Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 まとめ

11年春期で1番のアニメ。
秩父へ聖地巡礼に行く際に2周目を視聴。

背景はほぼ実物と同じ。
アニメで観た光景が現実に見ると、まるでアニメキャラまで現実にいそうな気がしてくるのが不思議。

---

OPとEDの出来がスゴイ。
選曲も良いし、本編の使い回しではないアニメーションで構成されているのも良い。
私は、OPのめんまが花を持って飛び跳ねたところでタイトルロゴが出るシーンと、EDのサビに入るところで一瞬止まってモノクロからカラーになるシーンが好き。

2周目は登場人物の心の動きがよくわかった。
それぞれが個性を失わずに生き生きと描かれているのが美しい。
つることあなるのすれ違い、特につるこのひたむきさに惹かれる。

めんまがみんなに愛されていたからこそ成立する話。
若くして死ぬことの大事さを再確認。
齢を重ねると人は純粋さを失ってしまうものだからね。

展開はすこし中だるみするが、その後ののめり込ませ具合は半端ではないと思う。
ほとんど泣かない私も、最終話では泣かされた。
全11話と短めなこともあり、アニメ好きにはもちろん一般人にもオススメできる作品。
文句なしの★5。
category
アニメ [★★★★★]
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。