Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

カルマルカ*サークル 共通ルート

13年10月、「はつゆきさくら」のSAGA PLANETSから、新作が発売された。
世間ではなかなかな高評価を得ていた前作だったけれど、私としては今一つ。
けれど、テキストでのギャグセンスが輝いていたのは間違いない。
その残滓に期待して、手を付けてみることにする。
……シナリオライターが違う点が、とても気になるのだけれど

---

主人公は、暴力事件を起こして故郷に出戻ってきた高校生。
その短気さが「摩可」という呪いからもたらされたものだとして、6つの罪を持つヒロインたちと「星渡り同好会」に所属し、「七人の罪人」として「カルマルカ」に「接続(アクセス)」しようとする。

とりあえず、共通ルートは全体だらける。
キャラはかわいいのだけれど、シナリオの大筋に関係のないところで引っぱりすぎ。
どうせ喧々諤々するのなら、学園祭の出し物じゃなくてカルマルカの調査でやってほしかった。

どうして「星渡り同好会」なのか?
どうして「天球儀」なのか?
星をモチーフにするのはジュブナイル的にとてもいいことだと思うのだけれど、そこに主眼を置く根拠をきちんと提示してほしい。

あと、主人公が摩可を憎んでいる理由を明示してほしい。
一度くらいきちんとキレて、えらいことになってくれたら、もっと感情移入しやすかったのに。
舌打ちばっかりで正直イラッとしたよ?

私のオススメは、摩可のせいで騒ぎを起こして、それを生徒会で取りなしてもらい、その便宜と引き換えに同好会に入れられる展開です。
「本当は気になるくせに~顔に書いてあるよ~」より、よっぽどスマートだと思いませんか?

---

なんだかネガティブなことばかり書いてしまった。ポジティブなことを書こう。

ヒロインがかわいい。キャラクターもきちんと立っている。
晴と夕姫羽先輩は、好みがわかれそうではある。

しかし、こよみんは鉄板。
銀髪ツインテロリ貧乳。満貫です
ニコルのかわいさも王道だね。

そして、奈月には不意を突かれた。
私は武士娘っぽい雰囲気のヒロインはあまりタイプじゃなかったのだけれど、これはアリだ。
声もいいね、奈月ちゃん。

誰から攻略しても大差ないらしいので、とりあえずニコからいってみようと思います。
個別ルートの感想記事は次回から。
category
[視聴中] ゲーム
カルマルカ*サークル

カルマルカ*サークル ニコルルート

まず攻略したのは、妹系後輩・乙音ニコル。
ぷにぷにっと女の子女の子してるヒロインって、結構好み。
ギャグキャラとしても今作随一。

ニコのキャラクターは、鈴木佳奈(大図書館の羊飼い)と、桐谷華が声を当てていそうなお調子者な女の子……真鍋計(あえて無視するキミとの未来)あたりかな? を足して2で割った感じ。
ノコを使って腹話術してくるのは、黛由紀江(真剣で私に恋しなさい!)も入ってるかな。
とにかく、楽しくてかわいい後輩のおっぱいちゃんです。

ニコの声を当てているのは、上原あおいこと雪都さお梨。
沢渡七凪(あえて無視するキミとの未来)、小日向ひなた(らぶらぼ)、藪野ちゆる(よめはぴ)、草薙一葉(1/2 summer)あたりでお世話になっている声優さん。
どれもキャッチーで私好みな女の子たち。
なるほど、私のお気に入りな声優さんだったのか。知らなかった

---

さて、そんなニコルちゃんのお話は、実はちょっと腹黒い彼女の抱えた悩みについて。

七夕の日、カルマルカへの接続は謎の失敗を遂げる。
物語のなかでも謎だし、シナリオの展開としても謎。
ぽっと出の理事長とやらに「開かずの間への入室は許可できない」とか言われるのだ。意味不明

とにかく、ニコは人一倍カルマルカに執着していた。
彼女の望みは、摩可の除去ではなく、カルマルカによる世界の改変。
それをクオーターの留学生という彼女の出自に絡めてくるのは、なかなか悪くなかったと思う。

ニコは、仲間を利用している罪悪感にさいなまれていた。
そこを彼女の黒い一面として出してくるのも悪くない。
けれど、それが仲間に受け容れられる過程は、正直寝そうだった。
これ、たぶん主人公がカッコイイシーンだったんだろうけど、その「人嫌い」だった過去やなんかがまったく語られていないのだものなぁ。
主人公の過去は、暦か奈月ルートでスポットが当たりそうな雰囲気だった。攻略順を間違えたか?

とにかく、ニコは選べない自分の未来を怖れていた。
けれど主人公は、自分と好きな女の子との未来を切り開くため、謎の黒服たちへと立ち向かっていく。
その姿を見て、ニコはカルマルカに頼るのをやめ、自らの手で未来を掴むことを決意するのだった。

……だけど、結局それが横からの援軍で決着がつくってどうなのよ?
肋骨へし折れてる主人公ほったらかしで、ニコちゃん海に帰っちゃうし。うぅむ

---

とにかくニコちゃんのかわいさだけのルートでした。
「世界の主」発言もまったくスポット当たってなかったし、カルマルカのなんたるかもさっぱりわからなかったし。
なんだかお外でエッチしてばっかりだったね

個別ルートとしての評価は☆1.5。
エピローグでの再会シーンがなければ☆2.5だったんだけどな。
ギャルゲーにそういうのを求めるのはむつかしいよね。グルグルシロ!
category
[視聴中] ゲーム
カルマルカ*サークル

カルマルカ*サークル 奈月ルート

2キャラ目に選んだのは、メインヒロインぽい天ヶ瀬奈月嬢。実は全然メインじゃないみたいだけど
口調のせいで、一見武士娘っぽくも感じるが、その実、中身は恋に恋する年頃の普通の女の子。

奈月の声を当てているのは、澤田なつ。
有名作にも何本か出演している人のようだが、私は初体験。とてもいい声をしている。
こういうキャラの場合、少しハスキー気味でボーイッシュな声優が担当することが多い気がするけれど、奈月の場合、背の低そうなかわいい声を当ててくれていた。
つぶやくような「ありがとう」の言いかたに、何回か萌えてしまいました!

---

奈月のシナリオは、見たくない過去と進みたい未来について。
オーラスの雰囲気が、ニコルートと似ている。

やはり七夕の日にカルマルカには接続できず、しかしなんとなく奈月と絡んでいるうちに、なんとなく星の話で盛り上がり、いつの間にか同じ目標(天体観測会)へと進んでいくことになり、なんとなくお付き合いがはじまる。

実際のところ、主人公も奈月も互いが幼少期の初恋の相手だったのだろうし、奈月の摩可が主人公相手に発現したのもそれが原因なのだろう。
しかし、そこにスポットが当たることはない。

奈月は天文学者だった母を亡くしていて、その辛い記憶を思い出さないように天文から離れていた。
しかし、主人公は「やりたいことをやるべきだ」と彼女を導き、再び星を見る楽しさを思い出させる。

そして、奈月は本格的にその道に進むため、転校を決意する。
が、今「本当にやりたいこと」は、主人公といることだと気づいて、エンディング。

---

申し訳ないのだけれど、シナリオだけ見れば☆0.5くらいの内容。

奈月の旅立ちの日が8月13日で、その日が旧暦の七夕だという伏線が張られていた。
だから私はてっきり、織姫と彦星のように、二人は互いの道を歩みながら年に一回だけ会うようになるオチがつくのかと思っていた。
なのに「やっぱ行くの止めた。一緒にいよう」って、どういうことなの? フラグクラッシャーなの?

とりあえず、カルマルカや摩可にスポットが当たらなさすぎ。
カルマルカに接続できれば、過去も未来も変えられる。
そして、ヒロインたちには変えたい過去や未来がある。
それなら、そこにもっとスポットを当てるべきではないか?

そして「不自由な呪い」であるはずの摩可も存在感薄すぎ。
奈月の場合「嫉妬」っていうギャルゲーヒロイン向きの能力を持っているのだから、そこにもっとスポットを当てるべきだろう。
もっと主人公のことが気になって気になってしょうがなくて夜も眠れない! 的な展開がほしかったよ。
あれじゃ突発的に発情しちゃってるだけじゃないか。
恋仲になってから摩可が発動したときの奈月ちゃんが、どのくらい主人公を束縛しちゃうのかドキドキしていたのに!

---

ただ、絵的な奈月ちゃんのかわいさはすばらしい。
私服も好みだし、袴姿もかわいらしい。「ちはやふる」の影響が見え見えだけど。

ジト目フェラはなかなかいいものでした。
でも、やっぱりすぐお外でエッチしちゃうんだね?
category
[視聴中] ゲーム
カルマルカ*サークル