Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

四月は君の嘘 1~3話

MADを突きつけられてオススメされたアニメ「四月は君の嘘」を見ます。
音楽モノらしいというのがきっかけ。
ノイタミナのくせに2クール構成らしい。珍しい。珍しくない?

---

1話 モノトーン/カラフル

14歳、中学三年生の春。
ピアノに挫折した主人公・有馬公生と、現役バイオリニストなヒロイン・宮園かをりの出会い。

母親のためにピアニストを目指していた主人公は、母親がいなくなったことでピアノを弾けなくなる。
けれどヒロインと出会うことで、自分や自分の大切なもののために再びピアノの蓋を開ける――きっとそんなシナリオに違いない。

導入部としてのストーリーは、どこにでもありそうな感じ。
強いて言えば、ヒロインが主人公の友達が好きらしいところが、妙に少女漫画チックかも。
そのヒロインの性格は……第一印象はあんまりよくないね。これからどうなるのでしょうか。

「世界がモノトーンにしか見えない」とか言う主人公をあざ笑うかのように、これでもかと鮮やかな色彩設計。
私はこういう透明感のあるキラキラ系、大好きですよ!

2話 友人A

バイオリニスト・かをりちゃんのコンクールと、「自分らしさ」で音楽を楽しむ彼女にモヤモヤを感じる公生。

つか、気になる男の子との初デートで、自分の演奏を聴かせようってどうなん?
とんでもない自信家だよ!

でも、それもそのはず、バイオリンを弾いてるかをりちゃんはメチャメチャカッコよかった。ヤバい。
クラシックのことは全然わからないけれど、それでも鳥肌モノ。作画の力の入りようったら!
性格サイアクだけど、それでもカワイイ。間違いない。

かをりは、おそらく「自分のため」にバイオリンを弾く。
それは「母親を喜ばせるため」だけにピアノを弾いていた公生には信じられないことで、そんな彼女がまぶしくて、目を背けたくて、けれど心に焼き付いて離れない。

君は春の中にいる。


3話 春の中

ピアノから逃げている公生と、公生にコンクール二次予選で自分の伴奏をさせようとするかをり。

公生は「ピアノの音が聞こえなくなる」らしい。なにかの比喩なのか、事実そうなのか。
意訳すれば、ピアノを弾く理由を失ったから弾けなくなった――ということかな。
ピアノが、自分と母親とを繋ぐ絆だったから。

「私がいるじゃん!」

「私は全力で弾く。聞いてくれた人が私を忘れないように。その人の心にずっと住めるように」
「悲しくても、ぼろぼろでも、どん底にいても、弾かなきゃダメなの!
 そうやって、私たちは生きていく人種なの」
「それが、私の在るべき理由。私は演奏家だもの――君と同じ」


かをりの涙の理由は、正直よくわからない。
気丈に振舞っているように見えただけで、本当にくじけそうだったのか。
在るべき理由を貫き通すなかで、かをりもまた一人ぼっちだったのかもしれない。

そこでパートナーに公生を選んだのは……彼が過去に神童と呼ばれるほどの才能を持っていたから?
それとも、自分と同じ景色を見ることができるのは、公生しかいないと思ったから?
あるいは……?

とにかく、ネガティブな主人公を無理矢理引っ張っていくポジティブな女の子! っていうスタンスは悪くない。
その彼女の脆い一面がちらりと見えたりすると、なおいい。
わかってますね!
category
アニメ [★★★☆☆]
四月は君の嘘

四月は君の嘘 4~6話

4話 旅立ち

かをりのコンクール二次予選。

頼まれた伴奏も、やってみたらなんか上手くいっちゃいました――みたいな都合の良い展開はなく。
やはり公生にはピアノの音が聞こえなくなる。
けれど、今はピアノソロじゃない。伴奏者がいる。
一人ぼっちじゃない。かをりがいる。
そうして、なんとか舞台を終わらせた。のだが……?

公生は、呪いとも言える母親の檻から逃げ出せたわけじゃない。
過去の経験を活かし、くぐり抜けただけ。
問題は、呪いを呪いと認識していないことにあるような?

正直、このあたりの機微はいまいちよくわからない。
けれど、音楽はいつでも自由なもの。
かをりちゃんの台詞は、胸にぐっと来るね。

5話 どんてんもよう

コンクール後、入院するかをりと、行き先を決められない公生。
椿が先輩に告白されたり、かをりと渡が仲良くしてるのを見てもやもやしたり。

公生には、自分の足元すらよく見えない。
ピアノが弾けたから、自分は求められたのか?
ピアノの弾けない自分には、どんな価値があるのだろうか?
母親が、弾けないピアノだけが――過去だけが、現在の自分の在るべき理由のよう。

「それではいけない? 君は忘れられるの?」


それは、失敗したコンクールの最後にもらった、スタンディング・オベーションを。
それは、ステージに立っている時にはたしかに感じられる、在るべき理由を。

彼女は「演奏家」という表現を使うけれど、それは「自分と公生のような演奏の才能のある人間」という意味ではなく、「舞台に立って音楽の世界に身を投げ出すあの感覚を知ってしまった人間」という意味で使っているのだと思われる。
ところでそのかをりちゃん、壮大にフラグを立ててくれちゃってるんですが、さて。

6話 帰り道

ピアノコンクールに参加することを決意した公生と、それを見守るかをりと椿。

かをりは公生を「出来の悪い弟みたい」とか言っていたけれど、それはどこまでが本心なのか。
その二人の距離が縮まっていくことに、疎外感を覚える椿。
それで先輩と付き合うことにしてしまうのだけれど、まぁそういうのってあんまりうまく行かないものだよね。
自分の気持ちに気づいてしまった椿ちゃんは、一体どうするのでしょうか?

ところで、ひょっとしたら、公生にとってこのコンクールが初めて「自分のピアノ」を弾く機会なのかもしれない。
どう音楽を奏でたいのか。
どうそこに自分を表現したいのか。

音楽でも絵でも小説でもなんでもそうだけれど、なにかを創りだすのは苦しいことだ。
戦う相手が自分自身である限り、そこに終わり=勝利は永遠に訪れないからだ。
けれど、自分の力で戦うことを決意したからこそ、前に進むことができる。
うぅむ、青春ですねえ!
category
アニメ [★★★☆☆]
四月は君の嘘

四月は君の嘘 7~9話

7話 カゲささやく

「君は誰だい? 君はどこにいるんだい? さあ――旅の準備はできたかい?」


コンクール前夜。
音楽に自分を表現することを強いられ、自分自身を見つめなおす公生。
ずっと母親に言われるがままにピアノを引き続けてきた彼にとって、手をのばそうとも求める答えは見つからない。
あるとするならば、たった一つ――

「キミはキミだよ。キミらしく――なんて曖昧なものじゃない。なにやったって、変わったって関係ない。
 キミは、どうせキミだよ」


自分は自分にしかなれない。
その自分が、どうしてピアノに向かおうとするのか?
――弾きたいからだ。
とどのつまり、答えはそれしかないのだ。

8話 響け

コンクール前編、公生のライバル・相座武士と井川絵見回。

二人とも幼少の公生を見て、ピアノに向かってきた。
相座武士は、公生に勝つため。井川絵見は、公生を否定するため。
ライバルという意味では、二人は似ている。

相座は、常にコンクールで自分の上に立ち続けていた公生に勝つことで、自分の成長を実証する。
清く正しいライバルであり、敵は常に今の公生だ。

けれど絵見は違う。
絵見は、初めてピアノを演奏した頃の公生に憧れていた。
あの頃の彼のように、人を感動させる音楽を奏でたい――その憧れを持ち続けてここまできた。
だからこそ「コンクールのために」弾く公生を、その舞台で下さなければならない。
それこそが、自分の歩んできた道が正しかったことを証明する、唯一の方法なのだから。
彼女の敵は過去の公生であり、その彼に憧れた自分自身なのだ。

9話 共鳴

コンクール中編、有馬公生の過去回。

公生は、単に母親の操り人形としてピアノを弾き続けていたわけではなかった。
ただひたすら、母親に喜んでほしかっただけ。
努力のみならず、その想いすら否定されたとき――

それは舞台に立つのが恐いのに似ているかもしれない。
自分の努力が、歩んできた道が、存在そのものが、全否定されてしまうかもしれない。
その舞台で、公生は自分自身を否定してしまったのだ。
母親のためにピアノを弾く自分がいなくなったとき、残されたものはなにもない。

いくら自分や他人のためにピアノを弾こうとしても、その礎となるものを築き上げたのは、母親で違いない。
それを使おうとする限り、母親の呪いは解けやしないのだ。
category
アニメ [★★★☆☆]
四月は君の嘘

四月は君の嘘 10、11話

10話 君のいた景色

コンクール後編、公生がピアノを弾く理由。

今まで通りに弾いたって、うまくいくはずがない。
母親のためにはもう弾けないし、自分のために弾こうにも、その自分とは一体?

あの時、君はなんのためにバイオリンを弾いたのかな……。


一度は演奏を止めてしまい、それでもピアノの蓋は閉じられない。
音楽の向こうに透けて見える、自らの在るべき理由。
思い出されるのは、君のいた景色。

放課後の音楽室、柔らかい午後の日差し、カーテンを揺らす春風、迷い込む桜の花びら。
遠い喧騒と、近い寝息。

僕は、君のために弾こう。


11話 命の灯

コンクールの後、次の一歩。
覚悟はできていたと言え、妙に潔い負けっぷりを見せた公生。
試合に負けて勝負に勝ったとはこのことか?

僕は旅をする。
降り注ぐ拍手――自分の音楽が届いた、あの瞬間を追い求めて。その後姿を追い求めて。
いつかきっと、肩を並べられる、その日が来るまで。


どこかへ旅立つことができる――
そう思えるようになっただけで、とても大きな成長だ。
気になる女の子のために弾くピアノは、音に命を与えるのかもしれない。

---

今更だけど、このアニメはずいぶんとセリフがクサい。
モノローグなら許そう、でも会話文で多用しすぎだよ。
14歳だよ、もっとストレートに行きたいよ。それとも14歳だからこそ、なのか?

あと、誰か見え見えのフラグを折る方法を教えてください。
このままじゃかをりちゃんが死んでしまいそうです! 助けて!
category
アニメ [★★★☆☆]
四月は君の嘘

四月は君の嘘 12~14話

2クール目に入り、OPとEDが変わっていた。
なんだかずいぶん手抜きになったような……。
そしてこのアニメ、曲のチョイスが私の音楽性とは合わないようです。

12話 トゥインクル・リトルスター

エキシビジョンマッチこと、ガラ・コンサート前日。
かをりが選んだのは、公生の母親の思い出の曲だった。
過去の母親の影から抜けださなくちゃならない、公生への試練のようなものかな。

そんなことより絵見ちゃんがぐうかわ。
レギュラーなヒロイン陣より全然かわいいよ、どうしたの!

そういえば、この作品は星にずいぶんこだわりがあるらしい。
妙にきらきら星を推してくるね。
そして、そろそろかをりちゃんがじっくり立ててきたフラグが実を結びそうな件。勘弁して

13話 愛の悲しみ

ガラコン当日、行方不明のかをり、一人で舞台に立つ公生。
公生はとうとう母親の呪縛から解放されていた。
ああいうのを音楽の力とか言うみたい。

主人公がヒーローとして復活した喜びよりも、テンション上がってる絵見ちゃんが見れたほうがよほど嬉しい。
そういえば、椿ちゃんもなにやら……?
というか、かをりちゃんがとうとう……。

14話 足跡

入院するかをり、自分の気持ちに気づく椿。

幼馴染としてはありがちな椿ちゃん回。
近すぎて気づかない――気づきたくない距離ってあるよね。
それを砂浜につけられた素足の足跡で表現するのは、全然悪くない。
そして一番かわいそうなのは先輩っていう。

というか、公生もなんであそこまでフラグを立てるかなあ?
「また学校に来るよね? いなくならないよね?」を二回も言うなんて、もう完全にダメなやつだよ!
母親との死別は、公生の成長に必要な出来事だったのかもしれないけど、かをりちゃんは……。
category
アニメ [★★★☆☆]
四月は君の嘘

四月は君の嘘 15~17話

15話 うそつき

椿→公生→かをり な三角関係っぽいお話。
新キャラも出たよ! OPにいたから気になってたけど、成長した小春ちゃんじゃなかったんだ!

最近、動画が若干適当。前半で時間と予算を使いすぎてしまったのだろうか?
演奏シーンが全然動かないんです!
オーラスに向けて溜めてるのなら構わないのですが

「いてもいなくても一緒じゃん!」「なら一緒にいる」のくだり、悪くない。
悪くないけど、傷ついた女の子に優しくするのって、もうあのあれですよね。ジゴロですか?
月が綺麗だ、とか必要だったんですかねえ?
まぁ本当に傷ついてるのは先輩なワケですが。だから言ったじゃん……。
女の子ってこういうとこあるよね

今は一緒だろうとも、踏み出すべき未来では、きっと。
それは彼女もまた。

16話 似たもの同士

凪を生徒に取る公生と、公生との身代わりデートを楽しむかをり。

新キャラ・凪ちゃんの自己紹介を全然真面目に聞いていなかったのだけれど、偽名を使っていたんだね。
藍里と名乗っていたけれど、本当は相座。相座武士の妹だった。
お兄ちゃんが公生ばっかり見てるから、公生を倒して自分を見てほしい、こういう理由か。
なるほどブラコンが出たぞー!

そして、かをりちゃんに残された時間は本当に少ないらしい。
だから「人の記憶に残る」ことにこだわっていたのだね。
いちご同盟はよく知らないのだけれど、あの話は最後はどうなったんでしょうか。

17話 トワイライト

かをりの現実を受け止めきれない公生と、くるみが丘中学学園祭前日。
まったく人間臭く公生を思う椿ちゃんも。

母親のためにピアノを弾いていた公生は、母親を亡くしたことでそれに囚われる。
ならば、かをりのためにピアノを弾こうと思った公生が、かをりを失いそうになったなら?

「誰かのために演奏するのは、思ったより大切なことだよ」


それは音楽に限ったことじゃない。
結局人は人との繋がりの中でしか生きていけない。
誰かのためになにかをする――というのは、陳腐なようだけれど、とても大切なことだ。

けれど、変わらないものはない。
だから記憶に刻もうと必死に練習するけれど、それでも大切な人だっていつかは去っていく。
それを乗り越えることを成長というのなら、月日の流れはあまりに残酷だね。

思えば、かをりを失いそうな公生と、公生を失いそうな椿という構図もよく似ている。
みっともなく足掻く椿ちゃんのほうが好感度高し!
category
アニメ [★★★☆☆]
四月は君の嘘

四月は君の嘘 18~20話

18話 心重ねる

学祭での凪との連弾、その後。

公生が凪と学祭に出ようとしたのは、くじけかけたかをりを励ますためだった。
誰かになにかを伝えたい、その思いを持たせた張本人を叱咤激励するため。
それが連弾である必要性はよくわからなかったけれど、届けたい気持ちがある点では一緒だからいいのかな。

ところで、相座の隣にいたセーラー服の女の子はどちらさま?

19話 さよならヒーロー

それぞれの道を歩み始めた彼らと、東日本コンクール。
久々の絵見ち登場回! かわいい!
でも柏木さんも悟り系女子かわいい!

子供の頃の憧れのヒーローは、自分の作り出した幻。
目指す場所が違うことを知っても、それでも積み重ねてきたものは嘘を吐かないのだ。
表現者の孤独と、人と繋がらずにはいられないジレンマのようなものが透けて見えるね。

20話 手と手

椿の恋と公生の恋、かをりにやってくる時間。

やっぱり椿ちゃんはものすごく人間臭い女の子だ。
自分が悩みぬいたんだから、公生も悩めばいい。
その気持ちは、たしかに人間としては正しいものなのかも。好き嫌いは分かれそうだけど。
でも、たしかに前に進んでいる証ではあるよね。

椿のフェアなところは、公生のかをりへの気持ちもきちんと自覚させたところ。
そのフラグのおかげで、かをりちゃんがえらいことになってしまっているっぽいけどね!
リハビリをはじめたあたりで死亡フラグ回避かと思っていたのに!

しかし、猫が轢かれるくだりはともかく、飛行機のくだりは必要だったのか? 作者のセンスがわからん。
「調子乗って余裕こいてんじゃねーよ、練習しろカスが!」をかをりちゃんに言わせるのはわろた
category
アニメ [★★★☆☆]
四月は君の嘘

四月は君の嘘 21、22話+まとめ

21話 雪

かをりの手術と、公生のコンクール本戦・前編。

音楽が大切な人を奪っていく。
かをりの病状の悪化は、母親の逝去と重なって見えてしまう。
けれど、そこが海の底だろうとも、もう一人じゃない。
幼馴染、親友、ライバル……いろいろな人に支えられて、いまここにいる。そういうことに気がついたんだろう。

しかし、かをりちゃんは感情の振れ幅が大きすぎやしませんか。
それが彼女の魅力なのか。あるいは病気。
あ、病人でした……。

最終話 春風

コンクール後編、その後。

思えば、かをりちゃんがきちんとバイオリンを弾いたのは、初対面の2話以来。
演奏シーンはなかなかのもの。引きこまれたね。
曲のチョイスもよかった。

誰かになにかを伝えたい。誰かの記憶になりたい。
いま自分がここにいる証を残したい――
かをりは彼女の人生を精一杯生き抜いた。
彼女の残した証は、公生をたしかに成長させていた。
それがかをりの願いだと、公生もわかっていたんだろうね。

最終話が気にくわないという声も聞いたけれど、私は上々だと思います。
無駄に涙を誘ってこないのも、蛇足がついていないのもいい。
最後の最後でタイトルの意味がわかるお手紙もいい。
いい最終回でした。

---

まとめ

音楽を通して、自らの存在意義を見つけようとする少年少女の青春物語。
「いちご同盟」にかなり影響を受けているようだけれど、そのお話を読んだことがないので、そういうレビューは余所で見てみてください……。

作者のセンスなのか、監督のセンスなのかはわからないけど、台詞回しがやたらとクサい。
そのクサいシーンを何度も回想で使ってくるので、更にキラキラ。
これは好き嫌いが分かれそうなところ。

投げっぱなしのフラグや、突如出てくるキーワードなど、時々戸惑うような点もあった。
けれど、キャラクターの立ち位置は一貫していて、それはなかなかに清々しいものでした。

作画は上々。音楽もののネックになる動画もまあまあ。
序盤の演奏シーンにリソースを使いすぎてしまった感もあるけれど、取り立てて言うほどじゃないかな。

総合評価は、最終話の後味の良さでオマケして、★3良作をつけておきます。
四月に君が嘘をつかなければ、がらりと違った物語になっただろうけれど、傍若無人天真爛漫なフリをしていただけで、君はやっぱり乙女でした。
category
アニメ [★★★☆☆]
四月は君の嘘