Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

未来ノスタルジア 開始

11年9月の発売当初から気になっていた、未来ノスタルジア。
時間を超えて何かしちゃう話って、結構好きなんだよね。
シュタインズ・ゲートとかさ。

オープニングを見てみたら、絵も良さそうだし面白そうだった。
けれど、メーカーのパープルソフトウェアはオープニング詐欺のゲームを作ることで評判らしいので、しばらく様子見して評判が良かったらプレイすることにしていた。
そして、なかなか高評価を得ていたのでプレイ開始。

---

現在の進捗度は、まだ共通ルートの半分くらい。
なので、シナリオ的な判断は全くできない。

まず開始した段階での感想は、紙芝居型ギャルゲーも進化したのだなぁ、というもの。
普通のアドベンチャーと違い、セリフは吹き出しのようにそのキャラの近くに出る。
今までの紙芝居が挿絵付きの本を読んでいるようなものだとすれば、このシステムはマンガを読んでいるような気分になれる。

さらに、ひとつのセリフの中でキャラの表情が何度も変わる。
もちろん他のゲームでも時折はそういう演出もあったけれど、頻度が段違い。
立ち絵のバリエーションも多いんじゃないかな?たぶん

あとは、背景もちょっとひと味違う。
噴水とか湖面とかがアニメーションになっている部分があったりする。
また、通常背景の使い方も工夫している。
普通は一枚絵にしてしまうような構図のシーンを、背景と立ち絵キャラを上手く馴染ませるようにしていたり。
こういうのも、マンガを読んでる気分になれる効果に一役買っているんだろうな。

---

まぁともかく、キャラが可愛いのばっかり。
ころころ表情を変えるキャラを見てるだけでも楽しい気分になれるかも。
声も可愛いし、ギャグ要素も結構笑える。
とか言ってセリフ飛ばさずに全部聞いてると、すごく時間がかかるのだけれども…

しかし、どうも双子はそれぞれ別ルートが設定されてるみたいだなぁ。
双子はひとくくりでいいから、かなたんルートを作るべきじゃなかったのか。
かなたんは攻略できないのかなーシーンないのかなーうー

とりあえず双子から攻略することにします。
ノノにするかヒナにするかー…悩むな
category
ゲーム [★★☆☆☆]
未来ノスタルジア

未来ノスタルジア 野乃ルート

元気系ボクっ娘妹、工藤野乃ちゃんから攻略。
妹キャラのイイトコロは、主人公を名前じゃなくて「お兄ちゃん」とか呼んでくれるとこかも。
エッチシーンとかで名前を連呼されると、ちょっと萎えるときあるからね…。

野乃ルートに行こうと思って適当にやっていたら、いつの間にか詩ルートに入っていてびっくりした。
ルート解放は好感度判定のようなので、共通ルート1周で乗り切るのは難しいかも。
次の選択肢までジャンプできる機能があるから、毎回最初から始めても辛くないね。

---

タイトルとデモから、時間を超えてーみたいな話がメインなのかと思ったら、それは杏奈ルートだけなのかもしれない。
普通の学園モノに超能力っていうアクセントを付けた感じ。

野乃ルートは、野乃の抱える心の傷と、主人公の持つチカラの話。
両親の事故に絡んだ展開が多かったな。

シナリオ的には普通。
だいたい元気系なヒロインは実は心が脆かったりするものだからね。
そういう展開をなんとなく予想していただけに、予定調和のような流れだった。
野乃が歩けなくなるっていう話を伊織がしてきたのは少し驚いたけど。

立ち絵はもちろんCGも綺麗だから、次のイベントを楽しみにできる。
野乃も普通に可愛いしね。
せっかくの盛り上がりそうなイベントをあまり引っ張らずに出しちゃうのは、ちょっともったいないかなーとは思った。
野乃が大会で優勝するシーンとか、バスの事故のシーンとか。
やろうと思えばもっと感動的な演出もできたんじゃないかなぁ

あ、意外とエッチシーン多かったです。
一部ではおっぱいゲーと呼ばれているだけあって、おっぱいへのこだわりはすごいね!

---

これからの展開の予想。
おそらく、杏奈とは主人公が将来大人になってから知り合うのだろう。
「もっと巨乳だったら付き合うって言われてフラれた」ってことは、まだ杏奈が幼い頃に主人公に会ってるってことだろうから。
杏奈のいた時間軸がどういう未来なのかは、まだわからない。

伊織がちょこちょこ未来予知できてるのは、伊織自身の超能力なのかな。
最初に主人公に会うときしかり、野乃が事故に巻き込まれそうになるときしかり。
伊織が初対面から主人公を恨んでいるのはなんなのかな。
未来の主人公が杏奈と一緒に過去に来て、そのとき伊織に何かした、とか?

超能力の詳細がよくわからないけど、別にバトルとかしたりしないし、そこまで詳しい設定はいらないのかな。
とりあえず次は双子の妹、日奈乃ちゃんに行きます。
category
ゲーム [★★☆☆☆]
未来ノスタルジア

未来ノスタルジア 日奈乃ルート

ミラノス、2キャラ目は双子の妹の妹、上から目線クール系毒舌キャラな工藤日奈乃ちゃん。
正直期待はずれな消化ルートでした。
日奈乃好きなら楽しめたのかもしれないけれど、私はあまりタイプではなかったので。

日奈乃ルートは、日奈乃が詩の会社のモデルになって、それをきっかけに色々事件が発生する。
人気モデルになっちゃって、ファンやスカウトがいっぱい寄ってきたりとか、主人公と付き合いはじめてイチャイチャしてるところを盗撮されて騒動になったりとか。

評価できたのは、かなたんの出番が多かったとこかな。
かなたと恋人のフリをすることで、禁断の兄妹愛疑惑を晴らすっていう。
うーむ、かなたん可愛い。
かなたんのCGが2枚手に入りました!

主人公とかなたがちょっとイイカンジになっちゃって修羅場になる展開はもっと引っ張ってくれてもよかったのに。
てゆーか、他にイベントらしいイベントがないルートなんだから、そのドロドロ具合をもっと掘り下げるべきだったよ。
そのままかなたルート分岐も作っちゃえばよかったのにね。

---

相変わらず杏奈は空気。
全く出番はありませんでした。
日奈乃と付き合うことになると野乃も内心穏やかじゃいられなかったと思うんだけど、野乃についても完全にぶん投げてたね。
そのあたりがちょっと完成度としてどうなのかな、とは思った。

選択肢によって、日奈乃の眼鏡を外せるのはよかった。
眼鏡いらないよって言えばその後眼鏡一切かけなくなるし。
この作りはなかなか評価できる。
CG差分回収がちょっと面倒だけども。

---

付き合う付き合わないのくだりがちょっと面倒だった。
ネタがないなら双子の両方とも攻略できるようになんてしなければよかったのに。
双子をセットで1ルートでも全く問題なかったのではないかと思うよ。
双子をまとめてしまって、かなたんを攻略キャラにするべきだったよね。
日常シーンでのかなたんのボケとツッコミは相変わらず面白かった。

次は詩ルート。こっちは期待しているよ!
category
ゲーム [★★☆☆☆]
未来ノスタルジア

未来ノスタルジア 詩ルート

ミラノス、3キャラ目はロリっ娘お嬢様な幼馴染み、羽鳥詩ちゃん。
見た目だけならこのゲームNo.1の可愛さです。声もなかなかよろしい。
どうして抱いてくれないのっ!?の高天原美鈴と同じ声優らしい。
もっとロリ声のほうがいいという話もあるらしいけれど、いちおう同い年なんだしツッコミ役もこなしちゃうから、このくらいでちょうどいいと思うな!

ちなみに性格込みなら伊織、シナリオ的背景込みなら杏奈が気になるところ。
双子には触れません。

---

詩ルートは、詩の願望により、付き合っていた記憶が消されちゃう事件が起こる。
なんだかハルヒみたいな話。

最初は平凡な学園モノで、すんなり付き合ってラブラブする。
けれど、ふたりが付き合ったことで他の友達と少し疎遠になる。
詩はそれが嫌で、主人公はそんな悲しそうな顔をする詩が嫌。
だから主人公が無意識にみんなの記憶をリセットする能力を発動させてしまう、というストーリー。

せっかくならもっと大きな事件を起こしてくれれば良かったのに。
杏奈が未来に帰れなくなって焦るのはわかるけど、いまいち主人公に危機感が足りないよね。
まぁ結果的にリセットが解除はされたけど、意図的にやったわけじゃないし、仕方ないといえばそうなんだけども。
事件が起こった割にあまりシリアスな空気にならなかったのが残念だった。
あまあまラブラブなだけじゃ退屈しちゃうよ。

結局はわがままな詩のせいで起こった事件でもあるのに、詩の人間的成長が描かれていなかったのももったいなかったかも。
友達と恋人との意識の変化は描かれていたから、話としてはちゃんと成立しているのだけどね。
エピローグでは成長してたみたいだけど、そのあたりの話もシナリオに組み込んでくれたら、もう少し退屈具合が緩和されたような。

---

あまり緩急がなくてダレるシナリオではあったけど、杏奈と伊織のリセット解除作戦は面白かったね!
期待ほどではなかったけど、キャラ萌えルートとしては十分。
私は萌え一辺倒だとすこし不満な人だから、いろいろ書いてしまいました。

詩はやっぱり可愛い。
CGも立ち絵もレベル高いね!
1枚だけおっぱいを見せようとしてデッサンが狂っているCGがあったけど、目を瞑る度量の広さは持ち合わせています。

サブキャラの雫姉さんの出番が多いルートでもあった。
メイド服は良いものです。

次は伊織ルート。
どんなデレを見せてくれるのでしょうか。楽しみ!
category
ゲーム [★★☆☆☆]
未来ノスタルジア

未来ノスタルジア 伊織ルート

未来ノスタルジア、4キャラ目は主人公の命を狙う巨乳巫女、春日伊織ちゃん。
主人公たちにもツンデレだと思われてる、クールビューティです。
やっぱりツンデレは正義だよね!

声優は井村屋ほのか。
最近とても良いなーと思ってる人のひとり。
キラ☆キラ カーテンコールの古川美瑠、カルタグラの綾崎楼子のひとだね。
甘え声の質がちょっとだけまきいづみに似ている。
クール系の声担当が多いみたいだけど。

---

伊織ルートは、伊織自身が超能力者であることもあり、チカラのことがメインになっている。
ようやく物語の特殊設定を生かせてきた感じ。
杏奈の狙いもここで理解できる。

杏奈のいた未来では、主人公は伊織と付き合っていて、主人公への想いの強さと比例する自分の力に呑み込まれてしまう。
伊織を助けることができなかった主人公は、いつまでもそのことを後悔し続け、街を出る。
5年後に、主人公は杏奈を連れて街に帰ってくる。
詩はずっと主人公のことを待っていたけど、想いが交わることはなかった。

杏奈の回想をまとめるとこんな感じかな。
伊織の死を防げなかったことを悔やみ、陽一は超能力者としての研鑽を積んだのだろう。
今までのルートで杏奈が空気だったのは、陽一が伊織と付き合って伊織のチカラが暴走しない限り、未来が違ったものになるからだったんだね。
杏奈からしたら、拍子抜けだよねー。

---

伊織が陽一のことを狙っていたのは、結局は照れ隠しみたいなものだったんだね。
子供時代に病院で会っていたことを忘れられていると思っていて、それを恨めしく思う気持ちもあったんだろうけど。
でもだからって、それだけで初対面で「動くな。動いたら頭をふっ飛ばしますよ」に繋がるものなのか。
いやあのシーン面白いから好きだけどさ!

伊織のチカラが陽一への想いと比例して高まり、ついには暴走してしまうっていう展開はよかった。
ようやく本格的にシリアスになったし。
とは言え、最後の最後まで陽一は危機感が足りてなかった。

もっと暴走を止めるようにいろいろ努力する展開があってもよかったかな。
ラストシーンは良かったし、いちおうきちんと納得の出来る説明はあった。
けど、杏奈が様子見な時間が長すぎたよね。
せっかく途中でクロと雫に「伊織と離れれば問題が解決する」って言われてたのに、その言葉を全く引きずらなかったし。
暴走の原因をもっと早く推定すれば、伊織と離れるかどうするかで悩む展開も入れられたのにね。

さらに言えば、せっかく銃が出てきたんだから、もっと撃てばよかったのに。
なにかトラブルに巻き込まれて、伊織と一緒に銃を使って窮地を脱出、みたいなのがあれば、もっと楽しかったと思うよ!
いくらエアガンと言えど、物語に出てきた銃は発射されるべきだよね?

---

シナリオ面はともかく、伊織はやっぱり可愛かった。
幼児退行してしまった伊織とか、反則なレベル。
付き合ってデレ期に入っただけでニヤニヤが止まらなかったのに、あれはずるいよ!
現実問題、簡単にそういうことが起こったり元に戻ったりするのかっていう点には若干疑問はあるものの、もはやそんなのは些末なことだと言い切れる。
幼児退行してるときにエッチしちゃえばいいのに、と思った人も私だけではないだろう。
そして伊織が元に戻ったときのツッコミは絶対に面白い。

巫女服でのエッチがちゃんとあったのも良いね。
今回は「境内でやるとバチがあたるかも」とか言って部屋でやってたけど、詩ルートの初体験ってふつーに教会のなかでやってたよね。
さすがに日本人として、神社を穢すのは畏れ多かったのだろうか。
いや教会で始めたときにも普通にツッコミ入れてたけどね!

キャラ萌えもできて、シナリオも悪くない、良いルートだったね。
もう少し練れる余地もあったようだけど、それなりに満足できました。
次はラストのメインヒロイン、杏奈ルート。
さぁ本気を見せてもらおうか!
category
ゲーム [★★☆☆☆]
未来ノスタルジア

未来ノスタルジア 杏奈ルート

ラストのメインヒロイン、未来人な超能力者の杏奈ちゃんを攻略。
おっぱいは作中いちばん大きいかな!
ところで三次元世界だとやっぱり巨乳派は多いだろうけど、二次元縛りだと貧乳が正義になるような気がするんだよね。
つまり、このゲーム巨乳キャラ多すぎじゃねえ?っていう。

声優は風音。とても似合っています。
しかし、風音と田口宏子の声の違いがいまいちわからない。
すごく似ているよね?

---

杏奈ルートは、当然のことながら杏奈の超能力、未来から来た話がメイン。
杏奈がいた未来の出来事も語られる。
未来については、前回の伊織ルートでの予想で合ってたね。

杏奈は未来に帰らなきゃいけないのに、ルート入って付き合っちゃったらどうするのかなーと思っていたら、まさかの展開だった。
最初は、素直に未来へ帰って「未来でなつかしい君が待ってる」に繋がるのかと思ってたのに、そうじゃなかったし。
陽一のチカラで何とかするのかなーとも思っていたのに、それもないし。

結局、杏奈は消える前に子供の頃の自分に記憶を全て渡した、ってことか。
…ひょっとして、基本的に陽一って役立たずじゃね?

---

正直に言って、期待外れなシナリオだった。
もう少し超能力のことを押してくるのかと思ったのに、やっぱり普通のラブコメに超能力設定を追加しただけ、っていうイメージが拭えないね。

原因は、杏奈がこの時間軸に来る理由が、陽一が伊織と付き合わないようにすることのみだから。
逆に言えば、それ以外のルートでは杏奈の目的は既に達成されてることになる。
だから、杏奈と付き合い始めちゃえば、超能力設定はもう使わなくて済んでしまう。
これがちょっとタイムスリップモノとしては痛いよね。

あと盛り上がるポイントは最後の別れだけど、結局チカラは使わなかったしね。
もちろん少しは切なかったけど、ここまで来たらこの展開しかないか、という半ば諦めの境地。
少しシナリオライターがラブラブな展開を楽しんで書きすぎているのかな。
それだけじゃ飽きてしまうね。

---

シナリオはいまいちだったけど、杏奈は案の定可愛かった。
ちょっと無理矢理感動な展開にさせてくるキライはあったけれども。
結婚式しちゃうのは面白かったね!

杏奈の未来について割と細かく語られたので、チビ杏奈の出番が多かったのは嬉しかったね!
そういえば、未来での陽一と杏奈の出会いって語られてないよね。なんでだろ?

まとめは次回記事に分けます。
category
ゲーム [★★☆☆☆]
未来ノスタルジア

未来ノスタルジア まとめ

--- シナリオ ---

メインは普通の学園モノ。
時間を超えたりする超能力設定はスパイス。
そこをはき違えて始めると、がっかりする。
私は少しがっかりしました。

全体的な完成度は今ひとつか。
論理的な設定はキチンとまとめてきているけれど、その他が少し粗い気がする。
こういうイベントが起これば良かったのに…とか、こっちのキャラの感情については語らなくていいのかな?とか、そういうところがツッコめてしまうね。

割と予想通りの展開になってしまことが多いのも、少し退屈。
あとは、全体的なボリュームは大きめなのに、日常シーンが多いね。
そのせいで冗長な気がしてしまう。
そういうほのぼの系が好きなら良いんだけどね。

笑える要素は比較的多かったと思う。
そういう意味では楽しかったよ!

個別ルート評価
伊織 ≧ 杏奈 > 詩 >> 野乃 > 日奈乃

杏奈ルートは正直期待しすぎていたので、反動で評価が低くなってしまった。
逆に、杏奈がいない世界でのメインヒロインが伊織だったのには少し驚いてしまったので、逆に評価が高め。

オススメ攻略順
日奈乃 → 野乃 → 詩 → 伊織 → 杏奈

杏奈ルートは他4キャラを攻略しないと解放されない。
日奈乃と野乃と詩はこの通りでなくても良いけど、この順だとだんだん物語の核心に迫れる展開になる。
ただ、日奈乃ルートが退屈すぎるので、いきなり日奈乃ルートを始めると、モチベーションが保てない危険があるね…。

--- キャラクター ---

キャラ萌えゲーとしては一級品。
みんな可愛いし、絵も上手い。
立ち絵の種類と表情が多くて、一文の間でも表情がコロコロ変わるのも、見てて楽しいね。

私のお気に入りは、伊織>杏奈>詩>かなた 。
双子?なんかいたねーそんなの。
何度でも言うけれど、妹は一人にして、かなたルートを作るべきだった。
かなたは詩を超えるポテンシャルを秘めた女の子だと思うんだ!
ちょっと冷遇されすぎでしょう。

あと、男友達の冬弥の出番がなさ過ぎた。
親友と言う割に、シナリオには全く絡んでこないし。
冬弥をもっと活躍させれば、シナリオの厚みが増したと思うんだよね。

--- 絵 ---

立ち絵もCGも背景も、文句の付けようがない。
背を向けている立ち絵が全キャラに装備されているのも珍しいね。
そういえば、変わったデザインの多い二次元の学校の制服だけど、このデザインは私的制服ランキングでも五本の指に入る可愛さです!

ここで特筆すべきは背景。
桜吹雪とか噴水とか湖面とか、背景がアニメーションになっている。
スゴイよね、そのうち通行人とか動き出すんじゃないだろうか。

また、通常背景の使い方も工夫している。
普通は一枚絵にしてしまうような構図のシーンを、背景と立ち絵キャラを上手く馴染ませるようにしていたり。
よく考えてるよね。

--- Hシーン ---

全キャラ、HCG3枚×3シーンの法則を貫いてきた。
そのスタンスさえ分かれば、見てるほうとしても安心できるよね!

ちなみにめっちゃ実用的だと思います。
絵が上手いから、濡れ場もいっぱい使う気になれるよね!
各キャラ2回ずつ抜いていったら、とても疲れました。

シナリオはおまけ、抜きゲーとして使うのでもアリなレベルかも。
とは言えシナリオが長いから、そこまで辿り着くのが大変かも。
おっぱいゲーなので、巨乳好きのひとは是非どうぞ。

--- その他 ---

声優
メインキャラは上手いけど、ちょこちょこ違和感あるひともいた。映さんとかね。
野乃と日奈乃の声はすぐ飽きた。
詩の声、桃井いちごはいろんな表情の声があって良いね!
杏奈の声、風音はやっぱり安定。
伊織の声、井村屋ほのかは個人的にとても好みでした。

音楽
出来の良いのと悪いのの差が激しい気がする。
日常シーンでよく使われるようなのは、すぐ聞き飽きちゃうね。
杏奈と伊織のテーマはとても良かった。

オープニングとエンディングは普通かな。
オープニング・ムービーは出来が良いよね。

システム
とても優秀。
通常考え得る全てのコンフィグ項目があるんじゃないかな。
セリフの文字色を各キャラごと好きな色にグラデーションさせられるのとか、初めてみたよ!

セーブデータの管理方法にもギミックがある。
1ページにつき24個セーブ枠があるのだけれど、ページごとにキャラのアイコンがついている。
つまり、各キャラルートごとにページを分けてセーブできちゃうんだね。
24個×7ページ(5キャラ+2その他)の188個もセーブ枠があるのも嬉しい。
セーブデータにコメントは付けられないが、22個のアイコンを2つまで付けることができる。

また、キャラのセリフを吹き出しのようにそのキャラの近くに出せる。
今までの紙芝居型ADVが挿絵付きの本を読んでいるようなものだとすれば、このシステムだとマンガを読んでいるような気分になれる。
背景の使い方と合わせて、そういうところが非常に手の込んだ作りになっている。

あと、タイトル画面で放置しておくと、デモプレイみたいなノリでキャラ同士の絡みが見れちゃう。
本編には収録されてない話だから、気になる人は放置しておいてみよう。
全部で9種類あるらしいね!

--- 評価 ---

シナリオは微妙、キャラは可愛い。
よく分からないけど、初心者向けエロゲーというジャンルなんだと思う。

すごく丁寧に作られているのはわかる。
わかるだけに、話自体がもっと面白かったらなぁと、残念でならないね。

あと、主人公がツッコミ以外基本的に何もしない。
エロゲーの主人公にこんなこと言ってもしょうがないんだけど、なんでモテてるのかわからないレベル。
それと、何度でも言うけど、かなたんが攻略キャラじゃないのが惜しすぎる。
悔しいので★2評価にします。
category
ゲーム [★★☆☆☆]
未来ノスタルジア