Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

ハピメア 弥生ルート

夏休み&夏のボーナス激戦区・2016年7月発売枠の一つには、パープル・ソフトウェアから「アマツツミ」を選ぶことになりました。
ということで、いい機会だと言いながら積みゲーから掘り起こした一本、「ハピメア」です。
パープルのゲームは「未来ノスタルジア」より、4年半ぶり2本目。

なぜ「ハピメア」を持っていたかと言うと、「とてもクセのある妹がいるらしい」という話を聞いていたから。
好感度MAXスタートが正義なギャルゲーの妹たちですが、「好感度マイナススタートな妹っていないの? 逆に?」という話から紹介された一本が、これ。
ちなみに、同じ「変な妹がいる」枠のゲームには「レミニセンス」なんてのもあるらしいですよ!(未プレイ)

---

ということで、ハピメア。
主人公は、現実と同じような意識をもって行動できる「明晰夢」を見る性質(あるいは病気)を持っているらしい。
そんな主人公の、あるいはヒロインたちの理想や苦悩が投影された「夢」のなかで、それぞれの抱える問題を解決していこうとするお話みたい。

まず攻略したのは、ハーフな巨乳先輩、弥生・B・ルートウィッジ嬢。
表裏を使い分ける秀才系先輩って、こんにゃくの浅倉先輩みたい。

CVは、パープルだと毎回出てるっぽい声優さん、風音。
まぁ順当に無難なところ。ちょっと飽き気味かも。

弥生ルートは、ハーフだという彼女の出生と、その境遇にスポットが当たる。

---

私生児として生まれ、母親に捨てられた弥生は、叔母夫婦の家で育てられた。
さらに白人でもなく、黄色人種とも違う彼女は、どこにもアイデンティティを見つけられないまま、自分を偽って生きていく術を身に着けた。

しかし主人公は、彼女の境遇を知り、受け入れる。
だから彼女は、「自分の居場所」になってくれた主人公と離れなければならない「現実」を否定し、二度と離れることのない「夢」の世界を望むのだった――

---

ってお話だったと思うんだけど、えっと、なにこれ?
もうツッコミ所が多すぎて、どうしたらいいのかわからない。

海外に引っ越ししなくちゃいけないから、もう一緒にいられない。だったらこんな現実なんてやめてやる!
って、子供じゃないんだから、どうにかできるでしょう?
小学生だって、雪の日に世田谷から栃木まで電車で会いに行っちゃうんだよ?

いやまぁ、だから軽々にどうにもできないような「家庭環境」設定なんだろうけど、だったらハッピーエンドのときだってそこをイジっちゃダメですよね?
結局、育ての親に話したら、フツーに理解してもらえました――って、じゃあ夢だ現だ言う前に最初からそうしろよ! って思いました。

あと、景子ちゃんが夢に呑まれそうになったときとの、このダブスタ具合ね。
あん時は言いたい放題言いやがったくせに、この女はマジでめんどくさいったら!

……そうだよね、たまたまハズれルートだっただけだよね?
次は貧乳ツンデレな景子ちゃんを攻略します!
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
ハピメア

ハピメア 景子ルート

ハピメア、2周目の夢は、平坂景子嬢。
公式のキャラ紹介、「血統書付きロックンローラー猫」は、まさにその通り。

CVは、青葉りんご。
ダウナー系ツンデレボイスな青葉りんごは初めてだったかも。
この演技の幅は素晴らしいよね!

景子ルートは、人慣れしない猫のような彼女の望みにスポットが当たる。

---

理事長の姪であり、政治家を父に持つ彼女は、本物の「イイトコのお嬢様」。
そんな家庭と、人付き合いの要領の悪さのせいで、彼女は周囲から敬遠されがちだった。
彼女自身は、周囲から望まれた通りに生きてきたはずなのに、世界は決して彼女の望んだようになることはない。
それに対する反発から自暴自棄のような行動が目立つ彼女からは、さらに人が遠ざかる。
それならそれもよしと、彼女は自ら孤独を望むようになっていった。

しかし、仲間と呼べる友人たちや、恋人になりたい異性ができたことで、彼女の願いは変わっていく。
いったん人と触れ合う温かさを知ってしまえば、もう孤独だった夢には戻れない。
そうして彼女は、不自由で、けれどもそれが温かい現実を望むのだった。

---

こうやってあらすじを書いてみると、なんだかとってもありきたりなお話だった。
平坂父のくだりとか、茶番でしかなかったしね。
ただ、景子ちゃんの、女の子としての魅力を引き出すシナリオとしては悪くなかった。
景子ちゃんってば、知り合って即エッチOKな雰囲気出してくるくせに、基本ジト目だからね。
付き合ってなくてもエッチさせてくれるし! もーいじらしいったら!

さて、どうやらこのゲーム、原画師が二人いるっぽい。
「景子・咲」と「弥生・有栖・舞亜」で分担ですね。
私、景子と咲の絵のほうが断然好みです。

そして、景子ちゃんはこのゲームで一番かわいい。
貧乳(設定)だし、ツインテだし、しかもそれが左右非対称だし!
なんですかね、ハサミ男にでも襲われて、右のテールは切られちゃったんですかね?
この不安定さが、彼女の儚さの表れなんだと私は言いたい。

まぁこのおっぱいで貧乳とか、おへそでお茶が沸いてしまいますけどね!
だってたぶんDカップくらいはあるよ?
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
ハピメア

ハピメア 咲ルート

ハピメア、折り返しの3周目は、妹系幼馴染・蓮乃咲を攻略。

このゲーム、主人公が「用意された据え膳を食べてしまいたい本能を、理性で必死に抑え込む。その様子をヘタレだと罵られつづける」という、なんだかイライラする立ち位置で回りつづける。
その「主人公ヘタレ扱い」の元凶の一人が、この妹だ。

なら、この妹にイライラしているのか? と聞かれたら、私だって妹大好きなお兄ちゃんですから、決してそんなことはないわけで。
じゃあ、この主人公にイライラしているのか? と聞かれたら、まぁそんな気もするけれど、決して主人公だけが悪いわけじゃない気もするわけで。

そんなやり場のない感情を弄んでいるうちに、だんだん女の子たちに罵られるのがキモチヨクなってきてしまうのでした。なにこれ?
閑話休題。

---

咲ちゃんのCVは、言わずもがなの青山ゆかり。
決してキライな声じゃないよ? でも、演技の幅が……。

そんな咲ルートは、妹にならなきゃいけなかった彼女と、妹が必要だった彼のお話。

咲は、舞亜がいなくなったのは自分のせいで、だから主人公が病んだのも自分のせいだと思い込んでいた。
でも、主人公が好きだから、舞亜のところに行かせたくはなかった。
咲はそれが正しいことだと信じていたし、その「ワガママ」を押し通すために、自分が最後まで責任を取ろうとしていたのだ。

けれど、舞亜を諦めきれない主人公を見続けているうちに、自分の判断が正しいことか信じられなくなってきてしまう。
(現実がそんなに辛いなら、優しい夢で過ごしていたほうが幸せだったんじゃないか?)
しかし、幸せな夢を見るより、今まで歩んできた現実を大切にすることを誓い、二人は舞亜と決別するのだった。

---

と、たぶんこんなストーリーでした。
妙に長かった気がする……疲れた。
このゲームを最後までクリアする自信がなくなってきましたよー……。
咲ルートが、プレ・舞亜ルートになっていたり、今までは謎の存在でしかなかった有栖の伏線を張ったり、そういう回り道があったせいで、アホみたいに長かったのかな。

今まであんなに「妹だから」と言って拒否していた据え膳を、ルート入った途端あっさり食べてしまう主人公には、ちょっとガッカリしました。
ここまで引っ張ってきたんだから、もっとドラマチックな展開があって結ばれるのかなぁと思っていたのに!

あとは、最後に「みんなで咲を助けに行く」とか言いながら、主人公しか働かないっていうね。
有栖は舞亜のとこ行ってたからいいとしても、弥生と景子はなにしてたの?
でも、舞亜と決着をつけるシーンのCGはよかったですね!
妹を銃で撃っちゃうのはどうなの? って思わないでもなかったですけど!
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
ハピメア

ハピメア 舞亜ルート

ハピメア、終盤戦の4周目は、期待の「ヘンな妹がいる!」な実妹・内藤舞亜ルートを攻略。
正確に言うと、主人公が舞亜ちゃんに攻略されるルートでした。

他の女の子のシナリオでは、主人公を精神汚染する舞亜を封印することで、ハッピーエンドへの道筋をつける。
なので、その悪夢の元凶な舞亜ルートは、他シナリオで言うバッドエンドに相当する。

そして、舞亜ちゃんの行動原理や、その正体なども語られないので、すんなりあっさりと終了してしまう。
このあたりは有栖ルートに投げたのだろうか。

まぁ私も舞亜ルートがハッピーエンドになるとか本気で思っていたわけではない。
けれど、実妹といちゃいちゃしたかったお兄ちゃんとしては、そのあたりの謎も打ち明けてほしかった。
今までの対立が、実は思い違いだったことがわかって、仲直りした上でエッチしたかったかなーって。
ほら、そうすればもっとハッピーエンドっぽくなるじゃないですか!

でもそうならなかったってことは、舞亜ちゃんの立ち位置が主人公の思い違いじゃないってことなんでしょうねぇ。
ってゆーか、有栖がメインヒロインとかおかしくない? 妹でしょ? 妹ゲーでしょコレ?
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
ハピメア

ハピメア 有栖ルート

ハピメア、まさかの妹ゲーじゃなかった!!
ということで、有栖こと鳥海有子を攻略して、全クリです。

有栖のCVは、五行なずな。
クセモノ揃いなハピメア声優陣の中での癒し系ですね!

有栖ルートは、咲ルートで伏線の張られた「謎の少女・有栖の正体」にスポットが当たる。

---

舞亜と決別したはずなのに、夢は終わらない。
それは、今まで見ていたのが「主人公の夢」ではないからだった。

夢の主は、主人公が昔出会っていた少女・鳥海有子。
ずっと入院生活を続けていた彼女にとって、有栖は「理想の自分」であり、夢は「理想の世界」。
だから、思い通りにならないことがあればなかったことにして、エンディングまで終わらせたなら違うルートをまた始めて、数限りなくやり直していたのだった。

しかし、主人公が有栖を好きになるという「イレギュラー」が起きたせいで、夢の世界は揺らぎだす。
現実には有栖は存在しないので、夢から醒めたらバッドエンド。
が、夢を見続ければ有子が死んでしまい、それもバッドエンド。
なので、主人公は有栖と決別し、有子に現実で生きてもらうことにするのだった。

---

ざっくりこんなお話でしたかね?
あまりに長すぎて途中ななめ読みだったせいで、細かいところがよくわかっていません。

唐突に入ってくるHシーンとか、その有栖の正体とか。
あれが有子なの? ドスケベすぎない?

しかしまぁさすがはパープル、Hシーンの実用度がハンパなかった。
立ち絵からしてふにょんと柔らかそうな有栖ちゃんのおっぱいは、それはもう女の子らしい魅力に満ち溢れていたよね。
まさかパイズリシーンで使ってしまうなんて! こんなの過去に一度しかなかったよ!

シナリオに関しての感想はこっちのまとめ記事に投げるとして、「ヘンな妹がいる!」な舞亜ちゃんの活躍っぷりにはテンション上がったかも。
妹が悪人だなんて、そんなのあり得ないもんね。
ちょっとすれ違ってただけで、やっぱり妹はお兄ちゃんが大好きなんだから!

「はいはい、何かしらお兄ちゃん?」


でも、贅沢を言わせてもらえるのなら、それは舞亜ルートでやってほしかったかなーって。
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
ハピメア

ハピメア まとめ

シナリオ

「据え膳食わない男の恥」なヘタレ主人公でしたが、その原因は「舞亜の存在が大きすぎて、他の女の子へ向ける気持ちが本当の愛かどうかわからなかったから」というもの。
たしかに、女の子のハジメテは一生モノなんだし、それを受け取るときには相応の覚悟を持つことが「正しい」のだろう。

けれど、それは男の視点からの話。
女の子の側に立てば、自分の気持ちは割り切って女の子の望むように付き合うのだって、決して「間違いじゃない」とも思われる。

つまり主人公は「男の立場」に立っていただけで、どっちがいいとか悪いとか、一概には言い切れない問題なのだ。
(だから、イライラするのもキモチヨクなっちゃうのも、いいとか悪いとかないんだよ!)

「せめて夢で自由になりたい、その時間を楽しみたいと思って何がいけない!」


さて、有子も、(個別ルートの)弥生も、(共通ルートの)景子も、現実では決して手に入らないものを夢に求めていた。
それは果たして「間違い」なのだろうか?

「それは悪く無いさ。俺が気にくわないのはそこじゃない」
「そのまま、夢に逃げて死んでも良いって思ってる事だ!」


では、なぜ夢に逃げてはいけないのか?
そう問う有子に、主人公はこう答える。

「お前が逃げてるからだよ」
「お前はまだ死んでない。体調が良くなれば学校にだって来られる程度には生きてるんだろ」
「だったら、もっとしっかりしろよ。身体が弱かろうがなんだろうが、もっとしっかり生きてみろよ」


ならば、どうして逃げてはいけない? どうしてしっかりしなくてはいけない?
そんなの自分の勝手なのに、なぜそんなお節介を言われなくちゃならないのか?

「それの何が悪い。お前が勝手に死のうとしたりするから、勝手に助けに来ただけだ」
「平坂は先輩のお前を心配してた。哲也も朝日も、クラスのヤツだってお前の事を気にしてる」
「咲や部長だって、有栖本人が目を覚まさなくなったら悲しむだろうさ。俺達、どれだけ長い付き合いだと思ってるんだよ」
「誰がなんと言おうと、鳥海が望んでいようと! 目を覚まさない事が良いなんて事は無いだろ!」


とまぁ、主人公はどのヒロインルートでも決めつけや押しつけばかりで、「自分が正しい理由」あるいは「ヒロインが間違っている理由」を直接的に答えてくれることは決してない。

しかし、それも当然のこと。
これは「なぜ自殺してはいけないのか」という問いとまったく同じことだからだ。
この問いに、直接的かつ論理的な答えは存在しない。
(Q. 自殺しようとしている天涯孤独なホームレスを、感情論以外で止められるか?)

このシナリオを評価する人は、この「自殺はいけないこと」という感情的なメッセージに共感できたのだろうと思う。
逆に、自殺願望を持っていたり、自殺してしまった家族や友人を持っていた人には、ウケが悪かったのではないだろうか?

私が言いたいのは、人には人の数だけの価値観があるということだ。
もちろん私だって「人それぞれ」で思考停止するつもりはない。
大切なのは、その異なった価値観を擦りあわせること。
それこそがコミュニケーションで、人と人とが繋がる方法で、そうしないと世界中の誰とも友達にはなれない。
なのに、相手の気持ちや言い分も聞こうとしないまま「俺はこう信じてる、だからお前もこうしろ! やればわかるから!」な実力行使だなんて、鉄道模型のコピペばりに最悪です。
コミュ障な私もさすがに真っ青ですよ!

「自分がどれだけ上から偉そうなこと言ってるか分かってるかい?」
「分かってる。だけど、言ってお終いなんて気もない。
 俺が、一緒に居てやる。出来る事なら何でもする。だから、しっかり生きてくれよ」
「……なんで、そこまで」
「俺も、そうして貰ってなんとか……今、生きてるから。それが本当に良かったって思ってるから。
 助けたいんだよ、俺が助けられる人の事を」


結局、この主人公は自分が大好きなだけ。
だから自分の気持ちを大切にするばかりで女の子の気持ちを思いやることができないし、自分の気持ちを大切にするばかりでそれを他人に押し付けることしかできないのだ。
こういう人と友達になるのは、私には無理っぽいです。

「みんな自分が間違っていないことを証明するために他人を救うの」

(「フラテルニテ」より)


とまぁ、こんなのが私にとっての正論なのですが、正論がまかり通らないのが世の常なわけで。
意味不明だろうと根拠不明だろうと、押しが強い男の子のほうがモテたりするような気もするのです。
どうなんでしょうね、そのあたり?

テキスト

ひどい。読みにくいとかそれ以前に、日本語として成立していない文章が多々ある。
(このブログは書き捨てっぽいから、時々おかしくっても許して!)

ただ、日本語がおかしくても、ノリとか勢いとかギャグセンスの高さとかで面白くなっちゃってる文章は、たしかにある。
でも、この文章はセンスもないし、徹頭徹尾ひどいだけ。

これが一人シナリオライターの悪いところなんでしょうかね?
複数いれば、互いでカバーしあえそうだけど。
こんな文章でいいなら、私でも書けそうな気がする。
それなのにこうやってソロでシナリオ書いてる人なんだから、きっと文章力以外のことがスゴイんでしょうね!

グラフィック・キャラクター・Hシーン

そんなひどいテキストなのに投げ出さなかったのは、ひたすらにグラフィックのおかげ。
かわいい女の子のかわいいところが見たくて、無心でクリックしました。

お気に入りは「景子 > 有栖 > 舞亜」。
景子ちゃんはツンデレの理想形かもしれない。
ジト目がデフォルトな、ローテンション・ツンデレね!
アシンメトリーなツインテールもかわいい。

有栖は、なんかもうエロい。ひたすらエロい。
中の人? そんなの気にならないくらい使えた。ヤバイ。
むしろ、二人でクローゼットに閉じ込められる一枚絵でイキそうだった。ヤバすぎ。

舞亜は、そのかわいさの本領を発揮できないままだった。
他ヒロインルートのスパイス扱い、みたいなね。
「ヘンな妹がいる!」な舞亜ちゃんと仲良くしたくて、このゲームはじめたんだけどなー……。

音楽

BGM単体は、けっこういい感じ。
ただ、使いかたが気になったかも。
「真面目な話→ギャグシーンで息抜き→真面目な話に戻る」のとき、毎回「シリアス→コミカル→シリアス」でBGMが追従していく。空気が壊れる。

OPムービーの出来はさすが。
なんか面白そうだもん! やってみたくなる!

システム

ほぼ完成形。シーンバックと「ゲーム中断」がとてもありがたい。
セリフが吹きだし状に表示されるのもイイカンジだよね。

総評

他所で書かれていて気がついたのだけれど、これってミステリーだったのだね。
なにが謎で、それをどう解決すればいいのか――などといった具体的な方向性がまったく示されないから、気がつきませんでした。
夢を終わらせなきゃ!とか言ってたけど、どうすれば終わるのかぜんぜんわかってなかったからね。

グラフィックはとてもよい。
OPムービーも悪くないし、システムも完成されている。
シナリオとテキストだけがゴミ。

つまり、キャラ萌えゲーだったということです。
どうしても、パープルのこの絵のゲームがやりたい人はどうぞ。
そうじゃなければ、もっと女の子のかわいさが引き立つシナリオが備わったゲームをプレイしよう。

私の評価は★1つ。駄作でした。
よく最後までクリアできたなぁ。かわいいは正義!
……え、ファンディスク? 正気ですか?
category
ゲーム [★☆☆☆☆]
ハピメア