Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

PSYCHO-PASS 1~3話

人間の心理状態や性格的傾向を計測し、数値化できるようになった世界。
あらゆる心理傾向が全て記録・管理される中、
個人の魂の判定基準となったこの計測値を人々は、
「サイコパス(PSYCHO-PASS)」の俗称で呼び習わした。


12年秋からのノイタミナ枠の2クールもの、「PSYCHO-PASS」を観てみることに。
アニメーション制作が「攻殻機動隊」「スカイ・クロラ」のProduction I.G、脚本が「沙耶の唄」「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄というところに惹かれてしまいました。
たしかに、これはなんだか面白そうな気配がするね!



1話 犯罪係数

新人監査官・常守朱の初仕事。
街頭でのチェックで潜在犯とされ、人質を取って逃亡した大倉信夫を追う。

何もしていなくても、犯罪係数:サイコパスが100を越えると執行対象になるらしい。
そうして経歴にケチがついてしまうと、マトモな人生なんか送れなくなる。
なら、もう好きなことをやって生きてやろう!
そう考える気持ちもわからないではない。
……なんだか無い内定の大学生みたいだな。

でも、そんなこと言ったらどんな人間だって一度は考えるよ! あーアイツまじブッ殺してぇ!とか!
誰だってイライラしてたら数値上がっちゃうよ!
とは思ったけど、そう思っても実際には行動に移さない自制心も含めて、サイコパスは計測されているのだろう。

今回の執行対象・大倉信夫は、逮捕されるだけだったはずなのに、追われたことで興奮して数値が上がり、殺害されることになってしまった。
さらに、それを目の前で見た人質の女の子も我を失い、規定値以上に数字が上がってしまう。
常守朱は、保護すべき被害者の女の子に銃を向けることにひどく抵抗を覚え、部下の執行官を撃ってしまう。

なんだか納得できるようなできないような、微妙な話だ。
そもそも、目の前で人ひとりミンチになったら、確実にトラウマもんだよ。夢に出るよ。
狡噛さんってば、そのへん全部無視してドミネーターぶっ放しちゃうんだもんなぁ、アイツにも責任あると思うよ?
そういうことを考えないから犯罪係数が高くなっちゃうのかもしれないけど。

2話 成しうる者

「成しうる者が為すべきを為す。これこそシビュラが人類にもたらした恩寵である」


1話での、潜在犯を撃とうとした狡噛を撃ったことについて悩む常守朱。
時代背景と世界観紹介の回でもある。

部屋の模様も、着る服も、全部ワンタッチで替えられる。
ご飯もメイドロボ的なものが作ってくれる。
なんとすばらしい世界なんだろうか。
……でもお高いんでしょう?

朱は、病床の狡噛に自分の判断を赦された。
それはつまり、自分の判断を自分の責任で成し遂げるという生き方を認められたのと同じこと。
機械の、誰かの言いなりな人間ばかりになったなかで、彼女みたいな存在はとても珍しいのだろうね。
きっとこれは、私たちの生きる現実世界にも言えることだ。

「公安局にはね、私にしかできない仕事がきっとあるって思ってた。そこに行けば本当の私の人生が――この世界に生まれてきた意味が見つかるはずだって」


3話 飼育の作法

ロボット製造工場で発生した死亡事故の調査に行く公安局。
監視官としての宜野座と常守のスタンスの違いと、執行官として対象を「狩る」狡噛。

閉鎖空間でのイジメと集団の秩序、色相を絡めてくるこの構成は、鮮やかなほど理に適っている。
さすが虚淵玄、というところか。

色相をみんなに公開するとか、本当に「どうかしてる」よ。
ああいうのって地味に心に来るんだ。
心理テストの結果を勝手に張り出すのとか、ほんとやめてください。

執行対象の金原を追い込む狡噛さんは、異常に迫力があった。
というか、楽しそうだった。
そして、そんな狡噛にあわあわする朱ちゃんを見るのは楽しかった。

しかし、モノローグでもあったように、奴は本気で狩りに行っていたよなぁ。
「アイツは潜在犯だから」。
そう言われちゃうと付き合いかたも考え直したくなるから、色眼鏡ってこわい。



やはりアニメーションのキレイさは特筆に値する。
3DCGを多用してきて、色んなものがぬるぬる動く。気持ちいい。
1話の人がミンチになるところとか、血の飛び散りかたもスゴかった。
あれは女の子の悲鳴も迫真の演技で、とてもよかったです。

でも、常守朱役・花澤香菜の声にはちょっと違和感。
ほんわか可愛い声のイメージが強いからかなぁ。
シュタゲのまゆしぃの印象が濃すぎるんだな、きっと。

そういえば、オープニングを歌っているのが「凛として時雨」だった。
とうとうこのバンドもアニソンを歌うようになってしまったのか。
なんだか私の好きなアーティストがどんどんアニソン歌手になっていく気がするよ。
スポンサーサイト
category
[視聴中] アニメ
PSYCHO-PASS

PSYCHO-PASS 4、5話

4話 誰も知らないあなたの仮面

現実では死んでいるのに仮想現実では生きているタリスマンを追う。

朱は、狡噛との付き合いかたに悩んでいるようだった。
でも、犯罪係数に関係なく、絶対にわかりあえない部分というのは確実に存在する。
そもそも、他人のことを理解できるなんて思うほうがおこがましいんだ。
征陸もニーチェを引用して、言っていた。

深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。

けれど、それを淵とするか瀬とするかも、また本人の心ひとつなのかもしれない。

殺した人間を解体する描写に、トマトをミキサーにかけるメタファーを使ってきたのはとてもよかった。
そして、死ぬときはやっぱりアヘ顔。
スプーキーブーギーの中の人がもっと可愛ければなぁ、萌えるシーンだったんだけども。ざんねん

しかし、ちょっとオフ会に行っただけでサイコパス高すぎィ!とかいって撃たれるとか、堪ったもんじゃないよね。
外ってこわい。おうち最高

5話 誰も知らないあなたの顔

タリスマン事件、その2。
犯人の特定方法はとても鮮やかだったね。
でも、あれは犯罪係数に関係あるのか? 単なる発想力の差な気もしたけど。

今回の執行対象・御堂将剛は、何者にもなれる才能を持っていた。
黒幕の槙島は、そんな才能を持つ人間の個性に興味を抱いていたが、個性が無だからこそ何にでもなれるということを看破し、見放していた。

……個性がないのは悪いことなのだろうか?
私は別にそうは思わないのだけれど。
人は代理を演じるものらしい。それは、そうしたいからではなく、そうせざるを得ないからだろう。
なら「その人らしさ」なんて邪魔なだけでしかない。
槙島のこれは「無個性を求める社会」への反体制的な個人主義なのかもしれないな。

というか、いくら犯罪係数が高いからって、問答無用でぶっ殺すのはどうなんだろうか。
死人に口なしとか言うし、殺しちゃったら色んなことがわからなくなっちゃうと思うんだけどな。
殺すのは、せめていろいろ聞き出してからにしたらどうでしょうか?
category
[視聴中] アニメ
PSYCHO-PASS

PSYCHO-PASS 6~8話

6話 狂王子の帰還

狡噛の過去と、標本事件。

監視官だった狡噛は、人間を生体標本にする猟奇事件を追う最中に、部下の執行官・笹山を殺され、それでおかしくなってしまったらしい。
別件で捜査中だった被疑者・藤間の自宅から生体標本を作るための薬品が見つかり、藤間が失踪した後は事件が止み、お蔵入り。
狡噛は、執行官となった今でも、その標本事件を追い続けている。

狡噛曰く、たとえ藤間が実行犯だったとしても、殺意という目的があるだけで、手段を持っていなかった。
その手段を与えたのは別の人間で、ソイツが黒幕だ。
その構図は、3話のロボットを利用した殺人事件も、4~5話のアバター乗っ取り殺人事件も、よく似ている。

その黒幕というのが、槙島なわけだ。
なぜか女子校の先生になっていたけども。
王陵璃華子は、槙島に心酔しているようだった。
ものすごく不穏な絵を描いていたけども!?

璃華子は、性的虐待を受けている大久保葦歌を、シェイクスピアの悲劇のヒロインに重ねている。
花が散る前に、その美しさを永遠のものにしてしまいたい。
彼女が葦歌に向ける感情は、いったいどういうものなんだろうか?

「あなたはあなたが望むとおりの人生を選べない。その辛さはわかるわ。今の時代、だれもがシステムによって決められた適性に沿って押しつけられた幸せだけで満足するしかない。自分が本当に望んだ夢を叶えることもできずに」
「本当に望む姿。本当の自分の価値。それを確かめてみたいとは思わない?」


7話 紫蘭の花言葉

標本事件、王陵璃華子の場合。

絶望を知っているから、希望を持つことができる。
璃華子の父は、絵の中に絶望を描くことで、人々に希望を与えようとしていた。
彼女は成すべきを為す父を尊敬していた。

しかし、絶望を知るまでもなく、希望は機械が教えてくれるように社会は変革する。
璃華子の父は、社会的にも生物的にも死に至る。
けれど、彼女は父が――自分が為すのは、為すべきことだと信じている。

ここにいる人々のすべてがそうだ。何も気づかず、何も語らず、そして何も考えない。ただの抜け殻のように生きて、そして雪が解けるように消えていく。罪無き人々を死に至らしめる伝染病。でも、この病原菌が根絶されることはない。
これは、安らぎという名の病。人々が望んだ、死のかたち。


璃華子が持っているのは、本当に使命感だけなのだろうか。
自己顕示欲のような、俗っぽい感情が交じっているようにも見えたけど。
だって、葦歌を作品にしようとするとき、すごく楽しそうな表情をしていたよ?

8話 あとは、沈黙。

標本事件の幕引き、王陵璃華子の最後。

今回も狡噛さんは神懸かった捜査能力を発揮していた。
事件の見せ方から、似た手口なだけで別人の犯行であることを見抜き、その作風が王陵牢一と似ていることから、娘の璃華子を容疑者と疑っていく。

7話のサブタイトルでもあった紫蘭の花言葉は「あなたを忘れない」。
璃華子は、単に父親に依存していただけ。
彼と、彼の作品を世に広めたかっただけ。
最後の最後では死んだ父親に助けを求めようとしていたしね。

槙島が璃華子に期待していたのは彼女の個性についてで、失望は所詮模倣しかできないという点についてだったんじゃないのかなぁ。
あるいは、破滅することがわかっていて、なおも父を選ぶファザコンっぷりにか。
……え、なに、じゃあ槙島は自分を選んでくれなかったことに失望したわけ? なんか違くね?

しかし、槙島のような悪役ってけっこうありがちだよね。
世界に退屈していて、自分を楽しませるものにだけ価値を見出しているタイプ。
なら、自身にはいったいどれだけの価値があるというのか?
そのあたり、きちんと納得の出来る描写のある作品って少ないので、やや不安です。
category
[視聴中] アニメ
PSYCHO-PASS

PSYCHO-PASS 9~11話

9話 楽園の果実

閑話、狡噛と宜野座のことを知り、揺れる常守朱。
槙島が、狡噛を次のターゲットとして絞る回。
朱の宜野座に対して切る啖呵が、めちゃめちゃ格好良い回でもある。

前にも少しあったけれど、宜野座の父親も潜在犯なんだね。
そうなってしまったのは、刑事として犯罪に常に触れていたから。
おそらく父の汚名を返上しようと、宜野座も刑事になったけれど、そこでも狡噛が潜在犯になってしまった。
だからこそ、宜野座は朱に対して厳しいわけだ。

8話で王陵璃華子の頭を吹っ飛ばした老人は、泉宮寺豊久。
いつでも瞳孔がヤバい感じに開いていてどうしたことかと思っていたら、脳神経以外はサイボーグ化されているらしい。
肉体の老いを克服した彼は、精神の停滞を避けるべく、槙島と組んでいる様子。
不老不死ってそこまでいいものなのかなぁ? 私にはよくわからないよ

10話 メトセラの遊技

狡噛に狐狩りゲームを仕掛ける、泉宮寺と槙島。
サブタイトルの「メトセラ」は旧約聖書に出てくる人物で、969歳まで生きたと言われているらしい。
おそらく、不老不死を目指す泉宮寺のメタファーだろう。

今回も狡噛の推理が輝いていた。
槙島の、狡噛を誘い出すやりかたも鮮やかだったけど。
水やケミカルライトが入っていたバッグは、槙島が泉宮寺にナイショで配置していたものだったのかな?
それは2個目のトランシーバー的なモノのほうだけかな?

槙島は、狡噛にも勝ち目を出すことで、いつでも余裕そうな泉宮寺が必死になるときの素顔が見てみたいに違いない。
まったく良い性格をしてるよ、ほんと。
でも応援を呼ばれちゃったらゲームオーバーな気がするんだけどな。
泉宮寺は捕まるけど、自分は逃げるからおっけー☆ってこと? ひどい

朱の友人・舩原ゆきは、仕事の専門知識か何かでゲームに貢献する役目かと思ったよ。
まぁ狡噛さんに言われるまで、あの子が何かの役を帯びているとは思わなかったけど。
しかしゆきちゃん巨乳だったなー! おっぱいぼいんぼいんだった。すごかった

でも槙島さん、なんでパンツにアンテナ仕込んでくれないのかな? かな??

11話 聖者の晩餐

狐狩りゲームの結末と、槙島に試される常守朱。

泉宮寺は、さすが槙島が手を組むだけあって、ヘタれなかった。
応援が来るのがわかっていて、狡噛が撃ち返して来るようになってなお、闘争心をたぎらせていた。
うん、普通に格好良かったよ!
ただ狡噛の格好良さがちょっとだけ勝っていたというだけで。
普通、落ちてきたドラム缶の方に入ってるとは思わないよね。
まぁあんだけ派手に音を立てておいて、すぐ近くに隠れてるなんて安直すぎねぇ?とか疑ってもいいような気はしたけど。

しかし、本番は朱を試す槙島のほう。
槙島はとうとう出た、犯罪係数が低いのに犯罪を犯すことのできる人間。
善とはなにか? 悪とはなにか? と問うてくる存在。

「僕はね、人は自らの意志に基づいて行動した時のみ、価値を持つと思っている。だから様々な人間に秘めたる意志を問いただし、その行いを観察してきた」
「そもそも、何を以て犯罪と定義するんだ? シビュラシステムが決めるのか?」
「科学の英知はついに魂の秘密を暴くに至り、この社会は激変した。だが、その判定には人の意志が介在しない。君たちは一体、何を基準に善と悪を選りわけているんだろうね?」


槙島はゆきを人質に取り、シビュラが判断するドミネーターではなく、自らが判断しなくてはならないショットガンで自分を撃つように迫る。
しかし、朱は槙島を撃つことはできず、ゆきは殺されてしまう。
槙島が今まで「失望」という言葉を使ってきたとき、それは何かに縋って思考が停止してしまったことを指していたようだ。なるほど

「僕は人の魂の輝きが見たい。それが本当に尊いものだと確かめたい」
「だが、己の意志を問うこともせず、ただシビュラの神託のままに生きる人間たちに、果たして価値はあるんだろうか?」

category
[視聴中] アニメ
PSYCHO-PASS

PSYCHO-PASS 12、13話

12話からは2クール目。
オープニング・エンディングが変わっていた。
エンディングは変わらず「EGOIST」だったけど、オープニングは「凛として時雨」じゃなくなっていた。
どっちの曲も1クール目のほうが好きだったなぁ。



12話 Devil's Crossroad

過去回想、六合塚弥生回。
潜在犯として収容された、元シビュラ公認芸術家だった弥生が執行官になるまで。

バンドのギタリストだった弥生は、潜在犯となった後も、再びギターを弾くために社会復帰を目指していた。
シビュラは彼女に執行官としての素質を見出していたが、彼女は強い意志をもってそれを断り続けていた。
それは、バンド仲間のリナともう一度同じステージに立ちたかったから。

けれど、リナはシビュラに対するレジスタンス活動をするようになっていた。
楽しいだけの音楽には意味がない、力がなければ音楽なんて無意味だと言い切って。
そうして、弥生はギターを弾く目的を失い、執行官になるのだった。

「何も、変わらなくてよかったのに……。でも、もう変わっちゃったのね……」


リナの言うこともわかる。
描かれているこの世界はとても歪だ。
世界に適合できなければ、ひたすら奪われ続けるしかない。
ま、現実も割と似たようなものだと思うけれどね!

13話 深淵からの招待

閑話、いくつか衝撃の事実が明らかになる。

まず、シビュラシステムではサイコパスを測定できない「免罪体質者」と呼ばれる人種が存在するらしい。
槙島聖護も、そして3年前の標本事件の容疑者・藤間幸三郎もそうだった。
その藤間は、別件で逮捕されたあと、秘密裏に殺されていた。
公安局局長は、槙島についても宜野座に同様の手順を踏ませようとする。

「システムとはね、完璧に機能することよりも、完璧だと信頼され続けることのほうが重要だ。シビュラはその確証と安心感によって、恩寵をもたらしている」
「君たちはシステムの末端だ。そして人々は末端を通してのみシステムを認識し、理解する。よって、システムの信頼性とは、いかに末端が適性に、厳格に機能しているかで判断される。君たちがドミネーターを疑うのならば、それはやがてすべての市民が秩序を疑う発端にもなりかねない。わかるかね?」


局長の言うことは、とてもわかりやすい。
しかし、上に立つ――奪う側の人間にとってはこれでもいいのかもしれないが、奪われる側の人間からしたら堪ったもんじゃないよね。
でも、正義とか秩序とかって、割とそんなものなのかもしれないよなぁ。
言葉狩りとか、アニメ・マンガ規制とかね。

さて、免罪体質というものの存在が明らかになったわけだけれど、我らがヒロイン・常守朱嬢は大丈夫なんでしょうね?
この子「色相が濁りにくいのが取り柄」とか言ってるし、ゆきちゃんの殺害シーンをフラッシュバックしてもサイコパスはほぼノーダメージだったし、かみ合いすぎててとても不安なんですが。
朱の免罪体質が明らかになり、システムを完璧なものであり続けさせるために処分されそうになるとか、自分を認めてくれている点を疑いもしなかったシビュラが、実はまったく見当外れのことを言っている可能性に気づいて存在意義に思い悩むとか、そんな展開が来るのだろうか……。

一方、宜野座は色相が濁っていくことを気にしていた。
医者には「悩みを父親に相談するのが一番」とか言われていたけれど、彼の父親は潜在犯で、おいそれと相談できない。
その父親っていうのが、どうやら征陸のとっつぁんだったらしい。
マジかよなにそれまったく思い至りませんでしたよ?
たしかにこの事情は地雷だわ。踏んじゃいけない
category
[視聴中] アニメ
PSYCHO-PASS

PSYCHO-PASS 14~16話

14話 甘い毒

サイマティックスキャンを偽装できるヘルメットを用いた犯罪が起こる。
1件は薬局強盗殺人、1件は通り魔、1件は現金輸送車襲撃。
実行犯はみんな別々だけれど、糸を引いているのはやはり槙島聖護のようだ。

「これは啓蒙のための道具だったんだ。人が人らしく生きるために。家畜のような惰眠から目を醒ましてやるために」


この社会はシビュラシステムの正確性に依存しきっている。
シビュラのおかげで、目の前の人間はすべて「善良な一般市民」であり、犯罪など起こり得ないと保証されている。
だから、目の前で人が殺されても、誰も通報などしない。

この歪みは、公安にも影響する。
対象者の色相がクリアなら、ドミネーターを使うこともできないのだから。
今回の事件は、たまたま対象を人のいないところに追い込んだから解決できたからよかったけど。

槙島がやろうとしているのは、名付けるなら「革命」だろうね。
――世界を革命する力を!

15話 硫黄降る街

ヘルメット事件その2、サイコハザードの起きる街。

大量のヘルメットが出回ったことで、サイマティックスキャンの信頼性は崩壊する。
いつどこで襲われるかわからない恐怖が憎しみを呼び、「正当防衛」の名の元で、一般市民まで暴徒と化す。

公安局はこの「想定外の事態」に総力を挙げて対応しようとする。
その過程で、朱と狡噛は、この暴動が槙島の陽動である可能性に気づく。
公安を散らせることで、本丸を手薄にさせる作戦なのではないか、と。
実際その通りだったようで、槙島たちはシビュラシステムがある可能性の高い、ノナ・タワーへと向かっていた。

前回もそうだったけど、暴動の描写はかなりリアルだった。
この遠慮のないグロさは、なかなか見られるものじゃない。
ひょっとして「人が撃たれたら血は流れるもの」という、萎縮した表現活動へのアンチテーゼなのかもしれないな。

16話 裁きの門

ヘルメット事件その3、ノナ・タワー攻防戦。
朱と狡噛は槙島を追って最上階へ、縢はチェを追って地下へ。

この最上階での狡噛と槙島が、1話アバンのあのシーンだったんだね!
なるほどここで繋がるのか!と、ゾクゾクしてしまったよ!

この戦いでは、なんと朱ちゃんがメチャクチャ格好よかった。
脚を撃たれたときの「先に行ってください!」もそうだけど、狡噛を倒した槙島に後ろから殴りかかるアレね!
ここぞというときに決めてくれる。さすが主人公だよ!

さて、地下では、チェ・グソンがシビュラシステムへとたどり着いていた。
追った縢は、彼の甘言に耳を貸すことなく、チェに追いつく。
が、そこで見た、シビュラシステムの正体。
それは明らかになることなく、公安局長に二人とも殺されてしまった。まじかよ
局長もなぜか手負いのサイボーグみたいになっていたし、ドミネーターを無理矢理使えるようにしていたし、どういうこっちゃ?

シビュラシステムの正体は、見てはいけないもの。
「既存の技術を超えた演算能力」「スタンドアローン」「厳重な秘匿性」。
……局長の脳みそを使ったシステムとかなんだろうか? たくさんのクローンで並列化した感じの。
自分の想像力の貧困さが露呈するなぁ……。
category
[視聴中] アニメ
PSYCHO-PASS

PSYCHO-PASS 17、18話

17話 鉄の腸

シビュラシステムのネタバレ回。
16話で書いた私の想像は、あながち間違っていなかった。うれしい

免罪体質という特殊な構造を持つ脳みそを集めて並列化したものが、シビュラシステム。
その中には、狡噛が潜在犯となった標本事件の犯人、藤間幸三郎もいた。
そして、その脳みそたちが公安局局長・禾生壌宗というカタチを得ていたらしい。

藤間は逮捕された槙島をシビュラシステムに組み込みたがっていた。
槙島の才能はシビュラを進化させるに違いないものだったし、藤間が槙島を個人的に気に入っていたせいもあったろう。
けれど、槙島は藤間の誘いを袖にする。

「なぜだ! 君なら理解できたはずだ。この全能の愉悦を! 世界を統べる快感を!」
「さながら神の如く、かね。それはそれで良い気分になれるのかもしれないが、生憎審判やレフェリーは趣味じゃないんだ。僕はね、この人生というゲームを心底愛しているんだよ。だからどこまでもプレイヤーとして参加し続けたい」


槙島の言うこともわからないでもない。藤間の言うこともわかるんだけど。
神になりたいと思うのは、人としての限界を知ったからじゃないのかな。
槙島は、まだ人間の可能性を信じているのだろう。

さて一方、シビュラに殺された縢は、行方不明ということになっていた。
潜在犯たる執行官を管理できなかった管理官は、その責任を問われることになる。
これで狡噛たちも縢を捜す途中で、シビュラの秘密に触れることになるのだろうか。

18話 水に書いた約束

槙島に逃げられたシビュラと、立ち位置を決める狡噛。

「逃げられると追いたくなる」を地で行っているのか、シビュラシステムであるところの禾生局長は、槙島確保に躍起になっていた。
だから槙島を殺しそうな狡噛を捜査から外させたのだけれど、狡噛はその意図を的確に汲む。
これが刑事の勘、ってやつなのか? とても鋭いよ!

そして、今回も朱ちゃんがまたまた輝いていた。
あの機転と度胸は、序盤ではとても見られないものだったよ。
彼女は、自分が正しいと思うことを本当に信じられるようになったのだろう。大人になったんだ。

しかし、その道は狡噛とは違うところへと向かうもの。
朱は槙島を法の内側に引っぱってこようとしていて、それが刑事の仕事だと言っていた。
けれど、狡噛は法の外にいる槙島を裁くため、自分も法の外へ行く。
ラストの狡噛の手紙で、エンディングをサビ前で切るあの演出はすばらしかったよ!

「……バカ」

category
[視聴中] アニメ
PSYCHO-PASS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。