Entry Navigation  [カテゴリ別アーカイブ]

あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ 七凪ルート

11月30日発売ということで、衝動的に手に取ってしまったALcotハニカムの最新作「あえて無視するキミとの未来」。
私は地味にこのブランドのファンなのです。
ちなみに本家アルコットのほうは一作品もプレイしたことはなかったり。
クローバー・ハーツくらいはやっておかなくっちゃいけないかなぁ、なんて思いはじめて早一年。ふぅ。

しかし、前作の「1/2 summer」は本当に酷かった。黒歴史でしょうあれは。
でも今作は体験版の評判も悪くないみたいだし。
というか、前々作の「春季限定ポコ・ア・ポコ!」の野々宮藍ちゃんの後継となる二代目駄妹がいるとか!
これはやらざるを得まい! そうだろう、全国のお兄ちゃんよ!

---

季節は夏。
放送部に所属する主人公が、夏休み明けの文化祭目指して青春っぽいことをするお話。

この主人公には、主人公らしく「未来視」という特殊能力が備わっている。
主人公はその能力で見える未来を、覆すことのできないものと考えている。
彼はある日やってくる転校生と自分が恋人になっている未来を視てしまう。
しかし、その転校生も未来視の能力を持っていて、未来は変えられるものだと信じていた。
そうして、主人公は見えた未来を無視し、自分だけの未来を探しはじめるのだった。

南先輩は置いておいて、他のヒロインがみんな可愛い。
とりあえずCV:桐谷華な幼馴染みの計ちゃんから攻略しようかと思っていたら、気づいたら駄妹ルートに入っていたよ。

ということで、まず攻略したのは主人公の義妹兼駄妹、沢渡七凪ちゃん。
「ナナギー」というあだ名がかわいい、毒舌系ブラコン妹です。

ナナギーの声を当てているのは、雪都さお梨。
「らぶらぼ」の小日向ひなた役の声優さんだ! テンション上がる!
サブキャラではそれなりにお世話になっているけど、メインキャラはあんまりないかも。

---

ナナナギールートは、主人公の義兄妹となった事情、過去にスポットが当たる。
主人公は事故で両親を亡くし、引き取られた家で七凪と兄妹になった。
実は、その事故の原因は七凪の両親にあった。
七凪はそれを知らずに、兄にべったり甘えっぱなしで生きてきていた。

「わ、私達、家族のせいで兄さんを、一人ぼっちにしたのに……」
「そんな兄さんに、私、甘えて……」
「新しい家族ができたって、喜んで……」
「私達が、兄さんから家族を奪っておいて……!」
「そんな……ひどいこと……」
「ごめんなさい、兄さん、ごめんなさい……」
「私を許して、ください……」


真実を知った七凪は自分を責め続ける。
知らなかったでは済まされないことがある。
妹になってからの十年間、自分は兄になんと無神経なことをし続けていたのだろう。
本当は、兄は、兄なんかになりたくなかったはずなのに。

間違った場所で出会い、愛しあった二人。
七凪にとってそうであったように、主人公にとっても、七凪が妹でいてくれたことに対する感謝の気持ちは本物だった。
だから、二人が別れるはずの未来だって変えられる。
そうして、文化祭で放送するラジオドラマの台本を書き直し、七凪に本当の気持ちを伝えるのだった。

---

ややベタなシナリオではあるけれど、完成度は低くない。
七凪が自分の罪に気づいたところの慟哭、そしてラストのラジオドラマのリハーサルのシーンはよかったよ。
ところどころで入ってくる、主人公の事情を深く知っている風な計ちゃんのフォローが心温まる。

ただ、爽花の存在感は少し足りなかったように思う。
「未来は変えられる」というテーマと、ラジオドラマの脚本が皮肉にも現実に即してしまったという二点を、もっと鮮やかにしてくれてもよかったかなぁ。

ときどき一人称が「兄」になる妹大好きブラコン主人公と、兄大好きな残念系妹っていう組み合わせが、見ていてとてもほほえましいね。
まぁ付き合いはじめる前は、さっさとやっちまえ!処女奪っちまえ!と何度叫んだことかわからないけれど、それもお約束ということで。
Hシーンは3回、9CG。十分なボリュームです。

ナナギーの残念度は、藍ちゃんを引き継いで二代目駄妹を名乗るのにふさわしいものだと思う。
お陰で七凪絡みの日常シーンがとても楽しかった。
駄妹具合は藍と甲乙付けがたいと思うけれど、シナリオ自体はナナギーのほうがよかった。

「兄さんの馬鹿っ、イケズっ」
「でも、永久に愛しています!」

category
ゲーム [★★☆☆☆]
あえて無視するキミとの未来

あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ 南ルート

2キャラ目に攻略したのは、ほんわか天然系女神な、橘南先輩。
このゲームは、まずは南ちゃんか七凪しか攻略できないようだ。

南ちゃんの声を当てているのは、上田朱音。
「古色迷宮輪舞曲」の相羽和奏役のひとらしい。
とは言え、南ちゃんはぼそぼそっと喋る無口な女の子なので、あまり声優の魅力が感じられるキャラではないかも。

---

南ちゃんルートは、一年前、放送部を立ち上げた南ちゃんと主人公の事情にスポットが当たる。
なまじっか未来が見えるせいで自暴自棄になり、荒れていた主人公。
学園長の娘だということでハブられていた南。
そんな二人がささやかな交流を持ち、惹かれあっていく。

この主人公が荒れていた原因というのが、どうも判然としない。
未だに主人公の義父が出てこないあたりが関係しているような気がするのだけれど、これはきっと計ルートでわかることなんだろう。

初めから南は主人公を好いていた。
同情以上の好意が、そこにはあったと思う。
それはきっと顔がいいせいだろうな。イケメン主人公なんか嫌いだ!

互いにある程度には素直な感情表現ができる間柄。
だからこそ、一番大事なことが言えない。異性として好きだとは伝えられない。
そんなまだるっこしい感じが、シナリオからもよく読み取れた。
正直、2回目の体育倉庫エッチまでの中だるみくらいはかなりつらかったよ。

---

孤独だった二人が、互いのためにがんばって、そしてたくさんの仲間とすてきな時間を手に入れる。
好意的に見れば、そんな青春サクセスストーリーに仕上がっている。

が、寒い展開のご都合主義なシナリオだったようにも思う。
アンテナ壊した犯人が即日やってきたり、ラストの主人公と学園長の対峙で、学園長がちゃんとノッてきてくれたり。
まぁ展開のご都合主義は我慢できるとしても、主人公の熱血っぷりが逆に寒く感じてしまったよ。
「お前らの青春をすべて俺にくれ!」のあと、5人が一人ずつアップになっていくのとか。
恥ずかしすぎて左クリックを連打してしまったもん。

南ちゃんが同級生からイジメられてる原因を排除していくような話だったりするのかなーとか勝手に予想していたのだけれど、あまり当たっていなかったね。
イジメは水泳部でしかなかったのかな。

そして、南ちゃんの魅力もいまいち私には理解しきれなかった。
でもこういうふんわり不思議系お嬢さまキャラって、ちょこちょこ見るよね。
固定層に根強い人気があったりするんだろうか?

そういえば、今回は別に未来は変えなかったし大して無視もしなかったね。
南ちゃんの意向を汲んだ主人公がやたら上から目線になるのは面白かったです。
category
ゲーム [★★☆☆☆]
あえて無視するキミとの未来

あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ 計ルート

略称が定まらない「あえて無視するキミとの未来」、強いて言えば「あえ無視」とかか?
こういうのって困るよね。公式のほうで決めておいてほしいよ。

3キャラ目に攻略したのは、ハイテンションな幼馴染ーズ1号、オナニーガールこと真鍋計ちゃん。
夫婦漫才の相方でもあり、ナナギーと並んで日常シーンを楽しく演出してくれるギャグ要員。
普段はまったく女を感じさせないのに、出るとこは出ているナイスバディな女の子でもある。

真鍋さんの声を当てているのは、私の中で気になる度No.1、桐谷華。
「穢翼のユースティア」のラヴィリア、「1/2 summer」の詩代叶、「はつゆきさくら」のあずま夜の中の人。七凪が二代目を襲名した初代駄妹こと「春季限定ポコ・ア・ポコ!」の野々宮藍の声優さんでもある。
トボけたような声と独特のセリフ回しがとても魅力的。
けれど、ずっとこの人の演技ばかり聞いていると、飽きてしまいそうな気がしなくもない。
まきいづみと似たようなポジションかもしれない。

---

計ルートは、幼馴染ーズ結成秘話と、サブキャラ田中流々にスポットが当たる。
主人公のファーストキスを奪った流々が主人公にちょっかいをかけることで、幼馴染みの枠を超えたくてやきもきしちゃう計ちゃんがぐうかわ。
河川敷での「もし彼氏ができたら、あたしから教えなくても知ってほしい」「鈍い沢渡さんでもわかるくらい、わかりやすい状況を真鍋さんは望みます」のくだりは、きゃわわ!だった。

しかし、計は10年前からずっと主人公が好きだったんだね。
流々に嫉妬している自分に気づいて、それで主人公への恋心を自覚したのかと思っていたのに。
共通ルートで、主人公と手を繋いでもドキドキしない、主人公なんて男として見られない、なくだりのせいで、まったく脈無しかと思っていたよ。
あれも小芝居の一貫だったのだろうか。

計ちゃんが殺人的な可愛さを発揮する本シナリオだけれど、肝心のストーリーに関してはびみょーだったかも。
10年前の流々の突然の転校が再現されるのはわかっていたけれど、それは流々ルートでやるべき内容だっただろう。
たしかに「いい幼馴染みだなぁ、本当に親友なんだなぁ」とは思ったけど、計に萌えるお話ではなかったよね。

ラストの電車を自転車で追いかけるアレ、またベタな展開が来てしまったなぁと思ったよ。
現実、あんなにうまくいくわけないんだ。3分は会話してたし。
あれの元ネタって、ひょっとして「はだしのゲン」とかだったりするのか?

個人的には、沢渡さんを優しく受け止めてくれる大海のような真鍋さんの、弱い一面が見たかったなぁ。
計が挫折しかかって、昔とは逆に今度は主人公が計を支えてあげるような、そんなお話がさ。
……なるほど、それがオナガ展開か。
くそ、結局オチをつけないと気が済まないんですねこの野郎

まぁ何はともあれ、計のキャラはとてもよかったよ。
共通や他のヒロインルートでも出番が楽しみになるキャラってすばらしい。
しかし今回も、積極的に未来を変えたり(爽花と付き合う未来以外)無視はしなかった。
せっかく超能力を持っているのだから、もっとシナリオに組み込んできたらいいのに、と思うよ。

さて、次はラストのメインヒロイン、三咲爽花ちゃんを攻略します。
キミとの未来を無視しないお話、どんな展開になるのやら。
category
ゲーム [★★☆☆☆]
あえて無視するキミとの未来

あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ 爽花ルート

あえ無視、ラストの4キャラ目は、熱血青春娘こと三咲爽花ちゃんを攻略。
主人公と同じく未来視のできる女の子でもあり、一応本作品のメインヒロイン。

爽花の声を当てているのは、北見六花こと五行なずな。
「ヨスガノソラ」の渚一葉、「死神の接吻は別離の味」の天宮雫、「春季限定ポコ・ア・ポコ!」の悠木夏海、「恋愛0キロメートル」の木ノ本実咲あたりでお世話になっている。
つやつやした癒し系ボイスは、なかなか悪くないよ。

---

爽花ルートは、ミニFM放送を手探りで進めていく青春話と、「自分の未来が見えなくなってしまった」お話の二本立て。
だいたい未来がわかる能力を持つと、ここに行き着くよね。
筒井康隆の「七瀬」シリーズでも、未来が見えなくなって死を覚悟した超能力者がいたように思うよ。

今までのアンテナは比較的さっくり直っていたけれど、今回はやたらと手こずっていた。
それをみんなでなんとかしていく、っていうのが爽花のやりたかった青春だったからだろう。
しかしそのオチの付け方は、ちょっと気に食わなかった。
山下先生がデウス・エクス・マキナとして使われちゃってるからね。これは反則だろう。

ただ、主人公が爽花を鉄骨から守るところはアリだったと思う。
主人公の熱血っぷりは相変わらずサムかったけど、あのCGと演出は悪くなかった。
おぉ……!と思ったからね。

日常シーンも含めて、爽花といちゃいちゃしたりするあたりは、微妙かもしれない。
私が爽花の萌えポイントをうまく見つけられなかったせいな気もする。
たしかにいろいろ男前な女の子だったけれど、主人公だけに見せる女の子な一面!っていうのが萌えポイントになるんじゃないのかな。
え、それがカナヅチ設定だったの? えぇー……

ところで、爽花ちゃんの髪を払うようなしぐさの立ち絵、あれって春ポコ!の一桜ちゃんにそっくりだよね。
きっと原画を担当した絵師が同じ人なんだろう。

---

さて、肝心の「未来を変えていく」お話だけれど、なんというか、とても無難だった。
共通ルートの時点で爽花は自分が死ぬ未来を知っていたはずだ。だから部活に熱心だったのだから。
その未来は、主人公と爽花が恋仲になったときに現実になる。
だから、他のヒロインルートでは爽花は死ななかったのだろう。

まず爽花が死ぬ未来を回避できたのは、主人公が未来を変える決意をしたから。
けれど、それは爽花が助かっても主人公が死ぬ未来だった。
それが二人とも死なない未来に変わったのは、爽花の決意の賜物。
主人公に自分の命を預けて、二人の未来を切り開くことが確信できたから。

……うん、やっぱり無難だよね。
そもそも、主人公は自分の能力を利用してでも爽花を助けることを決意していたのだから、最初から能力を使う訓練をしておけよ!と思ったよ。
爽花は自分で訓練して使いこなしていたそうじゃないか。お前もそうしろよ!

それと、お姉ちゃんが結局まったくシナリオに絡んでこなかったのは残念だった。
あれなら別に血の繋がった姉妹である必要は全くなかったんじゃないのかな。
それにお姉ちゃんも未来視できるなら、爽花が死にかけるのとか見えたりしなかったのかな。
なんだか細かい所でツッコミ所が残っているような……。

でもオチのリレー・ブロードキャストと、飛び続ける電波のお話は悪くなかったよ。
付け焼き刃だったような気がしなくもないけど。
CROSS†CHANNELとよく似ていた気がしなくもないけど。

エンディング後に戻ったタイトル画面はなかなかイイカンジだったね。
爽花の求めていた青春、夏休みの一コマって感じでさ。
category
ゲーム [★★☆☆☆]
あえて無視するキミとの未来

あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ まとめ

シナリオ・テキスト

とても個人的な感想だけれど、パープルの「未来ノスタルジア」と同じ雰囲気を感じる。
主人公とメインヒロインが超能力を持っていて、それが物語の根幹にあるのだけれど、シナリオにはそこまで深く関わってこない。
この作品も同じく、メインはラブコメ学園モノになっている。
超能力設定はスパイスのようなものだね。

設定や展開にはいろいろツッコミたくなるところもあるけれど、学園青春モノとして見れば悪くなかったように思う。
計と七凪というお気に入りヒロインが二人もいたおかげで、日常シーンが楽しかったよ。

ただ、シナリオライターのギャグセンスがあまり高くないのは悔しいところ。
テキスト的に寒い展開が多かった気がする。
青春具合もちょっとイタかったし。
まぁ楽しい学園生活を演出していると思えば、それはアリな気がしなくもない。

メタネタが多かったのは少し気になったところ。
私は滑っているとは思わないけど、あれは面白いものなんだろうか?

個別シナリオ別評価
  七凪 > 爽花 > 計 > 南

七凪ルートは、ナナギーの妹としての萌えポイントとシナリオがきちんとリンクしたお話になっていた。
オチもイタくなかったし、このシナリオだけ見れば星4つも狙えるクオリティ。

爽花ルートは、メインヒロインだけあって、ラストの展開のしかたはなかなか楽しかった。
ただ、完成度としては今ひとつか。

計ルートは、真鍋さんは可愛いのに中身が流々ルートみたいになっていたのが残念。
計ちゃんが可愛いシナリオにしてくださいよ!

南ルートは、南ちゃんの可愛さが私にはよく理解できませんでした。

オススメ攻略順
  七凪 → 南 → 計 → 爽花

七凪と南だけは最初から解放されている。
計と爽花はこの順でないと攻略できない。

キャラクター

女の子の可愛さは、ルックスも含めてかなり安定している。
私のお気に入りは、計 > 七凪 > その他 。

ナナギーの駄妹具合はとても良かったのだけれど、計の駄幼馴染っていうポジションはけっこう貴重な気がするので、真鍋さんを一番上に持ってきました。
これだけキャラの立たせられるのってすばらしい。

問題は、流々がときどきムカつく件。
個別ルートがないから必要以上に可愛くしないようにしたのだろうと思うけど、それにしても……というのが数回。
爽花ルートでの、爽花が主人公が死ぬ未来を視てしまって落ちこんでるときの、流々の「タクボンがエロいことしたに違いない」的な思い込みからみんなを煽って主人公を責めるシーンは、正直キレそうだった。クリック連打で事なきを得たけど。
私はああいう理不尽な展開は大嫌いです。



20枚*4キャラにSD10枚のボリュームは、割と普通か。
HCGがおよそ半分なので、日常シーンのCGが多めなのはちょっと嬉しいかも。

ただ、フルプライスなら5キャラはほしかったような気がするよ。
サブルートとして10枚くらいで流々ルートを作り、計ルートを書き直すことをべすとさんは望みます。

それと、立ち絵が2種類固定なのは少し残念だった。
爽花だけでも、ポーズ差分がほしかったよ。
右手を上げたポーズって、ずっと見てると違和感を覚えてきちゃうからさ。

Hシーン

基本、1シーン3CG*3回。
絵的な興奮度は悪くない。テキスト面が少しついて行けていない感じがしたよ。
テキストを工夫すれば、もっとエロくできたと思うんだ。
終わるのも突然気味だし。

けど、女の子がお気に入りなら使うのにもやぶさかではない。
ナナギーと計ちゃんはおいしかったです。ごちそうさまでした。

声優

全体的にレベルは高め。
モブも含めて下手な人がいなかったように思う。
やっぱり桐谷華が輝いていたなぁ。

音楽

可もなく不可もなく。
オープニングもエンディングも、特筆すべきことはなかったかなぁ。

システム

必要十分。
贅沢を言うなら、CGとシーン回想はヒロインごとにわけてほしいな、ってくらい。

「おまけ」でキャラクターの立ち絵で遊べるのはアルコットだけ!
これはちょっと嬉しいよね!

総評

学園青春モノを目指したキャラ萌えゲー。
ヒロインが気に入れば、きっと楽しめるはず。

基本的にアツい青春がサムいのと、ギャグがときどき滑っているのが欠点。
超能力設定やなんかには、あんまりツッコんじゃいけないんだと思います。
そこまでストーリーに関係してこないしね。

今作は、「リアル妹がいる大泉くんのばあい」「キッキングホース★ラプソディ」「春季限定ポコ・ア・ポコ!」というミドルプライスなハニカム文庫三部作を経た、ハニカム新書としての位置付けの様子。
前作「1/2 summer」は本当にひどい出来だったけれど、ブランドが同じなだけで制作陣はまったく違うようなので、その点はあまり心配しなくてもよいと思います。
これでフルプライスはやや割高な気もしなくもないと思うけれど、ハニカム新書第二弾が出ればきっとやってしまうよ。
でも、私としてはミドルプライスの文庫のほうがいいけどな。

評価は、あと一歩が足りない★2個を付けます。
全編七凪ルートくらいのクオリティがあればなぁ……。
category
ゲーム [★★☆☆☆]
あえて無視するキミとの未来