Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

Erewhon 十子ルート

CLOCKUPから、またちょっとダークっぽいゲームが出てる!
ということで、「Erewhon」です。
監督は「euphoria」「フラテルニテ」「Maggot baits」「夏ノ鎖」「眠れぬ羊と孤独な狼」の、阿久津亮。
うーん、またヤバい香りがする……。

ジャンルは「因習の村でマレビトとして奉仕されるADV」。
舞台は、現代日本において地図にない村・来待村。
外界との交流がほとんどないその村では、外界からの来訪者を「おめぐりさま」という神様として祀る風習があった。
遭難寸前でその村に迷い込んだ主人公は、神の役割を背負わされ、祭りの主役として「一夜妻」を娶ることとなる。
候補の少女は二人おり、祭りまでの数週間の間、少女たちからの夜伽を交互に受けながら、どちらを「嫁」に、どちらを「鬼」にするか選ばなくてはならない。

タイトル「エレホン」(erewhon)は、「どこにもない」(nowhere)の綴りを逆さにしたアナグラム。
もとは古いファンタジー小説のタイトルでもある未知の王国のこと。
それは未開の山脈の向こうにあり、現代社会とは価値観が逆転した、倒錯したユートピアなのだとか。

この村は……何なんだ……?
これまで生きてきて培ってきた『当たり前』が……まるで頼りにならない……
まるで空気のように当たり前に存在していた……何ひとつ疑うことはなかった……自分を支えてきた……
そんな常識が……価値観が……ヒビ割れて……
その隙間からのぞく奈落に……戦いている……


攻略したのは、嫁候補の一人・巨乳美少女な阿式十子から。
武士娘といった雰囲気の彼女は、物言いは朴訥ながら、真面目で優しい女の子。
村長家の娘でもある彼女は、村のことを第一に考え、御廻様の一夜妻となる使命も疑わずに生きてきた。
そして、主人公のことを知り、外界の価値観を知った上で、主人公の一夜妻となる運命に喜びを感じてくれる純情乙女である。
つまり、十子は「エレホン人」な村人とは少し違う、いわゆる「話せる子」なのだ。

非常識なことでも、大勢に言われつづけると、まるで自分が非常識なように思えてきてしまうことがある。
そういう意味で、十子はこのゲームでの癒やしでもあった。

CVは、ヒマリ。
帆刈叶(euphoria)をはじめ、Hシーンに力を入れたゲームへの出演が多い声優さん。
今作でも言わずもがな、という感じです!

---

さて、私が十子から攻略したのは、(十子ファンの諸兄には申し訳ないが)稀世良のほうが好みだったから。
つまり、「BADのちHAPPYの法則」に従い、まずは稀世良に「鬼」としてひどい目に遭ってもらい、それから「嫁」にしてラブラブしようと思ったのだ。
だというのに、なぜか稀世良はああでもないこうでもないと屁理屈をこねて巧みに鬼役を回避しやがり、結果、逆に十子が輪姦されてしまうという、完全なる十子バッドエンド。
マジかよ、十子ちゃんかわいそすぎるだろ……。

このメスガキには二度と生意気な口がきけないようにしてやりたいと思います。
次回、稀世良ルート。
スポンサーサイト
category
[視聴中] ゲーム
Erewhon

Erewhon 稀世良ルート

「私……貴方の前でどれだけでも淫らになりたい……貴方を喜ばせる……肉人形になりたいのです……」
「それが私の望みです……私の大切なかみさま……」


エレホン、攻略したのは、謎めいた美少女・永見稀世良。
前回の十子ルートにおいて、主人公が十子に惹かれていた理由は、十子に自分がいた「日常」のような安心感を感じていたから。
その対極にあるエレホンの「非日常性」を具現化した存在が、稀世良だ。

初対面から主人公への好感度全振りで、未だ幼さの残る身体のすべてを主人公に捧げようとする。
処女はもちろん、アナルも、SMめいた痛みを与えるプレイも、レイプじみた自分勝手な欲望のはけ口にしたって、稀世良はすべてを受け入れてくれる。
一見すれば男の理想そのものの少女のようにも見える。

しかし、稀世良が開くのはその身体のみで、心の奥底に秘めているものを明らかにしようとはしない。
いや、明らかにしていると稀世良は言うのだけれど、それを信じることができないのだ。
主人公がどんな欲望を抱いて、どう稀世良で発散しようとも、それはすべて稀世良の手のひらの上で踊らされているにすぎないのかもしれない……。

「私は……お兄様を……導く役割があります……」
「私は……お兄様に力を与えるのです……お兄様の心を揺さぶって……身体を揺さぶって……」
「お兄様は……蛹の中にいるのです……繭の中にいるのです……お兄様はかき回されて……かき回されて……」
「そのうつろなる心と体に……御稜威を鎮めて……御廻様となり……」
「その御心は私の導きで解放されて……かみさまになるのです……本当の……本物の……私のかみさまに……」


その稀世良の底知れなさに、主人公も、私も、どこかで怯えていた。
だから私は稀世良をめちゃくちゃにして、心を取り繕う余裕などない状況にしてやろうと思っていたのだ。

けれど、やっぱり稀世良のほうが一枚上手だったようで、主人公のほうが余裕のない状況にされてしまう。
突然の顔の見えない悪意にさらされ、主人公が弱気になったところで、その心にゆっくりと染み込ませるような声で、稀世良は言うのだ。

「大丈夫です……」
「お兄様が害されることは今後二度とありません」
「永見の血をもって、そして私の魂をかけて誓います」
「私がついております」
「私がお守りします」

「ですから、もう二度と外に出られてはいけませんよ」
「ね、お兄様……?」


---

ということで、稀世良を攻略しようとしたら、やっぱり攻略されちゃったルートでした。
鬼役は予定通りの十子嬢で、今回もぐっちゃぐっちゃに輪姦されておりました。かわいそうに……。

CVは、小波すず。
新人声優さんなのか、誰かの別名義なのか?
わからないけれど、演技自体は普通でした。
まぁCLOCKUP作品での普通って、相当な熱演で相当な演技力なのだけれども!

しかし、両ヒロインルートを終わらせたところで、シナリオ既読率は46%。
そして「グロテクス表現緩和」モードを使うようなシーンがまだ出てこない。
次こそ稀世良をめちゃくちゃにしてやろうと思います!
category
[視聴中] ゲーム
Erewhon

Erewhon サエルート

エレホン、3ルート目には、意外にもルートがあったサエを攻略。
過去の記事で、十子は「日常」・稀世良は「非日常」を具現化した存在だと書いたけれど、その延長線で言うなら、サエはエレホンの「闇」を具現化した存在。
そりゃあね、来るか来ないかわからない来訪神のために生娘を二人も用意しておくような価値観を持つ世界なのだから、その世界の底には当然のようにドロドロとした闇が蠢いているわけだ。
(なんてったってCLOCKUP作品だからね、そこいらのヌルい抜きゲーとは違うのだ)

主人公は側仕えのサエと触れ合ううちに惹かれていくのだが、それは彼女が「汚濁の肉袋」「最底辺の奴隷」と言われる存在だったから。
村人はサエを虐げて当然の存在だと認識しており、サエ自身も自分は虐げられて当然の存在なんだと思い込んでいた。
主人公は、そんなサエを救いたい、これを当然だと思う価値観は間違っている、そういった義憤にかられていく。

ストーリー的には、十子を偽装的に嫁と選び、十子にサエを救う方法を相談しつつ、サエとラブラブエッチしちゃうお話。
女性が虐げられがちな村の価値観に疑問を抱いていた十子は、主人公の相談に献身的に乗ってくれる。
そして、祭りの前に被差別層の女性たちとみんなで村から逃げ出す計画を立てる。

---

「ああ、御廻様……そんなに怖がらないで下さいまし……大丈夫ですから……」
「私が責任をもって……お二人を正しい道に戻しましょう……」
「どうか、お心を安らかにしてくださいませ……」
「もう二度と……不埒なことなど考えられないように……なりますから……ね?」


ということで、サエルートは稀世良に躾られちゃうルートとなっております。
悪巧みがバレた主人公と十子は、ドSな本性をあらわにした稀世良ちゃんに、それはもう好き勝手にやられてしまうという。

今回は十子をかわいそうとか言ってられないくらい、主人公もかわいそうなことになっていた。
稀世良をめちゃくちゃにしたいとか言ってたバチがあたったのか、とうとう稀世良にお尻をめちゃくちゃに犯されてしまったしね!
(こういうプレイがあるエロゲーって、実は希少な可能性!?)

まぁでもやっぱり十子嬢が一番かわいそうなことには変わりなく。
今回も輪姦されまくった上、主人公とサエを稀世良の魔の手から逃がすために、自分の命と引き換えにするという。
この子は間違いなくヤラれキャラなのだった……。

---

サエのCVは、瀬名ゆず希。
声質は嫌いじゃないけれど、Hシーンの演技がもう一声。
特にフェラボイスね。ヒマリさんと小波すずさんの気合いを見習っていただきたい。

ちなみに「汚濁の肉袋」なサエ嬢は、当然のごとく処女ではないのだけれど、NTR要素はないのでご心配なく。
(過去に犯されたことがある的な描写も皆無)
そして、おめかししたときのサエ嬢は、このゲーム1の美少女まである。
それなのに、局部はまるで使い込まれているかのような黒ずんだ描写。
このあたりのこだわりが、まさにCLOCKUPなのです!
category
[視聴中] ゲーム
Erewhon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。