Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

刃鳴散らす 1周目

時は現代。
剣戟と血糊に染められた元帝都・東京を舞台として、その刀を復讐の焔で焦がす青年と、その刀こそを己の存在そのものとした青年が交差する、本格剣劇浪漫ADV「刃鳴散らす」。

和風時代劇なエロゲー枠候補に入れていた今作をたまたま掘り起こしてしまったので、プレイしてみた。
ニトロプラスから2005年に発売された、そろそろレトロ枠に入ってもおかしくないゲーム。
だが、いいものは色褪せない――とでも言うのだろうか、一周目をプレイし終えた現在、控えめに言って、今までプレイしていなかった自分の愚かさにヘソを噛んでしまいたいくらいには面白い。

ちなみに、戦国時代や三国志をモチーフとしていない時代劇エロゲー枠には、和風サイコミステリィADV「カルタグラ」、大正伝奇ADV「月陽炎」なんかがありますよ。

---

現在回収しているのは、弓エンド、一輪エンド、伊烏エンド。

とりあえず、伊烏ルートに入るまでは武田赤音とかいうサイコパスには早く死んでほしかったのに、三十鈴との過去が出た途端、すべての評価が180度変わってしまった。
めっちゃ応援したのに死んでしまって、でもそれも運命のように思えて、なんだかとてもやるせない。

そう思って見ると、弓エンドがものすごいハッピーエンドに思えて仕方がない。
僕っ娘はNGだけど、弓の一途さには惹かれるものがあるし、そしてなにより、伊烏と戦うためだけに生きてきたはずの赤音が、弓のために生きようと剣を取るのは、まるでかつて失ったなにかを取り戻したかのよう。

赤音が失ったのは、たぶん純粋さなのだ。
道場に入り、伊烏に憧れ、技を磨き、正々堂々と試合をしたい――
己を磨いて高みを目指したいという少年らしい純粋な思いは、しかし三十鈴の利己的な裏切りによって粉々に打ち砕かれる。
自分を殺された赤音に、残ったものは強さを秘めた剣のみ。
ならば、かつて失ったものを取り返す道は、もはや一つしかないのだ。

赤音に使い捨てられた瀧川の大隊長が言っていた、「利己的に生きているのに、己がない」「一つの想いだけを己に投影し、己とみなしている」というのは、まさにそれ。
そして、その想いが遂げられた時、もはや彼が生きている意味すらも残っていなかった。

一輪エンドでは、失ったものを彼女のなにかで埋めて、違う道を歩みはじめる。
詳しくは描写されなかったけれど、その「なにか」というのは、多分一輪の母性愛のようなものなんじゃないのかな。
最も人死が少ないエンドであり、最も優しい終わり方でもある。
category
ゲーム [★★★★☆]
刃鳴散らす

刃鳴散らす 2周目+まとめ

2周目をプレイすることで新しい選択肢が現れ、桂葉エンド・笙エンド・石馬戒厳復活エンドと、エンディングの数が増える。
ただ、マジメなのは笙エンドくらいのもの。

とりあえず、唐突なホモ展開はNG。
モニターに向けて「はっ?」「え、嘘でしょ?」「マジ?」連呼してた気がする。
前回の記事で赤音について色々考えてみたけれど、それが伊烏に向けられたものだったとか、ずいぶん的外れなことを書いていたような……。

どこかのレビューで見たけれど、赤音の姉だった武田笙は、記憶を失った鹿野三十鈴その人。
赤音にとっては、三十鈴に自分を慕わせることが三十鈴に対しての復讐であり、伊烏に三十鈴を殺させることが伊烏に大しての復讐だった。
それが果たされたとき、赤音と伊烏の間を遮るものはなにもなくなる。

……はずだったのだけれど、唐突にイシマが復活してくるのは謎展開。
でも、石馬戒厳はヘルシング最終話で女の子になっちゃったアーカードくらいかわいかった。
たぶん制作側のユーモアなんでしょう、あれがきっと。

以下、まとめ。



花散らす 風の宿りは 誰か知る 我に教へよ 行きてうらみむ


シナリオ・テキスト

ストーリーそのものは、そこまで特徴的なものではない。
アメリカンニューシネマ風・黒澤明といった感じ。
ニトロプラスで言うなら、例えば沙耶の唄のほうがシナリオそのものの特質性は高いし、評価も高くなりそう。

けれど、特に1周目のトゥルーエンドの雰囲気なんて、私はとても好き。
結局、立ち絵がある登場人物で生き残ったのって、一輪とソバ屋の女の子くらいだよね。
それでもまるっきりハッピーエンドな雰囲気がすごい。

弓エンドもお気に入り。
ちなみに私が一番好きな映画は「明日に向って撃て!」です。

そして、そのシナリオを彩るのが、センスしかないテキスト。
時には自分に酔っているような装飾過多の、時には剣術指南書のごとく重箱の隅をつつくようなこの文章は、とても私好み。
昼の月とか鍔眼返しとか、本当に出来そうな気がしてくるもの。
おかげで戦闘シーンの説得力がマシマシです。

グラフィック

クオリティはまぁまぁ?
流石に時代がかった絵柄ではあるけれど、使い方と演出がうまい。
おかげでバトルがはかどる。楽しい。

でも、HCGはちょっと手抜き気味。
エロゲーするなら、もうちょい差分を……。

声優

赤音の声優は男性にはできなかったのかなぁ。
それだけが不満。
デュラハン化したときの木村あやかはかわいい。

Hシーン

とりあえず、出てくる女の子には1回ずつHシーンを入れてみました! な雰囲気。
あれ、ソバ屋の女の子はどうしたの?
矛止の会討ち入りで、赤音が女の子をレイプしちゃうシーンはなかなかよかった。

音楽・ムービー

ボーカル曲がイイカンジ。
OPはシンプルながら、ゲームの雰囲気がよく出ていると思う。
ちょっと興味があるなら、OPだけでも一見してみては!

BGMは……どうだったかな、あんまり記憶にない……。

システム

ニトロプラスのゲームって、なんか普通のギャルゲーとショートカットキーの配置違うくない? まぁいいんだけど。
Win8.1でプレイしようとしたら、セーブ&ロード画面を表示させるとゲームが落ちるという不具合。
パッチ当てても直らないので、しょうがないので毎回ニューゲームからスキップして事なきを得ました。
描画OFFだとそれなりに早いので、なんとか……。

総評

え、このゲームって、批評空間で中央値73点・平均値71点なの?
信じられない。こんなに楽しいのに! ギャルゲー界の黒澤明ですよ!
それとも、最近の人は黒澤明なんて好きじゃないのかな。

私はもしかしたら奈良原一鉄のファンになってしまったのかもしれない。
装甲悪鬼村正もやってみようかしら。

剣戟アクション作品で、これを超えるゲームがあるのか? ★4・佳作評価です。
ただし、もう一度言う。唐突なホモ展開はNG。
category
ゲーム [★★★★☆]
刃鳴散らす