Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

花と乙女に祝福を 志鶴ルート

前回プレイした「天使の羽根を踏まないでっ」に触発され、男の娘の可能性を探るべく選んだ、女子校潜入系ゲーム。
決め手は男の娘を生かしたHCGがありそうなのと、主人公にまきいづみが声を当てていたから。
私はまきいづみの声が大好きです。

立ち絵はややパースがおかしい点がある気がしなくもないけど、CGは普通に可愛い。
主人公も立ち絵で登場させてくれたらもっとよかったのに。

---

1周目は攻略サイトなどを見ずに、好きにプレイ。
都が少し気になったが、メインヒロインの気配がしたので最後に回すことに。
他に気になるのは祈と眞弥子だね。
そのうち聖佳ルートと志鶴ルートが選べそうな展開になったので、志鶴を選択。

志鶴ルートは、志鶴と付き合うことで主人公が男バレしそうになるのを必死で回避するシナリオ。
重い話もほとんど無く、気楽にプレイできる。
ギャグ要素がもっとあっても良かったかもしれない。

Hシーンはとても良かった。
このゲームをプレイする人が何を求めているかを理解していた。高評価
スポンサーサイト
category
ゲーム [★★★☆☆]
花と乙女に祝福を

花と乙女に祝福を 生徒会編

まずは生徒会キャラを全て攻略することに。
志鶴は前回記事を参照。

---

聖佳ルート
孤高の姫君が、下々の者に対する愛を理解する話。たぶん
シナリオ自体は特に面白みはなかったが、男バレするシーンはちょっとウケた。
いちおうメインヒロインの一人だったのか?
オチのCGの使い方が贅沢。

薫ルート
別につまらないシナリオではないのだが、どうも先の展開が読みやすい。
王道をいくのはそれはそれで構わないのだけれど、退屈しちゃうよ。
やはりこのゲームに必要なのはギャグ要素だと思います。

ノーマルEND
とりあえず事件らしい事件は何も起こりませんでした、でホンモノの晶子が戻ってくる。
オチのCGの晶子が可愛いかったからこれはアリ。

---

志鶴だけ抜きルート、それ以外はほとんどHシーンがない。
園芸部編はどうなんだろうか。期待
category
ゲーム [★★★☆☆]
花と乙女に祝福を

花と乙女に祝福を 園芸部編

園芸部編攻略開始。
案の定祈と眞弥子が園芸部に入った。
綾音は攻略キャラじゃないようだな…ちょっと気になっていたんだけど。
攻略できたら違うゲームになっちゃうか

---

眞弥子ルート
祈・眞弥子共通ルートは晶子を巡るドタバタ劇が繰り広げられる。
そのテンションのまま眞弥子ルートは進む。
オチはちょっとネタバレが早すぎた気がするけど、結構楽しかったかな!

祈ルート
眞弥子ルートとはうって変わってシリアス。
晶子=彰なせいでのぱっと見四角関係、実は三角関係などろどろな感じを解決するなかで、祈と眞弥子が友情について向き合う。
このシナリオはよく練られていてよかった。
できれば立藤の会での発表シーンもあるともっとよかったかな?
エッチはほとんどレイプだ。

都ルート
メインヒロインなルート。
都が園芸絡みの母親との確執を溶かす過程で、彰とイチャラブする。
結構良かったんじゃないかな?
ときどきナンデ?って思うこともあったけども。
エッチは祈と同じく半分レイプだと思うんだけど…あれって違うの?

ノーマルEND
何かは起こるが、何も解決せずに妹復帰で終了。
雰囲気はまったりだからこれはこれでアリ。息抜きだね

---

結局抜きルートはなし。
志鶴ルートが特別だったのかー…残念。
次回、おまけシナリオ+総評です。
category
ゲーム [★★★☆☆]
花と乙女に祝福を

花と乙女に祝福を おまけ+まとめ

おまけシナリオ終了。
これは一部キャラ攻略後に出現する、アフター的なもの。
というか追加のHシーン。

聖佳・都・祈の3編、それぞれ2シーンずつあります。
本編にHシーンを入れづらかったのでこっちで用意したのかな。
その努力は好印象。

個人的には、都のやつが好きだったかなあ。

---

以下まとめです。

メインヒロインは聖佳と都の二本立て。
シナリオは比較的ラブコメに近いと思う。
ただ、ギャグ要素が薄い。
もっと笑えるところがいっぱいあれば、もっと楽しめるのに。
まきいづみの声でツッコミはとても似合ってると思うんだけどな。

ルート別評価
  志鶴>祈>都=聖佳>眞弥子=薫

志鶴シナリオの高評価は、Hシーン重視。
祈シナリオは、ドロドロ感をスカッと晴らしてくれるオチが良い。ちょっと感動。
都と聖佳のシナリオは、メインヒロインだけあってよく作られてる。完成度高い。

オススメ攻略順は特になし。誰からでもいいと思います。
生徒会編なら聖佳を、園芸部編なら都を最後にもってくるとスッキリするかも?

---

立ち絵は結構可愛い。CGも私好み。

Hシーンは、本編では少ないもののおまけシナリオでカバーしてきたので、良いボリュームだと思う。
男の娘キャラをもっと押したHシーンを作ればもっと良いと思うんだけれど。
普通に男としてエッチしちゃうとちょっとガッカリしちゃうのは私だけか。

音楽は良。
声優はよく声を聞くひとが多かった気がする。
まきいづみ大好きな私は大満足。
なので、甘めの★3評価です。

次はファンディスク、ロイヤルブーケをやります。
category
ゲーム [★★★☆☆]
花と乙女に祝福を

花と乙女に祝福を ロイヤルブーケ まとめ

「花と乙女に祝福を」のファンディスク、ロイヤルブーケをクリア。
原作アフターとして、5本の短めのシナリオが収録されている。

---

内容まとめ

#1 夏だ!プールだ!お祭りだ!!
都ルートその後。
都ちゃんといちゃいちゃする。

#2 兄さんは私の下僕?
該当ルートなし(園芸部編眞弥子・祈共通ルート後ノーマルエンド?)。
晶子と彰がいちゃいちゃする。Hシーンなし

#3 彰・漢化計画
聖佳ルートその後。
聖佳さまといちゃいちゃする。

#4 心は女。体は男?!
眞弥子ルートその後、もう一人の女装キャラ綾音がされたプロポーズの話の続き。
あまりいちゃいちゃはしない。初々しい。Hシーンなし

#5 連夜連闘?名木城家、愛のお泊まり会
該当ルートなし。
とりあえず都・志鶴・眞弥子・祈といちゃいちゃする。
ハーレムエンド?

---

重たいシナリオは皆無。
原作からして軽い話だったが、それ以上にふわふわ。
作品や女の子が好きな人がさらにニヤニヤできる。
ぶっちゃけると追加Hシナリオ。
少しコミカルなシーンが増えたかもしれない。

とりあえず#5のやつはやりまくってた。すごかった。枯れるかと思った。私が。
何故か全員非処女ビッチ設定になってた。

Hシーンは彰のものだけで晶子は出ない。
女装エッチもそれなりにあったかな。

---

システムは本編と同じ。
音声再生中にログに戻ると音声が途切れるのはうざい。

HCGにはモザイクを入れる必要のない角度で挿入を描写するという、新しい試みを取り入れていた。
私は悪くはないと思うが、賛否両論あるかもしれないね。

全体的なクオリティはやや微妙かもしれない。
女の子は可愛いけど、作品にはあまり手が掛かっていない気がする。
それでも原作が好きなら楽しめると思う。
かなり人を選ぶ作品な気がするけれども、私は楽しかった。

原作とあわせて、★3評価のままにします。
category
ゲーム [★★★☆☆]
花と乙女に祝福を
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。