Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

装甲悪鬼村正 英雄編(一条ルート)

刃鳴散らすからの流れで、同じ奈良原一鉄脚本の、装甲悪鬼村正を始めてみた。
とりあえず、英雄編綾祢一条ルートを終わらせたところで、プレイ時間が25時間を超えました。
なにこれ長すぎわろた。
でもモニターの前にいるときはいつも装甲しちゃうくらいには面白いよ!

これはギャルゲーではない。ノベルゲームだ。
せっかくラブコメ展開で楽しくなりそうなところでヒロインの片方が死ぬとか、エッチが全然ラブラブじゃないとか、いろいろヤバい。

特に前半部、設定をまったく知らされないうちに、メインキャラがどんどん死んでいくあたりでは頭がおかしくなりそうだった。
一条ルートに入った途端、香奈枝がぶっ殺されたのには、「ハ?」「え?」「なんで?」「マジ?」「ありえるのそういうの?」「こっからどうすんの?」言いまくってた。
伏線のインパクトが異常。破綻なく回収してくるのもすごいけど。

ヒロインとしての一条は、海原エレナボイスが不満。
男声優の熱演はカンペキなのになぁ! それだけが悔しい。
でも、装甲時の一条ちゃんのポーズはカッコよすぎるよ!
世に鬼あれば鬼を断つ。世に悪あれば悪を断つ。ツルギの理ここに在り!

---

 一条は正義を語り。
 子供はそれを聞き。
 床には死体が転がっている。
 何も悔やむ事はなく、
 何も恥じる事はなく、
 思い悩むべき何事もない。

         ……本当にそうか?


小さな身体に「正義を成す」ただそれだけの意思を詰め込んだ、器械じみた少女は、それを成し得る力を手に入れ、正義の名のもとに悪を為す人間を殺害する。
主人公は、「悪人を一人殺すたびに善人を一人殺さなければならない」という呪いの力を以って、悪を斬り、善を斬る。

シナリオ上では、どちらが正しいのか答えが示されることはない。
まったく相反するような二者は、しかし結局どちらも同じことなのだ。
人を殺すということには、それだけの重みがあるのだろう。

私自身、しばしば「世の中は正しいことばかりして生きていけるわけじゃない」というフレーズを使っている自覚はあったけれど、それは「正しいこと」が存在するという前提のもと、それを成すことを許されない自らの愚かさのようなものを現しているつもりだった。
ただ、こう考えてみると、世の中に「正しいこと」など本当にあるのか? そういう疑念に駆られざるを得ない。
いや、正しいことはあるのだろう。しかし、それを成し遂げる方法が存在しないのだ。
その現実に向き合わされたときの私の――あるいは、遊佐入道の小姓と向き合ったときの、一条と正宗の無力感は、いったいどれほどのものだったろうか。
理想は理想であって、現実とは違う――人はそう言うかもしれない。
けれど、現実とあまりに乖離している想念を、あるいはこう呼ぶのだ――妄想と。

――正義とはなにか?
これは、人生や愛といったものに並ぶ、人類が解き明かすべき大いなる謎のうちの一つなのだった。

「うろたえるな、正宗!」
「わかってなきゃいけなかった。こういうものだって」
「正義は心地良くなんかなくて。腐敗と汚濁に満ちている」
「この道に光は差さなくて。ただ暗く澱んだ沼が広がっている」
「……そうなんだ。それを知らなきゃ、いけなかった」

category
ゲーム [★★★★☆]
装甲悪鬼村正

装甲悪鬼村正 復讐編(香奈枝ルート)

装甲悪鬼村正、2ルート目は、糸目の長身美女・大鳥香奈枝ルートを攻略。
……いや、攻略って言い方は正しくないかもね。ギャルゲーじゃないし、これ
Hシーンは相変わらず全然ラブラブじゃないし、射精シーンを描写しないとか、使わせる気ないでしょ?

香奈枝ルートのテーマは「復讐」について。
よく「復讐はなにも生まない! 死者はそんなこと望んでない!」とかいう台詞があるよね。
このお話では、「なぜ人はパンツを履くのか?」という問いと並べて、鮮やかな答えを出してくれる。

---

 死せる者に報いる道が、生ける者の理で見出だせようか?
 否である。否、である。
 死者への贖いは死者のみの理に依るが正当。
 死という負債を埋める道は二つある。
 一つは、死者を生き返らせる事。
 これは可能か? 否。
 一つは、殺した者を殺し返す事。
 これは可能か? 可!!
 かくして道は決まる。帳尻を合わせるために!
 被害者の死を補うことが不可能なら、加害者の生を奪うことで均衡を取るしかない。
 それが死者の理、死者の願いである。
 復讐である。
 生者の都合など、そこには絡まない。

         復讐は死者のものである。


貴族には、貴族たる義務が存在する。ノブレス・オブリージュといわれるものだ。
大鳥家の嫡子である香奈枝は、為すべきを為す人間だった。
だから、殺された従姉弟のため、彼女は貴族の誇りを以って景明を憎悪し、復讐しなければならなかった。

もちろん、香奈枝に殺戮狂の素質があったことは否定できない。
景明が香奈枝に感謝を捧げるまでは、おそらくその復讐は香奈枝にとって愉悦に満ちたものになるはずだったろう。
けれど、景明の境遇を知るにつれ、その想いは変わっていく。
戸惑いに、同情に、怒りに――そして、愛情に。

誰よりも深く人を憎むことができる彼女は、誰よりも深く人を愛することができた。
だから香奈枝は景明を正しく生かし、正しく殺した。
そして自らも「復讐者」として正しく生き、「大鳥香奈枝」として正しく死んだ。
これがハッピーエンドであることは、ラストの膝枕の一枚絵を目にした諸兄には疑いを挟む余地のないところだろう。

---

しかし、正しく生きるとはなんと大変なことなんだろう。
一条ルートでもそうだったけれど、みんな正しく生きたいと願っているのに「みんな末永く幸せに暮らしましたとさ」的エンディングがどうやっても迎えられないあたり、世界の不完全さが浮き彫りになってくる。
香奈枝が一瞬夢想したハッピーエンドが本当に迎えられるのなら、この世も捨てたもんじゃないのにね。
でも、世界にはこういった「救われない正しさ」というものがたくさんあるんだろう。
なんとなく金魚王国の崩壊を思わせるお話でした。

ちなみに人が押し並べてパンツを履いているのは、「誰もがパンツ履いてない中でむさ苦しい男にパンツを履かせて回る世界よりも、誰もがパンツ履いてる中で麗しい少女のパンツを脱がせて回る世界のほうが豊かであるから」である。
category
ゲーム [★★★★☆]
装甲悪鬼村正

装甲悪鬼村正 魔王編(光+茶々丸ルート)

装甲悪鬼村正、ラストは茶々丸に寄り道しつつ、村正を攻略して全クリ。
うん、これなら攻略って言っていい気がする。茶々丸との絡みも村正との絡みもギャルゲーしてたし!
まずは光シナリオ・魔王編からレビュー。

魔王編では、主人公・景明と、宿敵・光との確執をすべて描き切る。
それに六波羅幕府と進駐軍との争いを背景に、茶々丸の思惑を混ぜ込むことで、一大スペクタクルになっている。
テーマは、真実の愛。

---

「おれは湊斗光の夢であることを喜ぶ。それはおれが最も純粋な湊斗光であることを意味するからだ」
「おれは湊斗光の夢であることを誇る。それはおれが最も強固な湊斗光であることを意味するからだ」
「おれは湊斗光の夢であることを誓う。それはおれが、湊斗光の、いつか叶う理想であることを意味するからだ!」

「おれは迷わず、おれとして在る……。この道を踏みしめ、直向に進むことが――おれにはできる!」


銀星号となって地上に災禍を撒き散らしていた光の望みは「奪われたものを取り返すこと」。
彼女から奪われていたものは、父親の愛だった。

片親で育った子供など、珍しくない。
珍しくなどないけれど、皆が当たり前のように手にしているものが「奪われている」事実に、理不尽さを感じるのも仕方がないこと。
しかし、嘆いても妬んでも現実は変わらない。奪われたものが帰ってくる道理もない。
だから湊斗光は、夢は夢と、理想は理想と割り切り、諦めていた。
それを掘り起こしたのが二世村正・銀星号――昏睡状態の光が見ている夢だった。

ニブい私は最後の最後まで気づかなかったけれど、光が求めていた父とは、景明の養父である菊地明堯ではなく、湊斗景明その人だったのだね。
明堯が戦争での負傷で不能になってしまったから、景明が統と子作りして湊斗の後継者としての光をもうけた。
しかし凡俗な小市民でしかない景明には、光を娘とは認められなかった。
光の愛は、生まれ落ちたときから奪われていた。
だから光は、常識を、倫理を、人を超える存在――神となり、決して届くことのなかったはずの父との愛を手に入れようとしたのだ。
たとえ世界を――その身を滅ぼそうとも。

  「もう……殺すな! お前自身の命取りにもなる!!」
「あるいは、かもしれぬ」
「だが止めぬ」
「おれは望みのために歩き続ける。ほかの在様を知らぬ!」
「おれは、光の夢なのだ」


---

第五編・宿星騎の過去回想で描かれていたように、光と景明は本当に仲の良い兄妹だった。
いつでも手に届くところに兄がいて、兄の愛を一身に受けることができた。
しかし、それはすべて偽りだったのだ。
その寒々しさは、想像するだに凍えそうなほどだよ。

目の前の大切な人を愛したい。
目の前の大切な人に愛されたい。
たったそれだけを、世界を滅ぼすほどの狂おしい純粋さで、少女は求めていた。

だから、青年は応えた。
人の身でこの愛を伝えることは叶わなくとも。
憎むべき自分を殺し、愛する娘を殺すことで。

「…………そう、か……」
「善悪、相殺」
「そうだ、この掟が」
「愛の実在を証明する」
「やはり、あった」
「ここに……あった」
「愛は、あった!」
「ならば――良し!」
「光は……望みを叶えた……!」
「この手に取り戻した」
「絆を」
「……良い……」
「……良い夢で……あった…………」

category
ゲーム [★★★★☆]
装甲悪鬼村正

装甲悪鬼村正 悪鬼編(村正ルート)+まとめ

光とのバトルを終え、エピローグ扱いとなる悪鬼編・村正ルート。
いつの間にかダークエルフ娘になっちゃってた村正嬢といちゃいちゃする、ギャルゲー寄りなお話。

とりあえず、このゲームってばどうしてHシーンを使わせる気がないのかなぁ。
茶々丸だって結構イイカンジでシーンに突入していったのに!?
Hテキスト書くの恥ずかしがってる場合じゃないですよ奈良原さん!

テーマは、生きる意味について。

---

光を殺した後、景明にはもはや成すべきことはなく、成せることもなかった。
しかし、来るべき審判も訪れることはなく、日々をただ無為に過ごしていた。
多くの人々を偽善によって悪だと断罪し、同じ数の善なる人々を殺害してきた。
それは贖いようのない、取り返しの付かない罪だった。

景明の所業を憎む人は数多い。
意味もなく殺された従姉弟の仇を討とうとする大鳥香奈枝然り、正義の名のもとに悪を成敗しようとする綾祢一条然り。
しかし、景明その人の存在を憎むのはただ一人――雪車町一蔵だった。

平凡な日常も、愛しい家族も、一時の仲間も、すべてを失って――しかし村正だけはまだ残っていた。
雪車町は、その村正の命をもって、彼の喉元に命の意味を突きつける。
どこまでも平凡で愚直で生真面目な景明は、奪ってきた数多の命のため、これからも殺し続けることを誓うのだった。
武とは常に善悪相殺、戦には正義なし――彼に成せることがあるとするならば、その真理を世に示すことのみなのだから。

以下、まとめ。



シナリオ

テーマに「正義」「善悪」「復讐」と、バトルものには欠かせない王道を詰め込んだ大作。
おかげで、私のプレイ時間は80時間を超えました。まじか
でもちゃんと終わらせたんだから、ちゃんと面白かったんだよ!

私が特に評価したいのは、上記のテーマに加え、「愛」という大きな命題を詰め込んできたこと。
世界には、目には見えないし手でも触れられないけれど、誰もが望むものがある。
それが確かめられないあやふやなものだからこそ、人はそれを望み、願い、確かめようとする。
決して答えがないにも関わらず、誰しもが回答を迫られる、いわば命題のようなもの。
「私のことどれくらい好き?」とか聞いてくる女が鬱陶しいのはそういうわけで、「春の熊くらい好きだよ」とか答えられちゃう男がイケメンなのはそういうわけだ。
そして、善悪相殺という論理を用いて、愛の実在を証明してしまうこのシナリオは、秀逸という他ない。

テキスト

ギャグが地味に面白い。
総量として多くはないけど、滑ってるのが少ない。いいセンスだ。

バトルシーンでの、主観が加速しているようなテキストの詰め込み具合は、バトルものが好きな人にはたまらないかも。
だいたいそのパターンでは、物語のテンポを損なうという欠点が拭えない。だから私はあまり好きくない。
でも、この奈良原テキストそのものがかなり読ませてくるので、その欠点を埋められている感じ。

キャラクター・グラフィック

キャラの立ち具合はナイス。
ただ、せっかく立ち絵付きで出演させたキャラを全部生かせたかっていうと、そうでもない。
そうだね、香奈枝の妹の花枝のことだね。ツンデレの無駄遣い!
さよ侍従と常闇斎の顛末もわからずじまいだし。

グラフィックのクオリティは文句なし。
でもさ、HCG少なくない?
少なくとも、小夏とふきふなの事後CGは欲しかった。
小夏のどこがどうなっちゃったのか、結局よくわからなかったもの。
エピローグがついてたのは、リョナ心がちょろっとくすぐられたけどね!

声優

男性声優の熱演がすばらしい。
茶々丸が「景明の声に惚れた」というのもわかる。

ただ、女性声優のキャスティングはどうなんだろう……。
香奈枝役・吉川華生にはぎりぎり及第点をつけてもいい。
でも、一条役・海原エレナは、もっといいキャストがあったんじゃないの?
叫び声が似合ってないんだよなぁ。
あと、まきいづみを使い回すのはやめて。隠せてないから!

Hシーン

なんか18禁で発売しなきゃいけないっぽいから、とりあえずHシーン入れてみましたけど……な雰囲気。
茶々丸と村正のシーンはやりようによっては実用性付与できそうだったのに、なぜかそうしない不思議。
あすこまでバトルCGに入れた熱を、ちょびっとでいいからHCGにわけてほしかった。

音楽・ムービー

やっぱりボーカル曲がいい。
特に、魔王編エンディングでのいとうかなこが素敵。
OPのみならず、ちょこちょこバトルアニメーションを入れてきてくれるのもGOOD。

BGM自体も悪くない。でもそこまで言うほどでもなかったかなぁ。

システム

もっさり。
ニトロプラスはいつもこうだよ! スキップ遅いんだよ!
縦書きフォーマットは、慣れちゃえばどうってことなかったです。

総評

「刃鳴散らす」は、シンプルなストーリーに華美な装飾を施した、軽快なエンタテインメント作品だった。
比して「装甲悪鬼村正」は、辛うじて同じジャンルに属してはいるけれども、凝りに凝ったストーリーに重厚な装甲を纏ったものに仕上がっている。
「異能力バトル」「剣戟アクション」が好きな人にはオススメかも。
一部ファンタジー展開も否めないけれど、ファンタジーニガテな私でも楽しめたから、割と現実路線だったんだろうと思う。

私としては、バトルそのものよりも、世界観や登場人物それぞれの思惑などといった、ストーリーの練り上げ方のほうを評価したい。
景明と光の裏設定にはため息しか出なかったし、善悪相殺の呪いも秀逸。
その章にしか出てこないサブキャラクターですら、やたらめったらカッコよかったりするもの。
こういう枝葉末節にきちんと注力しているのが、作品全体の完成度を高めているよね。

「"正しい"とはどういうことか?」「愛とはなにか?」「人はなぜ生きているのか?」
これら人類が回答を求められている大いなる問いに、一つ根拠ある答えを示してくれる、興味深い作品だった。
評価は★4つ、佳作認定です。あぁ~^村正のスケベフィギュアが欲しいんじゃあ^~~

「生きてたっていいじゃない! 何もできなくたってっ」
「ミミズだってオケラだってアメンボだって、呼吸したり泥食べたり体液吸ったりする以外特に何もしてないけど堂々生きてるでしょ! だから貴方も生きてていいのよ!」
「生きている意味がないって思うなら、逆に考えなさい! こうして生きているだけで意味があるんだ、って!」
「お天道様は意味のないことなんてしないの。貴方が今、そうして生きているってことは、"それでいい"のよ!」

category
ゲーム [★★★★☆]
装甲悪鬼村正