹や年下に責められる、誘い受けなシチュエーションが多くて大満足。
もっと主人公のキャラがエッチ中は豹変する、みたいなのがあってもよかった気はする。

美紀が3シーン6CG、麻衣が2シーン6CG、栞が2シーン4CG。
栞はCGが少ない分、それ以外のシーンのCGが充実している。
麻衣は3シーンに分けてほしかったかもしれないなぁ。
Hシーンのシチュエーションを作るのが上手いライターだったので、いろんなシチュエーションのシーンを見てみたかったよ。

--- その他 ---

声優
みんな上手だった。
麻衣の声は飽きがくるかと思ったらそんなことなくて安心。

音楽
特に印象に残ったものはなし。
オープニングとエンディングテーマは、プレイしてから歌詞を見ると良い感じになれるかもしれない。

システム
音声再生中にバックログに戻ると音声が途切れるところだけ不満。
それ以外は必要最小限全て揃っている。

--- 評価 ---

ミドルプライスと侮る事なかれ、とても完成度の高い作品に仕上がっている。
史上最強の妹ゲーと言っても過言ではない。
妹萌え属性のある人は今すぐやるべき。
私は妹にそこまで強い執着はなかったけれど、このゲームをプレイしてから世界が変わってしまった。
妹って本当に素晴らしいよね!
この作品では実妹推しだけれど、私は義妹もいいと思うよ、うん。

また、読後感の爽快さは超一流。
★4評価を付けるけど、ボリュームが少ないのでプレイ時間あたりの満足度は★4以上の価値があります。

ところで、作中に出てきた「うちの妹は総理(うちいも)」は「うちの妹のばあい」という同じシナリオライターが書いたゲームが元ネタになっているようだ。
確かに、純愛ゲーと見せかけたNTRゲーという問題作らしい。
内容はとても興味があるのだけれど、絵柄が古すぎるのがちょっとキツいかなぁ……。

もしシナリオライターが好みなら、「死神の接吻は別離の味」もオススメします。
麻衣ちゃんのお友達の雫ちゃんがすごく活躍しています。
おるごぅるが引退してしまったのが悲しい。

ちなみに主人公が作っていたブログのタイトルが秀逸だったので、パクらせていただきました。
ありがとうございます

---

彼らも、きっといつかは気づくに違いない。
それは明日かもしれないし、両親が亡くなって、自分だけになったときかもしれない。
たとえケンカばかりしている妹でも、無視をされて会話のない兄妹でも、ただ、いてくれるだけでどんなに幸せか……。
子供の頃から、俺のそばにいてくれて、俺の妹に生まれてきてくれて――

category
ゲーム [★★★★☆]
リアル妹がいる大泉くんのばあい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。