Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ヨスガノソラ 1話

とてつもなくエロいアニメがあると紹介された、ヨスガノソラ。
エロゲ原作のアニメでの数少ない成功例のひとつでもあるらしい。

「よすが」ってどういう意味か気になったので調べた。
漢字で書くと「縁」「因」「便」、元は「寄す処」。
何かをする上で、たよりや助けとなるもの、こと。
よるべ、手がかり。(新明解より)
なるほど、INTが少し上がった。

--- 1話 ハルカナキオク ---

1話が共通ルート、以降は4話ずつくらいで個別ルートになるらしいとの前情報。
とりあえずは登場人物紹介回かな。

主人公の春日野悠と双子の妹の穹は、両親が死んで田舎の実家に帰ってきた。
妹がそらっていうくらいなんだからメインヒロインなんだろうな。
無気力系ツンデレ少女。かわいい

あとは何人か女の子が出てきたけど、とりあえず全員主人公に惚れてる。なぞ
幼なじみっぽいのも何人かいたけど、女の子と主人公の温度差がすごかった。
女の子は普通に昔のあだ名で呼びかけるくらいの親密度なのに、主人公はそれに戸惑って名字で返しちゃう感じ。
覚えてないのか、記憶になにか問題があるのか、含むところがあるのか。

1話の見所は、幼い頃の悠と穹だろう。
あのキスシーンはとてもよかった。どきどき

雨の夜、穹が悠の部屋を訪れて服を脱ぐところでエンディング。

短編 ダメモトカイナ (M1)
チビキャラによる短編コメディ。
メイドさんの乃木坂初佳のルートでもあるらしい。
とりあえずいきなりオナニーシーンあったよね。
あれ、地上波?
スポンサーサイト
category
アニメ [★★★☆☆]
ヨスガノソラ

ヨスガノソラ 2~4話

--- 2話 アキラハズカシ (AK2) ---

2話からは渚一葉ルートらしい。
1話ラストの穹の夜這いは、「制服の採寸してよ」だった。えー

一葉と瑛はとても仲が良い。
しっかり者の一葉が瑛の面倒を見ている感じ。
でも、悠は一葉が瑛のことをお姉ちゃんと呼んでいるのを聞いてしまった。

瑛は神社に一人で住んでいる。家族はいないらしい。
何人かにその事情を聞いてみるも、教えてくれる人はいなかった。
お姉ちゃんって血縁関係にあるのか、異母兄妹かなにかなのか。

プール掃除のシーンが気合い入ってたなー。
開放感がめっちゃ伝わってきたよ!
制服が濡れて透ける絵とかスゴかった。

穹は始終拗ねて腐っていた。

短編 モトカラソコツ (M2)
渚家メイドの初佳が、水着を忘れた一葉にお届けに行く。
まぁ届けられなかったから一葉は制服のままだったんだけども。
人生楽あれば苦あり。

--- 3話 ツカズハナレズ (K3) ---

一葉と瑛は異母兄妹だったらしい。
妾の子だった瑛は認知すらしてもらえなかったので、そのことに罪悪感を感じた一葉が瑛にいろいろ構っていたようだ。
瑛のお母さんはどうしてしまったのだろう。

みんなで海に遊びに行くシーンもあった。
穹も結構みんなとなじめてきたみたいで良かったよね。
水着回というほどではなかったけど。
特筆すべきなのは、帰りの電車での悠と一葉。
夕陽のシーンはとっても綺麗だった。

次の日曜も一葉とデート。
街に行った帰りにキスしちゃってた。
なんかキスの描写が良いね、このアニメは。
今回もそうだし、1話の子供の頃の穹とのもそうだし。

悠が帰ってこない穹、一葉が帰ってこない瑛の描写はなんだか切ない。
キスをし始めてすぐ瑛のカットに切り替わるのが特に。
瑛がふらっときて倒れるところでエンディング。

短編 イモートカッカ (M3)
初佳が合コン帰りにシャクトリ虫になる話。
パンツ描きたいだけじゃないんかと。
犬も歩けば棒に当たる。

--- 4話 ハルカズハート (K4) ---

働き過ぎで倒れた瑛に、やっぱり一葉はいろいろお世話をする。
瑛が倒れるくらい忙しいのに気付かなかったのは、自分が悠にかまけていたからだって自分を責めながら。
これじゃ瑛を見捨てた自分の父親と同じだ。

でも、瑛はそんな一葉を見て、悠を放っておきすぎなんじゃないかと気にする。
悠とはなんでもない、無理して働く瑛のほうが心配だと言う一葉に、瑛は。
「じゃあハルくんよりあたしのほうが好き?あたしだけを愛してくれる?」
「カズちゃんが無理するのは、お父さんを責めたいだけなんじゃない?」

瑛は一葉のことが姉妹以上に好きだったんじゃないかなぁ。
キスを迫る瑛の目はマジな気がする。

一葉の父親の私生児として生まれた瑛は、神社に引き取られた。
老年だった神主が亡くなった後、誰も引き取り手がいなかった瑛を世話していたのは、駄菓子屋のお姉さん。
自分の娘だから瑛に援助しないわけにはいかない、けれど本妻のことを考えると直接はできない。
だから、駄菓子屋のお姉さんに援助していたようだね。

自分を褒めて優しくしてくれるお父さんは好き、でも瑛に冷たいお父さんは嫌い。
その板挟みで一葉は悩んでいた。
けれど、これを聞き、さらにこっそり瑛を愛でていた父親を見て、一葉も父親のことを素直に受け入れられるようになった。

ビオラを演奏する一葉の描き込み具合はすごいね。
このアニメの作画担当のひとはだいぶ張り切っているよ。
ついでにちゃんとエッチシーンもあった。
なるほど、なるほど。

短編 イツモトカワレ (M4)
初佳がしまパンをはいているのがよくわかった回。
あれ?洗濯中だからあれはひょっとして穹のパンツなのか…?

---

瑛の気持ちが気になるところではあるけど、3話分に1シナリオきちんと入れてきたのは良いと思います。
瑛については瑛ルートでガン見しておこう。

作画、演出がかなり完成度高いね。
シナリオは今のところ普通です。
category
アニメ [★★★☆☆]
ヨスガノソラ

ヨスガノソラ 5、6話

--- 5話 ヤミアキラカニ (A3) ---

5話からは天女目瑛ルート。
2話は一葉と瑛ルート共通らしいね、だから「AK」だったのだね。
2話ラスト、プールサイドの更衣室で瑛が一葉のことを「お姉ちゃん」って呼んでるのを聞いてしまったところから5話へ派生。
お姉さんなの?って直接瑛に聞き、ふたりの秘密にするとルートに入るみたい。

朝の教室で、瑛の憂い顔を見て、同じ表情を昔見たことを思い出す。
お母さんの形見のペンダントを失くしてしまったとき。
そして、悠と瑛はお母さんのよすがを探すことにする。

春日野家になかった瑛の出生記録ノートは、どうやら瑛が持っているらしい。
お母さんには会いたいけど、拒絶されたらどうしようっていう不安があるんだろうな。
舞の最中に涙を浮かべていたのは、好きなひとを遠くからただ見守るだけっていう神さまの切なさに同調して、っていうだけなのかな?

一緒にお風呂に入るシーンはついつい見とれてしまったよね。
瑛やっぱり可愛いよ!
エッチはしてないんだろうな、描写なかったし。
このアニメはそういうところを出し惜しみしないって信じてるから!

瑛には巫女属性が付いているのも良いね。
夏祭りの奉納の舞はだいぶ良かったよ!

短編 モットカチタイ (M5)
麻雀、そしてスク水エッチ。
デカ瑛出してきたならそっちを絡ませればよかったのに!

--- 6話 アキラメナイヨ (A3) ---

瑛の持ってた出生記録には、一葉の母親が瑛の本当の母である可能性が書かれていた。
瑛はもし一葉と一葉の母親の血が繋がっていなかったとき、ふたりの関係が崩れてしまうんじゃないかって考えて、ずっとひとりで抱えていくつもりだった。
でも悠はそんな憂い顔をして生きていく瑛を見たくなくて、一葉にもこの話をしてDNA鑑定をする。

こういう話はギャルゲーなんかではちょこちょこあった気がするけど、実際にDNA鑑定しちゃう展開は初めてかも。
すればいいのに!って突っ込んでた身としても、実際にされちゃうとなんだか味気ないものだね。

やっぱり瑛には笑顔が似合うよ。
最後にはちゃんとエッチシーンあった。
可愛かった。
巫女服なの期待してたのに!そこだけ残念

短編 モートーカメカ (M6)
願掛け麻雀には負けたのに、悠と夏祭りデートできた初佳。
妄想ではエッチしてたけど、実際は手繋いだだけ。
穹の「えー!?」がいいね!

---

瑛ルート、瑛は可愛かったけど、シナリオはやっぱり普通かなぁ。
少ない話数でちゃんとまとめてきてるのはすごいと思うけど。
最後の大団円はちょっとご都合主義な気がしたね。

5話のお風呂シーン挟んで付き合ってることになってたのはちょっと驚き。
二次元の理にまだ慣れていないのかな。
category
アニメ [★★★☆☆]
ヨスガノソラ

ヨスガノソラ 7~9話

--- 7話 ツミナオトメラ (NS2) ---

1話の続き。
ここからは依媛奈緒ルートらしいけど、7話はNSだから奈緒と穹共通ルートみたいだね。
つーことは、1話ラストの雨の夜の穹の夜這いは制服の採寸で確定なのか…がっくし。
採寸シーンがけっこうエッチなのはよかったけどね!

2話と違うのは、藪蚊対策に瑛の蚊帳じゃなくて奈緒の蚊取線香になったのと、プール掃除を水泳部だけでやったところ。
亮平は奈緒が悠のこと気になってるのを知ってたんだね。
2話でもふたりをくっつけようとしてたフシがあったし。

奈緒とは子供の頃エッチなイベントがあったらしい。
夏休みだけ田舎に来てたとかだったのかな。
たぶんエッチしちゃってた…のかな。あの描写はきっとそうだ

奈緒は自分が無理矢理しちゃって、悠に嫌われてるんじゃないかって気にしてた。
そのわだかまりがとけて、ちゃんと付き合うようになった。

当然穹にとっては超気に入らない展開。
ヤンデレ化してもおかしくない描写だったね。
穹ちゃん素直じゃないんだからーもー。

短編 ミミモトカンデ (M7)
放置されてた気がしたのは、お互いが遠慮しすぎてたからなのかな。
頭のケガは麻雀のときので、たぶん関係ない、たぶん。
そしてとうとう恋人としてエッチしちゃった。
あとはあまあまな展開なんだろうか。そう穏便にはいかないか

--- 8話 ナオクラキソラ (N3) ---

奈緒ルート。
悠と奈緒はイイカンジにラブラブになれたけど、問題は穹。

付き合ったことを穹に報告しようとするも、穹は勘付いて逃げ回る。
ふたりは穹の機嫌を取ろうとカレーを作って待っていたけど、穹が先に家に帰っているのに気付かずにエッチしちゃって、穹に見つかる。
実は子供の頃にしてたエッチも穹にバレてたらしい。
エンディングに穹が何かを覗いてるカットがあって気になってたんだけど、これのことだったんだね。

穹はブチ切れ、奈緒を家から叩き出す。
ちょっと子供っぽすぎる反応かなぁとは思ったけど、ただひとりの肉親で最愛のお兄ちゃんが寝取られてるのはキツいよなぁ。

悠は奈緒と一緒に穹に許してもらい、奈緒に明るい笑顔のままでいてほしいと望んでいるけど。
もうすこし穹の気持ちに歩み寄ろうとしてもいいような。
ちょっと穹ちゃんが不憫すぎるよー。

短編 ムナモトカモン (M8)
水着エッチ回。
瑛がだいぶ大きくなってしまいました。

--- 9話 ハルカナオモイ (N4) ---

奈緒ルートラスト。
穹の想いは煮詰まってゆく。

奈緒の悠に対する真摯な気持ちを目の当たりにして、このままじゃ想いでさえ奈緒に負けそうだと思った穹は、家出しようとする。
想いで勝てないなら、もう肉親の絆で引っ張るしかないと思ったから。
想いがついてこなきゃ意味ないってわかってても、足掻くしかなかったから。
「ここにいたら私は、ハルに捨てられる!」

バス停に雷が落ちて、母親との思い出のぬいぐるみが消えそうになる。
それを決死の覚悟で救い出してくれたのは奈緒。
これをきっかけに、穹は奈緒が悠を奪う存在じゃなくて、自分のことまで守ってくれる存在になるんじゃないかって気付いた。のかな?たぶん。
結局悠は何もしてなくないか?ぐぬぬ

ラスト、浴衣姿の穹ちゃんはとっても可愛い。
自分には悠だけじゃなくて、色んな人がいてくれるんだってわかったんだね。
瑛のアイスの当たりとか、ドネルケバブとか、きっとそういう描写。

短編 イマモトカイニ (M9)
一葉お嬢様に忘れ物を届けるミッションパート2。
なんかラブコメみたいになってきたな!
あれ、ラブコメを目指してたのか。
そうかそうか、なるほどなるほど。

---

奈緒ルートってゆーか穹ルートみたいになってた。
穹が可愛かったので満足。
悠は何もしてない。えー

シナリオも結構面白かった。
こういうドロドロな感じ好きだな!

エッチシーンがいっぱいあった気がする。
奈緒はエッチ好きなんだなぁ。
穹ルートでもちゃんとエッチするのかな。
近親相姦はダメ!みたいな下らない話になりませんよーに
category
アニメ [★★★☆☆]
ヨスガノソラ

ヨスガノソラ 10~12話

--- 10話 トリノソラネハ (S3) ---

1話共通、7話奈緒穹共通で来た、春日野穹個別ルート。
銀髪ツインテなゴスロリ属性無気力系ツンデレ妹。
なんだこれ、属性だけで倍満はあるぞ?

奈緒と付き合ったことを穹に隠しておくと穹ルートに入るみたい。
隠したのは、穹のことを意識しちゃってるから。
妄想や夢の描写がソレ。

奈緒との日曜のデート、穹は勘付いていながら悠に詰め寄り、自分と奈緒どちらかを選ばせようとする。
悠は奈緒を選ぶんだけど、穹のことが気になって仕方がなかった。
帰ると泣きじゃくっている穹。
「夢を、見たの」
「ハルが私を置いて、どこかに行っちゃう夢」
「そんなハズ、ないのに……ヘンだ、あたし……」

悠からプレゼントを貰って、抱きしめて貰って、ちょっとご機嫌な穹。
今度こそ悠を手放さない。
「先に行って。あたし、まだゆっくりしか歩けないから」
「だから、あたし 達 に付き合ってると、遅くなる」

どうしても穹のことが気になってしまう悠。
妹としてだけでなく、女の子としても。
夜中にふと穹の部屋を覗くと、一心不乱に悠で自分を慰めている穹の姿を見てしまう。
なにあれかわいい。
電気つけてするとか、わざと見せつけているとしか思えないよね!

短編 モトカレナンテ (M10)
元カレから連絡が来て、悠を置いて会いに行く初佳。
メインは穹の下らないギャグか。
しまった、エロスも少なかった!

--- 11話 ソラメクフタリ (S4) ---

穹ルート2。
奈緒とデートしていても、自分を使って慰めている穹の姿が頭から離れない悠。
穹への想いを断ち切るように、奈緒への想いを確定させるように、奈緒をホテルに連れ込むけれど拒絶されてしまう。
「好きって言ってくれないんだもん」

家に帰ると、人が変わったように甲斐甲斐しく働いていた妹。
「決めたの、ハルのこともっと大切にしようって」
「ふたりきりの、家族だから…」

ある朝体調を崩した穹、それを看病する悠。
目が覚めたときそばにいてくれた悠に、想いを抑えきれなくなった穹。
その穹の想いを受け、悠も自分の本当の想いに気付く。

そしてエッチシーン、穹ちゃんかわゆすなぁ!
いっぱいラブラブエッチして、穹も完全にデレ期に入り、ハッピーエンド。

とすんなりいくわけもなく。
ふたりが妙にベタベタしているのに、周囲も気付く。
悠の忘れ物を届けに来た奈緒と委員長の梢に、決定的な場面を見られる。
お互いびっくりだよね!
ドア開けたらバックで突かれてイキ顔晒しちゃってるんだもん。

とにかく穹が可愛かった。
梢もちょっと気になっていたから、出番があって嬉しい。

短編 モトカノメモリ (M11)
元カレとの顛末。
フラれたときから私の時間は止まっていたけど、再会しても動き出さなかった。

--- 12話 ハルカナソラヘ (S5) ---

穹ルート最終回。
奈緒と梢に見られたことを悠は気にするけど、穹は無頓着。
穹にとっては、自分と悠のふたりだけが世界で、その外側には興味がなかったから。

悠は梢に絶交され、奈緒にはフラれる。
奈緒に関しては、穹とばっかりいちゃいちゃしてたからしょうがないよね。
でも、悠にはやはり近親相姦という禁忌を犯すことには抵抗があった。
それに加え、家の事情で別々になる可能性が出てきた。
悠は穹にこういうことはやめようと言う。
「別れよう、そのほうが幸せになれる」

穹にとっての幸せは悠と一緒にいることだけだったのに、悠はそれを信じなかった。
悠にとっての幸せも、穹と一緒にいることであって欲しかったのに。
そして、穹は家出してしまう。
死ぬつもりだったのか、瑛が言ってた伝説の通り人生をやり直すつもりだったのか。
あれ?やり直しってやっぱり死ぬんじゃね?

泳げないのに溺れてまで自分を助けに来てくれた悠を見て、穹は謝る。
悠は、穹が幸せになることが自分の幸せだって言う。
行く先が見えない旅路を、ふたりは一緒に歩むことを決意するのでした。

悠が穹にビンタするシーン、TV版だと穹のセリフは「難しい現実なんて切ればいい!」だけど、BD版だと「できちゃったら堕ろすからいい!」だった。
穹の気持ちはわからないでもないけど、やっぱりダメだよね。
悠が穹を抱くのをやめたのも、「めちゃくちゃにしていいよ」って言われて、そんな風にしたくて穹を抱いてたんじゃないって思ったからだろうし。

短編 モトカトハルカ (M12)
悠が初佳を迎えに行ってハッピーエンド。
そこはメイド服をチョイスだろう!
かっこつけてんじゃねーよ!

---

危なっかしい穹と頼りない悠が、一回り成長したシナリオ。
やっぱり実の兄妹での恋愛は簡単ではないのだね。

梢の言い分もわからなくはないよ、想いさえあればなんでもしていいってわけじゃないと思うけど。
人は幸せを目指さなきゃいけない、そのためなら禁忌さえ乗り越える。
その姿勢は間違ってないと思う。きっとね。

穹のデレ期がとても良かったね!
奈緒ルートよりもドロドロしちゃってたのも良いかも。
オチがキレイ過ぎて逆に違和感あるけど、とりあえずキレイにまとめてきたね。
category
アニメ [★★★☆☆]
ヨスガノソラ

ヨスガノソラ まとめ

とにかくエロいアニメだった。
エッチシーンがあるアニメといって思いつくのは、School Daysとef。
どっちも事後の描写(ふたりで裸でベッドにいたり)でそのことを伝えてきたけど、このアニメはエッチシーンそのものを描写している。
これを地上波でやったのだから、全く大したものだなぁ。

TV放送時には乳首は湯気で見えなかったり、あえぎ声はカットされたりしていたようだ。
DVDやBD版だと乳首もちゃんと描いてある。
副音声にすれば、TVでは放送できなかったセリフやあえぎ声も収録されたバージョンが聞ける。
リッピングされたものを視聴する場合、再生ソフトによって副音声を選択できたりできなかったりする。なぞ

---

話の構成も独特。
普通は1ルートのみをアニメ化するのに、メインヒロイン全員のルートを入れてきたのはすごい。

ただし、当然ひとり分の話は短くなってしまうね。
でもヨスガノソラは元々軽めのシナリオのゲームだったのかな、そこまで破綻無くまとめてきた。
とは言え、細かい設定の印象づけは薄くなっているのは否めない。
悠が水がトラウマで泳げない設定なのとか、Wikipedia見るまで知らなかったし!

---

結論、エッチシーンと女の子に萌えるの目当てなアニメで良いと思います。
シナリオ自体は普通。
奈緒と穹のドロドロした感じは、個人的には好きだね!

初佳パート後のエンディング曲はお気に入り。
あのアニメーションとよく合っていると思います。ちゃぱちゃぱ♪

ルート別評価は、穹>一葉≧奈緒>瑛 の順にしておこう。僅差だけどね。
穹ちゃんの属性が三倍満くらいあったので、評価も甘くならざるを得ない。
田口宏子の声も好きだし!
全体評価は★3にしておきます。
category
アニメ [★★★☆☆]
ヨスガノソラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。