Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

なつくもゆるる 姫佳ルート

「きっといいことがある。そんな気がするんだ」
「いいこと? それって具体的に言えるか?」
「いいことといったら1つしかないんだぞ」
「なんだよ」
「世界の終わり、に決まってるじゃないか」


そろそろ7月が終わりそうです。最近妙に暑いです。たぶん夏なんです。
だから、積んでた「なつくる」を崩します。
私だって夏っぽいことがしたいんです!

今作「なつくもゆるる」は、「はるまで、くるる。」と同じ製作陣の、すみっこそふと2作目。
よくある四季シリーズの2作目でもある。
ちなみに、今秋に3作目が発売になるとかならないとか。

---

ヒッポカムポス機能不全およびBDNF発達障害。
通称、自殺病。
20年くらい前から少しずつ問題になって、現在では患者専用のこんな学園が作られるまでになっている。


はるくると同じく、どうにもまた一筋縄ではいかなさそうなシナリオ。
序盤はよくある学園モノの雰囲気だったのが、突然クローズド・サークルなサスペンス作品に変わっていく。
ある朝、気付いたら世界は自分たちだけになっていて、その謎を解こうとするうちに敵が送り込まれてくる。

一周目は、強制バッドエンド。
二周目から、個別ルートに入ることができる。
ん、またループモノですか?
……あれ、この感想はどっかでも抱いて、そしてすごい勢いで覆された気がするぞ?

---

最初は、いけない妹ちゃんこと、従兄妹かつ義妹の当麻姫佳から。
声優は、森谷実園。木ノ本華(恋愛0キロメートル)、柳ヶ瀬湊(月に寄りそう乙女の作法)あたりでお世話になっている。
普段の甘辛ロリ声は悪くないのだけれど、Hシーンはそれがキンキンして耳が痛くなりそう。

姫佳ルートは、世界観のさわり(なのか?)と、主人公の過去のお話。
でも、「自殺病ってこういうことなんです!」「発症すると、こういうことになっちゃうんです!」「でも、それはウソで、ホントはこうなっちゃうんでしたー!」って、そんなのアリなの?
まぁ、それもこれから先の3ルート(4ルートあるのかな?)で、さらにひっくり返されそうではあるけれど。

---

現状、「自殺病」とは、「本当に大切な人以外の命なら、奪うことにまったく躊躇がなくなる」「重力を敏感に感じ取れるようになり、異常な重力を発生させることがある」ものらしい。
おかげで、紫穂がいきなりぐっちゃぐちゃで死んでたときにはマジでビビったよ!

確かに、主人公は大切な友達のりねと舜とは戦えない、とか言いながら、姫佳と結ばれたあとは、二人の死体になんの感情も持ってなかったよね。
だから、「本当に大切な人」になった姫佳が殺されて、その反応を見る展開になるのかと思っていたのだけれど、思ったよりすんなりエンディングになった。
なんだか美女と野獣みたいな話だったね。ふとefを思い出した。こんなエピソードあったよね?

さて、このクローズド・サークルは、その人間爆弾と化した主人公たちを観察する実験場だったみたい?
ユウリたちが殺された理由とか、零佳とかいうまりのさんが真っ向から勝負を挑んできた理由とか、ちょっとよくわかんなかったけど。
まぁまだまだ回収されてない伏線があるからなぁ。主人公たちがかかってた病気とか。

「私、お兄さんのこと好きです。理由はわからないけど……。引っ張られるようなそういう気がするんです」


---

姫佳ルートは、シナリオはさておき、いけない妹ちゃんにドキドキするお話だった。
できる系鋭いロリ妹に、お兄ちゃんたじたじです。
初エッチのときの壮大な「おねだり」は、マジでぜんぜん悪くなかったよ!
でもHシーン自体はあんまり萌えなかった。なんでだろう? 声かな? シーンそのものに抑揚がなかったからかな?
紫穂と裏山でいけないことしちゃうのは、なかなか萌えたんだけどなぁ?

「……死ぬって、ああいうことなんだなって。勝手に移動させられて、勝手に持ち物を見られて……。その……自分の意志がなくなることなんだなって」
「私が言いたいのは……。その言葉が通じなくなっちゃう前に、ちゃんと伝えておきたいなって、そういうことなんです。私もお兄さんも、いつか死ぬわけですから」
――だから、姫佳が死ぬなんてことはないって。俺が絶対に守るから!
「そう思うなら!!」
「……そう思うなら、お兄さん。私をちゃんと守ってください。私の気持ちを守ってください」
「コレ以上は、はしたないおねだりしません。これが最後。……ご褒美をください。お兄さん」

スポンサーサイト
category
ゲーム [★★★☆☆]
なつくもゆるる

なつくもゆるる りねルート

なつくる、2ルート目は、ロリ巨乳先輩こと水名りねを攻略。
声優は、木村あやか。
ルサルカ・シュヴェーゲリン(Dies irae)、一柳あかね(ゴア・スクリーミング・ショウ)、依媛奈緒(ヨスガノソラ)、遠近深咲(七つのふしぎの終わるとき)あたりでお世話になっている。
あまり演技の幅のない声優さんだけれど、今回は芯の入ったロリ声舌っ足らず風味なテイスト。
私は結構好きだよ。

りねルートは「重力を感じ取ることができる主人公たちの特異体質」と「人類の生物学的進化」のお話。

---

「狭霧、紫穂さんね。……今年の5月の終わりに自殺してるの」


まず、やはりただのループものではない。
これは「別の宇宙」のお話らしい。
並行宇宙とはちょっと違う。「数ある可能性のひとつ」というような類とは違うからだ。
紫穂も零佳も、前の姫佳ルートのことを知っていたし。
強いて言うなら、「強くてニューゲーム」状態だ。

主人公は、姫佳ルートで目覚めた「重力感知能力」を昔から持っている設定。
姫佳は関係なかったので、序盤でフェードアウト。
りねの能力は……おそらく、姫佳ルートでも持っていたが、巧妙に隠していた――というところだろう。
紫穂については……正直、よくわからない。ユウリが「殺そうとしていた」と言っていたあたりの、ユウリのバックグラウンドあたりに色々隠されていそう。

……というようなことを色々考えていても、あっさり次のループで覆されるからな。
汚い、さすがエロゲー製作者は汚い。

---

「部長は自分が突然変異した人類だって考えているんですね。
 それが、肉食獣が近くにいるのと同じ影響を他の人間に与える、という形で現れている」


りねルートでは、自殺病など存在せず、学園は6-1人のホモ・サピエンスの亜種――マンイーターを観察する実験場と化していた。
ダブルタイドプールから始まる、りねの生物部トークの色々が、すべて人類の進化の可能性についての伏線になっていたとは。
りねが「悪魔」の話をしはじめた時点で、このロリ巨乳が……とは予想はついたが、それでも理系らしいロジックで一つ一つその結論に迫っていくテキストには燃え上がったな。
そして、自分たちが周りの人間を自殺させている証拠をもっと集めなければ結論は出せないという主人公に、りねが言う一言が重い。

「その……。その時は私達が、自殺した方がよくないかな?」


思ってみれば、(元の世界にいた)紫穂も、自分が周囲を自殺させていることに確信を持っていたな。
でも「絶対に自殺しない」とも言っていた。
りねも主人公に説得されて翻意していたけれど、紫穂はどうやって一人でそういう結論に至ったのだろうか?

「私は世界を滅ぼしながら生きてるんだ」


---

シナリオの山場は「狩猟者として獲物の人間を殺すことで、重力使いとして覚醒するりね」だった。
アイのチカラで正気を取り戻すのは予定調和だとしても、こっちもかなり燃え上がったね。
りね視点では本当に人間じゃなくなっちゃってたし、主人公の前に現れたときのCGもほわほわと殺伐が入り混じって、異常なキャッチーさだったし。

それでも、このシナリオの功績は、序盤の怒涛のような「オナニーがバレたりね」の部分だ。異論は認めない。
あそこまで「違うの! これはそういうのじゃなくて!」にきちんと乗っていくパターンは見たことがない。
そしてあれほど聞く耳を持ってもらったのに「そういうのじゃない」ことにできなかったりねのかわいさは反則。
姫佳ルートのときはちょっと自意識過剰気味にウザいロリ先輩でしかなかったのに、あのくだりで一気にハマりました。

……で、次の強くてニューゲームだと、りねは重力使いとしてスタートするんですか?
大丈夫ですか、ゲームバランス崩壊しませんか?
category
ゲーム [★★★☆☆]
なつくもゆるる

なつくもゆるる ユウリルート

なつくる、3ルート目は、クーデレロリっ娘な鹿島ユウリを攻略。
声優は、みる。
クーデレならこの人! なイメージのある声優だけど、この人の出てる作品はそんなにプレイしてないかも。
強いて言うなら、ユカ(ゴア・スクリーミング・ショウ)、紅緒あずさ(最果てのイマ)くらい。
ざらりとしたロリ声が耳に張り付くみたいで、なんだか心地いい。

強くてニューゲームも4回目ともなると、本当に強くなってしまっていた。
学園は自殺病ではなく、ホモ・サピエンスの亜種である「マンイーター」ことグラビティウォーカーのためのものになってしまっていたし、そのプレッシャーのせいですでに街は廃墟になっていた。

ユウリルートは、未来を予知したマンイーターである主人公とユウリが、その未来を変えようと試行錯誤するお話。

---

「この光景を見るまで、自分が死ぬことに……。予知していたのだから現実感はあったけど、実感の一歩手前で止まっていた気がするの。
 きっと、心のどこかで、自分だけは死なないような気がしていたのよ。他の誰かが死ぬことはあっても。
 テレビで交通事故のニュースを見て、気をつけようとは思うけど次は自分かもしれない、と思って怖くなることなんかないわ。交通事故なんか凄く身近な存在なはずなのによ」
「そういうことに感情をぐらつかせてたら生きていけないからな」
「そうね。だけど、今、ぐらついているわ。私は後、何日、生きているのかしら? 予知の感じだとそう長くはないと思うわ」


自らが死ぬ場面を予知したユウリが、自分の身体と引き換えに、主人公に守ってくれるようにお願いするところから、物語は動き出す。
きっかけはさておき、エッチに誘ってくるユウリはぐうかわ。
このゲーム、女の子の口説き文句がとてもよい。
ただしエッチシーンが萌えないのはどうしたことか?

さて、シナリオ上では「予知」と言われていた光景は、単純な未来の光景ではない。
本当に予知なのだとしたら、零佳センセが言っていたように、未来は変えられなかったのだろう。
だが、主人公とユウリが見ていたのは「別の世界線での光景」。
停電も、帯状の雲も、裏山の穴も、殺されるユウリも、殺す主人公も、みんな今までのルートであった事象。
おそらく作中で語られていた「重力だけが別の宇宙へ行くことができる」というような話が伏線なのだろう。

だから、そんな「過去」が強くてニューゲームな「現在」に太刀打ちできるわけがない。
だから、ユウリは死なないし、主人公も殺さない。安心の予定調和。

とは言え、「未来を変えようとあがく」というお話は、よくあるし、なかなかおもしろいもの。
私は昨日ターミネーター2を見たばかりです。とてもおもしろかった。
だから、結局ユウリが死なないのはわかりきっているのだし、このシナリオでももっとそういう試行錯誤を見せてほしかった。
結局、主人公たちが前向きにやったことって「裏山の穴の確認」「ユウリを学園に帰さない」だけだったもの。
零佳とかいうまりのさんは嫌いだけど、肩をぐきぐちされて悲鳴をあげるユウリはかわいかった。

---

ところで、世の中の一般常識たる「気の強い女はアナルが弱い」というのは、いったいなんなのでしょうかね?
どういう性癖をどう歪ませたら、こういう願望が生まれてくるのでしょうか?
たしかに、アナルセックスに超前向きなユウリちゃんには、くらくらしちゃいそうだったですけどもね!

このゲームで一番かわいいヒロインは、ユウリちゃんで間違いない。口癖の「そっ」がクセになる
category
ゲーム [★★★☆☆]
なつくもゆるる

なつくもゆるる 紫穂ルート

「ゲームでゴールになったら嬉しいだろ?
 宿題が終わったら嬉しいだろ? テストが終わったら嬉しいだろ? 小説を読み終わったら快感だろ?
 だったらどうして世界だけは終わったら嬉しくないんだ?」


なつくる、メインヒロインな退廃的ロリっ娘オオカミちゃん、狭霧紫穂を攻略して全クリ。
声優は、有栖川みや美。
和泉桜子(グリムガーデンの少女)、綾小路葵(ジブリール4)、鹿島志鶴(花と乙女に祝福を)、凶月咲耶(神咒神威神楽)あたりでお世話になっている。
しっとりお姉さん系キャラを演じることが多かった彼女だけれど、この破天荒ロリっ娘キャラはハマり役。
ファンレベルが一気に3くらい上がった!

今回の強くてニューゲームは、なんだか宇宙が概念と化していた。
正直、強すぎて意味不明。
紫穂ルートはたぶん、そんな終わりかけの宇宙をなんとか救おうとする話。

---

今までの3ルートの世界を終えて、主人公がグラビティウォーカーとして別宇宙にわたることで「強くてニューゲーム」していたことはわかった。
そして、概念としての狭霧紫穂が、新人類たる主人公・当麻進のみに宇宙を救う可能性を見出し、数々のループを経て、主人公を成長させようとしていた。
けれど、そんないつ果てるともしれない試行錯誤に、紫穂自身は厭いていた。
だが、それは紫穂が身体のない「心だけ」の人間だったからで、身体を持ち、主人公と身体を重ねることで、新しい希望を見出していく。

と一応書いたものの、正直に言って、SFパートはほとんど理解できなかった。
すべての元素が寿命を迎えるほどの遠い未来に、肉体を捨てた概念としての人間が、過去の過ちをやり直そうとするお話なのはわかった。
でも、なぜそれが「狭霧紫穂」なのかがわからない。
ファンタジーが苦手な自覚はあったけど、SFも得意じゃなかったのかなぁ。
想像力の欠如? うぅむ……。

---

紫穂との絡みも、ちょっと残念。
1周目の「肉体」に支配されきって、性欲をもてあましていた、あの流れでよかったのに!
紫穂Aはシーンに出てこなくていいんだよ!

次回、総評。
category
ゲーム [★★★☆☆]
なつくもゆるる

なつくもゆるる まとめ

シナリオ

萌えゲーアワード2013、シナリオ賞、金賞作品。
「はるくる」と同列の、ひと味違ったループものだった。
練りこまれたSFシナリオと、臨場感あふれる戦闘シーンが特に評価されていたらしい。

たしかに戦闘シーンは悪くない。
そこに限らず、サスペンスシーンは全般的に臨場感にあふれていて、読者を惹きつけるものがあったと思う。

しかし、SF展開はちょっと、どうなんだろう……。
個人的には、マンイーターとクローズド・サークルという姫佳ルートの雰囲気が一番好きだった。
他人を自殺させる「悪魔」のくだりのりねルートも悪くなかった。
そこから先のトンデモ展開には、ちょっとついていけない。
「はるくる」のときもよくわからないリクツが繰り広げられていたけど、とても印象的なヒトコトがあったおかげで、私は救われていた。
だから☆4評価をつけたのだけれど、今作は私のような想像力の足りない人間にはハードルが高すぎたようです。

この「強くてニューゲーム」なループは、たしかに真新しくはあるけれど、せっかく今まで把握していた人間関係を一度壊してしまっているというデメリットもある。
だって、裏山でにゃんにゃんしないで、どうやって紫穂が懐いてくれるの? とかずっと考えてたし。
少しずつ変わっていくならいいけど、あそこまで変えられちゃうと、正直戸惑います。

さて、シナリオのもう一方のテーマに「心と体」というものがある。
私個人は、それらは全くの別物で「肉体というハードに精神というソフトが収まっている」、すなわち「心>体」と考えている。
けれど、このシナリオライターは「体があるから感情が生まれ、心がある」、すなわち「体>心」だと言うのだ。

思ってみれば、紫穂は最初から性欲という肉体に振り回されていたし、姫佳も「言葉より体を信用している」と言っていたし、特にユウリルートでのユウリと主人公の距離感に顕著にあらわれていた。
私たちの現実でもよくあることだけれど、一度身体を重ねてしまうと、いきなり距離感が縮まったり、なんでもなかった存在が途端に愛おしくなってきたりすることはある。

「体とはおもしろいものだな。あはっ。私は体の持つ力に、驚きっぱなしだ。
 お腹が減ると不機嫌になる。お腹がいっぱいだと上機嫌。眠くなると寝る以外の全てがどうでもよくなる。子宮がドキドキするとエッチなことがしたくなる。
 人間の感情はほとんど全部、体からはじまっているんだな。なかなか上手に制御できなくて困ったけど、今はこの体が愛おしいぞ」


エッチからはじまるアイもある。
なるほどなぁ、とても興味深い。

オススメ攻略順はなし。一本道なシナリオなので、自動的に決まります。

テキスト

なかなかに輝いている。
このままSF要素を排除して、ギャグゲーとしてもいけるレベル。
ちょっと一つの話題をこねくり過ぎかなーと思わないこともないけれど、これはこれでいいでしょう。

お気に入りは、りねルート冒頭の、主人公の写真でオナニーしていたことをごまかせなかったりね。
次点で、「ケッ、妹の前でかっこつけようとしやがって! 普段は語尾にチンポーンとつけて、喋るくせにチンポーン」。

ただ、パッチは最新のものを当てているはずなのに、誤字脱字が多いのが気になりました。

キャラクター

クーデレユウリちゃんはかわいい。
目玉が飛び出るほどかわいい子はいないものの、ハズレもいない。
あ、なるほど、私にもロリ入ってるから、ハズレがいないのか。

サブキャラである主人公の親友枠、三田舜がアタリだったか。
ヒロインが全員ロリなのに人妻専という安牌で、友情に篤く、ギャグが面白い。いい親友でした。

グラフィック

これは「はるくる」でもコメントしたけれど、立ち絵のバリエーションの多さが特筆に値する。
基本2種類に、腕のポーズがそれぞれ2種類ずつかな。
それが会話の途中でころころ動くので、まるでアニメーションみたい。
スクリプト組むのがものすごく大変だったろうなぁ、と思ってしまう。

グラフィックのクオリティ自体は普通(にかわいい)。

Hシーン

女の子からの「口説き文句」はとてもいいのに、シーンが全然使えない。
とはいえ、この作品でのHシーンのコンセプトが「女の子の吐息」なので、それが好きな人は、きっと耳が溶けてしまうに違いない。
私は「女の子のエッチな台詞」が好きな人なので、ちょっとハマりませんでした。

声優

全体アタリかな。ナイスキャストだったと思います。
お気に入りの声は、りね役木村あやか。

音楽・ムービー

オープニングムービーは、はるくるのほうが断然よかった。
全体の完成度は決して低くない。
だけど、なんだろう、壮大な物語の始まりを感じさせるなにかがないんだよね。
ただの学園モノなら、これでよかったんだろうけど。

OP曲は、聞いてるとクセになりそうなスルメ要素あり。
そういえば、スルメイカは幼いメスに精子を先渡ししちゃうらしいですね!?
BGMはフツー。

システム

過不足なし。

総評

SFシナリオゲー。
1章のイメージと、ラストのイメージの高低差が激しすぎて、高山病になりそう。
SF好きで、大どんでん返しが好きな人にはハマれるゲームかも。

シナリオ的には、ちょっと意味がわからなかったので☆2。
ただ、キャラ同士の絡みテキストは☆4。
総合的には、良作★3評価です。
個人的には、前作「はるまで、くるる。」のほうが面白かった。
category
ゲーム [★★★☆☆]
なつくもゆるる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。