Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

CROSS†CHANNEL まとめ

クロス・チャンネルをクリア。
一本道なシナリオで、エンドが1つしかないので、記事を書くタイミングがよくわからなくなっていました。
章毎に区切って書いておけば良かったな。

2003年発売と、だいぶ昔の作品。
簡素なシステムや、粗いオープニングなど、時代を感じさせるところはある。
しかしキャラは今見ても可愛い。
可愛い。

シナリオは田中ロミオという人が書いている。
Rewriteのメインシナリオライターだね。
噂によると、リライトだと小鳥・静流・Moon・Terraを担当したらしい。
なるほど、という感じだ。

---

崩壊後最初の1週間が、いちばんハッピーエンドに近かった気がするよ。
オープニング直前、アンテナが完成して初めての放送。
「生きている人、いますか?」

誰もいない世界と、壊れかけの人間。
退廃的な雰囲気に満ちている。

適応指数という評価で、いわば精神病として隔離されている主人公たち。
仲間を送還してゆくときの章の名前が、それぞれの群青色を表わしているね。
霧が「大切な人」、見里と友貴が「謝りに」、冬子が「Disintegration(分裂)」、桜庭が「親友」、美希が「いつか、わたし」、曜子が「弱虫」。

度合いは違うにせよ、このくらいの脆さを持っている人って結構いるんじゃないかなぁ。
私も計れば30くらいは余裕でありそうだけどな。
その壊れた心の破片で、他人を傷つけるかどうかが重要なのかな。

---

キャラはみんな魅力的だけど、美希が一番かな!
主人公のボケに対するツッコミセンスがピカイチ。
変な呼び方をされたときの素直な返事がいいね。
リセット後の泣き顔には萌えざるを得なかった。

次点は冬子。
私の脆さは冬子のそれにかなり近い気がする。
毎回餓死するのも可愛そうだし、送還のときの冬子の気持ちがわかって、心が痛くてしょうがなかったよ。

立ち絵の表情の種類がちょっと少なかった気がした。
もっと多ければよかったのに。

---

声優
普通。
美希と七香がお気に入り。
七香に声を当ててた理多って、リトバスのオープニング歌ってたあのRitaなんだね!

Hシーン
微妙。
それ目的で使えないこともない。

システム
古いだけあって、やや不満が残る。
バックログが1文ずつなのと、保存されている行数が少なすぎる点とか。
でも10年前のゲームにしては、充実している方なのかもしれない。

---

結局ハッピーエンドにはならなかったような気がする。
ある意味ではそうなのかもしれないが。
主人公の闇がどこに繋がっているのかがやや難解。

主人公のキャラはとても良い。
美希との絡みは笑わざるを得ない。
ヘタレ系主人公より、このくらい下半身直結な主人公のほうが、見てて清々しい。

古いのを理由にして避けているなら、ぜひ考え直してほしい作品。
確かにそう感じる部分もあるが、それを補って余りあるものを感じるはず。
★4評価です。
category
ゲーム [★★★★☆]
CROSS†CHANNEL