Entry Navigation  [最新記事]

Erewhon サエルート

エレホン、3ルート目には、意外にもルートがあったサエを攻略。
過去の記事で、十子は「日常」・稀世良は「非日常」を具現化した存在だと書いたけれど、その延長線で言うなら、サエはエレホンの「闇」を具現化した存在。
そりゃあね、来るか来ないかわからない来訪神のために生娘を二人も用意しておくような価値観を持つ世界なのだから、その世界の底には当然のようにドロドロとした闇が蠢いているわけだ。
(なんてったってCLOCKUP作品だからね、そこいらのヌルい抜きゲーとは違うのだ)

主人公は側仕えのサエと触れ合ううちに惹かれていくのだが、それは彼女が「汚濁の肉袋」「最底辺の奴隷」と言われる存在だったから。
村人はサエを虐げて当然の存在だと認識しており、サエ自身も自分は虐げられて当然の存在なんだと思い込んでいた。
主人公は、そんなサエを救いたい、これを当然だと思う価値観は間違っている、そういった義憤にかられていく。

ストーリー的には、十子を偽装的に嫁と選び、十子にサエを救う方法を相談しつつ、サエとラブラブエッチしちゃうお話。
女性が虐げられがちな村の価値観に疑問を抱いていた十子は、主人公の相談に献身的に乗ってくれる。
そして、祭りの前に被差別層の女性たちとみんなで村から逃げ出す計画を立てる。

---

「ああ、御廻様……そんなに怖がらないで下さいまし……大丈夫ですから……」
「私が責任をもって……お二人を正しい道に戻しましょう……」
「どうか、お心を安らかにしてくださいませ……」
「もう二度と……不埒なことなど考えられないように……なりますから……ね?」


ということで、サエルートは稀世良に躾られちゃうルートとなっております。
悪巧みがバレた主人公と十子は、ドSな本性をあらわにした稀世良ちゃんに、それはもう好き勝手にやられてしまうという。

今回は十子をかわいそうとか言ってられないくらい、主人公もかわいそうなことになっていた。
稀世良をめちゃくちゃにしたいとか言ってたバチがあたったのか、とうとう稀世良にお尻をめちゃくちゃに犯されてしまったしね!
(こういうプレイがあるエロゲーって、実は希少な可能性!?)

まぁでもやっぱり十子嬢が一番かわいそうなことには変わりなく。
今回も輪姦されまくった上、主人公とサエを稀世良の魔の手から逃がすために、自分の命と引き換えにするという。
この子は間違いなくヤラれキャラなのだった……。

---

サエのCVは、瀬名ゆず希。
声質は嫌いじゃないけれど、Hシーンの演技がもう一声。
特にフェラボイスね。ヒマリさんと小波すずさんの気合いを見習っていただきたい。

ちなみに「汚濁の肉袋」なサエ嬢は、当然のごとく処女ではないのだけれど、NTR要素はないのでご心配なく。
(過去に犯されたことがある的な描写も皆無)
そして、おめかししたときのサエ嬢は、このゲーム1の美少女まである。
それなのに、局部はまるで使い込まれているかのような黒ずんだ描写。
このあたりのこだわりが、まさにCLOCKUPなのです!
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
Erewhon

Erewhon 稀世良ルート

「私……貴方の前でどれだけでも淫らになりたい……貴方を喜ばせる……肉人形になりたいのです……」
「それが私の望みです……私の大切なかみさま……」


エレホン、攻略したのは、謎めいた美少女・永見稀世良。
前回の十子ルートにおいて、主人公が十子に惹かれていた理由は、十子に自分がいた「日常」のような安心感を感じていたから。
その対極にあるエレホンの「非日常性」を具現化した存在が、稀世良だ。

初対面から主人公への好感度全振りで、未だ幼さの残る身体のすべてを主人公に捧げようとする。
処女はもちろん、アナルも、SMめいた痛みを与えるプレイも、レイプじみた自分勝手な欲望のはけ口にしたって、稀世良はすべてを受け入れてくれる。
一見すれば男の理想そのものの少女のようにも見える。

しかし、稀世良が開くのはその身体のみで、心の奥底に秘めているものを明らかにしようとはしない。
いや、明らかにしていると稀世良は言うのだけれど、それを信じることができないのだ。
主人公がどんな欲望を抱いて、どう稀世良で発散しようとも、それはすべて稀世良の手のひらの上で踊らされているにすぎないのかもしれない……。

「私は……お兄様を……導く役割があります……」
「私は……お兄様に力を与えるのです……お兄様の心を揺さぶって……身体を揺さぶって……」
「お兄様は……蛹の中にいるのです……繭の中にいるのです……お兄様はかき回されて……かき回されて……」
「そのうつろなる心と体に……御稜威を鎮めて……御廻様となり……」
「その御心は私の導きで解放されて……かみさまになるのです……本当の……本物の……私のかみさまに……」


その稀世良の底知れなさに、主人公も、私も、どこかで怯えていた。
だから私は稀世良をめちゃくちゃにして、心を取り繕う余裕などない状況にしてやろうと思っていたのだ。

けれど、やっぱり稀世良のほうが一枚上手だったようで、主人公のほうが余裕のない状況にされてしまう。
突然の顔の見えない悪意にさらされ、主人公が弱気になったところで、その心にゆっくりと染み込ませるような声で、稀世良は言うのだ。

「大丈夫です……」
「お兄様が害されることは今後二度とありません」
「永見の血をもって、そして私の魂をかけて誓います」
「私がついております」
「私がお守りします」

「ですから、もう二度と外に出られてはいけませんよ」
「ね、お兄様……?」


---

ということで、稀世良を攻略しようとしたら、やっぱり攻略されちゃったルートでした。
鬼役は予定通りの十子嬢で、今回もぐっちゃぐっちゃに輪姦されておりました。かわいそうに……。

CVは、小波すず。
新人声優さんなのか、誰かの別名義なのか?
わからないけれど、演技自体は普通でした。
まぁCLOCKUP作品での普通って、相当な熱演で相当な演技力なのだけれども!

しかし、両ヒロインルートを終わらせたところで、シナリオ既読率は46%。
そして「グロテクス表現緩和」モードを使うようなシーンがまだ出てこない。
次こそ稀世良をめちゃくちゃにしてやろうと思います!
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
Erewhon

あの晴れわたる空より高く まとめ

シナリオ

ジャンル「青春ロケットADV」の通り、高校生が部活でロケットを打ち上げる青春モノ。

まず、このシナリオのいいところは、目的がハッキリしている点。
「ビャッコの廃部阻止」という絶対の目標があり、そのためにはライバルを倒して優勝しなければならない。
これは非常にわかりやすくて、プレイ中の安心感がスゴイ。

「ロケット作り」にスポットを当てた、オタクくさいロケット工学の話をしてくれたのも好印象。
図説つきでわかりやすい。夏帆っちは講師としても有能でした!
(わからなければあたしが教えてあげるのに……)
モノづくりに青春をかけるギャルゲーと言えば、空つながりで「ころげて」が最初に思い浮かぶけれど、あのゲームに足りていなかったのはコレ。

ストーリーの組み立て方も、基本に忠実な王道なもの。
なんらかの特技を持っているヒロインを、素人の主人公が手伝うところから個別ルートがスタートする。
壁にぶつかったところで、主人公の素人ならではの発想から、その壁を乗り越える。
いざ本番の大会でも、想定外のアクシデントが発生し、けれど主人公の機転で優勝まで持っていく。
そんな、どうすれば読み手が盛り上がるのかをきちんと考えてある、思いやりのあるシナリオでした。

とは言え、有佐ルート以外の構成がすべてコレなので、毎回だと食傷気味というウワサも。
主人公のヒラメキはだいたいカルタプロットだし、ときどき見られるご都合主義な展開も併せて、このシナリオに飽きちゃう人もいそう。
特にトゥルーのシナリオが、ちょっとベッタベタすぎました。
展開パターンのバリエーション不足は、シナリオライターが一人な弊害かも。

シナリオ別評価
  有佐 > 夏帆 > ほのか > トゥルー > 那津菜

有佐が私の一番のお気に入りヒロインなので、評価トップに置いておきます。

夏帆ルートは、シナリオ自体は面白いし問題ないのだけれど、夏帆ルートに入らないことに大きな問題を抱えている。
それは、彼女の抱える個人的な問題が、個別ルート(とグランドエンド)以外では解決できない点にある。
おそらく彼女は、私たちが彼女を孤独から救うか、あるいは「ながれぼし」に願いをかけない限り、手術をしない。
他のヒロインルートを攻略している途中で、彼女がリフトオフに失敗するのを見るたび、とても切ない気持ちになります。
(これはグリザイア松嶋みちるの構図とよく似ている。彼女も、個別ルートかグランドエンド以外の世界線では、いつ自殺してもおかしくなさそうだった……)

なので、攻略順はなるべく夏帆っちを後回しにするか、もはや夏帆っちしか攻略しないか(!)、どっちかでお願いいたします。

テキスト

上ではシナリオライターが一人なことのデメリットを書いたけれど、テキスト面では全編安定のクオリティ。
これは間違いなくメリットでした。
(複数人で書いていると、ルートごとの出来にかなりバラツキがあったりする……)

ギャグらしいギャグはなかったけれど、言葉遊びからの掛け合いはなかなか良いセンス。
いつでも冷静にボケからツッコミまでできる夏帆っちの存在がデカイ。
私のお気に入りは、那津菜ルート・主人公が中学時代の釣り部の失敗エピソードを語るシーン。

主人公「ちょっとくらい大丈夫だと思って」
有佐「どう思う?」
夏帆「どうかと思う」

ほのか「でも、失敗したらどうなるかと思っちゃった」
有佐「どうなると思う?」
夏帆「どうにもならないと思う」

グラフィック

キャラクター88CG+ロケット18CG+図説22枚。
さすが記念作品と言うべきか、クオリティは文句なし。
一人あたり20枚平均のボリュームは、普通。
図解がたくさんあるのはとても親切。

ただし、ヒロインたちが巨乳に寄りすぎじゃないかとは思う。
(この感想は毎回言っている気がするけど……)
それでも、少なくとも有佐は貧乳キャラのほうが向いていた気がしてならない。
那津センパイと合わせて、生徒会役員共のシノとアリアみたいな絡みができたのでは、と!
後輩なほのかちゃんのほうが大きい現実に悶える有佐ちゃんとか、とってもかわいいと思うんです。

Hシーン

全ヒロイン4~5H。
満足のボリュームに見えるけれど、おまけエピソードで1~2H稼いでくるパターン。

有佐が「おちんぽ」言ってくれなかったのは残念だけれど、十分に実用レベルに達している。
ところで、夏帆っちの猫コスの本番シーンがなかったのは何故?

音楽・ムービー

どこかで聞いたようなOP曲だけれど、ムービーと合わせて見ると途端に輝き出す。
ちょっと無理やり動かしている部分もあるけれど、細かい3Dモーション化がすばらしい。
特に、キャラ紹介での着替えを見られちゃった夏帆っちが振り向くシーン。尊い
夕焼けのなか全力疾走してる有佐は、ほんとに青春って感じですね!

OP曲「ロケット☆ライド」の歌詞のギミックもステキ。
人工衛星の名前が散りばめられていて、もちろんヒロインたちの苗字も含まれている。
ステキなMADを発見したので、ロケットファンの諸兄姉は是非。

>> 【歌詞解説】 あの晴れわたる空より高く 「ロケット☆ライド」


EDは手抜き。
BGMはふつう。

システム

2014年のゲームということを考えれば、十分でしょう。
ただ、シーンジャンプ機能はまったく使えない。Ctrlキーを押すので、なくても問題ない。

お気に入りは、ヒロインごとにシステムボイスが選べること。
ほのかちゃんにしておくとウザかわいいし、有佐にしておくとツンデレかわいい!

総評

チュアブルソフト・10周年記念作品。
2014年度・萌えゲーアワード年間ランキング2位獲得作、かつアワード準大賞・シナリオ賞獲得作。
記念作品にハズレ無しとは言うけれど、まさにこのこと。

ロケット好きな制作陣がやりたいようにやりながら、どうしたらユーザーに楽しんでもらえるかもきちんと考えてあるのがわかる、思いやり溢れる作品。
そのせいか、アラ探しよりも、輝いている部分を評価したくなる。

あの晴れわたる空より高く、評価は殿堂入りの★4つ。
批評空間ベースでは、82点です。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
あの晴れわたる空より高く

あの晴れわたる空より高く 完結編(グランドエンド)

はれたか、4人のヒロインを攻略すると、グランドエンドが解放される。
主人公が4人のヒロインを同時攻略し、フォーセクションズで全部門で優勝した世界線(!)での、宇宙ロケット打ち上げの話。
個別ルートの4倍忙しいとか、一日が36時間あっても足りないと思うんですが……。

プロローグにも出てきたビャッコ3号機は、今までの努力のおかげもあり、すんなりとリフトオフできそう雰囲気を見せる。
が、案の定襲い来る、突然のピンチ。
そして、それを友情と努力で勝利させるいつものシナリオ。
しかも、今回はグランドエンドということで、昨日の敵は今日の友バージョン。
でも面白い。くやしい

---

残念だったのが、「ながれぼし」の登場が突然すぎたこと。
これは有佐ルートでもコメントしようかと思って、やっぱり思いとどまった内容なのだけれど、「なぜロケットを打ち上げるのか」というそもそも論の話をします。

ロケットというのは、本来は人や貨物を乗せる乗り物であり、「目的」を果たすための「過程」のものである。
しかし、有佐の目指していた宇宙ロケット打ち上げは、その「過程」が「目的」とすり替わってしまっていた。
私はここに少し違和感を覚えたのだ。

しかし、例えば車やバイクが趣味の人は、移動手段である乗り物として「過程」であるはずのカスタムやドライブなどを「目的」にしてしまっていることも多い。
そう思ってみれば、ロケットを作って打ち上げることが目的になっていても、まぁ別におかしくないのか……と、私は納得することにした。
だから感想文には書かなかった。

ところが、このシナリオではいつの間にか人工衛星を打ち上げることが目的になってしまっていた。
(私の納得はどこへ……?)
最終的にその本来の「目的」を目的とするのなら、もっと早い段階でそうしてほしかった。

たとえば、夏帆とほのかと一緒に流れ星を見たように、ヒロインそれぞれにどうしても叶えたい「願い事」があったり。
たとえば、有佐はもともと「ながれぼし」の存在を知っていて、それを打ち上げたいがために宇宙ロケットにこだわっていたり。
(先代ビャッコが打ち上げに失敗した思い出の品――なんて設定はどうでしょうか?)

だから、逆に夏帆ルートのエピローグとしては完璧な出来だった。
私は夏帆ルートの感想文で「手術が成功する伏線がない」と文句を言っていたが、その伏線はここにあったのだ。
私があさはかでした! 申し訳ない!!
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
あの晴れわたる空より高く

あの晴れわたる空より高く 有佐ルート

「それじゃ、全国大会優勝へ向けて、ビャッコの部長として三つのことを誓うわ」
「ひとつ"妥協禁止" どんなに困難でも、安易に妥協しない。最後の最後まで考えぬいて最善を尽くすわ」
「ふたつ"弱音禁止" どんなに大変でも、簡単に弱音を吐かない。何があっても『必ず乗りこえられる』と信じて努力するわ」
「みっつ"恋愛禁止" 好きな人ができたって、絶対に告白しない。ロケットよりも恋愛にかまけることのないように節制するわ」


はれたか、個別ルートのラストに攻略したのは、ビャッコ部長・腹黒系ツンデレ娘の暁有佐。
カリスマめいたリーダーシップの持ち主であり、正論と屁理屈で武装した理論派でもある。
気づかれたくないことにはだいたい気がつく彼女の賢さのせいで、面倒な問題がさらに面倒なことになったり……。

さて、4人のヒロインのうち、初対面では夏帆っちを推していた私ですが、一緒にロケットを作っていくうちに、有佐が一番のお気に入りになってしまった。
そのポイントは、彼女の声だ。

CVは、結衣菜。
この人のはしゃいでいるような情感豊かな声質が、もうほんとクセになる。
艦これ・陽炎っぽいチャキチャキ感は、ポニテな彼女の魅力を三割増。
声でヒロインのファンになっちゃうなんて、かなり久々かも!

---

有佐はプロジェクトマネージャーということで、直接的にロケット作りはしない。
(なので、最初に攻略してしまうとあんまり面白くないかも)
このシナリオでスポットが当たるのは、有佐と主人公の過去。

「あたしも昔はそう思ってたわ。『結果がすべてじゃない』って」
「でも、そんなのただの綺麗事よ」
「やるんだったら、打ち上げを成功させなきゃ意味がない。そうじゃなきゃ、やってきたこと全部、本当に無駄になるのよ」
「だから、あたしはたとえ死んだってロケットを打ち上げるわ」


有佐はそう言って、全国大会の準備と並行して、大会後の大型ロケット打ち上げ計画を進めようとする。

「廃部にしないことが最終目標なわけじゃないでしょ?」
「せっかくロケット部に入ったんだから、自分たちの手で、宇宙までロケットを打ち上げたいと思わない?」
「確かに可能性は少ないかもしれないし、そのせいで廃部になるかもしれない。やらない理由を探したらきりがないわ」
「でも、今からやれば、あたしたちの作ったロケットが宇宙まで届くかもしれないのよ」
「それなら、可能性が低くても挑戦してみるべきじゃない?」


このもっともらしい有佐の正論に、しかし他の部員たちは難色を示す。
まずは廃部を回避することが最優先で、宇宙ロケットに割くリソースがあるなら大会優勝を目指すべき――
宇宙ロケットは、来年でもいいんじゃないか――
宇宙まで飛ばさなくても、ロケット作りができればそれでいい――等等。

しかし、有佐はそんな部員たちの反対が、どうしても受け入れられなかった。
それが彼女の抱えている事情だったから。

過去、ビャッコは大型ロケットの打ち上げで大事故を起こしていた。
それを挽回すべく、血の滲むような努力を重ね、改良型ロケットを完成させた。
しかし、そのロケットは書類の不備という些細なミスのせいで、打ち上げることができなかった。
積み重ねた努力がすべて無駄になったその出来事のせいで、ビャッコは空中分解、部員は二人しか残らなかった。
そのミスをしたのが、有佐だったのだ。

「ずっと忘れられない。どうしてあたしはあんな簡単なミスで先輩たちの夢を台無しにしたのかって」
「何度も、何度も、何度も後悔してる」
「ビャッコを廃部にしたくないのも、『大型ロケットを打ち上げたい』って思うのも、あの時の失敗をやり直したいだけ」
「そうじゃないと、あたしが前に進めないから。あの失敗を放置したまま、夢なんて見られないから」
「ただあたしは、自分が楽になりたいだけだった。みんなのことなんてちっとも考えてなかった」


このシナリオのテーマは、人を動かすのは、人の気持ちだということ。
有佐が自分の弱みをさらけ出し、等身大の自分でぶつかったからこそ、仲間たちは力を貸してくれた。
主人公がずっと抱えていた不満をぶつけたからこそ、父親は息子の想いに応えたいと思った。
ロケットは無駄になっても、ロケット作りに捧げた情熱がたしかにあったからこそ、それは伝統と名を変えて残っていく。
理屈ではなく、正論ではなく、打算でもない、強い感情こそが人の心を打つのだ。

「何の見返りもないけど、ただ迷惑かけるだけかもしれないけど」
「お願い。みんなの力をあたしに貸して」


---

さて、暁有佐ちゃんの恋愛事情ですが、この子はマジで主人公にホレていたようです!
しかし、それを認めたくないがための「所信表明」のせいで、自分の気持ちを自覚してしまった後も「好き」だと言えないプレイになってしまうという。
なんせ、有佐ちゃんは(特に主人公の前では)絶対に自分の間違いを認めたがらないですからね!?

そんな素直じゃない有佐ちゃんが素直にかわいいツンデレシナリオになっておりました。
告白シーンでの、「あー! ちょっと、アイス全部食べたわけ!?」からのキスには、マジでクラクラしちゃいましたって!
そして、ポニーテールは解くためにあることが再確認されました。
もう有佐ちゃんってばかわいすぎるから、個別シナリオには☆4つあげちゃう!

「……べつに、あんたのことを好きなんて言ってないわ」
  「じゃ、何を好きだって言ったんだよ?」
「だから、その、えと……お、おちんちんよ」
  「……何だって?」
「だから、あんたじゃなくて、『おちんちんが好きだ』って言ったのよ!」

関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
あの晴れわたる空より高く

あの晴れわたる空より高く 那津菜ルート

はれたか、3ルート目には、おっとり天然電波系なお嬢様・伊吹那津菜を攻略。
ビャッコでは推進担当。
公式でのキャラ紹介での一言は、「火遊びって、楽しいですよね」。
もうなんかヤバい雰囲気しかしない。

CVは、香澄りょう。
抜きゲー出演が多い声優さんなのかな? ちゃんとお世話になるのは初めてかも。
演技は、まぁ普通でした(小並感)

---

ロケット作りに青春のすべてを懸けようとしている彼女は、ロケットが恋人で、だから主人公の好意にも、自分の気持ちにも気が付かない。
その状況にヤキモキした有佐は、自分を当て馬にして、那津菜自身の気持ちを自覚させるのだ。

っていうか、有佐ちゃんって主人公のこと好きだったんですね!?
いや、憎からず思っているのはわかっていたけど、個別ルートに入ってもっとトクベツなことをしないと付き合えないんだと思ってた。
えっと、じゃあなに、夏帆っちと仲良くしてたときも、ほのかちゃんとセフレになってたときも、有佐ちゃんは主人公に恋してたってこと?
……ええ、本当に? 那津先輩を煽るためにフカしてるんじゃなくって?

「シュンってあたしを信用してないんだわ」


那津先輩の萌えポイントは、ドスケベボディでありながら無知っ子である点。
それに乗じて、フェラさせたり青姦したり、割とフリーダムにやりたい放題。
とは言え、「キス」も知らないのはさすがにどうでしょうか。どうかと思います。

今回のロケット作りは、推進部門ということで、液体ロケットエンジン作りに挑戦する。
いろいろ壁にはぶつかったけれど、日常シーンから解決のヒントを得るカルタプロットはいつもどおり。

那津菜ルートのシナリオを評価するなら、☆2つ。
そもそもあまり那津先輩のキャラクターがタイプではなかったのと、そのキャラクターの魅力を見直させるようなドキドキポイントもなく、ストーリー的にも(過去2ルートと比べたら)平凡なもの。
最初にここから始めたら、また評価も変わったのかもしれないけど……。

個人的には、有佐ルートへの布石という感じでした。
有佐と那津菜だけになってしまう前のビャッコのエピソードもあったし。
なぜビャッコが2人になってしまうのか、なぜ有佐はビャッコにこだわるのか、なぜ「死んでもロケットを打ち上げる」のか。
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
あの晴れわたる空より高く

Erewhon 十子ルート

CLOCKUPから、またちょっとダークっぽいゲームが出てる!
ということで、「Erewhon」です。
監督は「euphoria」「フラテルニテ」「Maggot baits」「夏ノ鎖」「眠れぬ羊と孤独な狼」の、阿久津亮。
うーん、またヤバい香りがする……。

ジャンルは「因習の村でマレビトとして奉仕されるADV」。
舞台は、現代日本において地図にない村・来待村。
外界との交流がほとんどないその村では、外界からの来訪者を「おめぐりさま」という神様として祀る風習があった。
遭難寸前でその村に迷い込んだ主人公は、神の役割を背負わされ、祭りの主役として「一夜妻」を娶ることとなる。
候補の少女は二人おり、祭りまでの数週間の間、少女たちからの夜伽を交互に受けながら、どちらを「嫁」に、どちらを「鬼」にするか選ばなくてはならない。

タイトル「エレホン」(erewhon)は、「どこにもない」(nowhere)の綴りを逆さにしたアナグラム。
もとは古いファンタジー小説のタイトルでもある未知の王国のこと。
それは未開の山脈の向こうにあり、現代社会とは価値観が逆転した、倒錯したユートピアなのだとか。

この村は……何なんだ……?
これまで生きてきて培ってきた『当たり前』が……まるで頼りにならない……
まるで空気のように当たり前に存在していた……何ひとつ疑うことはなかった……自分を支えてきた……
そんな常識が……価値観が……ヒビ割れて……
その隙間からのぞく奈落に……戦いている……


攻略したのは、嫁候補の一人・巨乳美少女な阿式十子から。
武士娘といった雰囲気の彼女は、物言いは朴訥ながら、真面目で優しい女の子。
村長家の娘でもある彼女は、村のことを第一に考え、御廻様の一夜妻となる使命も疑わずに生きてきた。
そして、主人公のことを知り、外界の価値観を知った上で、主人公の一夜妻となる運命に喜びを感じてくれる純情乙女である。
つまり、十子は「エレホン人」な村人とは少し違う、いわゆる「話せる子」なのだ。

非常識なことでも、大勢に言われつづけると、まるで自分が非常識なように思えてきてしまうことがある。
そういう意味で、十子はこのゲームでの癒やしでもあった。

CVは、ヒマリ。
帆刈叶(euphoria)をはじめ、Hシーンに力を入れたゲームへの出演が多い声優さん。
今作でも言わずもがな、という感じです!

---

さて、私が十子から攻略したのは、(十子ファンの諸兄には申し訳ないが)稀世良のほうが好みだったから。
つまり、「BADのちHAPPYの法則」に従い、まずは稀世良に「鬼」としてひどい目に遭ってもらい、それから「嫁」にしてラブラブしようと思ったのだ。
だというのに、なぜか稀世良はああでもないこうでもないと屁理屈をこねて巧みに鬼役を回避しやがり、結果、逆に十子が輪姦されてしまうという、完全なる十子バッドエンド。
マジかよ、十子ちゃんかわいそすぎるだろ……。

このメスガキには二度と生意気な口がきけないようにしてやりたいと思います。
次回、稀世良ルート。
関連記事
category
[視聴中] ゲーム
Erewhon

あの晴れわたる空より高く ほのかルート

はれたか、2ルート目にはロリ巨乳な幼馴染の後輩・導木ほのかを攻略。
……たぶん巨乳。きっと巨乳。
いや、立ち絵も一枚絵も明らかにでっかいのだけれど、那津センパイや有佐のほうがもっと大きいらしいし、本人も「もっと大きいほうがいい」らしい。
そして、パイズリシーンがない。
もしかしたら、ロリ巨乳ではないただのロリ後輩なのかもしれない。
巨乳とはなにか。おっぱいとはなにか。

CVは、私のお気に入り声優の一人・秋野花。
パーフィル(ワールド・エレクション)、織部こころ(アマツツミ)、茅ヶ崎夕桜(水葬銀貨のイストリア)などでお世話になった人。
ほのかちゃんのしたたか系小悪魔キャラに、花さんの舌っ足らずなトロけボイス。
これはもはやギャップ萌え!

そんな放送コードの限界に挑戦するようなほのかちゃんの小悪魔っぷりは、いざルートに入ろうとするとき、非常にやっかいなものとなる。
主人公には、ほのかちゃんに告白できない事情があった。
そしてほのかちゃんからアプローチしようにも、今までさんざんその雰囲気で主人公をからかってしまったせいで、どうやっても本気で受け止めてもらえない、いわば狼少年状態。
なのにムリヤリ事を進めようとした結果、なにがどうトチ狂ったのか、二人は「セフレ」になってしまうのだ。

うーん、こういう純愛系ギャルゲーでセフレっていうワードをこんなに聞くなんて、初めてかもしれない。
まぁ結局「セフレ」は誤解だったのだけれど、それが明らかになるシーンはかなりの草原っぷり。
主人公にとっては濡れ衣だったわけで、それを押し付けられた返しにホモとレズと近親相姦を突き返すあたりがヤバイ。

そして、男を手玉に取ろうとする小悪魔キャラだったほのかちゃんが、セフレ提案を受け入れる下りとか、健気すぎて逆に萌える。
これはほのかちゃんの印象を180度転換させる、すばらしいギャルゲーシナリオですねえ!

  「じゃ、ちょっと待っててね、ほのか。すぐ戻ってくるから」
「ど、どうする?」
  「バカは死ななきゃ治らないから、一回お兄ちゃん、ぶっ殺してくるね」
「だめだよぉ。せんぱい死んじゃったら、ほのか、困っちゃう」
  「でも、そんなの絶対おかしいよ。お兄ちゃん、ほのかの気持ち知ってるんでしょ?」
「うん……」
  「やっぱり、殺そ? ね? お兄ちゃんの代わりなんていくらでもいるから」
「でも、ほのか、セフレでもいいんだぁ。せんぱいは"一生大事にしてくれる"って言ったもん」
  「ほのか、それ絶対騙されてるよ」
「せんぱいなら、ほのか、騙されてもいい」


---

ロケット作りについては、フィンとフェアリングを制作する機体部門のお話ということで、ほのかの実家の町工場を舞台にした、職人の技術がテーマ。
頑固で口うるさいばっかりの父親のことがあまり好きではなかったほのかちゃんだけれど、本気で部活をしようと決意したことで、父親の成してきた仕事を知り、父親の偉大さを知るのだ。
「へら絞り」をYouTubeで調べてみたけれど、これは本当に芸術みたいですねえ!

シナリオとしては、才能の上に経験を積み上げた熟達の職人技は、コンピュータの行う機械仕事を越える――というもの。
ベタではあるけれど、情熱や感性・重ねた努力などといった、数値化できない人間の可能性に価値を見出すようなお話は、無条件に心を揺さぶるもの。
そしてなにより、今回は悪役だったARC部長の心の内も聞く機会まであった。
山場では絶対に一悶着入れて、それを逆転させないと気がすまないらしいし、こういうのってズルイと思います!
シナリオ的には、☆3つくらい。おもしろかったです!

「……子供の頃、僕は事故で両腕を怪我した。日常生活に支障はないが、細かい作業は難しい」
「僕はもう、あの二人や君のように、この手で作りたくとも、作ることはできない」
「僕は作業ができない分、ひたすら考えた。この思い通りに動かない両腕で、いったいどうやってロケットを作ればいいのかを」
「毎日、手が動かない分、頭を動かして出した結論が、NC工作機械だった」
「このNC工作機械が、僕の新しい両腕だ」
「だから、彼らには負けたくない。それだけだ」

関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
あの晴れわたる空より高く

あの晴れわたる空より高く 夏帆ルート

空白となってしまっている私のギャルゲー歴・2014年度発売作品を埋める一本、"はれたか"こと「あの晴れわたる空より高く」をプレイ。
ちなみに、他に積んである2014年発売枠には「なないろリンカーネーション」「蒼の彼方のフォーリズム」などがラインナップされています!
ああ、やらなきゃ……。

---

「青春ロケットADV」のジャンル通り、部活で宇宙ロケットを作るスポ根シナリオ。
舞台は、(種子島をモチーフにしたと思われる)ロケット打ち上げの聖地である南の島。
宇宙開発がとてもメジャーな世界線において、政府が学生のロケット開発に予算を充てているという世界観。
ロケットにまったく興味のなかった主人公は、廃部寸前の「天ノ島ロケット倶楽部」ことビャッコに入部し、その存続を懸け、仲間を勧誘して大会で優勝すべくロケット開発に挑戦していく。

備忘録として、「ビャッコ」という愛称について。
「あまのしまろけっとくらぶ」のアナグラムで「しろとら」を抜き出し、略称として白虎と呼ぶようにしたらしい。
なかなかイカレたセンスです(褒め言葉)

---

まず攻略したのは、ビャッコの電装担当・素直クールな無口っ子・黎明夏帆。
一番タイプな女の子から攻略するのが紳士のマナーですね!

CVは、あじ秋刀魚。
朽木冬子(殻ノ少女)のイメージがものすごく強い声優さん。
あじ子さんのシュガーレスなトロけボイスは、無口・無感情な夏帆ちゃんが見せる薄い感情を鮮やかに彩ってくれる。
これはとてもいい演技でした。
(ちょっと喘ぎ声がウルサイ気がしなくもなかったけど!?)

夏帆のキャラクターは、素直で曲がったことが嫌いな、優等生な無口っ子。
ライバルのロケット部「ARC」で副部長を務めていた彼女がビャッコに入ってくれたおかげで、「部員5人」のハードルはクリアすることができた。
昨年のARCでの全国優勝の一役を担っていた彼女は、文字通りの頭脳派である。
また、謀略家で直情的な有佐とは対照的な、冷静で理知的な夏帆は、まさにビャッコの良心。
任せて安心、頼れる夏帆っちなのだ。

個別ルートに入ると、すぐに彼女の素直クールな魅力を全面に押し出したキャラ萌えルートの様相を呈してくる。
ラッキースケベなイベントでも、遠慮がちにしか嫌がらない(というか、恥ずかしがっただけ)し、おかげでいきなりおっぱい揉んじゃったしね!?

  「わ、悪かった。これからは遠慮なくパンチしてくれ」
「嫌われたくない」
  「そんな心配はいらねぇ。むしろ俺のほうが嫌われてもおかしくねぇからな」
「おかしい」
  「いや、でもよ」
「嫌いにならない」
  「じゃあ、もし『嫌われたくなかったら毎日胸触らせろよ』って俺が言ったら、どうすんだ?」
「……困る」
  「嫌いになるだろ?」
「ならない」


自分を「臆病」だと言い、失敗を恐れ、嫌われることを恐れていた彼女。
辛いことや悲しいことがあっても、「平気」だと言い、優しくほほえむ。
だから彼女は強くて頼りがいのある少女に見えていた。

彼女は目に病を抱えていた。
「ビャッコが宇宙までロケットを打ち上げるぐらい」の確率でしか成功しない手術を受ければ、治るかもしれない。
けれど、彼女は「いま夢を見るため」、手術はしないと決意していた。
失明一歩手前まで症状が進んでも、彼女は「平気」だと言い、仲間になるべく迷惑にならないように気を使い、身を引こうとする。

優しくてお人好しな彼女の性格を考えれば、彼女の選択も自然なことのように思われた。
けれど、同じ夢を見ていた主人公は、そのときようやく気づく。
本当に彼女は「平気」なのか――と。

弱音を吐いたり愚痴を言ったって、誰も自分の目を治すことなんてできないし、困らせるだけ。
ARCの部長ではないけれど、こんなの言うだけ無駄なこと。
そして、手術をしてもしなくても、きっといつかは見えなくなる。
それなのに弱音を吐くだなんて、自分で自分の弱さを認めてしまうのと同じ。
臆病な彼女は、だから現実を「平気」だと思わないと、生きていけなかったのだ。

「怖かった」
「生きてるのが怖くて仕方がなかった」
「乙矢君」
「わたし、平気じゃない」
「たすけて」


気丈だった夏帆が、弱音をさらけ出して吐露するシーンは震えました。
これはまさにギャップ萌え。
「守ってあげたい」から「二度と離さない」へとステップアップですね!?

その後の、主人公の「助け方」も、無難に納得がいくもの。
夏帆の恐怖の根源は、孤独。
暗闇の世界は一人ぼっちだったから、だから目で見てわかる繋がりを求めていた。
けれど、見えなくても孤独ではないことを知った彼女は、見えないことを受け入れる覚悟を持つ。
そして、見えないからこそ見えるものがあることに気がつく。
そうして成し遂げたものが、臆病だった彼女の勇気となるのだ。

夏帆っちの一番の萌えセリフに、バブみ溢れる「おいで」を支持する諸兄もいるかもしれない。
が、私は初エッチのドキドキなこのシーンを推したい。
これこそ、どうしようもない現実から助けを求める彼女の声であり、その状況から抜け出せない自分自身への罰を求める彼女の声なのだ。

  「俺の心臓も壊れそうだ」
「触っていい?」
  「いいぜ」
「乙矢君も触って」
  「夏帆のも壊れそうだな」
「壊して」


---

このシナリオの完成度で言えば、☆3.5コくらい。
言葉遊びからの夏帆の素直クールさを全面に出したイチャつき具合はすばらしい。
その素直さがHシーンにもそのまま生かされてるしね!
どんどん調教されていく夏帆っちにはドキドキが止まらない。

ストーリーを見れば、二人のジャイロが優勝するフラグは完全に立っていたから、競技の結果はほとんど予定調和。
(とは言え、見せ方にも一工夫があった点は評価したい)
けれど、手術そのものについてのフラグは特になかったし、これがなんの前振りもなく成功してしまうのは、私はご都合主義だと思う。

じゃあ失敗してたらよかったのか? と聞かれれば、もちろんそういうわけじゃない。
優勝という奇跡が起こせたのだから、手術の成功という奇跡だって起こせるはず――そう言われたら、いくら私だってうなずかざるをえない。
けれど、主人公が夏帆にもたらした救いは「見えないことを恐れない勇気」だったのだから、そのテーマを生かすのなら、「夏帆の手術が成功してハッピーエンド!」にしてしまうのは、軸がブレているようにも思える。
これは一体どうすれば……?

あと、個人的にはARC部長の吠え面がもっと見たかった感がある。
ARCに退部届を出すシーンとか、反射率99.997%をドヤるシーンとか、そういうの!

ところで、「軍事利用可能な技術を学生に学ばせない」とか作中では言っていたけれど、ジャイロの精度を測る電装部門の競技は明らかにミサイルの完成度を競っているのですが、これはいかに!?
関連記事
category
ゲーム [★★★★☆]
あの晴れわたる空より高く

Fate/Kaleid Liner プリズマ☆イリヤ 10話+OVA+まとめ

10話 Kaleidoscope

TV版最終回。イリヤと美遊の対バーサーカー戦。

「約束する。もう絶対友達を置いて逃げたりしない」
「うん、信じる。イリヤのこと。私の大事な友達のこと」


一人じゃ勝てない敵でも、二人の力を合わせたなら倒すことができる。
展開としてはこれ以上ないほどの王道。
だけど、OPを挿入歌にした「パラレル・インクルード!」なシーンは、王道すぎて逆に激アツ。
これが今回のお気に入りです!
(あの空と水面だけの世界って、なにか元ネタがあるんだっけ?)

エピローグも、プリヤらしい萌えコメな日常全開ですばらしい。
美遊とのチューから始まっちゃうからね、最高でしょ!

美遊のいう「友達」が重すぎる件については、2期以降でお話していきましょう。
たぶん「恋人」って書いて「ともだち」って読んでたりするんじゃないのかなーって!
むしろそうであれ

OVA 運動会 DE ダンス!

ダンスシーンに作画全振りな日常回。
YoutubeにFullバージョンのMADがあって、もはや神々しい。
今だったら3DCGで動画を作るのだろうけど、すべて手描きっていうのが、また味があってステキ。
お尻振るカットとか描いてて楽しくて仕方なかったんだろうなぁ……。
(途中、ちょっと等身が高すぎる気がしなくもないけど……)
(Bメロが手抜きなのもご愛嬌)

さて、イリヤのクラスメイトの中でのあなたのお気に入りは誰でしょうか!
私はナナキちゃんが好きです。
糸目のピンク髪ツインテの子ですね!
ぶりっ子なルックスなのに、冷静なツッコミ役ってあたりがたまりません!

というか、やっぱりブルマってエッチすぎますね!?
こんなのを制服としてJSに着せてたとか、狂ってたとしか思えない。
そりゃ盗難だって発生するってもんです(実体験)



まとめ

ひょんなことから魔法の力を与えられ、戦っていくうちに友達ができて、挫折したり諦めたくなることもあったけれど、最後は友情のチカラで勝利する。
単純な魔法少女モノとして見たら、スタンダードな出来。

萌え路線のコメディが楽しいのは、その平凡なシナリオに華を添える。
というか、1話からお風呂回だし、変身シーンにはパンチラあるし、友達とはチューしちゃうし、萌えアニメとしては完璧。
小さな女の子が好きな大きなお友達には、もうこれだけで十分かもしれない。
(というか、このノリは18禁ギャルゲーに通ずるものがあるような!)

けれど、この「プリズマ☆イリヤ」の魅力の本質は、「Fate/stay nightのifである」という点にある。
本来のstay night世界でのイリヤスフィールは、だいたいのルートにおいて救われない死を遂げる。
(アニメにもなったUBWルートでは、ギルガメッシュに生きたまま心臓を引きずり出されていた……)

「誰かがほんの少し優しければ、あの子たちは学校へ通い、友達を作って幸せに暮らしただろう。でもそうならなかったんだよ、ロック。だから、この話はここでお終いなんだよ」

(アニメ「BLACK LAGOON」15話より)


誰かがほんの少し優しかったから、彼女は学校に通い、友達を作って幸せに暮らすことができた。
この作品の本当の魅力は、そんなイリヤの平和な日常シーンにあるのだ。

評価は★4・傑作。
Fate/stay night本編を観てからどうぞ!
関連記事
category
[視聴中] アニメ
プリズマ☆イリヤ