Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

Steins;Gate(アニメ) 21、22話

1~20話までも視聴済みだけれど、そのまとめはまた別の機会に。
ゲーム版もプレイ済み。

ここまでは基本的にゲームシナリオを忠実に再現している。
アニメ的には冗長になることが予想される理論部分や今までの回想は省かれているが、2クールに収めるには仕方がないことだろう。

ただ、作画が致命的にひどい。
ゲーム版も初見では「ずいぶん変わった絵なんだなあ」と思っていたが、これを動画として動かすのは難しかったのか。
なまじっかシナリオが面白いだけに、これはとてももったいない。がっかり

---

20話までは、過去のDメールを全て取り消すことで、まゆりを死なせずにすませることができるようになったところまできた。
だが、「牧瀬紅莉栖が死んでいた」という世界線に戻る、つまりまゆりを生かすということは紅莉栖が死ぬことと同義になることにオカリンが気付くところで終了。

紅莉栖と父親に会いに青森へ行く話をしたあたりで確信していたが、やはりトゥルールートを目指すようだ。
22話は、紅莉栖と早朝の秋葉原で別れ、一番最初のDメールを削除しβ世界線に移動する瞬間に紅莉栖がラボに戻ってくるところで終わり。

そしてエンディングで鈴羽からの電話。
ゲームなら、鳥肌モノのエンドロール逆再生のところだ。
アニメは逆再生こそしなかったものの、エンディングがシュタインズゲートのメインテーマになっていた。
いままではイントロのみでメロディには入らなかったが、22話を経て初めてBメロまで流れた。
どこで持ってくるのかと思ったらここか!なかなか良いぞ

---

演出はいくつか違うところがあったかな。
紅莉栖との別れのシーンで、ドクターペッパーを投げるところとか。
あれは正直よかった。切ない。紅莉栖は良い子。

全24話なのか25話なのか知らないけど、退屈だけはしない。
絵はBD版にでもなればマシになるのだろうか。
全ゲームのなかでシュタインズゲートが一番面白いと思うだけに、本当にもったいないアニメだ。
category
アニメ [★★☆☆☆]
STEINS;GATE(アニメ)

Steins;Gate(アニメ) 23、24話+まとめ

最終回まで観終わった。
23話のエンディングでそれをもってくるか!と思った。
24話のはトゥルールートのエンディングソングだっけね?

---

作画は終盤だいぶマシになっていた気がする。
しかしそれは「マイナスではない」程度のもので、原作を知っている人がアニメに期待している(と思われる)「紙芝居のキャラが動いてる感動」や「紙芝居では味わえない演出」など、動画ならではの良さを生かしたものとは言い難い。

もちろん、アニメ版で良かった演出もあった。
例えば、11話で謎のメールが来た後にオカリンが焦ってラボに戻るモノクロシーンとか(何回かあった気がする)、前回も言ったけど22話の紅莉栖の別れのシーンとか。

逆にマイナス点のほうが上げやすいかなあ。
まゆりがゼリー化しなかったり、まゆりの鈴羽の父親推理シーンの根拠でピンバッジのイニシャルの話が削られてたり、綯が萌郁を殺すシーンがなかったり、トゥルールート入るときにエンディング逆再生しなかったり。
23話でも、運命石の扉の世界線変動率「1.048596」の数値の話をして欲しかった。
てゆうかダイバージェンスについてちょっと軽視しすぎじゃね?
ダイバージェンスが気になるのは個別エンドに行くときだからかな…。

---

シナリオが面白いから、観てて退屈はしない。
が、もし興味がある人はアニメ版ではなくゲーム版をやってほしい。
そういう意味で、★2評価にしておきます。
category
アニメ [★★☆☆☆]
STEINS;GATE(アニメ)

たまゆら~hitotose~ 1、2話

カメラと写真が題材な日常アニメ。
1話で感動しちゃうというもっぱらの噂。

---

1、2話は、主人公楓の中学時代と、生まれ故郷を離れて、父親の故郷に引っ越す話。

今は懐かしい銀塩カメラと思い出という組み合わせは、ノスタルジーを刺激するね。
楓がアルバムをめくるシーンはちょっとじーんときてしまった。

2話は、高校の友達の話がメイン。
キャラ付けは割とありがちな感じかな?

2話だけじゃなんともいえないけど、序盤でこれだけ完成度を上げてくると、もしかしたら神アニメになるかもしれないな。
category
アニメ [★★☆☆☆]
たまゆら

時をかける少女 まとめ

筒井康隆の小説が原作なアニメ映画。
夏と言えば、という話の際に出た一本で、気が向いたら見ようと思っていたら秋になってしまった。

原作は十数年前に読んだことがあった。
私の父親の本棚は堅い純文学や新書ばかりで、そこで見付けた筒井康隆は、当時中学生になりたてな幼い私にはとても刺激的だった記憶がある。
その中でも「家族八景」に始まる七瀬三部作がお気に入りだった。

「時をかける少女」は、自分で本屋で買ったような気がする。
ルミネ町田の本屋で買ったことは覚えているのに、この映画を観るまで内容はさっぱり思い出せなかった。
というか、観ても思い出せなかったのだけれど。
「わたしのグランパ」に並んで、筒井康隆にしてはずいぶん丸くて当たり障りのない話を書くんだな、と思った覚えしかない。

---

この映画は原作の20年後、続編という位置づけらしい。
原作も先ほど読み直したけれど、確かに登場人物やそのキャラ付け、起こる出来事などの細部は異なっていた。
が、タイムリープする(原作ではテレポーテーション+タイムリープの複合と表現)女の子が主人公というのは一緒。

原作のほうは起こる出来事も乏しく、人間模様などの描写もほとんどないが、オチが良い。
比して、本作は出来事も人間関係もよく描けているが、タイムリープの説明に乏しく、オチもいまいち。
どちらが良いとは一概には言えないけれど、どちらもそこまで面白いとは思えなかった。

---

アニメとしてのクオリティは並。
あからさまに手抜きと感じられるところはないにせよ、感心するようなところもない。
★2評価にしておきます。
category
アニメ [★★☆☆☆]
時をかける少女

たまゆら~hitotose~ 1~3話

1、2話は2周目です。

1話 わたしのはじまりの町、なので
はじまりの回。
楓の写真に対する気持ち、汐入から竹原へ行く過程が描かれる。

写真は撮ったものだけじゃなく、それを撮った人の気持ちも反映されるもの。
お父さんが写真を撮ったときの気持ちを考えて涙する楓を見ると、ついついうるっと来てしまうね。
楽しかった思い出は変わらない、忘れようとしても写真はちゃんと憶えていてくれる。

私は写真はあまり好きではないけど(ついつい撮ることが目的になってしまうので)、そういう写真はとても良いと思う。
変わらないものって魅力的だものね。
良い意味でも悪い意味でも。

ただ、2周目にして気付いたけど、このアニメは全く影をつけないんだな。
どうもキャラクターが背景から浮いている気がしてしまうよ。

2話 やさしい香りに包まれた日、なので
楓が竹原に馴染んでゆく回。
周りの登場人物の紹介回でもある。
2周目を見ても少し退屈な回だな。

3話 出現!たたかう女の子、なので
香の同級生こまちと、のりえのスイーツ勝負の回。
のりえのツインテールで快活キャラ(NOTツンデレ)はちょっと珍しいかもしれない。
…書いててそうでもない気がしてきた。
麻音の口笛キャラは斬新。うっとうしいけど

気持ちを込めてできることの話。
お菓子作りも、写真も、食べて、見て喜んでくれる人を思って作ると上手に出来ますよ、っていう。
ありがちな話なんだけど、楓のナレーションとレトロなフィルム写真を合わせると、なんだかとても良い雰囲気。
このアニメは雰囲気が良いですね。

さて、いつも一人で自分のためだけにご飯を作っている私はどうしたらいいのでしょうか。
category
アニメ [★★☆☆☆]
たまゆら

たまゆら~hitotose~ 4、5話

4話 潮待ち島に聞こえる音、なので
麻音回。
夏休みに入って、みんなで麻音の実家がある大崎下島の御手洗に遊びに行く話。
御手洗は竹原と同じく街並み保存地区に指定されている。
このアニメはそういうのが好きらしいね!

麻音の実家は旅館で、それを継ぐとか自分のやりたいことをやったらいいとか、そんな話がちょこっと。
ただ、そういう話より、その場所の雰囲気を楽しむ回だったと思う。
というか、麻音の話はそこまで重たくなかったし、制作側もそういうつもりで作ったのではないと思う。
きっと、大事なのは締めの楓の台詞。
楓の声で暖かくてしんみりしたことを言うのはズルいよね!

てゆうか、やっぱり口笛うざくね?

5話 ちひろちゃんがきてくれたよ!なので
1話で出てきた汐入での楓の友達、ちひろが竹原に遊びに来る話。
こういう日常系アニメは、1話ごとに感想を書くのがちょっと大変だな。
特にこれといったオチはないしね。

今回は、友達とか友情といったものがテーマ。
楓もちひろも人付き合いが上手じゃなかったようなので、楓が竹原でちゃんと楽しくやれててよかった!というのと、遊びにきたちひろちゃんもみんなの友達だよ!という感じの。

そして、広島人はまじでお好み焼きをヘラで食べるのですねー。
category
アニメ [★★☆☆☆]
たまゆら

ラストエグザイル-銀翼のファム- 0~6話

11年秋期、フェイト・ゼロの次に面白いと評判なラストエグザイルを観ることにした。
どうやらこれは2期らしいね。
1期はもう10年近く前のアニメのようだ。
2期が面白かったら1期を観るのもありかもしれない。

0話は番宣。
どうやら飛行戦艦とか出てきちゃう系の話のようだ。
ジブリではラピュタが一番好きな私を楽しませてくれそう。

番宣では他に声優や監督のインタビューがあったり、簡単な世界観の説明があったりした。
話題の愛生という声優を初めて見たけど、あの子に惚れてる人がいっぱいいるのだなぁと思うとなんだかとても悲しい気分になった。
それとも声優って2.5次元の存在なんだろうか。

--- 1話 Open file ---

主人公ファムとその仲間たちの立ち位置の紹介、そして物語の始まり。
連邦に奇襲された王国の姫を助けることで、ファムたちは王国に付くことになった。
話よりはビジュアル的に楽しかった。
とはいえ、ラピュタに勝ってるかといわれたら疑問ではある。
神作品と比べるのは酷か。

ファムとジゼルが乗ってるアレは、なんであの構造で飛べるのだろうね。
そういえば「空賊」じゃなくて「空族」なんだね。

--- 2話 Fool's mate ---

オープニング無し、エンディングにオープニング曲を使う。
王国に侵攻する連邦を迎え撃つ話。

王国は連邦に一矢報いるハズが、逆にリリアーナを捕獲されてしまう。
そしてそれを助けに行ったファムとジゼルとミリアは、ルスキニアによって何かをされるリリアーナを見る。
…何かってなんだ。
おそらく空に浮かんでいた三日月のような船、エグザイルを起動させるための儀式のようなものだと思うけど。
エグザイルって古代兵器みたいな扱いなのかな?

そして、どうやら王国は崩壊したようだね。
リリアーナは生きているのだろうか。
絵が綺麗なので見ていて楽しいアニメだ。
ちょこっと作画が怪しかった気がするけど、たぶん気のせいだな。

--- 3話 Light square ---

ファムやジゼル、空族の紹介回。
1~2話の戦闘は、連邦の勝利で終了したようだ。
連邦の皇帝はロリっ子可愛い。
やっぱり彼らの目的はエグザイルを何かすることみたいだね。

メインは空族の生活と、そこに混じってゆくミリア。
空族の矜持、グランレースをもういちど開催したいというファムの夢が語られる。
そういえば連邦の会議でもグランレースっていう単語が出てきたような気がするな。
たぶんスターウォーズのアレを想像しておけば良いのだろうね。

--- 4話 Dubious move ---

伝説の幽霊船、シルヴィウスを捕まえようとする回。
逆に捕まってしまうのだけど。

シルヴィウスをターゲットにしたのは、獲物は大きいほうが充足感は大きく、ミリアを楽しませられると思ったから。
連邦の船を捕らえる条件を「ミリアのため」と呑むのは、連邦軍の戦力を減らし、王国の再興に役立てられると思ったからか。

ファムたちが使ってる小型船は武装してないんだね。
せっかくならナウシカに出てきたみたいなガンシップのほうが燃えるんだけどな。

--- 5話 Touch and move ---

ファムとジゼルは連邦の戦艦を捕獲、ミリアはキッチンを占拠することでシルヴィウス内にトゥラン王国亡命政権を樹立する話。
まったり回、ミリアのメイド服姿に萌える回でもある。

王国は連邦に併合されてしまったので、ミリアは国無き王女になってしまった。
ファムはミリアに国を取り戻し、そしてそこでグランレースを開催してもらうことを約束する。
これでお互いの立ち位置がわかってきたね。
1期を見てればディーオとシルヴィウスの関係なんかもわかるはずなんだけど、まぁいっか

--- 6話 Over step ---

貴族の所有する戦艦を狙うファムが、ミリアを賭けて闇レースをする話。
男装ミリアが見られる回でもある。

レースは強敵が現われたけどファムが勝つ。
分かっていた展開だけど面白かった。

それとは別に、連邦ではルスキニアがなにやら暗躍しているようだ。
こっちの話はあんまり複雑にしないでくれるとありがたいのだけど、難しい注文かな。

---

ストーリーはそこそこ面白い、絵が綺麗だね。
映画までとは言わないけども、なかなか丁寧に作ってある。
2クールモノらしいので、中盤あたりで話がものすごくややこしくなって投げ出したくならないかちょっと心配。

戦闘シーンの迫力がいまいち欠ける気はする。
単に弾幕の描写だけで、実際に撃ったり撃たれたりしているシーンがあればもっと盛り上がりそうなのに。
空族はそういうことをするのとは違う仕事だからなのかな?

あと、なんであの形の機械が空に浮かぶことができるのか、説明してもらえると私はとても嬉しいです。
category
アニメ [★★☆☆☆]
LAST EXILE

たまゆら(OVA) 1~4話

TV版(hitotose)に先駆けて発売されたOVA版を視聴。
TV版1話と2話の間の話。

楓が写真を撮り始めたきっかけになった父親との思い出や、写真についての話がメイン。
楓が切符をもらった写真家の人も登場、TV版のオープニングに出てくるお姉さんは誰?っていう疑問がようやくとけました。

私はあまり日常系のアニメは観ないのだけれど、この雰囲気はとても良い。
言葉にするのは難しいのだけれどね。
変わるもの、変わらないもの、変わらなきゃいけないこと、変われないこと。
思春期の将来への漠然とした希望や不安を、写真という一瞬を切り取るものに写しこんでいる。

まったりしたくなったり、すこしセンチメンタルな気分になったときにオススメなアニメだね!
category
アニメ [★★☆☆☆]
たまゆら

ラストエグザイル-銀翼のファム- 7、8話

--- 7話 Weak square ---

6話で連邦の総統ルスキニアがしていたのは、移民や貴族の粛正だったらしい。
そして、その貴族の所有する戦艦を軍に組み込むために移送するところを、ファムたちは狙う。

この大がかりな鯨取りはファムだけでなく、カルタッファルの他の仲間や、他の空族たちも参戦しようとしていた。
しかし、これは実は連邦の罠で、エサの戦艦に空族が群がってきたところを連邦の第三艦隊に叩かれてしまい、全滅のピンチに陥る。

この戦闘シーンはかなり作り込んであって、見応えがあった。
いままでのなんとなくの砲撃ではなく、撃つカット、被弾するカット、ちゃんと描かれていた。
あとはファムたちの乗る小型機の動きが3D処理されていてぬるぬる動いた。

話は、ファムの機転でなんとか仲間共々ピンチを脱出するも、ファムがシルヴィウスに帰還するところを連邦第一艦隊に追跡されていて、連邦側からミリア王女を引き渡すか撃沈かの二択を迫られるところまで。
とても良い回だったな、次回も楽しみだ。

--- 8話 Distraction ---

シルヴィウスは連邦第一艦隊との交戦を選択、敵の包囲網を突破し戦域からの離脱を狙う。
敵の第一陣はそれでうまくいったが、第二陣に包囲されてしまう。
シルヴィウスは被弾しつつもグラキエスの国境まで逃げ、グラキエス国境警備隊と連邦艦隊が交戦する隙に戦線を離脱。
第一艦隊の旗艦は追ってくるもファムの遊撃により旗艦を撃沈、何とか無事に逃げられたのだった。

また見応えのある戦闘シーンだった。
最初に戦闘に入ったところでなぜシルヴィウスが無傷なのかはよくわからないけども。
連邦の砲撃手のエイムは大丈夫なのか。
それともバリアー的な何かが存在するのか。

あとミリアの一撃で航行不能になってしまう戦艦ってどうなんだ。
空に浮く系のはやっぱりデリケートなんだろうか。
あとであの戦艦は回収しにいくのかな?

ツッコミどころはいくつかあったけど、概ね面白かった。
最後のジゼルの涙はなんなんだろう、ファムおめでとう!だけの涙じゃ絶対ないよね。
戦闘にビビっちゃって何も出来なかった自分の情けなさとか、自分がいなくてもちゃんとファムは飛べるんだっていう無力感とか、そういうのかな。
なんだか尾を引きそうな涙だ。
category
アニメ [★★☆☆☆]
LAST EXILE

たまゆら~hitotose~ 6、7話

6話 それはいつかの日のこと、なので / そしてある日のこと、なので
麻音の口笛についての回。
前半は、幼稚園時代に口笛を覚えるきっかけになった話。
後半は、口笛がきっかけで麻音とのりえが友達になる話。

私は口笛は吹けないし、憧れたこともないからかもしれないけど、あまり口笛って上品なものじゃない気がする。
音程が安定しないのもなんだかとても気持ち悪いし。
それは麻音の口笛が下手なせいか?
どうせ音楽的なことをするなら、せめてハーモニカとかにすれば良いのにね。

それはともかく、おかっぱな中学生の麻音はとても可愛いね!

7話 竹灯りの約束、なので
楓とお父さんの、竹祭りの憧憬の路を見る約束を果たす話。

雨が降って中止になりそうになったり、結局止んだり。
灯籠のメッセージは良かったね。
お決まりと言えばお決まりだけど、ちょっとうるっと来てしまった。

「いろんなことをたくさんおしえてくれてありがとう 天国でも体に気をつけてね」
「あなたと過ごした時間 ずっとずっと宝ものです ありがとう」

昌子さんのメッセージは誰に宛ててのものなんだろう。
恋人と死に別れたりでもしたのかなぁ?
エンディングで号泣してたよねー
category
アニメ [★★☆☆☆]
たまゆら