Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

桜花裁き 共通ルート

時代劇なギャルゲーがやりたい!
ときどきそんな欲求に駆られることがある。

とは言っても、私は日本史も世界史も興味が持てなくて授業はだいたい寝ていたものだから、戦国時代や三国志なんかをモチーフにした作品にはあまり食指が動かない。
けれど、「歴史モノ」でない和風時代劇なギャルゲーってあんまり多くないのだよね。
(しょうがないので、柴田錬三郎でなんとなく欲求を満たしていました)

そんな私が初めてOPムービーを見た時から気になっていたのが、この作品。
ということで、推理型奉行活劇「桜花裁き」、2017年2月発売枠です。

ちなみに、同じような枠には、和風サイコミステリィADV「カルタグラ」、本格剣劇浪漫ADV「刃鳴散らす」、大正伝記ADV「月陽炎」などがラインナップされています。
私のような欲求に駆られてしまった諸兄姉はいかがでしょうか。

---

確かに舞台は江戸時代で、主人公は町奉行で、ヒロインは同心だったり新選組だったりする。
けれど、この世界の今どきの女の子の『なう』な趣味が洋菓子作りだったり、ヒロインの一人が金髪碧眼の純日本人だったり(しかも完全に洋装)、というかヒロイン全員ミニスカだし、かなりゆるゆるな時代劇。
でも、こういうのもお互い気楽でいいかもしれないですね?

ゲームのシステムは、普段は普通のADVで進んでいき、事件現場の捜索は脱出ゲーム風の背景クリック式、裁きでは矛盾する証言に証拠や情報をぶつけていく、逆転裁判みたいな感じ。
フラグをすべて立てないと次に進まないし、バッドエンドにもならないので、捜査パートの難易度は低め。
(思ってみれば、カルタグラや殻ノ少女の難易度はやはり鬼畜だった……)

4章立ての共通ルートが一つの物語となっていて、一度エンディングが流れた後、それぞれの個別ルートが解放される模様。
その共通ルートでは、主人公が中町奉行所の町奉行となり、いくつかの事件を解決していくうちに、大きな陰謀に巻き込まれていくようなお話。

それぞれの事件の真相そのものはともかく、登場人物の証言に矛盾を突きつけ、真相を暴いていくのは爽快感抜群。
小梅ちゃんが犯人っぽい?(1章)とか、ただの事故?(2章)などといったミスリードの誘い方も上手いしね。
それほどご都合主義も感じなかったし、良シナリオだったでしょう!

個人的にお気に入りなのは、バッテラに萌える沖田ちゃん……もいいのだけれど、ここでは3章での遠山桜をピックアップしたいと思います。

---

金髪碧眼な桜ちゃんは、いわゆる反転属性付き勝気娘である。
主人公と同じ町奉行を目指していて、主人公より自分のほうが奉行にふさわしいはずだと思っていた。
だから主人公のやることなすこと気に食わないし、裁きだって自分のほうがもっとうまくやれると信じていたのだ。

こういうタイプのヒロインと仲良くなるには、ヒロインのピンチを主人公が救う――みたいのが一般的な気がする。
つまり、主人公のデキル一面をヒロインが認めることで、主人公を見直させる、つまり主人公のポイントを稼ぐわけだ。
けれど、このシナリオでは逆のやり方を使っていた。
すなわちヒロイン自身に自分のダメな一面を認めさせるイベントを強制的に起こし、普段の主人公を見直させたのだ。

私は桜ちゃんみたいな強気な女の子って、基本的にはあまり得意ではない。だってコミュ障だし。
けれど、この3章での桜ちゃんにはさすがに同情せざるを得なかった。
たしかに自業自得っぽい面もありましたけど、でもこのヤラレっぷり、マジでトラウマモノだと思うんだよなぁ。
私だったら失踪してたね、間違いなく。

ということで、ヒロインルートでは、まずは桜ちゃんから優しくしてあげようと思います!
category
[視聴中] ゲーム
桜花裁き

桜花裁き 桜ルート

桜花裁き、ヒロイン個別ルートは、共通ルートのアフターストーリーな位置づけ。
攻略したのは、予告通りに遠山桜ちゃんから。

CVは、小鳥居夕花。
鳳杏子(ハナヒメ*アブソリュート!)でお世話になっていたらしい。
うーん、マジで? 全然声違いましたけど!
演技は、真面目で融通の利かない桜ちゃんによく似合っていたと思います。

桜ちゃんが反転属性付き勝気娘だったのは今や昔、人の気持ちを思いやることを覚えた彼女は、主人公に全幅の信頼を置いていた。
そんな二人が仲良くお仕事をしているうちに、町の人たちは「あの二人、付き合ってるんだね!」と勝手に思い込み、桜ちゃんが「!?!??」となるお話。

「どうしてこうなる!? どうしてこうなった!? で、どうすればいい!?」


---

シナリオそのものは、この出だし以外に特に起伏のない、フツーのギャルゲー。
軽いギャグっぽい事件を裁いたりするのかなーっと期待していたけど、ちょっと違ったみたいです。

意外だったのは、幼馴染な理夢ちゃんがするっと二人の関係を認めていたこと。
ほら、フツーはちょっともにょったりしそうかなーって。
それはギャルゲー脳すぎる発想でしたかね?

そして小梅ちゃん、ノリノリなのでした。
うふふのふー♡
category
[視聴中] ゲーム
桜花裁き

桜花裁き 小梅ルート

桜花裁き、ヒロインルートの2人目は、河合小梅ちゃんを攻略。
働き者なみんなの妹キャラ、実は主人公の義妹であり、葵幕府の将軍様でもあるロリっ娘です。

CVは、遥そら。
雪村涼乃(ウィッチズガーデン)、鈴木佳奈(大図書館の羊飼い)でお世話になっていた声優さん。
他にも色々ビッグタイトルのメインヒロインを張っている人のようだけれど、ちょうど私がやっていないところばかりでした。
演技は、健気で素直なロリボイスがとてもかわいいかわいいでした!
いいですよね、こういう声って!

---

小梅ルートは、小梅ちゃんの週に一度の登城の日に、主人公が補佐として付き添うようになり、二人の距離が縮まっていくお話。
フクザツな二人の身分や、箱入り娘だった小梅ちゃんのお姫様思考が障害になるようにも思われたが、「現実」で「理想」を諦めるのではなく、「理想」を「現実」に近づける努力をしよう――
そういうお話にまとまっていたかな。

総括してしまうと、桜ルートと同じく、さほど起伏のないフツーのギャルゲーシナリオ。
個人主義を前面に押し立ててくるあたり、とってもギャルゲーらしいと思います。
(常識や慣習にとらわれず、自分らしさを大事にしよう! という考えかた)

ところで、このゲームにはヒロインそれぞれに必ず同じイベントが発生するんでしょうか?
泥酔・夜這い・縛りプレイあたり。
抜きゲー以外で縛りを見たのは久々なので、逆に新鮮でしたね!
そして、酔って管を巻く小梅ちゃんはとってもかわいいのでした。
category
[視聴中] ゲーム
桜花裁き

桜花裁き 理夢ルート

桜花裁き、メインヒロインのラストは、平賀理夢ちゃんを攻略。
桜花町随一のお転婆からくり娘とは彼女のこと。主人公の幼馴染でもあるようです。

CVは、桃山いおん。
松永燕(真剣で私に恋しなさい!)でお世話になっていたようです。
一昔前ならこのポジションは青山ゆかりが当てられていたに違いないよ!
お転婆キャラがよく出ていた愛嬌のある演技でした。

ちなみに、この着物に袴を合わせる代わりにミニスカートにしちゃうって、個人的には最強の衣装だと思うんですが、どうですかね!?
ゴスロリやギャル系のファッションではときどき見かけるけど、そういう女の子らしさを強調するためのミニスカではなく、活動的で健康な太ももを見せるためのミニスカート!
たすき掛けがまたいい味を出していて、うーん、すばらしいですねえ!

---

そんな理夢ルートは、何事にも前向き真っ直ぐに向き合う理夢ちゃんが、主人公への想いに真摯に向き合い、主人公を真剣に落としちゃうお話。
つまりこれは「理夢(に攻略される)ルート」なのです!

とまぁ、このゲームはルートに突入するまではワッと行くのだけれど、そこからはフツーにHしておしまい。
今回もこのゲーム定番の「縛りプレイ」イベントが発生していたのですが、今回は主人公が縛られていました!
まぁね、理夢ちゃんに攻略されるルートだもんね、当然の展開だよね?

それにしても理夢ちゃんはかわいいよなぁ……。
立ち絵の基本はツインテールなのに、エッチするときはだいたい解いちゃうあたりもポイント高し!
これもギャップ萌えですよね?
category
[視聴中] ゲーム
桜花裁き