Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

Fate/Zero 1~3話

Fate/stay nightを消化したので、ようやく期待のFate/Zeroへ。
内容はステイナイトの前の聖杯戦争。

といっても、オチが分かってて観るのもなんだか妙な気分だ。
アーチャーのギルガメッシュとセイバーが最後まで残って、セイバーはアーチャーに勝てないんでしょ?
となると、他のサーヴァントはみんなやられるわけだ。
…とととりあえず、過程を楽しめば良いんだよね過程を!うん

1話のエンドロールで知ったのだけど、原作奈須きのこじゃないんだね。
虚淵玄って、沙耶の唄の人か。
Phantomはビミョーだったけど、まどか☆マギカは面白かったから期待しちゃう!

--- 1話 英霊召還 ---

途中まで気付かなかったけど、1話だけ1時間枠だったんだね!
なんか映画みたいなクオリティ。
どんだけ気合い入ってるの…。
と言ってもまだバトルとか全然だし、動きのあるシーンはほとんどなかったけどね。
ただし蟲だけは別。
リアルすぎてきもい。
どんなこだわりであそこまでのクオリティを追求したんだよ。

内容は、まずは背景及び登場人物の説明と、サーヴァントを召還するところまで。
いまのとこ出たのは5人かな。
衛宮桐嗣がセイバーなのはわかりきっていたが、アーチャーは遠坂だったんだね。
ギルガメッシュ呼べたらそりゃ勝ちゲー確信するわ。
あとはイギリス人のおかっぱの子がいいキャラしてそう。

幼女凛可愛い。
幼女イリヤスフィールもちょっと出たけど、あれも破壊力抜群。
てゆかイリヤは桐嗣の実の娘だったんだね…知らなかったよ!
あとは凛と桜が姉妹なのとか。
髪色違いすぎて血が繋がってるのかどうかの疑問は未だに残るが。
桜が常にレイプ目なのの疑問はようやく解けたね。

決めシーンはやっぱりセイバー召還だね!
桐嗣の驚きも予定調和すぎてニヤニヤしてしまった。
「問おう。あなたが私のマスターか」

--- 2話 偽りの戦端 ---

登場人物とサーヴァントの紹介回。
相変わらずのクオリティを誇っていた。

ウェイバーとライダーの絡みは正直わろた。
イスカンダルって呼んでたけど、アレキサンダー大王のことらしいね。英雄だ

しかしそれを上回るのがキャスター。
虚淵玄らしいというか、予想通りのキャラでむしろ安心したよ!
青ひげって、グリム童話にあった妻を次々殺害していた大量殺人犯の夫のことのようだ。
1人殺せば咎人だけど100人殺せば英雄になれるのか。
龍之介の小物臭が若干気になるけど、大丈夫かな

ラスト軽くバトル。
言峰のサーヴァント、アサシンが速攻でアーチャーに殺されてた。
まさかこれで言峰が終わりのわけがないし…。
ランサーとバーサーカーが未だに出てないのが気になるけど、仮に言峰がどっちかを2体目として使役するにしてもアサシン使い捨ての理由にはならないよね。
なんだろ、死んだのは実は影武者でしたーとかかな?

幼女イリヤスフィールが堪能できる回でもある。

--- 3話 冬木の地 ---

死んだアサシンは影武者どころの騒ぎじゃなかった。
何体いるんだよ?どういうこっちゃ
とりあえず敵を油断させる目的のようだ。

相変わらずライダーはいいキャラしてる。覇王はやっぱ違うな。
ウェイバーと合わせて、ギャグ要員で終盤まで残って欲しいな!

セイバーとアイリスフィール、そして桐嗣が現地入り。
魔術師殺しの名は伊達じゃない…てゆーか、あんなことばっかりしてるから遠坂に嫌われるんだよ!
そしてランサーとセイバーが対峙。
相変わらずランサーのマスターはなかなか分からない展開なのかな。

しかしステイナイトとは全く違うアニメになってしまったな。
不覚にも楽しみでしょうがないよ
category
アニメ [★★★★☆]
Fate/Zero

かみちゅ! 1~3話

神様で中学生な「かみちゅ!」2周目。
近々作品の舞台となった尾道に行く機会がありそうなので、それに備えて。

---

1話は、一橋ゆりえが神様になって台風を呼ぶ話。
2話は、来福神社の神様、八島様を探しに行く話。
3話は、貧乏神が来る話。

まったりとした雰囲気な癒し系アニメ。
ファンタジーというよりファンシーといった感じ。

雰囲気を楽しむアニメなので、やや記事を書きづらいな。
みこの可愛さについて語るくらいしか今のところすることがないかもしれない。
髪伸びちゃったゆりえも可愛いと思うよ!
category
アニメ [★★★★☆]
かみちゅ!

かみちゅ! 4~7話

構成的には1話で簡潔するので、空いた時間にちょこちょこ観ていくのにイイカンジです。
夏目友人帳みたいなノリで。

4話 地球の危機
火星人が来る話。
これはあまり好きじゃない回。
日常系からかけ離れてしまっている気がするので。

5話 ひとりぼっちは嫌い
ゆりえが風邪をひく話。
ほんわかまったり。
家族や友人との絆をそっと見守ります。

6話 小さな決心
ゆりえが片想いしている二宮クンのことを好きだという後輩が出てくる話。
後輩と一緒に書道部に入るも、後輩の想いの一途さについつい「好きじゃない」とウソをついてしまい、それに罪悪感を覚えて書道部を辞めることにする。
ゆりえの純粋さ、神様だというプレッシャーが出ている良い回。

後輩の、半紙に「先輩」「好き」って書いて見せちゃう告白には、なんだかキュンキュンしてしまいました。
しかしゆりえは字が下手だなぁ。

7話 太陽の恋人たち
寂れた海の家の神様と、そこで思い出を作った大人たちの話。
水着回でもある。
光恵のおっぱいの揺れ具合にはただならぬ情熱を感じる。

内容はチープなのに、妙に郷愁を誘う回。
結構好きかも。

そういえば、ゆりえは「かみちゅ!」のかけ声で神通力使うけど、高校生になったらどうするのだろう?
category
アニメ [★★★★☆]
かみちゅ!

かみちゅ! 8~11話

8話 野生時代
TV未放送回。
猫又がネコの王国を作ろうとする話。
ケモナーなら観よう。
ゆりえがネコになります。

9話 時の河を越えて
戦艦大和の魂を呉に還す話。
女子中学生と戦艦大和という取り合わせが面白い。
こういうのを見ると、神道と右翼は親和性が高いのかなぁと思ってしまう。
TV放送回だしね。
大和の造型はぼちぼち手が込んでいる。

10話 君に決定
ゆりえが生徒会長に立候補する話。
対立候補がゆりえの所に「生徒会長になりたい」と神頼みに来たときの、祀の台詞。
「努力とおさい銭なしのお願いなんて、叶うわけないのよ!」

ゆりえの魅力は神様なだけじゃなくて、その人柄にあるってことに周りが気付く回でもある。
たしかに祀の神様推しはちょっとやりすぎだったもんね。

しかしオチはもう少しなんとかならなかったのか。
いや嫌いじゃないよ?
だれてる祀と光恵はすごく面白いんだけどね!

11話 恋は行方不明
TV未放送回。
みこと章吉が駆け落ちする話。
ちょこちょこブサイクなみこちゃんに萌える回です。

みこは八島様が好き、だけど八島様は祀が好き(だとみこは思っている)。
お姉ちゃんに八島様を取られた気がして、今まで通りにお姉ちゃんを好きでいられる自信がなくなって、みこは家出することにした。
章吉が一緒に行ったのは、みこのことが気になるからだね。
うーん、全て一方通行。

中学二年生の世界と、淡い恋模様。
神様はあまり関係ないけど、とても良い回だと思う。
ちなみに、二人が降りた街は福山らしいね。
category
アニメ [★★★★☆]
かみちゅ!

かみちゅ! 12~14話

12話 ふしぎなぼうけん
神無月、ゆりえが出雲へ神様の集会へ行く話。
そういえば今月は神様がお留守な月なんだったね。

神様が身近な存在であるさま、神様の実際、そしてゆりえの神様であることのプレッシャーなど、制作側の世界観が詰まっている回。

13話 やりたい放題
TV未放送回。
祀がクリスマスに対抗すべく神社的イベントをする話。
神様、神社と西洋文化との折り合いは確かに難しいかもしれないね。
みこくらいの柔軟さが良い気がします。

今回の「かみちゅ!」は雪を降らせたのかな?

14話 夢色のメッセージ
1月4日、家で寝正月を楽しむゆりえの話。
三が日は神様としていっぱい働いていたらしい。
そっちのほうが興味あるんだけどな!

二宮クンから年賀状が来るだの来ないだので一喜一憂するゆりえは可愛いです。
章吉がみこからもらったおみくじが大凶だったのはどういうメッセージなのだろうか。
category
アニメ [★★★★☆]
かみちゅ!

かみちゅ! 15、16話+まとめ

15話 小さな一歩で
TV版最終回。
バレンタイン、ゆりえが二宮クンに告白する話。

ラストの飛ぶのはよくわからないけど、それ以外はとてもきゅんきゅんする。
神様だけど女子中学生だもんね。
ゆりえがみんなから愛されてるのがよく伝わってきて、とても良い回だと思います。

二宮クンの告白の受け方はイケメンだと思う。
字が上手かったからね!

16話 ほらね、春が来た
TV未放送、最終回。
来福神社の大掃除をして、ゆりえと二宮クンの関係がちょっとだけ進展する話。

ゆりえもちょっとだけ勇気が出せるように成長したよね。
対して、章吉はまだまだ。
とにかく、最終回らしくまったりゆるゆるとまとめてきました。

--- まとめ ---

とにかく題材が良いね。
ある日神様になった女の子と、それを普通に受け入れる人々。
それで色々事件が起こりそうなのに、アニメの世界ではそれを日常にしてしまう。
そして、見ているほうにとってはそれは非日常になる。
普通なら逆だよね、私たちは日常に生きていて、アニメの世界では非日常なことが起こる。
そんないわば倒錯感が、きっと刺激的で見ていて飽きない要素にもなっていると思う。

私が神社が好きなのも、このアニメがお気に入りな理由にもなっている。
神社に祀られている神様ってどんな方なのか気になるしね。

日常系アニメ枠、★4評価です。
category
アニメ [★★★★☆]
かみちゅ!

Fate/Zero 4、5話

--- 4話 魔槍の刃 ---

セイバーvsランサーのバトル回。
相変わらずのクオリティを保っていた。
特にランサーが宝具を解放した直後のセイバーの防戦具合がやばい。
演出がステイナイトと全然違う。
カッコよすぎるよー!

ランサーのマスターは、ウェイバーが聖遺物を盗んだ教授、アーチボルトとかいうやつだった。
すんなり登場する前に盗まれたことに対するマジギレシーンとかないのか。
ランサーの正体は、ケルト神話に出てくるディルムッドという人らしい。知らない

初戦からセイバーが苦戦している。
これはやはり正しいマスターがそばについていないせいなのか?
それともランサーがそこまでのやり手なのか。
とにかく、セイバーの可愛さがステイナイトより格段に上がっているのは間違いない。

ライダーは相変わらず惚れ惚れする覇王っぷり。
こういう自信に裏打ちされた上から目線って大好き。
自分から真名名乗るとかなかなかないよね!

--- 5話 凶獣咆吼 ---

バトル回の続き。
セイバーvsランサーに乱入したライダーの元に、アーチャーとバーサーカーまで集まる。
アーチャーvsバーサーカーのバトルのクオリティには狂気すら感じた。
それともこれが新時代のアニメーションだというのか。

アーチャーは令呪によって撤退。
バーサーカーの暴走はセイバーに向き、ランサーも令呪によってその加勢を命じられる。
が、そこで出てくるのは男前なライダー。
しかしセイバーの手傷は、ライダーを倒すまで治癒しないのか…。
セイバーはのっけから相当な苦戦だなぁ。

今回ようやくアーチボルトのマジギレシーンいただきました。
しかしそれを庇うライダーがやっぱり男前。
桐嗣がいまいち出番がないのがやや残念。

次回は期待のキャスターの出番がありそう!
でもセイバーはあげないよ?
category
アニメ [★★★★☆]
Fate/Zero

Fate/Zero 6、7話

--- 6話 謀略の夜 ---

いきなりアイリスフィールのドラテク披露から始まる回。
聖杯戦争に全く関係ないところで妙に力を入れてくるアニメだな。

そしてセイバーとキャスターが対面。
キャスターの言う聖処女とは、ジャンヌ・ダルクのことらしいね。
しかしセイバーは真名まで名乗っていたのに、なぜキャスターは人違いだと気付かないのか。
錯乱している…じゃねーよ。わろてしまったじゃないか

ついでにキャスターの真名も出たね。
ジル・ド・レイとか言ってた。
ジャンヌと共にフランスで百年戦争を戦った人物らしい。
まぁその後にジャンヌが魔女裁判で殺されたことで精神を病み、錬金術や黒魔術に傾向して大量殺人鬼となった、というオチのようだけど。

前回ランサーに与えられたセイバーの不癒の傷を治すために、桐嗣はランサーとアーチボルトに勝負をしかける。
アーチボルトは魔術結界を張ったりして準備万端だったようだけど、桐嗣はビルごと爆破。
なんだそれ、唖然としたよ!
こんなことでランサーが脱落するとは思えないけど、かなりのダメージだろうな。
準備していたものとか全部なくなっちゃったしね。

次回からはセイバーの錯乱を直すため、さらに自分の魔力を高めようと殺戮を繰り返すキャスターを、みんなで狩る展開になるようだ。
そんなすぐみんなが団結するとは思えないけどな。
地下室みたいなところで、龍之介が子供の死体でどう遊んでいたのか気になるなぁ

--- 7話 魔境の森 ---

公式ルールで、キャスターを狩ったものには令呪が与えられることになった。
なるほど、それなら互いに協力しなくても結果キャスターは狩られることになるね。

ジャンヌに固執するキャスターは、城までセイバーを求めて攻めに来る。
セイバーは騎士らしく正々堂々と迎え撃ちたいようだけど、桐嗣はキャスターを狩って疲れた他のサーヴァントを倒す作戦がしたかったらしい。
マジこいのクリスと大和みたいだな。
桐嗣はセイバーの右手を心配している面もあるのだろうが、セイバーとしては自分が信頼されていないみたいで不本意だろうなぁ。

アイリの命でキャスターを迎え撃つセイバーが見せられたのはキャスター劇場。
やっぱり恐怖は新鮮さが一番だもんね。
またタランチュラみたいなバケモノのクオリティが高いよな。

倒しても倒しても沸いてくるクモに苦戦しているセイバーの元に現われたのはランサー。
とりあえず共闘することになった。
やっぱ爆発程度じゃ死ななかった。
てゆかあのドロドロに触れると死ぬぞー!的な何かが便利すぎる。
無敵の盾じゃないか。
桐嗣は頭は回るみたいだけど、魔術師としての力はどうなんだろ。
今回初めて桐嗣の魔術が見れました。

次回は桐嗣とアーチボルト、そしてセイバー+ランサーとキャスターのバトル回。
次回予告が「魔術師殺し」だったので、アーチボルトが死にそうだな。
そしてカウントダウンの時間を見るに、このアニメは全14話っぽいですね。
category
アニメ [★★★★☆]
Fate/Zero

Fate/Zero 8話

普段は数話溜まってからまとめて観るんだけど、フェイトだけは我慢できなかった。
今期、いや今年一番のアニメになるかもしれないな!

--- 8話 魔術師殺し ---

前回のバトルの続き。
衛宮桐嗣vsアーチボルト、セイバー+ランサーvsキャスター、そしてアイリスフィール+久宇舞弥vs言峰綺礼。
最後のカードはちょっと予想外だったな。
6話の桐嗣のビル爆破のやり口から、桐嗣を早急に排除するべきと判断したということか。

対キャスター戦は、セイバーとランサーが力を合わせて宝具に傷を付け(破壊はしていないと思う)クモの大群を撃破、キャスターは逃亡。

対アーチボルト戦は、一見無敵に見えたドロドロを魔弾で撃破。
無意味な攻撃の中に必殺の一撃を混ぜるという、まぁなんともやってくれるわ的な展開。
しかもその必殺技も、毒攻撃のようにやっかいなタイプ。
アーチボルトはランサーに助けられ、死んではいないと思うが、かなりの痛手だろう。
このままリタイヤもあり得るレベル。その展開はないだろうけど

そして対言峰戦。
ビル爆破の時から思っていたけど、舞弥では言峰に敵わなかった。
そしてアイリが戦うのだが、これが意外と強い。
やっぱアインツベルンは優秀なのだね。
それでも言峰には敵わず、フルボッコにされる。

言峰の女を殴るためらいの無さは、見てて清々しいものすら感じた。
アイリとか刺されてたからね。
死んだかと思ったよ!
エクスカリバーの鞘を体内に持っていたせいで、すぐ治ったけど。

とにかく熱い回だった。
次回はウェイバーとライダーがバトルしそうだな、期待。

各話タイトル画面に出るカウントダウンだけど、残り130時間とかだったね。
あとおよそ5日ちょいか…何の数字だろう。
聖杯戦争って終了期限はなかったよね?
バーサーカーのマスターの余命とか?
category
アニメ [★★★★☆]
Fate/Zero

未来日記 1~7話

11年秋期、オススメされたアニメの一作。
C3が微妙だったので、こっちを先に見てみる。
2chでも評判良いみたいだし!

--- 1話 サインアップ ---

毎日の出来事を事細かにケータイに日記として記している、根暗な中学生が主人公。
脳内妄想で神とか作って会話してたら、その神からある日突然未来の分の日記がメールで送られてくるようになる。
脳内の神いわく、その未来日記を受信しているのは全部で12人。
その12人から1人を選ぶためバトルする、という大筋らしい。
日記を破壊されるとゲームオーバー、つまり死。

とりあえず興味あるのは、もうひとりの未来日記所有者がクラスメイトで、さらに主人公のストーカーだった、っていう設定。
見た目可愛いし、主人公に尽くしてくれそう。
ストーカーだけどね。

神が若本ボイスなのも良いね!
Cパートのギャグアニメも面白かった。

まずは3rdがデッドエンド。

--- 2話 契約条件 ---

1stたる主人公が、9thの雨流みねねに襲われる話。
みねねの爆弾テロから生き残るため、主人公は2ndの由乃に助けを求める。
由乃の未来日記は自分のストーカー日記だから、それを利用すれば生き残れるという打算から。
途中で自分のクズさに反省してたけど。

4thの警官の助けもあり、いちおうみねねは撃退。
なかなか良いクオリティだった。
一般人めっちゃ死んだなー100人くらいかな。

1話はオープニング無しだったので、今回が初。
曲は微妙だけどその他は良いね!
メインヒロインの由乃のアブナイ感じが良く出てる。

--- 3話 初期不良 ---

1stの雪輝、2ndの由乃、4thの警官の3人で共同戦線を張ることになった。
4thの警官は最後に裏切りそうだけどな。

雪輝と由乃は囮として遊園地にデートに行く。
観覧車のシーンの演出はかなり良かった。

でも、そのあと由乃の家に行き死体を発見してしまう。
これで大きく未来が変わってしまう。
由乃可愛いけどストーカーだもんね…可愛いけどね…
いやストーカーでも人殺しは違う気がするけど…
由乃はどのくらいヤンデレ化してくれるのかなー?
ヤンデレな女の子って結構好きです!

9thのみねねも他の日記所有者に捕まって日記を奪われる。
俄然面白くなってきたね!

--- 4話 手書き入力 ---

6thの春日野椿に会い、12thに襲われる話。
6thの日記には信者全ての報告が記される。
12thのはよくわからん、音が聞こえるのかな?

6thはデッドエンドフラグが立ったため、運命を変える奇跡を起こせる1stに協力を依頼。
でも2ndの由乃は、椿が雪輝に言い寄っているように見え、椿を殺そうと考える。
そこで12thの襲撃があり、雪輝にもデッドエンドフラグが立つ。

由乃可愛いよ由乃。
なまじっか行動力があるからさらにたちが悪いよね。
「死体を殺すのよ!」とか言いながら、ためらわずに斧を振るって人を殺してゆく。
このままでいくと、由乃がヒロインランキングに入ってしまいそうだ。
Cパートのギャグアニメの椿も可愛い。
ずっと座敷牢にいたわりには結構普通の女の子なのだね。

てゆかまた人がいっぱい死んだな。
そういうところにためらいのない描写は好きだよ!
血も結構出るしね。

--- 5話 ボイスメモ ---

12th平坂黄泉の襲撃を受け、雪輝は椿も連れて3人で逃げ出す。
雪輝が椿を見捨てなかったことで、平坂にデッドエンドフラグが立つ。

フラグが立った平坂は、椿を道連れにしようと直接攻撃してくる。
が、由乃の機転で攻撃は失敗、返り討ちに合う。
てゆーか由乃これで人殺し何人目だよ…
まじカッコ良かったけどさ!

12th平坂が死んだことで、自身のデッドエンドフラグを回避したと思った椿は本性を現し、1stを殺そうとする。
しかし、雪輝を椿に取られると思った由乃は、火事場の馬鹿力的な威力で椿に襲いかかる。
椿は日記を庇い、右手首を失う。
ヤンデレ補正すごすぎだろ由乃っち!

由乃に雪輝日記を託された雪輝は一人で逃げるが、輪姦されそうな由乃を見捨てられずに助けにゆく。
パラノイアなストーカーの由乃だけど、雪輝が本当に好きで守りたい気持ちだけは本物だと信じられたから。
デッドエンドフラグを回避できていなかった椿は、そのまま雪輝に殺される。

椿も壮絶な過去を背負っていたんだなぁ。
日常的に信者に輪姦され続けていたのかな。
最後、手鞠を見て消えてゆくシーンはだいぶ切なかったよ。
平坂もいいキャラしてた。ああいうの好きだな!
もう少し残ってほしかったなー

--- 6話 マナーモード ---

息抜き?病んだラブコメ回。
雪輝の母親が帰ってくるのを見計らって、由乃が押しかけてくる。
母親に認められなかったら排除するつもりだったみたいだね。

由乃の家の死体は、やっぱり両親なのかな?
でも由乃がヤンデレ化するのは雪輝絡みのときだけじゃないのかなぁ。
前にストーキングしてた男の子が他にもいて、みたいな展開だったらやだなぁ。

そういえば1話から思ってたんだけど、結局日記所有者はひとりしか生き残れないんだよね。
そうすると、雪輝と由乃ふたりが結ばれてハッピーエンド(由乃的に)ってあり得ないんじゃない?
最後はそこで落としてくるんじゃないかなぁ。
由乃の日記の表現は「結ばれる」だけで、セックスとか結婚とか具体的に書いてあるわけじゃないしね。
ちなみにこのバトルロイヤルは時間制限とかあるんだろうか。

最後に日記所有者なガキが登場。
大丈夫かな、展開が失速しないか不安になってきたぞ。

--- 7話 留守応答 ---

大丈夫、失速しなかった。
5th豊穣礼佑とのバトル回。

5thも日記に仕込んだトラップを発動させるまではよかったんだけどね。
本気でやってれば雪輝も由乃も死んでたぽいけど、エリート的に楽しみたかったんだな、きっと。
神になることが目標じゃなかったからかな。

由乃の溢れる愛はスゴイね。
5thを手っ取り早く殺そうとするところとか。
雪輝も、いまは恋愛感情とは違ったとしても、自分に尽くしてくれる女の子にはやっぱり惹かれてしまうものだよね。
てか由乃絶対凡人じゃないだろ…プチトマトの重さわかるとか、宅配便に気付くとか。
愛は世界を救う?

9thみねねは、雪輝に「由乃が最大の敵」って言ってたけど、由乃は雪輝を殺そうとしたりしないと思うけどなぁ。
確かにその気になれば、対雪輝では最強の日記だけど。
由乃が自分の中で雪輝を生かすか、雪輝の中で自分が生きるか、どちらを選ぶかがポイント。
あそこまで献身的なら後者な気がするけど。

グロシーンにはモザイクが入ってるのが残念。
ブルーレイになったら取れるのかな、楽しみ。

---

想像以上に面白いアニメだ。
ラストエグザイルより面白いね!
フェイトには敵わないけども。
展開によっては★5もあり得るレベル。
これからも毎週楽しみにしちゃうよー
category
アニメ [★★★★☆]
未来日記