Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

加奈…おかえり!! 夕美エンド

残念なお知らせです。
私、自分を重度の妹フェチだと思っていたのですが、どうやら違うのかもしれません。

衝動的に究極の妹ゲー「加奈」をはじめたところ、なぜか妹・加奈ではなく、幼馴染み・夕美とのエンディングを迎えました。
世界一のお兄ちゃんになろうと思っていたのに! どうしてこうなった!!

加奈を傷つけたくなかった。
でも、夕美も傷つけたくなかったんだ。
そしたら、夕美とセックスしてるとこ加奈には見られるし、加奈といちゃいちゃしてるとこ夕美には見られるし、もう最悪。

でもたぶん一番最悪なのは、八方美人な選択肢しか選べなかった私なんだろうね。

---

プレイしたのは「加奈 ~いもうと~」のリメイク版、「加奈…おかえり!!」。
リメイク版は、フルボイス化+原画の描き直しだけで、シナリオは同一の模様。

兄性に目覚め、病弱な妹を守ろうと決意することで人間的に成長していく主人公。
けれど、妹への気持ちは、いつしか異性へのそれと色彩を似せていく。
兄妹愛と異性愛の間で揺れ動くうちに、彼の目からは、妹以外なにも見えなくなってしまう。
そして、その妹が消えた日以来、彼の目はなにも映すことはなくなった。

結局、主人公は最後まで夕美を愛することはない。
付き合っている最中だって、夕美に加奈を重ねて見ているだけだし。

そんな主人公の不純な想いを、夕美も理解している。
理解していて――なお、好きでいることがやめられない。
夕美が傷ついていることを理解しているからこそ、受け容れられない。
加奈への想いが顕在化してしまった今、夕美を受け容れてしまうことは、主人公のトラウマになった小学生時代のラブレター事件と同じか――あるいはそれよりもひどい裏切りに違いないから。

大切にしてきたもの。
なにもかも犠牲にして――好きだと言ってくれた女の子を裏切ってまで、自分のものにしたかった存在。
それは、もはや加奈ではない。抽象的な自分そのもの。
加奈の死を受け容れることは、自分の存在を否定することと同じ。
だから主人公は心を壊してまで、執拗に妹の姿を追い求め続ける。

そんな出口のない袋小路のような、色のない世界にも、まだ残っているものがあることに気づく。
それが、夕美の献身的な愛だった。

ならば、どうしてそれは残ったのか?
夕美は「本能」という言葉で主人公を好きな理由を述べていたけれど、それも小学生時分の「兄」に目覚めた主人公の姿を見ていたから。
言い換えれば、加奈がもたらしたものだとも言える。
だから、主人公は夕美を――加奈の死を受け容れることができたのだろう。

---

夕美ルートは、かなりどろどろして、どうにも後味のよろしくないシナリオだった。
狙って作ったのなら、それは大成功です。

後味を悪くしている原因は、夕美の負い目と、主人公の負い目に、釣り合いが取れていないような気がしてしまうからかな。
どう考えても、主人公のほうが夕美にひどい仕打ちをしているように思える。
夕美はいったいどうやって自分の心に整理をつけたのだろう?
あるいは、本当に整理がついているのだろうか?

また、主人公の思いにも、やや疑問符。
夕美を失いたくなかったのではなく、これ以上なにも失いたくなかっただけではないか?
ひいては、加奈を守りたかったのではなく、自分を守りたかっただけではないか?
そんな疑惑までかけてしまう。

「この……いくじなし!」
「加奈ちゃんと一緒に、この世から消えるなんてできっこないんだよ、隆道君はこれからも生きていかなくちゃいけないんだよ?」


十年も想いを持ちつづけるなんて、並大抵の強さじゃない。
夕美は、だから主人公を愛しつづけることができるのかもしれない。
彼女もまた、これからも生きていかなくてはならないのだから。
スポンサーサイト
category
ゲーム [★★★☆☆]
加奈 ~いもうと~

加奈…おかえり!! ノーマルエンド

前回の夕美エンドの記事において、私は加奈に対する主人公の想いの純粋さに疑惑をかけていた。
本当に加奈のことを大切に想っているのか? と。
今回、ノーマルエンドを経て、その疑惑は確信へと変わった。

しかし、それは主人公のせいではなく、曖昧な選択肢しか選ばなかった私のせいだった。
加奈も大事、夕美も大事。でも、一番大事なのは、自分。
そうして、加奈のためではなく、自分のために加奈を大切にしていたから、加奈を失ったとき、自分をも失ってしまったのだろう。
そういう意味では、選択肢式のアドベンチャーゲームとしては、本当によくできていると思う。

ノーマルエンドでは、主人公は加奈の想いに応えるため、加奈を大事にする。
加奈を失っても、加奈を大切にする想いまでは損なわれることはない。
だから迷路に足を取られることもないのだ。
そして最後、加奈は伝えることの許されなかったその想いを、たった一つの言葉に込め、レコーダーへと吹きこむ。

ラストシーンは、正直に言って、感動的だった。
これを「ノーマルエンド」と言うのはもったいないほど、きれいにまとまっていた。
「死にたくない」の慟哭を経てのアレは、ヤバいよ。ヤバすぎだよ。
小学生並みの感想だけど、この一言で伝わるはず。日本語ってすてきだよね。

---

鹿島夕美について。
彼女は、賛否両論あるキャラクター付けがなされていると思う。
というか、否定的意見のほうが多いのではないだろうか?

夕美はたぶん間違いなくナルシストで、すぐ悲劇のヒロインになってしまうタイプの女の子だ。
だから、加奈が死に瀕していても、その事情を自分の価値観でしか測れないし、加奈の死をあまつさえ自分の恋路に利用しようとさえする。
正直、ちょこちょこ顔をのぞかせる夕美の自己中さには、私もイラッとさせられた。

そんな彼女のワガママは、飽くなき生への欲求とも言えるもの。
自分が可愛くて仕方がないから、幸せになりたくて仕方がないのだ。
性欲が強いのも、生のエネルギーの顕れなのだろう。

けれど、夕美は自己中だけど、悪人じゃない。
彼女の欠点は、使いようによっては、明らかな長所となる。
自分が幸せになるために、主人公を幸せにしようとするのだから。
事実、夕美エンドでもノーマルエンドでも、主人公が加奈の死を乗り越えられたのは、夕美の生のエネルギーのおかげだろう。

過程は正しくなくても、最後はハッピーエンド。
そんな、塞翁が馬のようなヒロイン――それが、鹿島夕美なのだ。

こういう女の子、まるで人間っぽくって、私はぜんぜん嫌いじゃないよ!
一緒にいたら、ぐいぐい引っぱってってくれて、気づいたら毎日楽しくなってそうだし!
category
ゲーム [★★★☆☆]
加奈 ~いもうと~

加奈…おかえり!! 知的ルート第1エンド


知的ルートと銘打たれたいくつかのエンディング群は、小中学生の妹に本を読ませまくると、妹が賢くなって迎えるものらしい。なんだそりゃ

賢くなるってのは、小難しい単語を使うようになったり、アポトーシスについて語ってくれたりするようになることを指すのではなく、他人の態度や自分の病状から「死期を自ら悟る」ことを言っているんだと思う。
それは、本の知識ではなく、叔母の死に触れたことも多いに関係しているに違いない。
(知力を上げる選択肢と、須磨子さんのエピソードに関係性がなかったらごめんなさい)

色々なことを知り、けれど病院から出られない加奈の実体験は、知識にまったく追いつかない。
まるで頭でっかちのようになっていく加奈。

「……私もそろそろ自立しないとって思って」
「いろいろ、考えてるの」
「……兄さんだっていつまでも家にいるとは限らないし」
「……お父さんやお母さんに心配かけないようにしたいし」
「……勉強だってしなくちゃ、本だってもっとたくさん読みたい」
「……考えたいことだってたくさんあって……あって……」
「兄さんにもキレイな恋人ができた……し……」

「けど……けどね……わたし……何もしてなくて……生まれてから何もしてな……叔母さんは死んじゃうし、お兄ちゃんは彼女できるし……わたしだけ時間が止まってて……何かしなくちゃって思って……なのに身体は痛くて……」
「つらくて……寂しくて……」
「恐くて……」


いくら賢くなって「死期」を知っても、「死」そのものを知ることはできない。
それは誰もがその存在を知っているにも関わらず、未だ解明されていない大いなる世界の謎の一つだからだ。

自分に残された時間はあと少し。彼女は焦る。
誰もが前に進んでいるのに、立ち止まっているのは自分だけ。
けれど、焦ってもなにもできない。

しかし、あるとき、彼女はふっと気づく。
自分をなによりも大切に想ってくれる人のこと。
そして、自分もその人を心の底から大切に想っていること。
それは、おそらく海に行き、彼の背に負ぶわれたとき。
あるいは、自分を大切に想うあまり、抱かないという決意を見せられたとき。

生きられなかったことは悲しい。
けれど、後悔はしない。
彼女は、彼女の人生で、彼女だけのたからものを手に入れ、世界が終わった後でも、それは続いていくのだから。

「今まで……どうだった?」
「生まれてきて、良かった。だって……大好きな人と過ごした時間なんだもの」


そうして彼女は雪のように、ただ溶けて消えていくのだ。

---

なんだか終わりかたそのものは、ひどく無難なものだった印象。
妹とエッチしちゃうとまたがらりと変わってくるのかもしれないけど。

しかし、須磨子さんのエピソードは完成度高し。
香奈ちゃんの前ではまるでお姉さんな加奈ちゃんは、とてもほほえましかった。

というか、日記はどうしたんだ?
読んでね、って言ってたよ! 読んでないよ!
でも読まれたらまたヤバそうだから、このまま忘れててもいいんだよ!
category
ゲーム [★★★☆☆]
加奈 ~いもうと~

加奈…おかえり!! 知的ルート第2、第3エンド

知的ルート第二エンドは、加奈の日記を読むことになる。
それ以外は、妹とエッチしちゃう以外、第一エンドとほぼ同じ展開。

加奈の日記には、死そのものについての考察が書かれている。
「なぜ人は死ぬのか?」「なぜ人は死を恐れるのか?」

---

この疑問を、彼女はこう結論付けていた。

人は生きるために死ぬ。
人は生きたとき、死の恐怖を克服する力を手に入れる。

私が書いてしまうと、ものすごく薄っぺらく見えてしまうけれど、彼女の人生においてそれは真実で、そして説得力に満ちていた。

では、「生きる」とはなにか?
それは、彼女にとって、海を見に行くこと。
明日が、今日よりもすばらしい日になると確信すること。

願わくば、明日のわたしが、今日のわたしより優れた人間でありますように……。


---

知的ルート第三エンドは、ほとんど第二エンドと同じ内容。
夕美に優しくしておくと、少しだけエピローグが変わる。

夕美が少し大人になって、人の気持ちが慮れるようになる。
ただそれも、主人公に対する後付けのフォローにしかなっていない感じ。
まぁ夕美ちゃんにとってはなかなか辛い恋だったからね、こういうきれいな終わりかたもあってしかるべきだよね。

---

悟りきった妹ちゃんと比べてしまうと、全体的に主人公が幼稚に見えてしまうシナリオだった。
「泣けない」のくだりはちょっとしつこい。
そして、妹ちゃんの死を乗り越えたあとのエピローグ、主人公のはっちゃけっぷりがすごい。どうした?

ともかく、運命を見つめ、それを克服した妹は、それはそれは凛々しくて格好いいものでした。
category
ゲーム [★★★☆☆]
加奈 ~いもうと~

加奈…おかえり!! ベストエンド


ベストエンドを回収し、全クリ。

まず最初に一つだけ。この分岐は禁忌を犯している。

加奈生存エンドでもあるこのルート、他ルートでは適合していなかったHLA型が、理由も根拠もないまま、完全に一致する。
理由があるとすれば「加奈を生かすため」。

オチありきで展開をこじつけるこの手法は、私は嫌いです。
こんなの、正統な展開を考えられないシナリオライターの怠慢だし、今までの主人公や妹ちゃんの努力を愚弄している。
こんなテキトーなオチでいいなら、もっと早く加奈ちゃんを助けてほしかった!
シナリオライターは、黒澤明の映画でも見て勉強してください。

---

それ以外は、キレイにまとまった、妹モノの教科書になるようなシナリオだった。
新鮮さがないのは、それだけ王道をいっているからかもしれない。古いゲームだしね。

妹ちゃんは快復し、一時は兄妹で結ばれる。
けれど、互いを思いやり、あえて違う道へと一歩を踏み出す。
それは別れのようであり、二人の新たな物語のはじまりでもあるのだ。

総括は次回記事で。
category
ゲーム [★★★☆☆]
加奈 ~いもうと~

加奈…おかえり!! まとめ

シナリオ

タイトルが示すとおりの、純愛妹ゲー。
メインヒロインは、健気に兄を慕い続ける病弱な妹・加奈。お涙頂戴モノとしては王道中の王道だね。
シナリオライター・山田一こと田中ロミオの処女作でもある。

シナリオの構成は、よく考えられていると思う。
兄妹の間柄も、様々に工夫された細かなエピソードのおかげで、すっと入ってくる。
人の感情を揺さぶる小話が多かったのは、ライターの手腕そのもの。小学生時代の夕美のウザさとかね。
それと同じく、遭難した加奈を探しに行くことからはじまる「妹を守ることで主人公も成長できた」というエピソードが、単なる妹萌えに終わらない、物語の深みのようなものに繋がっているように思う。

そして、普通の人よりもずっと死に近いところにいるヒロインの口から出る「人生」や「死」といった諸々は、とてもリアルな質感を持って私たちに語りかけてくる。
それは、ひたすら加奈のリアルを追い続けたシナリオの賜物でもある。
だからこそ、彼女を翻弄する運命は、私たちにリアルな感情を呼び起こすのだろう。

初出からは早15年が経つゲームということで、話の展開に新鮮さはあまりない。
それは、このゲームがあまりに王道を歩みすぎていて、近年の作品がどうしても本作に似てきてしまうからだろう。

欠点と言わせてもらえるのなら、この半分以上を過去回想が占めるというストーリー構成は、あまり私の好みではない。
タイタニック方式とでも呼ぼうか、最初に「現在」が提示され、そこへと向かうように「過去」をなぞるやりかた。

もちろん、このタイタニック方式にも、色々とメリットがあるのはわかる。
ただ、私の好みではない、という話。
結末がわかっていると、なんだか冷めちゃうんだよなぁ。

それと、近親相姦(というか、エロゲーそのもの?)を「穢らわしいもの」と断じてしまう人たちの気持ちがなんとなくわかってしまうのは、どうしたことか?
加奈に言い寄る男の影をすべて追い払わないと、ベストエンドへは入れない。
このあたりに、なんらかの歪みが表れているように思う。
なんというか、歪んだ独占欲というか、加奈を偶像化しようとしすぎというか……。

あ、二次元に恋をするためには、これは決して悪いことじゃないんだよ!?
二次元の女の子たちは、いつでも清く美しい。それは間違いない。
加奈ちゃんはいつまでも穢れなき天使のような妹なのだから。

私が言いたいのは、主人公が「加奈はいろんなことを知りたくても知れなかった身体なんだ」とか言ってる横で、加奈を独占し、依存していくその様子は、まるでダブルスタンダードみたいで、あまりスマートじゃないんじゃないのかなぁ? ということです。

ルート別評価
  ノーマルエンド・追憶 > 知的ルート第二エンド・おもいで > 夕美エンド・迷路から

ノーマルエンドこそが至上。
遺言でアレはずるい。たぶんこのゲームで一番の泣き所なんじゃないでしょうか?

知的ルートは、三つにも分ける必要がなかったような気もした。
どれも大差ない出来だけど、加奈の日記を読んでくれる第二エンドを推しておきます。

夕美のことを知らないと、このゲームは十分には楽しめない。
ということで、第三位は夕美エンド。
夕美ちゃん、けっこういい子なんだよ? いやマジで!

テキスト

文章そのものは、田中ロミオにしては比較的素直なもの。
装飾はほとんどないが、その分、すっと馴染む効果があるのかもしれない。

まれに出てくるギャグ要素が、地味に面白い。
私のお気に入りは、中学生時代、水族館でタコに巻きつかれて涙目になった妹ちゃんが、おやつにタコ焼きを所望するくだり。

グラフィック

絵柄だけ見れば、やはり古いゲームなことを確認させられる。
ただ、よく手を掛けて作っていることがはっきりとわかる、いいクオリティ。
なぜかHシーンがGIFアニメみたく動くしね!

全90枚弱のCGのうち、Hシーンは20枚程度のみ。
残りはすべて日常シーンでのカットイン。
これだけで、どれほどシナリオに注力したゲームかがわかると思う。

Hシーン

儀式。
使える人はどうぞ!

音楽

挿入歌の使い方は、まるで時代を先取りしているよう。
他の人の感想を読んでいる限り、それで涙腺崩壊、なんてことも多々あったりするらしい。
その歌自体がヘタっぴなのは……ご愛敬ということで。

声優

可もなく不可もなく。
幼少期から成長していく過程をきちんと表現できてたのは、クオリティ高し。

システム

古いゲームとは言え、一通りの機能は装備。
欠けているのは、ボイスをもう一度再生する機能くらいかな。

それよりも、選択肢の量が多すぎる。
古いゲームにありがちなんだけど、なんでなのかな?
エンディングが6つもあるので、かなり周回させられました。けっこうめんどい

総評

エロゲーらしからぬ、リアルな兄妹模様を追求した純愛ゲーム。
ぜひエロゲー初心者にオススメしたい一品です。
私のように、雑食気取りで鬼畜ゲーにばかり好んで手をつけてしまうような人間には、加奈ちゃんのピュアさはまぶしすぎるよ……。

私の評価は★3つ、安心して薦められる良作でした。
category
ゲーム [★★★☆☆]
加奈 ~いもうと~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。